スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Jane Hall and Ed Bickert : With A Song In My Heart (1985年) [CD]

Jane Hall and Ed Bickert : With A Song In My Heart  

オススメ度

★★★★★

所感

ジム・ホールの妻、ジェーン・ホールの歌とEd Bickertのギター1本の伴奏による、ジャズスタンダードのボーカルアルバム。
素敵。これはよい1枚。

ジム・ホールは演奏していないのであしからず。
ジムの娘、デブラのライナーノーツによると本作は1985年8月にジェーン・ホールがバレンタインのサプライズ(夫ジム・ホールへの贈り物)として録音したものだそうです。

曲は12曲、すべて3分ほどの尺。曲調は全曲ゆったり。ジム・ホールのアルバムCommitment (1976年)でジェーンが歌うWhen I Fall in Loveが収録されていますが、そのときと同じような歌声と雰囲気かと思います。
本来は外に出すものではなかった、プライベートな音源ということで本当に好きな歌を好きなように歌っている、愛情があり暖かみのある雰囲気。ジェーンの歌声は張り上げたり、極端にビブラートしたりするような歌い方ではなく、囁くような歌い方。当時の彼女の年齢は不明ですが、ジムとそんなに差がないとすると50歳くらいだったんでしょうか。それでこの歌声はとても瑞々しく可愛らしいと思います。
素朴で味わいがある歌声で、ギター1本の伴奏によく合っていて好きな歌声です。

ギターのEd Bickertは知らなかった人ですが、なかなかに素敵なコンピング。
ジム・ホールが1960年代にポール・デズモンドのバンドで演奏していましたが、1970年代にジムがデスモンドにEdをギタリストとして紹介した、というエピソードがあるようです。
ソフトで丸みのあるギターの音で、だいぶハイを削ってるかんじですが、これがジェーンの歌とよく合っています。
Ed Bickertの動画を拝見。ジムの盟友Don Thompsonがベース!素敵!

テレキャスってこんなジャズい音が出るのけー。後年の動画をみたらフロントピックアップはハムに交換改造してた。

どうでもいいことで2点気になること
・個体不良かもしれないけど1曲目With A Song In My Heart の最後のほうに、ブチっというノイズが入っている。波形みたらやっぱりノイズが、、、うむ。カット。
・ArtistShareの品番はAS0148ですが、Jim Hall And Red Mitchell : Valse Hot Sweet Basil 1978も同じAS0148になっている。理由不明。

  まったりゆったり星5つ。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
With A Song In My Heart
アルバム名義
Jane Hall and Ed Bickert
収録年
1985/8/10,Tronto,Canada
発売元,レーベル
Artistshare http://artistshare.com/v4/Projects/Experience/7/469/1/Jim-Hall-Music-Remembering-Jim-Hall?v=2
所有盤
CD
発売日
CD Shipping : 2017/05/25 *ウェブサイト上の表示。筆者の注文品は2017/05/05にAritistShareが出荷した。
規格品番
AS0148 *Jim Hall And Red Mitchell : Valse Hot Sweet Basil 1978も同じAS0148になっている
UPC
None
定価
CD : USD 18.95

曲目

  1. With A Song In My Heart
    作曲/作詞
    Newman #correctly, Richard Rodgers / Lorenz Hart
  2. Maybe You'll Be There
    作曲/作詞
    Rube Bloom / Sammy Gallop
  3. 'round Midnight
    作曲/作詞
    Thelonious Monk / Bernie Hanighen
  4. People Will Say We're In Love
    作曲/作詞
    Richard Rodgers / Oscar Hammerstein II
  5. My Foolish Heart
    作曲/作詞
    Victor Young / Ned Washington.
  6. My Funny Valentine
    作曲/作詞
    Richard Rodgers / Lorenz Hart
  7. It Might As Well Be Spring
    作曲/作詞
    Richard Rodgers / Oscar Hammerstein II
  8. Lover Man
    作曲/作詞
    Jimmy Davis / Roger Ramirez / James Sherman
  9. It's Magic
    作曲/作詞
    Jule Styne / Sammy Cahn
  10. Alone Together
    作曲/作詞
    Arthur Schwartz / Howard Dietz
  11. Do It Again
    作曲/作詞
    George Gershwin / Buddy DeSylva
  12. For All We Know
    作曲
    J. Fred Coots / Sam M. Lewis

演奏者

Jane Hall
voice
Ed Bickert
guitar
Prawir Siriwat
Associate Producer
Brian Camelio
Produced
-

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Atlantic

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。