スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Art Farmer & Jim Hall : Big Blues (1978年)[CD]

Art Farmer & Jim Hall : Big Blues

オススメ度

★★★☆☆

所感

1964年前後に大活躍したアート・ファーマーとジム・ホールのコンビがひさびさに復活してお送りするオサレジャズ。ヴィブラフォンがいるので、よけいオサレに感じるのかも。全体的になかなかいい塩梅ですが、なんといっても収録曲が4曲と少なめでなので無念の星3つ。でも1曲あたり7~8分以上なのでまずまず満足ですかね。全体的に落ち着いた曲で、アップテンポなのは#3.Big Bluesくらい。#4はラヴェルの「なき王女のためのパヴァーヌ」。ほんと、このころはクラッシクアレンジがブームだったんですかね。

録音のことですが楽器ごとの音の分離がよく(ミックスがいいっていうのかね)、キラキラと清楚でつつましくも華がある印象。・・・などと、ジャケットのヒゲ面のおっさん二人からは、まるでかけ離れた可憐な少女を表現するような文面がぴったりのアルバム。CDのスリーブによると「スィングジャーナル誌ディスク大賞優秀録音賞 エンジニア:デビッド・パーマー」とのこと。

んで、ヲサレの最大の要因はレーベルの特色によるものかと。レーベルはCTI Recordsで、プロデューサーが名盤「Concierto(アランフェス協奏曲)」(1975年)を製作したクリード・テイラー(Creed Taylor)。アレンジャーは後に迷盤(?)「Concierto de Aranzues(新アランフェス)」(1981年)」を製作してしまったデイヴィッド・マシュー(David Matthews)。つことでプレイヤーの爆発する個性を楽しむってよりは完成された世界を楽しむアルバムでございますー。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Big Blues
アルバム名義
Art Farmer and Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
ビッグ・ブルース
アーティスト表記(日本語表記)
アート・ファーマー&ジム・ホール
収録年
1978/2
発売元,レーベル
CTI Records
所有盤
国内版CD
CD発売元
キングレコード株式会社
国内CD発売日
2000/7/26
規格品番
KICJ-8313
JAN
4988003249021
定価
1,800円(税込)

曲目

  1. Whisper Not
    作曲
    Benny Golson
  2. A Child Is Born
    作曲
    Thad Jones
  3. Big Blues
    作曲
    Jim Hall
  4. Pavane for a Dead Princess
    作曲
    Maurice Ravel

演奏者


Art Farmer
fluegelhorn
Jim Hall
guitar
Mike Moore
bass
Mike Mainien
vibes
Steve Gadd
drums
David Matthews
arrangements

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.CTI 共演者.ArtFarmer 演奏編成.クインテット 共演者.SteveGadd

拍手する

Jim Hall : ...Where Would I Be? (1971年)[CD]

Jim Hall : ...Where Would I Be?

オススメ度

★★★★☆

所感

全体的にちょっと地味目だが聴き込めるアルバムだ。#1と#7の印象のためか若干ラテン風味がとりこまれていると思う。#1はタイトルの通り明るく軽快な長調のサンバで、晴れやかな南国の潮風を思わせる。左チャンネルのパーカッション(マラカス)の音がちょっとでかいなーと、ミックスのアンバランスさが気になるが気にしてはいけない。#2の叙情的なバラードと#7の落ち着いた曲の作曲Jane Herbertは後のジム・ホールの奥さんとなる人で、他のアルバムでもいくつか彼女の名前が見られる。特にCommitmentでは歌を歌ってたりとおしどり夫婦っぷりを発揮。#3 Carefulはジム・ホールが古くから引き続けている自作曲のジャズ・ブルース。#4はアメリカのミュージカル「Kismet(1953年~)」の劇中曲で、ジャズでも時々題材にされている。#5はジムの曲で時折みられるザカザカとカッティングのフレーズ中心の曲。#6はスタンダードナンバーをギター・ソロで演奏。(この曲以外はカルテットで演奏)#7はブラジルの音楽家ミルトン・ナシメントの曲で、ラテン系の短調で情熱的でドラマチックな曲。

詳細

アルバムタイトル(原題)
...Where Would I Be?
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1971/7
発売元,レーベル
MileStone Records(Fantasy,INC.)
所有盤
輸入CD
CD発売元
MileStone Records(Fantasy,INC.)
CD発売日
1991
規格品番
OJCCD-649-2(LP No.M9037)
UPC
025218664929
定価
-

曲目

  1. Simple Samba
    作曲
    Jim Hall
  2. Where Would I Be?
    作曲
    Jane Herbert
  3. Careful
    作曲
    Jim Hall
  4. Baubles, Bangles and Beads
    作曲
    George Forrest,Robert C. Wright
  5. Minotaur
    作曲
    Jim Hall
  6. I Should Care
    作曲
    Axel Stordahl,Paul Weston,Sammy Cahn
  7. Vera Cruz
    作曲
    Milton Nascimento
  8. Goodbye, My Love
    作曲
    Jane Herbert

演奏者

Jim Hall
guitar
Benny Arnov
piano
Malcom Cecil
bass
Airto Moreira
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.MileStone 演奏編成.カルテット 演奏編成.ギターソロ

拍手する

Jim Hall : Commitment (1976年)[CD]

Jim Hall : Commitment

オススメ度

★★★☆☆

所感

ごちゃ混ぜ。変遷期か?めずらしくボーカルものがある。全体的になんというか70年代のクロスオーバーミュージックな音作りと演奏で古いというか懐かしさを感じるのはわたくしだけでしょうか。

と思ったら#1,#3,#8はアレンジャーであるドン・セベスキー(Don Sebesky)による編曲であり、彼の作りこんだ編曲がそうしたクロスオーバー、あるいはコンテンポラリーといわれる雰囲気を作っているのだと思う。特に#3「Lament for a Fallen Matador(哀愁のマタドール)」はバロック様式のクラシック曲「 アルビノーニのアダージョ」("Adagio in G Minor" by Tomaso Albinoni)をアレンジしており、ジャズというよりは普遍的な曲、BGM風に仕上がっている。ドン・セベスキーはジム・ホールの「アランフェス協奏曲(Concierto)」(1975年)でクラッシクギターとオーケストラの「アランフェス協奏曲」をジャズアレンジしたので有名だが、このアルバムではアランフェスよりもさらに進化というか趣味まるだしサウンドが3曲もはいってるのでそこが好みの別れどころだ。#1、#8はちょいジャズ寄りで普通にきける。

#2はジムとドン・トンプソンのピアノのデュオで小気味よい明るい曲。#4はギター2本のみでオーバーダビング。#5はスタンダードの歌で妻のジェーン・ホールがボーカルをしている。#6はジム・ホールとトミー・フラナガンのピアノのデュオによる非常にせつなく美しいジャズ・バラードであり、心に染み入るような旋律が印象深い。#7は盟友テリー・クラークのドラムとデュオでカリプソの楽しい曲。ギターはアコースティックギターで、アルバム「Live in Japan」のTwisterを彷彿とさせる2人の息のあったリズムが楽しい。

以上の通りいろいろな曲を楽しめるアルバムともいえるが、一貫性がないともいえるちょっと散漫とした印象のアルバムだ。しかしそれは既存のジャズの様式(主題-アドリブの繰り返し-主題)から脱却し、新しい音楽を模索している最中だったためとも推察できる。ジム・ホールにとってはその後の変化に必要な通過点のアルバムだったのではないだろうか。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Commitment
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
哀愁のマタドール
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1976/6/21
発売元,レーベル
A&M RECORDS
所有盤
国内版CD
CD発売元
ポリドール株式会社
国内CD発売日
1992/12/2
規格品番
POCM-5026
JAN
4988005110664
定価
2,200円(税込)

曲目

  1. Walk Soft
    作曲
    Jim Hall
    備考
    CDのインナーに楽譜が掲載されている
  2. One Morning in May
    作曲
    Hoagy Carmichael,Mitchell Parish
    邦題
    5月のある朝
  3. Lament for a Fallen Matador
    作曲
    Tomaso Albinoni
    邦題
    哀愁のマタドール
  4. Down the Line
    作曲
    Jim Hall
  5. When I Fall in Love
    作曲
    Edward Heyman,Victor Young
    邦題
    恋に落ちたとき
  6. My One and Only Love
    作曲
    Guy Wood,Robert Mellin
  7. Bermuda Bye Bye
    作曲
    Jim Hall
  8. Indian Summer
    作曲
    Al Dubin,Victor Herbert
    備考
    CDのインナーに楽譜が掲載されている

演奏者

Jim Hall
guitar (on all tracks)
Tommy Flanagan
piano (on tracks 1,3,6,8)
Art Farmer
frugelhorn (on tracks 1,3,8)
Ron Carter
bass (on tracks 1,3,8)
Allan Ganley
drums (on tracks 1,3,8)
Don Thompson
piano (on tracks 2,3,8)
Terry Clarke
drums (on track 7)
Errol Benett
tambourine,triangle,wine chimes,cabasa,finger cymbals (on track 3)
Joan Labarbara
voice (on track 3)
Jane Hall
voice (on track 5)
Don Sebesky
arranger (on tracks 1,3,8)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.A&M 演奏編成.デュオ・ピアノとギター 共演者.ArtFarmer 共演者.RonCarter 演奏編成.クインテット 共演者.DonThompson 共演者.TerryClarke

拍手する

Jim Hall : LIVE!(1975年)[CD]{ライブ録音}

LIVE! Jim Hall

オススメ度

★★★★★

所感


Live!をiTunes
からダウンロード
Live! - Jim Hall

これを聴かずに何を聴く!ジム・ホール白熱のライブ。トリオの緊密なインタープレイを堪能できる。CDは96KHz,24bit対応。

関連:Live Vol.2-4(1975年)

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
LIVE!
アルバム名義
JIM HALL
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1975/6 at Bourbon Street,Tronto,Canada
発売元,レーベル
A&M Records,INC.
所有盤
輸入CD
CD発売元
Verve Music Group
CD販売元
Universal Music & Video Distribution Corp.,
CD発売日
2003
規格品番
440 065 428-2(A&M SP705)
UPC
044006542829
定価
-

曲目

  1. Angel Eyes
    作曲
    Matt Dennis,Earl Brent
  2. 'Round Midnight
    作曲
    Thelonius Monk,Charles"Cootie"Willians,Bernard D.Hanighen
  3. Scrapple From The Apple
    作曲
    Charlie Parker
  4. The Way You Look Tonight
    作曲
    Jerome Kern,Dorothy Fields
    備考
    ライナーノーツに楽譜がついてた
  5. I Hear A Rhapsody
    作曲
    George Fragos,Jack Baker,Duke Gasparre

演奏者および担当楽器

Jim Hall
Guitar
Don Tompson
Bass
Terry Clarke
Drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.A&M 演奏編成.トリオ 録音.ライブ録音 共演者.DonThompson 共演者.TerryClarke

拍手する

Jim Hall : Concierto / アランフェス協奏曲(1975年)[CD]

Concieto アランフェス協奏曲,Jim Hall ジム・ホール

オススメ度

★★★★★

所感



Jim Hall

次の引用は、わたくしめが過去にAmazonに投稿したレビューの転載です。

「JAZZに興味はあるけど何を買っていいかわからない」という方にお勧めの1枚。
主メロをクリアーにし、聴きやすくされた編曲の中に
巧みの技が聴けるアドリブ・ソロ演奏を各所に散りばめており、JAZZ初心者から熱心なファンまでを広く満足させます。
アルバムタイトルは4曲目の「アランフェス協奏曲(ロドリーゴ作曲)」ですが、実は他の曲のできばえが素晴らしいです。特に1曲目のファーストテンポの曲で 一気にひきつけられ、スリリングな2曲目でうなり、3曲目で一息ついてじっくり聞き込める・・・この完璧で隙の無い3曲の流れに、いつのまにかJazzの 世界に引き込まれます。
5-9曲目はオリジナルLPに収録されていなかったアウトテイク+別テイク。
参加メンバー、楽器編成は次の通り。
Jim Hall(guitar),Chet Baker(trumpet),Paul Desmond(alto Sax),Roland Hana(piano),Ron Carter(bass),Steve Gadd(drums)
いずれも有名なスーパープレイヤーが勢ぞろいしています。
JAZZに主要な各種楽器がそろっており、聞き出したらこの1枚を出発点に、「このプレイヤー(楽器)の他のアルバムも聴いてみたい」と思うことになるでしょう。
この1枚から、新たなJAZZの楽しみの世界が広がる入門盤としてお勧めです。

うわーなんという猫っかぶり。

とにもかくにもこれが最初に買ったアルバム。これが「当たり」だった。学生のときにロックギターに飽きはじめて、さまざまなジャンルのCDを買いあさってぶちあたった。まさに運命の出逢い。深みと温かさのあるギターの音色に没入。「TheAnswer is Yes」がお気にいり。ジム・ホールの妻ジェーン作曲だ。

なお、オリジナルのLLPレコードには#1-3がA面、#4がB面の4曲を収録しており、#5-9は1997年発売のリマスター版(輸入CD)に収録。

また、ジム・ホールはアランフェス協奏曲を別アレンジしアルバム「Concierto De Aranjuez / 新アランフェス (1981年)」(内部リンク)を制作している。聴き比べてみるとおもしろいかも。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
Concierto
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
アランフェス協奏曲
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1975/4/16,23
発売元,レーベル
CTI Records
所有盤
国内版CDおよび輸入CD
海外CD発売元
SonyMusicEntertainment,Inc.(EPIC)
海外CD発売日
1997
海外規格品番
ZK 65132
UPC
074646513224
国内CD発売元
キングレコード株式会社
国内CD発売日
1993/3/17
国内規格品番
KICJ-8002
JAN
4988003134167
定価
2,300円(税込)
曲目
  1. You'd Be So Nice to Come Home To
    作曲
    Cole Porter
  2. Two's Blues
    作曲
    Jim Hall
  3. The Answer Is Yes
    作曲
    Jane Hall *Jim Hallの妻
  4. Concierto de Aranjuez
    作曲
    Joaquín Rodrigo
    備考
    邦題;アランフェス協奏曲
  5. Rock Skippin'
    作曲
    Edward Kennedy "Duke" Ellington,Billy Strayhorne
  6. Unfinished Business (alt take)
    作曲
    Jim Hall,Ron Carter
  7. You'd Be So Nice to Come Home To (alt take)
    作曲
    Cole Porter
    備考
    邦題;アランフェス協奏曲
  8. The Answer Is Yes (alt take)
    作曲
    Jane Hall
  9. Rock Skippin' (alt take)
    作曲
    Edward Kennedy "Duke" Ellington,Billy Strayhorne

演奏者および楽器

Jim Hall
guitar
Chet Baker
trumpet
Paul Desmond
alto sax
Roland Hana
piano
Ron Carter
bass
Steve Gadd
drums
Don Sebesky
arranger

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.CTI 共演者.RonCarter 共演者.ChetBaker 共演者.SteveGadd 共演者.PaulDesmond

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。