スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Jim Hall : Youkali (1992年)[CD]

Youkali

オススメ度

★★★☆☆

所感

ジム・ホールであってジム・ホールでないアルバム。いったい何のこっちゃというところだが、聴けばすぐにわかる、ぜんぜんらしくない楽曲のアレンジにただただ呆然。冒頭#1.Youkaliからいきなりファンキーなアレンジでまるっきりジャズじゃねぇ!最後の#6.All Across The Cityで申し訳程度にジム・ホールのオリジナルであり定番曲となるが、これもまたアレンジが冗長でなんだかなー。

このアルバムが制作された経緯について公式な記述がみあたらないので推察となるが、チェット・ベイカー(トランペット)が1988年に亡くなり、その追悼としてアルバム「Studio Trieste(スタジオ・トリエステ)」(CTI,1982年)の音源を元に再収録、リミックスしたアルバムと思われる。

Youkali EAN:4011222057129
写真はドイツ版Youkaliの
ジャケット。
EAN:4011222057129。

#2.Diango、#3.All Blues、#5.Malaguena(注)はStudio Triesteの音源からジム・ホールとチェットベイカーのトラック(楽器の音)のみ利用し、他の楽器(ドラムやベースなど)はほとんどメンバーを差し替えて、1991年と 1992年に録音し、現代風にアレンジしなおしている(注:#5にはチェット・べイカーが参加してない)。おなお、#3.SkylarkはStudio Triesteに収録されていないので、未発表音源だろうか。

アレンジだけでなく、当然ながら周波数帯域のリミックスもされており、ジム・ホールのギターの音がかなり鮮明になって現代風な音作りになっている。

あと気になったのはベースかな。Mark Egan(マーク・イーガン)て人のベースのブリブリしたエレキベースの音とフレーズがなんかジャコ・パストリアスっぽい。ジム・ホールの楽曲として聴くとあわないんだけど、ただのフュージョンとして先入観をとっぱらって聴けばかっこいいベースかな~。ベースはわりと好き。

なんにせよジム・ホールが主体になって制作したというより、プロデューサーのクリード・テイラーがまた好き勝手やっていわれるままに作りましたーってな雰囲気。あんまりおすすめじゃないんだが、生産数が少なかったのか市場であまり見かけなく希少価値があるかなってのと、かわりダネってな位置づけで星3つ。わたくしも国内版CDは最近やっと見つけて入手したのでございますよ。それまでドイツ版の変わったジャケットのしかもってなかった・・・。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Youkali
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
ジャンゴ
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール~チェット・ベイカー
収録年
1982/3,1982/4,1991/12,1992/1
発売元,レーベル
CTI Records
所有盤
国内CD
発売元
ポリドール株式会社(Polydor K.K.)
CD発売日
1992/6/10
規格品番
POCJ-1109
JAN
4988005099488
定価
2,800円(税込)

曲目

  1. Youkali
     作曲: Kurt Weill
  2. Django
     作曲:John Lewis
  3. Skylark
     作曲:Hoagy Carmichael,John Merecer
  4. All Blues
     作曲: Miles Davis
  5. Malaguena
     作曲:Ernesto Lecuona
  6. All Across The City
    作曲:Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar (on all tracks)
Chuck Loeb
guitar (on tracks 1,2,4,5,6)[1991,1992]
Ira Siegel
guitar (on tracks 1)[1991,1992]
Chet Baker
trumpet (on tracks 2,3,4)[1982]
Grover Washington,Jr.
soprano sax (on tracks 1,4),tonnor sax(on track 5)[1991,1992]
Donald Harrison
soprano sax (on track 2)[1991,1992]
Carmen Cuesta
vocals (on track 1)[1991,1992]
Ted Rosenthal
synthesizer (on tracks 1,5),piano(on track 3:intro ,track 5)[1991,1992]
Kenny Barron
electric piano (on track 2),[1982]
Francisco Centeo
Bass (on track 1)[1991,1992]
Mark Egan
Bass (on tracks 2,4,5,6)[1991,1992]
Dave Weckl
drums (on tracks 1,2,4,5)[1991,1992]
Jimmy Madison
drums (on track 3)[1991,1992]
Danny Gottlieb
drums (on tracks 6)[1991,1992]
Lew Soloff
trumpet (on tracks 1,3,6)[1991,1992]
Bob Millikan
trumpet (on tracks 1,3,5,6),flugelhorn (on tracks 2,4)[1991,1992]
Byron Stripling
trumpet (on track 3)[1991,1992]
Larry Lunetta
trumpet (on tracks 5),flugelhorn (on tracks 2,4)[1991,1992]
Jim Paugh
trombone (on tracks 1,2,4),bass trombone (on tracks 5)[1991,1992],arranged for  1,6;brass arranged for 2,3,5,intro composed for 3[1991,1992]
Keith Q'Quinn
trombone (on tracks 3,6)[1991,1992]
Dave Taylor
bass trombone (on all tracks)[1991,1992]
Bashiri Johnson
percussion (on tracks 1,2,4)[1991,1992]
Creed Taylor
producer

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.CTI 演奏編成.ビッグバンド 共演者.ChetBaker 共演者.MarkEgan

拍手する

Jim Hall And Friends,Vol.2 Live At Town Hall (1990年)[CD]{ライブ録音}

Jim Hall And Friends,Vol.2 Live At Town Hall

オススメ度

★★★★☆

所感



iTunes Jim Hall
Live At Town Hall: Volumes 1 & 2 - Jim Hall

(2011/5/23 再発について追記:後述)JVC Jazz Festival内の企画のひとつであったジム・ホール活動35周年のイベントライブ"The Jim Hall Invitational"の模様を収録したアルバム「Jim Hall And Friends,Vol.1 Live At Town Hall」の続きとなる2巻目。Vol.1が静なら、このVol.2は動ともいえるアルバムだ。曲数は5曲と少ないが、1曲目は11分、他の曲は7から8分の演奏時間があり、十分に堪能できる。

#1。Hide and Seekはジム・ホールのオリジナル曲でアルバム「Jim Hall's Three」(1986年)に収録。アルバムの1曲目、とっぱじめから躍動感のあるナンバーだ。Threeではすこしもっさりした遅めのテンポの曲だったがこれはハイテンポで、わくわくする展開。またアルバム版ではトリオだったがこれは鍵盤(ピアノとキーボードを一人で演奏)にギル・ゴールドスタインが参加しカルテットで演奏している。このギル・ゴールドスタインが曲に彩りと広がりを添えていることは明白だ。ジム・ホールとの共演も多い2人、ベースにスティーブ・ラスピナ、ドラムにテリー・クラークという強力な布陣でそれぞれのパートのアドリブソロもあり、豪快でありながらキーボードによって流麗さを放つというすばらしい演奏となっている。(酔いながら書いてるので意味不明になってきた)

#2.How Deep Is the Ocean?ではジム・ホール、スティーブ・ラスピナ、テリー・クラークのおなじみのトリオにギタリストのピーター・バーンスタインが加わったギター2本のカルテット。ピーター・バーンスタインについてはぜんぜん知らなかったのですが、調べてみると当時まだ22歳の若者だったようで、当時頭角を現した新人ギタリストとして招来されたようだ。ベテランメンバーに囲まれても臆することなくさわやかで雄弁なフレーズを生み出す演奏が、とても新人とは思えない度量だと思う。なお、左チャンネルがジム・ホール、右チャンネルがピーター・バーンスタイン。

外部リンク:Peter Bernstein Wikipedia(EN)
外部リンク:Peter Bernstein @ Blue Note NY(個人サイト) 

 #3.Sancticityはジム・ホールトリオにギタリストのジョン・スコフィールドを加えてのカルテット。エフェクターによる独特の風変わりなギターの音色と変態フレーズを得意とするジョン・スコフィールドは一見すると、当時はほとんどエフェクタを使用しなかったジム・ホールとの相性が合わなさそうですが、これがまた妙になじむ演奏だ。ジム・ホールとジョン・スコフィールドはアルバムなどの形では残していないが、ギター・デュオとしてライブを行ったことがある(ブートレッグのDVDも存在する)。てことで楽しい変態フレーズが楽しめますよー。左チャンネルがジム・ホール、右チャンネルがジョン・スコフィールド。

#4.My Funny Valentineはギターが2本?(もしかしたら3本?)ちょっとわからんので保留・・・とにかく楽器はギターのみの編成。もしかしたらジム・ホールがいないのかってかんじなのだが・・・

#5.Carefulは大ギタージャンボリー大会(笑)。全員出演でのカーテンコールってとこでしょうか。ジム・ホール・トリオにギタリスト4人、それにビブラフォンのゲイリー・バートンが加わってみなさまでそれはもうはじけてジム御大のライフソング?ともいうべきCarefulを大合唱ならぬ大演奏。ところでジョン・アーバークロンビーはまだわかるんだけど、ミック・グッドリック?ってギタリストがまったくわからん。調べてみても1993年に1枚ソロ・アルバムを出しただけらしいので・・・。本当は星5つにしたいが、もうちょっと曲が多ければなーってことで4つ。

(2011/5/23 追記)現在、本アルバムはCD2枚組として再発されているようです。
CD販売 Complete Town Hall Concert by Amazon
mp3ダウンロード Live At Town Hall: Volumes 1 & 2 by Amazon
mp3ダウンロード Live At Town Hall: Volumes 1 & 2 - Jim Hall by iTunes

詳細

アルバムタイトル(原題)
Jim Hall And Friends,Vol.2 Live At Town Hall
アルバム名義
Jim Hall And Friends
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1990/6/26
発売元,レーベル
Music Masters Inc.
所有盤
輸入CD
発売元
BMG Music
CD発売日
1991
規格品番
01612-65066-2
UPC
016126506623
定価
-

曲目

  1. Hide and Seek
    作曲
    Jim Hall
  2. How Deep Is the Ocean?
    作曲
    Irving Berlin
  3. Sancticity
    作曲
    Coleman Hawkins
  4. My Funny Valentine
    作曲
    Lorenz Hart,Richard Rodgers
  5. Careful
    作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar (on all tracks)
Steve LaSpina
bass (on tracks 1,5)
Terry Clarke
drums (on tracks 1,5)
Gil Goldstein
piano,keyboards (on tracks 1,5)
Peter Bernstein
guitar (on tracks 2,5)
John Scofield
guitar (on tracks 3,6)
Mick Goodrick
guitar (on tracks 4,5)
John Abercrombie
guitar (on tracks 4,5)
Gary Burton
vibraphone (on track 5)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 録音.ライブ録音 レーベル.MusicMasters 共演者.TerryClarke 共演者.SteveLaSpina 共演者.GaryBurton 共演者.GilGoldstein

拍手する

Jim Hall And Friends,Vol.1 Live At Town Hall (1990年)[CD]{ライブ録音}

Jim Hall And Friends,Vol.1 Live At Town Hall

オススメ度

★★★★☆

所感



iTunes Jim Hall
Live At Town Hall: Volumes 1 & 2 - Jim Hall

(2011/5/23 追記:再発について後述)JVC Jazz Festival内の企画のひとつであったジム・ホール活動35周年のイベントライブ"The Jim Hall Invitational"の模様を収録したアルバムの第1巻。ジム・ホールがそれまで共演してきた縁のあるプレイヤーとの演奏が楽しめる。なお、本アルバムは続きとなる第2巻「Jim Hall And Friends,Vol.2 Live At Town Hall」がある。

#1から#6までの前半はベースや管楽器とのデュオが楽しめる。曲はスタンダードばかりで聴きやすい選曲。デュオならではの対話するような、密度の高い演奏が魅力だ。#1、#2は歴戦の盟友、ロン・カーター(ベース)との安定感のあるデュオ。#3、#4はボブ・ブルックマイヤー(トロンボーン)との軽やかで溌剌としたデュオ。特に小気味よいメロディーとリズムの#4.Begin the Beguineが好き。#5、#6はジェリー・マリガン(バリトン・サックス)とのデュオ。ジェリー・マリガンの音色のなんといやらしいことか!これが背中で語る男のダンディズムってやつでしょうか。ジェリー・マリガンの名盤アルバム「Night Lights」(1963年)の艶っぽさは年老いても色あせることはなかったのであった。

#7からの後半はベースとドラム、それにストリングス(バイオリンなど)を絡めた編成でのセッション。ベースはスティーブ・ラスピナ、ドラムはテリー・ クラークといった布陣で、80~90年代のジム・ホールのバックを支えたキーパソンで安定したリズム隊。そこに70~80年代にジム・ホールのサポートとして活躍したドン・トンプソンがピアノで加わればそれはもう完璧意外の何者でもないと期待に胸をときめかせつつ聴いてみれば、ズッギャーなんじゃこれ!と驚嘆の変態ストリングスアレンジで#7.1953 "Thesis"と#8.Abstract and Dreamsが開幕。初めて聴いた当時はあまりの難解さに毛嫌いしておりましたが、ジム・ホールを聞き続けて十余年、最近はなんだかこれ、カッコイイんでないかい?と思った。初心者には敷居が高いと思いますが、イントロのとっぴさを抜ければ中盤からはなかなかよくきこえます。#9.Laura's Dreamはビブラフォンのゲイリー・バートンを迎えて、物悲しげな曲で締め。これも最初はぜんぜんすきじゃなかったけど、今聞き返すときれいなメロディだな、と思える。つーかこれアストル・ピアソラの曲ですか。いまごろ気がついた。

てことで前半は誰でもいつでも聴きやすく、後半はいつかきっと好きになれる、そんなアルバム。てことで以前は星3つだったが4つに昇格。

(2011/5/23 追記)現在、本アルバムはCD2枚組として再発されているようです。
CD販売 Complete Town Hall Concert by Amazon
mp3ダウンロード Live At Town Hall: Volumes 1 & 2 by Amazon
mp3ダウンロード Live At Town Hall: Volumes 1 & 2 - Jim Hall by iTunes
オマケ追記:
今気が付いたが、アルバム制作のプロデューサーはかつてA&MのHorizonレーベルを立ち上げたジョン・スナイダー/ John Snyder。なるほど、いい内容なわけだ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Jim Hall And Friends,Vol.1 Live At Town Hall
アルバム名義
JIM HALL AND FRIENDS
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1990/6/26
発売元,レーベル
Music Masters Inc.
所有盤
輸入CD
発売元
BMG Music
CD発売日
1991
規格品番
5050-2-C
UPC
016126505022
定価
-

曲目

  1. Alone Together
    作曲
    Haward Dietz,Arthur Schwarts
  2. St. Thomas
    作曲
    Sonny Rollins
  3. Skylark
    作曲
    Hoagy Carmichael
  4. Begin the Beguine
    作曲
    Cole Porter
  5. All the Things You Are
    作曲
    Oscar Hammerstein
  6. Prelude to a Kiss
    作曲
    Duke Ellington
  7. 1953 "Thesis"
    作曲
    Jim Hall
  8. Abstract and Dreams
    作曲
    Don Thompson
  9. Laura's Dream
    作曲
    Astor Piazzola

演奏者

Jim Hall
guitar (on all tracks)
Steve LaSpina
bass (on tracks 7,8,9)
Terry Clarke
drums (on tracks 7,8)
Ron Carter
bass (on tracks 1,2)
Bob Brookmeyer
tromborne (on tracks 3,4)
Gerry Mulligan
baritone sax (on tracks 5,6)
Don Thompson
piano (on tracks 7,8) arranger (on tracks 7,8)
Gary Burton
vibraphone (on track 9)
Kent Moore
cello (on tracks 7,8,9)
Shem Guibbory
violin (on tracks 7,8,9)
Richard Henrickson
violin (on tracks 7,8,9)
Diedra Lawrence
viola (on tracks 7,8,9)
Tommy Kamp
strings arranger (on tracks 7,8,9)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.デュオ・サックスとギター 演奏編成.デュオ・ベースとギター レーベル.MusicMasters 録音.ライブ録音 共演者.TerryClarke 共演者.SteveLaSpina 共演者.RonCarter 共演者.BobBrookmeyer 共演者.GerryMulligan 共演者.GaryBurton

拍手する

Jim Hall : Panorama: Live at Village Vanguard (1996年)[CD]{ライブ録音}

Jim Hall : Panorama Live at the Village Vanguard

オススメ度

★★★★☆

所感

ジム・ホールのライブ録音アルバム。発売当時に聴いた頃はあんまり好きじゃなかったが、最近は気にいっている1枚。むしろTelarcレーベル時代(1994年~2001年)にリリースした8枚のアルバムの中ではもっとも楽しめる内容ではないかと思う。ほぼ全曲オリジナル曲で、90年代後期当時のジムの最新の音楽性と、生の空気感が垣間見える。ジム・ホールのスタンダード曲の演奏に聴き慣れてきた頃合の人にオススメしたい1枚てことで星4つ。

バンド編成の基本はジム・ホール(ギター)、スコット・コリー(ベース)、テリー・クラーク(ドラム)のトリオで、そこにさまざまなゲストを一人加えてのカルテット編成としている。おそらく録音はゲストごとに行っていたと思うが、アルバムではゲストの順番を入れ替えて収録している。ゲストごとに特徴が異なっているので、聞き比べると楽しい。ジェフリー・キーザー(ピアノ)はカラっとして瑞々しく爽快な印象に対し、ケニー・バロン(ピアノ)は艶があって豪華絢爛な印象。スライド・ハンプトン(トロンボーン)の熱いプレイに対し、グレッグ・オズビー(アルトサックス)はどこまでもクール。そしてジム・ホールの往年の盟友、アート・ファーマー(フリューゲルホーン)のいぶし銀!アート・ファーマーはこの後1999年に逝去しており、これがジムとともに録音した最後の作品でございます(たぶん)。

そういえばこのライブツアーの流れなのか、私が1997年にBluenoteTokyoのジム・ホールのライブに行ったときはケニー・バロンがピアノだったなー。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Panorama: Live at Village Vanguard
アルバム名義
JimHall
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1996/11/4-8
発売元,レーベル
Telarc International Corporation
所有盤
輸入CD
販売元
Telarc International Corporation
CD発売日
1997
規格品番
CD-83408
UPC
089408340826
定価
-

曲目

  1. Pan-O-Rama
    作曲
    Jim Hall
  2. Little Blues
    作曲
    Jim Hall
  3. The Answer Is Yes
    作曲
    Jane Hall
  4. Entre Nous
    作曲
    Jim Hall
  5. Furnished Flats
    作曲
    Jim Hall
  6. Something to Wish For
    作曲
    Jim Hall
  7. No You Don't
    作曲
    Jim Hall
  8. Painted Pig
    作曲
    Jim Hall
  9. Here Comes Jane
    作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Scott Colley
bass
Terry Clarke
drums
Geoffrey Keezer [Geoff Keezer] (on tracks 1,9)
piano
Kenny Barron (on tracks 3,6)
piano
Art Farmer (on track 2)
flugelhorn
Slide Hampton (on tracks 4,7)
trombone
Greg Osby (on tracks 5,8)
alto sax

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Telarc 演奏編成.カルテット 録音.ライブ録音 共演者.TerryClarke 共演者.GregOsby 共演者.ScottColley 共演者.GeoffreyKeezer 共演者.KennyBarron 共演者.ArtFarmer 共演者.SlideHampton

拍手する

Greg Osby : The Invisible Hand (1999年)[CD]

Greg Osby : the invisible hand

オススメ度

★★☆☆☆

所感

アルトサックス奏者、グレッグ・オズビーのアルバム。フリージャズっぽいのが多め。いや、アルバムとしてはこういうのは個人的にはいいと思うのだけど、ジム・ホールの参加曲が#1、#5、#7の3曲てことでしかたなく星2つ。グレッグ・オズビーはジム・ホールのライブアルバム「Panorama Live at the Village Vanguard」(1996年)で共演してたのでそのつながりでの参加ですかね。ジム・ホールがらみでいえば、ベースにジムとたびたび共演したスコット・コリー(Scott Colley)が参加してる。

肝心の曲については全体的に、ゆったりとして渋めなのがほとんど。明るい速いテンポの曲はほとんどない(笑)。こーゆうのをハードバップとかモードっつーんでしょうか。ジムは好きだけどジャズは詳しくないんで・・・。唯一#6がテンポは速いけどヘンテコうにょうにょフレーズでございます。ジム・ホールの演奏については#1.Ashesに若干リードあり、#5.Sanctusはジム・ホール作曲ながらもほぼバッキングのみ。#.Nature Boyでまた若干リード。以上でーす。グレッグ・オズビーのファンはともかく、ジムおじさんファンにとってもハードル高めなマニアアイテム。入手難度は高くないと思うので余裕のある方はどぞ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
The Invisible Hand
アルバム名義
Greg Osby
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1999/9/8,9
発売元
Blue Note
所有盤
輸入CD
CD発売日
2000
規格品番
7243 5 20134
EAN
724352013425
定価
N/A

曲目

  1. Ashes
    作曲
    Andrew Hill
  2. Who Needs Forever
    作曲
    Howard Greenfield,Quincy Jones
  3. The Watcher
    作曲
    Greg Osby
  4. Jitterbug Waltz
    作曲
    Thomas "Fats" Waller
  5. Sanctus
    作曲
    Jim Hall
  6. Indiana
    作曲
    James F. Hanley,Ballard MacDonald
  7. Nature Boy
    作曲
    Eden Ahbez
  8. Tough Love
    作曲
    Andrew Hill
  9. With Son
    作曲
    Greg Osby
  10. The Watcher 2
    作曲
    Greg Osby

演奏者

Greg Osby
alto sax,clarinet
Gray Thomas
flute,alto flute,tenor sax
Andrew Hill
piano
Jim Hall
guitar
Scott Colley
bass
Terri Lyne Carrington
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.BlueNote 演奏編成.カルテット 共演者.GregOsby 共演者.ScottColley

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。