スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Dedications & Inspirations (1994年)[CD]

Dedications & Inspirations

オススメ度

★★★☆☆☆

所感

ジム・ホールがひたすら一人でギターを弾いているアルバム。ベースやドラム、ピアノなどといった楽器は一切ない。基本的に一人でギター2本をリードとバッキングに分けて弾いて、オーバーダビングし1トラックにしている。一部(#10と#11)はギターソロで弾いている。ギターの音色がこれまでのアルバムからガラっとかわって、アコースティックギターで弾いているような印象を受ける。実際にアコギで弾いている曲もあるが、アンプ経由の音よりは、生音を拾っている割合が大きいのも特徴。

このアルバムはタイトルの「デディケイションズ&インスピレイションズ」が示している通り「献身と触発」という主題に基づいて制作されている。主に音楽家に対して尊敬の念をこめて捧げる曲と、絵画に曲想を得て書き下ろした曲を演奏している。ギターのみなので派手さに欠けるが、ジム・ホールが得たインスピレーションの対象を想像しながら演奏を聴くと、表層上の曲だけなく、また別の側面が見えてきておもしろい・・・てのはジム・ホール中毒度80%以上のファンでないと難しいかーっ!

曲と、「デディケイションズ&インスピレイションズ」の対象となる人物は次の通り。

  • Whistle Stop:アメリカの風刺コミック作家ゲイリー・ラーソンに捧げた曲。ゲイリー・ラーソンはジム・ホールのアルバムSomething Special(1993年)のジャケット(USオリジナルCD)を描いている。絵画のようにちょっとコミカルでかわいい曲だ。
  • Hawk:サックス奏者、コールマン・ホーキンスに捧げた曲。
  • Canto Nostálgico:「アルゼンチンの友人に捧ぐ」と表記されている。
  • Why Not Dance?:1940年代のスイングジャズ全盛期の音楽家ジミー・ランスフォードに触発されて書いた曲。
  • João:ボサノヴァの大御所であるジョアン・ジルベルトに捧げた曲。アントニオ・カルロス・ジョビンなどのブラジルの音楽家たちのボサノヴァが、ジム・ホールに影響を与えたとしている。ライナーノーツによると1950年代末にジム・ホールがエラ・フィッツジェラルドのツアーに同伴し南アメリカを訪れ、その後ツアーを離れて一人で6週間リオデジャネイロで過ごし、ボサノヴァを自分のスタイルに取り込んだと説明している。
  • Seseragi:日本の友人に捧げた曲。友人とはジム・ホールに師事したギタリストの井上智(いのうえ さとし)氏のこと。
  • All The Things You Are:妻のジェーン・ホール(Jane Susan Hall)に捧げた曲。ジェーンがこの曲が大好きだから、とのこと。ジム・ホールはこの曲をしばしば演奏するが、その理由をいつも妻が好きだからと答えている。なんつー愛妻家おやじ・・・!
  • Miró:スペインの画家、ジョアン・ミロの絵画から曲想を得た曲。
  • Mone:フランスの画家、クロード・モネの絵画から曲想を得た曲。
  • Bluesography:イントロおよび4部のパートから構成される12分の長い曲。ジャズギターの創始者であるチャーリー・クリスチャンと、初期のブルースギタリストのリードベリーに捧げた曲。
  • In A Sentimental Mood:スイングジャズの大家、」デューク・エリントンに捧げた曲。ジム・ホールはデユーク・エリントンの曲を本当に好きだといっている。ライナーノーツではジム本人のコメントでWe love you madly!と記述しているほどだ。ジムの2ndソロアルバム「It's Nice To Be With You」(1969年)ではギター2本で演奏しており、似たような雰囲気を持つが、それぞれの違いを楽しんでみるのも良い。
  • Matisse:フランスの画家、アンリ・マティスの絵画から曲想を得た曲。アルバムのジャケットはマティスの作品The Sorrow Of The King(王の悲しみ)を借用している。
    外部リンク:The Sorrow Of The King : Wikipedia(US)
  • Street Dance:サックス奏者、ソニー・ロリンズに捧げた曲。周知の通り、ロリンズとジムは何度か共演しており、ライナーノーツでジム・ホール自身が「ロリンズが私にカリプソを紹介した」と記述している。カリプソ調の南国を思わせる楽しい曲。

ライナーノーツにジム・ホール自身と、妻のジェーンによるコメントがあり、養女のデブラ・ホール(Devra Hall)によるジム・ホールの詳しい音楽経歴が記述されているのも特徴。

ジム・ホールはこの1994年のアルバムからTelarc(テラーク)レーベルに移籍し、この後しばらくの間Telarcからアルバムを発表することになるのだが、どうにもTelarcでのアルバムは後発のものほど曲がヘンテコになっていく傾向があるので要注意。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Dedications & Inspirations
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1994/10/23,24
発売元,レーベル
Telarc International Corporation
所有盤
輸入CD
販売元
Telarc International Corporation
CD発売日
1994
規格品番
CD-83365
UPC
089408336522
定価
-

曲目

  1. Whistle Stop
    作曲
    Jim Hall,dedicated to Gary Larson
  2. Hawk
    作曲
    Jim Hall,dedicated to Coleman Hawks
  3. Canto Nostálgico
    作曲
    Jim Hall,dedicated to "My Friends In Argentina"
  4. Why Not Dance?
    作曲
    Jim Hall,inspired by Jimmy Lunceford(Jimmie Lunceford)
  5. João
    作曲
    Jim Hall,dedicated to João Gilberto
  6. Seseragi
    作曲
    Jim Hall,dedicated to "My Friends In Japan"
  7. All The Things You Are
    作曲
    Jerome Kern,dedicated to Jane Hall
  8. Miró
    作曲
    Jim Hall,inspired by Miró
  9. Monet
    作曲
    Jim Hall,inspired by Monet
  10. Bluesography
    作曲
    Jim Hall,dedicated to Charie Christian and Leadbelly
  11. In A Sentimental Mood
    作曲
    Duke Ellington,dedicated to Duke Ellington
  12. Matisse
    作曲
    Jim Hall,inspired by Matisse
  13. Street Dance
    作曲
    Jim Hall,dedicated to Sonny Rollins

演奏者

Jim Hall
electric guitar,acoustic guitar

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Telarc 演奏編成.デュオ・ギターとギター

拍手する

Jim Hall : By Arrangement (1998年)[CD]

By Arrangement

オススメ度

★★★☆☆☆

所感

ジム・ホールがジャズ・スタンダードナンバーをアレンジした曲をアルバム集。様々な楽器を駆使した楽曲全体の編曲を重視したつくりのため、このアルバムを聴くとき、ジム・ホールの情熱的なアドリブを期待してはいけない。ギターはあくまで全体の一部となっている。アレンジはもはや原型をとどめていない状態で、ジムのイマジネーションにある意味感服。聖歌隊のようなコーラス隊やストリングスの導入が、アドリブ重視のジャズといよりもしっかりと構築された楽曲という印象にいっそう拍車をかけている。

演奏の基本ははジム・ホール、スコット・コリー(ベース)、テリー・クラーク(ドラム)のトリオ。そこにソロをフューチャーしたゲスト1人にストリングス(バイオリンなどの弦楽器隊)やブラスが加わった構成となっている。ビッグバンドというほどでもない編成だが、ストリングスによってちょっと大仰な編曲になっている。共演およびゲストはパット・メセニー(ギター、本作ではガット弦のアコースティックギターを演奏)、ジョー・ロバーノ(クラリネット、ソプラノサックス)、トム・ハレル(フリューゲル・ホーン)、グレッグ・オズビー(アルト・サックス)で、ジム・ホールと親しい間柄の人物達だ。ジム・ホールの著名なアルバムに慣れ親しんでちょっと変わったアルバムも聴いてみたいな、と思った頃に手を出してみるのが吉。ジム・ホール中級者以上むけってことで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
By Arrangement
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1998/1/12-14 - 1998/3/13
発売元,レーベル
Telarc International Corporation
所有盤
輸入CD
販売元
Telarc International Corporation
CD発売日
1998
規格品番
CD-83436
UPC
089408343629
定価
-

曲目

  1. Django
     作曲: John Lewis
  2. Waltz for Debby
     作曲:Bill Evans,Gene Lees
  3. Ruby, My Dear
     作曲:Thelonious Monk
  4. Goodbye
     作曲: Gordon Jenkins
  5. Art Song
     作曲:Jim Hall
  6. October Song
     作曲: Jim Hall
  7. Wendy
     作曲:Paul Desmond
  8. The Wind
     作曲:Jerry Gladstone,Russ Freeman
  9. Whisper Not
     作曲:Benny Golson

演奏者

Jim Hall
electric guitar,acoustic guitar,fletless classical guitar,12-strings guitar
Scott Colley
bass
Terry Clarke
drums
Pat Metheny
acoustic guitar (on track 1)
The New York Voices
vocal,chorus(on track 2,8)
Tom Harrell
flugelhorn (on tracks 3,5,7,9)
Jim Pugh
trombone (on track 3)
Marcus Rojas
tuba (on track 3)
Joe Lovano
clarinet,soprano sax (on track 4)
Loise Schuman
viola (on track 6)
Greg Osby
alto sax (on track 8)
Alex Brofsky
horns (on track 9)
*Omit
strings

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Telarc 演奏編成.ビッグバンド 共演者.ScottColley 共演者.TerryClarke 共演者.TomHarrell 共演者.JoeLovano 共演者.GregOsby 共演者.PatMetheny

拍手する

Jim Hall : Subsequently (1992年)[CD]

Subsequently

オススメ度

★★★★★

所感


買いだ!でも理解されない。こいつはすごい。ジム・ホールはこのとき既に60~61歳。年は老いてもますます曲のアイディア、プレイが冴え渡る。私が10数年前に初めて買ったジム・ホールのアルバム「Concierto(アランフェス協奏曲)」(内部リンク)の次に、このCDを中古屋でふらっと買ったのが大当たりだった。Conciertoに続けてこのアルバム「サブセクエントリー」を買っていなければここまでジム・ホールにハマらなかっただろう。

私がジャズ初心者のころ、一般的な歌謡ポップスのような音楽スタイルしか知らなかったので、タイトルになっている1曲目「サブセクエントリー」を初めて聴い たときには曲のはじけ具合と独創性に驚き、さらにジャケットに写っているこんなおっさんが演奏しているとは思えないと二重に驚いたものだ。ちなみに「サブセクエントリー(それで)」とはチコ・ハミルトンの口癖で、チコのために捧げた曲だ、とビデオStarlicks Master Sessions With Jim Hall(サイト内リンク)で語っている。

演奏の基本はカルテット編成。ジム・ホールにスティーブ・ラスピナ(ベース)、テリー・クラーク(ドラム)、そして当時23歳の新鋭ラリー・ゴールディングス(ピアノ、彼の本来のメイン楽器はオルガン)。ジム・ホールと重ねてセッションしてきた最強のベース、ドラムといった土台のしっかりしたリズム隊に臆することなく、ラリー・ゴールディングスのピアノが時には繊細に、時には大胆に、そして瑞々しく広がり、熟練のおっさんどもを刺激して全員が活き活きとした演奏を実現している。

カルテットには時折ゲストが加わりクインテットとなる楽曲もある。#2、#4、#9でラスマス・リー(アルトサックス)が加わり、夜のしじまのような濃厚な演奏をみせたり、#7、#8ではやジャズ、ポップスのハーモニカ(クロマチックハープ)の大御所であるトゥーツ・シールマンスが加わり、曲に艶やかさをもたせている。特に#4.The Answer Is Yes と#7.What's It Like to Love?は心動かされる秀逸な演奏だ。

楽曲のリストはちょっと先鋭的な曲もあるが破滅的な内容でもなく、スタンダードな曲も多くあり、聴きやすい内容となっている。そしてジム・ホールのギターの音色も加工されすぎていなく、かといって生音すぎず、ちょうどいい状態だ。

私は知人にジム・ホールを薦めることがあるとき、2~3枚のアルバムの中に必ずこのアルバムをそっとしのばせるのだが、これまで良好な感想をいただいたことがほとんどない(笑)!おそらく1曲目で拒絶反応がでるかそうでないかが、聴いた人の印象を決定してしまうのだろう。ほんとにいいアルバムなんだけどなー。もういいです。ジム・ホールの楽しみを共有することはほとんど不可能ということはこの10数年で把握したのでこれからも一人でこっそり楽しみます。うぽぽー。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Subsequently
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
サブセクエントリー
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1991
発売元,レーベル
Music Masters Inc.
所有盤
国内CD
販売元
日本フォノグラム株式会社
CD発売日
1992/4/25
規格品番
PHCE-5047
UPC
4988011331381
定価
3,000円

曲目

  1. Subsequently
    作曲
    Jim Hall
  2. Mister Blues
    作曲
    Jim Hall
  3. Pancho
    作曲
    Jim Hall
  4. The Answer Is Yes
    作曲
    Jane Hall
  5. Waiting to Dance
    作曲
    Jim Hall
  6. I'm in the Mood for Love
    作曲
    Jimmy McHugh,Dorothy Fields
  7. What's It Like to Love?
    作曲
    Larry Goldings
  8. Waltz for Sonny
    作曲
    Toots Thielemans
  9. More Than You Know
    作曲
    William Roses,Edward Eliscu,Vincent Youmans

演奏者

Jim Hall
guitar
Larry Goldings
piano (on tracks 1,3,5,6,7,8,9),hamond organ (on tracks 2,4)
Steve LaSpina
bass
Terry Clarke
drums
Toots Thielemans
harmonica (on tracks 7,8)
Rasmus Lee
alto sax (on tracks 2,4,9)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.MusicMasters 演奏編成.トリオ 演奏編成.カルテット 共演者.SteveLaSpina 共演者.LarryGoldings 演奏編成.クインテット

拍手する

Jim Hall : Textures (1997年)[CD]

Jim Hall : Textures

オススメ度

★★☆☆☆

所感

映画のサウンドトラックみたいなアルバム。もしあなたがジム・ホールを聴いたことがなく、「ジャズギターの有名な人らしいし、何かを聞いてみるか」とCDを適当に購入するときに、このアルバムだけは最初の1枚として絶対に選択してはいけない(笑)。おそらくジム・ホールのファンでも好みが大きく分かれるであろうアルバムで、ギターはまるでついでのような存在になっているからだ。

私も初めて聴いた当時はあまりの内容に口があんぐり。しばらくは封印することに。けして演奏がひどいとかではなく、それはもう映画音楽のサントラのようにしっかりとした内容でございます。だがしかしそれがリスナーの期待に反してしまうのでしょう。ここは頭をすっかり入れ替えて、ジム・ホールが作ったストリングスとホーンによる映画のサントラでも聞いているとわりきることが必要でございます。そういう意味では、ジム・ホールは自分の楽器であるギターだけでなくトータルで音楽を表現する才能をもっていることを証明している内容ともいえる・・・かも。私の場合はジム・ホールを聞き続けて10年以上たってようやく抵抗無くきけるようになったですよー。それでもやはりリピート率が低いですががが。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Textures
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1996/9/17,9/18,9/19
発売元,レーベル
Telarc International Corporation
所有盤
輸入CD
販売元
Telarc International Corporation
CD発売日
1997
規格品番
CD-83402
UPC
089408340222
定価
-

曲目

  1. Fanfare
     作曲: Jim Hall
  2. Ragman
     作曲:Jim Hall
  3. Reflections
     作曲:Jim Hall
  4. Quadrologue
     作曲: Jim Hall
  5. Passacaglia
     作曲:Jim Hall
  6. Sazanami
     作曲: Jim Hall
  7. Circus Dance
     作曲:Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Jamie Finegan
trumpet (on tracks 1,3,7)
Ryan Kisor
trumpet (on tracks 1,3,7)
Claudio Roditi
flugelhorn (on tracks 1,3)*solist
Alex Brofsky
french horn (on tracks 1,3)
Conrad Herwig
trombone (on tracks 1,3,7)
Jim Pugh
trombone (on tracks 1,3)*solist
Marcus Rojas
tuba (on tracks 1,3,7)
Marcus Rojas
tuba (on tracks 1,3,7)
Joe Lovano
soprano sax (on tracks 2)
Gordon Gottlieb
timpani, others (on tracks 2)
Kenny Wollenson
clay pot,others (on tracks 2)
Mitsuru Tsubota
violins (on tracks 2,5)
Loise Schuman
violins (on tracks 2,5)
Myron Lutzke
cello (on tracks 2,4,5)
Loise Schuman
viola (on track 4)
Anthony Falanga
bass (on tracks 2,5)
Scott Colley
bass (on tracks 2,3,4,5,6)
Terry Clarke
drums (on tracks 1,2,3,7)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Telarc 演奏編成.ビッグバンド 共演者.TerryClarke 共演者.ScottColley 共演者.JoeLovano

拍手する

Jim Hall : Dialogues (1995年)[CD]

Jim Hall : Dialogues

オススメ度

★★★☆☆

所感

特徴はジム・ホールのトリオが5人のゲストを迎えてカルテットとなり2曲づつ演奏している構成と、楽曲のほとんどがジム・ホールのオリジナル曲であること(曲によって一部のパートは抜けている)。以前はあまり好きじゃないアルバムだったが今聴くと毛嫌いするほどでもない。ぶっちゃけこのアルバムで特筆すべきはマイク・スターンとの共演2曲がかっこいいってことだ。あとは地雷も多少ありのアルバム・・・(笑)。てことで星3つ。ゲストについて感想をば少々。

  • ビル・フリゼール(ギター)。ビルはもともとはクラリネットを習っていたそうだ。16歳の頃ジム・ホールのレコードを聴いて衝撃を受け、20歳のころ当時住んでいたデンバーに来たジム・ホールのライブを見てそれまで演奏していたクラリネットをやめてギターに専念することを決意し、バークリー音楽院で1学期分の間、ジム・ホールからレッスンを受けたという。てなわけでジム御大の複雑なハーモニーのセンスから多大な影響を受けたビルとジムの、ポップだかジャズだか分類とかもう必要なさげな#1.Frisell Frazzleから始まりちょっと不安になる(笑)。ジム・ホールとは後にアルバム「Hemispheres」(内部リンク)を連名で制作した。
  • ジョー・ロバーノ(テナーサックス)との#3.Bon Amiがなかなかにムードのある曲でいいんでないかい、と。後にジム・ホールとバンドを組み、ライブアルバム「grand slam」(内部リンク)を残している
  • ギル・ゴールドスタイン(アコーディオン)が意外にも今回の爆弾(笑)!ジム・ホールのほかのアルバムで彼は実にいい仕事をしており非常に期待したのだが、今回はどんよりどよどよな曲でございましてわけわからんちん。
  • マイク・スターン(ギター)はロック寄りの曲も得意とするマルチなインストギター弾きかと思うが、特段に#7.Stern Stuffの出来がすばらしい。このアルバムの一番の聴きどころだ。ところでもう1曲の#9.Uncle Edではジムおじさんが自分のアコギソロにあわせて歌っているのがばっちり録音されておりちょっと気になるかなぁ~~。後の Jim Hall Enrico Pieranunzi : Duologues(内部リンク)ではめちゃめちゃ声とか息が入っていて、タイトルも似ていることだしその布石なんじゃろか・・・。
  • トム・ハレル(フリューゲルホーン)はスタンダードの#10.Skylarkでしっとりと締め。アルバムを通して楽曲が右往左往する中で、ほっと一息ついて締めくくることができたってかんじ。ジム・ホールとは過去にアルバム「These Rooms」(内部リンク)を制作した。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Dialogues
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1995/2/3,4,25
発売元,レーベル
Telarc International Corporation
所有盤
輸入CD
販売元
Telarc International Corporation
CD発売日
1995
規格品番
CD-83369
UPC
089408336928
定価
-

曲目

  1. Frisell Frazzle
     作曲: Jim Hall
  2. Simple Things
     作曲:Jim Hall
  3. Calypso Joe
     作曲:Jim Hall
  4. Bon Ami
     作曲: Jim Hall
  5. Dream Steps
     作曲:Jim Hall
  6. Snowbound
     作曲: Jim Hall
  7. Stern Stuff
     作曲:Jim Hall
  8. Dialogue
     作曲:Jim Hall
  9. Uncle Ed
     作曲:Jim Hall
  10. Skylark
     作曲:Hoagy Carmichael

演奏者

Jim Hall
guitar
Scott Colley
bass (on tracks 1,2,3,4,7,10)
Andy Watson
drums  (on tracks 1,2,3,4,5,7,9,10)
Bill Frisell
guitar (on tracks 1,2)
Joe Lovano
tennor sax (on tracks 3,4)
Tom Harrell
flugelhorn (on tracks 5,10)
Gil Goldstein
accordion, bass accordion (on tracks 6,8)
Mike Stern
guitar (on tracks 7,9)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Telarc 演奏編成.カルテット 共演者.BillFrisell 共演者.ScottColley 共演者.JoeLovano 共演者.TomHarrell 共演者.GilGoldstein 共演者.MikeStern

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。