スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Lurlean Hunter : Blue & Sentimental (1960年)[CD]

Blue & Sentimental Lurlean Hunter

オススメ度

★★★☆☆

所感

女性ジャズボーカルもの。ほとんどの曲がミドルテンポかスローテンポなバラッド曲。うん、ききやすい。ちょっとブルージィな中域、アルト声です。アップテンポな曲はMy Kinda LoveとThe Song Is Youの2曲のみ。まぁ酒でも飲みながらのんびりと聴きたい感じのアルバム。
ジム・ホールは全曲弾いていると思うが、ほぼバッキングとミュートトランペットとユニゾンするオブリガートのみ。ソロはあっても簡単なフレーズをちょっと弾く程度です。アルバム全体の鍵を握るのはこのミュートトランペットで、キンキンせずにミュートなのに甘い音色でなんだか印象に残ると思い、調べてみたらカウントベイシー楽団のトランペットをしていたハリー・エディソンという人でした。私は知りませんでしたが知る人ぞ知るってところでしょうか。
アルバムはなんと当時ジム・ホールとトリオを組んでいたジミー・ジュフリー(テナー・サックス)がアレンジしてます。演奏はしてないけど。
ジム度は足りないけど全体的にはいいかな、てことで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(邦題)
ブルー&センチメンタル
アルバムタイトル(英題)
Blue & Sentimental
アルバム名義(日本語表記)
ラリーン・ハンター
アルバム名義(英語表記)
Lurlean Hunter
収録年
1960/8/12,1960/8/23:New York
オリジナルレコード レーベル
Atlantic Recording Corp.(Atlantic 1344)
所有盤
国内CD
CD発売元
ワーナーミュージックジャパン
CD発売日
2012/8/8
規格品番
WPCR-27145
JAN
4943674120475
定価
1,000円(税抜価格952円)

曲目

  1. Blue Turning Grey Over You
    作曲
    music bu Fats Waller, lyrics by Andy Razaf
  2. If You Could See Me Now
    作曲
    music by Tadd Dameron, lyrics by Carl Sigman
  3. My Kinda Love
    作曲
    music by Louis Alter ,lyrics by Jo Trent
  4. Crazy He Calls Me
    作曲
    music by Carl Sigman, lyrics by Bob Russell
  5. Just Imagine
    作曲
    B.G. DeSylva, lyrics by DeSylva and Lew Brown, and music by Ray Henderson
  6. Blue & Sentimental (LP Version)
    作曲
    by Count Basie, Jerry Livingston, and Mack David
  7. The Song Is You
    作曲
    music by Jerome Kern with lyrics by Oscar Hammerstein II
  8. Then I'll Be Tired Of You
    作曲
    music by Arthur Schwartz,lyrics by E. Y. Harburg
  9. Fool That I Am
    作曲
    written by Floyd Hunt
  10. We'll Be Together Again
    作曲
    musicby Carl T. Fischer, with lyrics by Frankie Laine
  11. As Long As I Live
    作曲
    music by Harold Arlen, with lyrics by Ted Koehler

演奏者

Lurlean Hunter
vocal
Harry "Sweets" Edison
trumpet
Rudy Rutherford
clarinet
Bud Freeman
tenor sax
Jimmy Jones
piano
Jim Hall
guitar
George Duvivier
bass (tracks 1,2,4,6,11)
Trigger Alpert
bass (tracks 3,5,7,8,9,10)
Don Lamond
drums
Arranged By, Conductor
Jimmy Giuffre

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 共演者.LurleanHunter レーベル.Atlantic

拍手する

Rolf Kuhn And His Sound Of Jazz (1960年)[CD]

Rolf Kuhn And His Sound Of Jazz  

オススメ度

★★★★☆

所感

ドイツ生まれのクラリネット奏者、ロルフ・キューンのアルバム。オリジナルジャケットはこちら (外部リンク:Paris Jazz Corner)
ギターいっぱい弾いてるー!とおもったらジム・ホールが弾いている曲は#3,#7,#10の3曲。もう一人のギターはチャック・ウェイン(#1,5,6,9)。すんません、はじめて知った。アルバム全体は、ほとんどの曲が快活でスピード感のある演奏で、爽快な内容。ジム・ホールは参加曲が少ないながらも、ソロ弾きまくり、クラリネットとのユニゾンも多くて聴きごたえあり。特に#7、#10は高速テンポでニヤニヤ。これは60年代のよいジム・ホールのひとつですな。全体としてよいかんじなので甘めの星4つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Rolf Kuhn And His Sound Of Jazz
アルバム名義
Rolf Kuhn
収録年
1960 at New York City
オリジナルレコードレーベル
Urania US 41220
CD発売元,レーベル
Fresh Suund Records , Manufactured and distributed by Blue Moon Producciones Discograficas.
所有盤
輸入CD
CD発売日
2009/3/22
規格品番
FSR-CD 326
EAN
842732860326
定価
N/A

曲目

  1. Istambul
    作曲
    Jimmy Kennedy,Nat Simon
  2. Waltzing Matilda
    作曲
    Banjo Paterson, Marie Cowan
  3. Lady of Spain
    作曲
    Tolchard Evans,Erell Reaves
  4. Canadian Sunset
    作曲
    Eddie Heywood,Norman Gimbel
  5. South of the Border
    作曲
    Jimmy Kennedy,Michael Carr
  6. Atlanta, GA
    作曲
    Sunny Skykar,Artie Shaftel
  7. A Touch of Berlin
    作曲
    Leux,Hannes,Balz
  8. Manhattan
    作曲
    Richard Rodgers,Lorenz Hart
  9. Chicago
    作曲
    Fred Fisher
  10. Caravan
    作曲
    Juan Tizol,Duke Ellington,Irving Mills

演奏者

Track#1-5: from Album "The Blue Message "
Rolf Kuhn
clarinet (#all)
Jack Sheldon
trumpet (#1,5,9)
John Bunch
piano ,organ(#all)
Chuck Wayne
guitar (#1,5,6,9)
Jim Hall
guitar (#3,7,10)
Henry Grimes
bass (#1,3,5,6,7,9)
George Duvivier
bass (#2,4,8,10)
Ray Mosca
drums (#1,3,5,6,7,9)
Don Lamond
drums (#2,4,8,10)
-

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Urania 共演者.RolfKuhn

拍手する

Paul Bryant : The Blue Message / Burnin' (1960年)[CD]

Paul Bryant The Blue Message (CD)  

オススメ度

★★★☆☆

所感



  Paul Bryant The Blue Message Original Vinyl
The Blue Message
のジャケット

  Paul Bryant Burnin' Original Vinyl
Burnin'の
ジャケット

オルガン奏者、ポール・ブライアントの2枚のアルバム「The Blue Message」と「Burnin'」を1枚のCDに収めたもの。ジム・ホールは「Burnin'」に参加。ポール・ブライアントの演奏スタイルはジャズというより、ブルースとかソウル寄り。ジム・ホールとオルガンの共演ってあんまりないよなー。ぱっと思い出せるのはSubsequently (1992年)でラリー・ゴールディングスとやってたときくらいかな。
ジムが参加してるBurnin'のほうは、#6から#9までの4曲がずっと同じ調子のブルース。ちょっとこれは飽きてしまいまんがなー。まぁそれがブルースの宿命ってやつですか。展開よりも1音の響きに命をかける、みたいな。残りの#10は楽しいスイング。#11はバラードでジムの美しいイントロから入るんだけど、曲の途中でザザッとノイズが何度か出るのが気になる。古い音源だとわりとあるんだけどここまで極端に大きいノイズが乗ってるのは出くわしたことがない。元のLP音源のダメージによるのか、査収したCDの固体不良なのかは分からんけど。#12のタイトル曲Burnin'はイケイケのビバップ。ゴリゴリで暑いオルガンと、あくまでいつもの調子でクールで理知的なジムおじさまのギターソロの対比がおもしろい。アルバム全体にジム・ホールのギターソロも入っており、なかなかお得だがいかんせん曲の半分が同じようなブルースってことで、んー星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
The Blue Message featuring Curtis Amy & Jim Hall
アルバム名義
Paul Bryant
収録年
#1-5;"The Blue Message":1960/8/11 and 17(#3-5) at Rex Productions Studio,Los Angels, #6-12 "Burnin'" :1960/11/8(#8,9) and 14, at Rex Productions Studio,Los Angels
オリジナルレコードレーベル
"The Blue Message" Pacific Jazz PJ-9 ,"Burnin'" Pacific Jazz PJ-12
CD発売元,レーベル
Fresh Suund Records , Manufactured and distributed by Blue Moon Producciones Discograficas.
所有盤
輸入CD
CD発売日
2010/12/7
規格品番
FSR-CD 611
EAN
8427328606110
定価
N/A

曲目

  1. Searchin'
    作曲
    Paul Bryant
  2. Goin' Down, Catch Me a Woman
    作曲
    Curtis Amy
  3. The Blues Message
    作曲
    Curtis Amy
  4. Come Rain or Come Shine
    作曲
    Harold Arlen,Johnny Mercer
  5. This Is the Blues
    作曲
    Curtis Amy
  6. Still Searchin'
    作曲
    Paul Bryant
  7. Love Nest
    作曲
    Louis A. Hirsch,Otto Harbach
  8. Blues at the Summit
    作曲
    Paul Bryant
  9. They Can't Take That Away from Me
    作曲
    George Gershwin,Ira George Gershwin
  10. Churchin'
    作曲
    Paul Bryant
  11. The Masquerade Is Over
    作曲
    Allie Wrubel,Herbert Magidson
  12. Burnin'
    作曲
    Paul Bryant

演奏者

Track#1-5: from Album "The Blue Message "
Paul Bryant
organ
Cirtis Amy
tennor sax
Roy Brewster
trombone (#2,3,5)
Clarence S.Jones
bass
Jimmy Miller
drums
Track#6-12:from Album "Burnin'"
Paul Bryant
organ
Jim Hall
guitar
Clarence S.Jones
bass (#8,9)
Jimmy Bond
bass
Jimmy Miller
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Pacific 共演者.PaulBryant

拍手する

Bob Brookmeyer : The Blues Hot And Cold + 7X Wilder (1960年;1961年)[CD]

BobBrookmeyer The Blues Hot And Cold + 7X Wilder  

オススメ度

★★★★☆

所感



  BobBrookmeyer The Blues Hot And Cold
The Blues Hot And Cold
のジャケット

  BobBrookmeyer 7X Wilder
7X Wilderの
ジャケット

キマシタワー!これはひさびさによいジム・ホール。トロンボーン奏者であるボブ・ブルックマイヤーのLPアルバム「The Blues Hot And Cold」(#1~6、1960年)と「The Blues Hot And Cold + 7X Wilder」(#7~13、1961年)の2枚のアルバムを1枚のCDに収めたもの。ジャケットは「The Blues Hot And Cold 」の文字を加工したものになっている。ジム・ホールは「7X Wilder」のほうに参加。で、2枚のアルバムともかなりいいよいいよ~。The Blues Hot And Coldはジムおじさんがいないが、ボブ・ブルックマイヤーの演奏、音はけっこう好きなんで、ねっとりしたブルージィなボブのソロをじっくり堪能できてほっこりする。
一方「7X Wilder」はアメリカの作曲家アレック・ワイルダーの曲のカバー6曲と、彼のための自作曲1曲合わせて7曲を収録。ボブ・ブルックマイヤーはトロンボーンに変えてピアノも4曲で演奏しており、多才ぶりを発揮達者。特に#13などは、はじめトロンボーンを吹いていたのに中盤でピアノを演奏に変わるといる器用っぷり。
さてジム・ホールは全編にわたりバッキングとソロギターがあってたっぷり聴ける上に、ギタープレイの内容も大変レベルが高く、満足満足。ボブ名義のアルバムだがジムはボブと同等のソリストとして扱われている模様。しいていうならアート・ファーマーとのダブルヘッド結成以前の、ホーン+ギターのプロトタイプ的な印象かな。星4つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
The Blues Hot And Cold + 7X Wilder
アルバム名義
Bob Brookmeyer Quartet
収録年
#1-6;"The Blues Hot And Cold":1960/6/16 at Los Angels, #7-13;"7X Wilder" :1961/6/29, at New York City
オリジナルレコードレーベル
"The Blues Hot And Cold" Verve Records MGV 8385(821 550-1) ,"7X Wilder" Verve Records V-8413
CD発売元,レーベル
Lone Hill Zazz , Licensed by Long Horn inc.
所有盤
輸入CD
CD発売日
2009/10/6
規格品番
LHJ10378
EAN
8436019583784
定価
N/A

曲目

  1. On the Sunny Siide of the Street
    作曲
    Count Basie
  2. Stoppin' At the Savoy
    作曲
    Bob Brookmeyer; based on "Stompin' At the Savoy" - Andy Razaf,Benny Goodman,Chick Webb,Edgar Sampson
  3. Languid Blues
    作曲
    Bob Brookmeyer
  4. I Got Rhythm
    作曲
    George Gershwin,Ira Gershwin
  5. Smoke Gets in Your Eyes
    作曲
    Otto Harbach,Jerome Kern
  6. Hot and Cold Blues
    作曲
    Bob Brookmeyer
  7. While We're Young
    作曲
    Alec Wilder,Morty Palitz,Bill Engvick
  8. That's the Way it Goes
    作曲
    Alec Wilder,Sidney Robin
  9. The Wrong Blues
    作曲
    Alec Wilder,Bill Engvick
  10. It's So Peaceful in the Country
    作曲
    Alec Wilder
  11. Blues for Alec
    作曲
    Bob Brookmeyer
  12. I'll Be Around
    作曲
    Alec Wilder
  13. Who Can I Turn to?
    作曲
    Alec Wilder,Bill Engvick

演奏者

Track#1-6: from Album "The Blues Hot And Cold "
Bob Brookmeyer
valve trombone
Jimmy Rowles
piano
Buddy Clark
bass
Mel Lewis
drums
Track#7-13:from Album "7X Wilder"
Bob Brookmeyer
valve trombone #8,#10,#12,#13,piano #7,#9,#11,#13
Jim Hall
guitar
Bill Crow
bass
Mel Lewis
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Verve 共演者.BobBrookmeyer 共演者.BillCrow

拍手する

Herbie Hancock : Blow-Up (1966年)[CD]

Blow-up  

オススメ度

★★★☆☆

所感

1966年制作の映画「欲望」(Blow-Up)のサウンドトラック。イタリア人の映画監督ミケランジェロ・アントニオーニによるロンドンを舞台にした、1960年代の若者に焦点をあてた映画。とはいうものの、その映画は見たことない。youtubeで一部を見たが、超シュール、難解で意味不明な感じの映画だね!
映画のBGMは主にジャズ・ピアニストのハービ・ハンコックによるもの。監督がジャズが好きだったそうで、ハービー・ハンコックに映画音楽の制作を依頼した模様。ハービーは映画の舞台となるロンドンに渡りで楽曲制作、録音を行ったが、イギリスのミュージシャンの演奏には満足できなかったため、ニューヨークに戻って、ニューヨークのミュージシャンとともに制作しなおしたとのこと。
そこで声がかかったのが我らがジム・ホールおじさま!ロン・カーター!フィル・ウッズ!などなど一流ジャズメン。しかしながらサントラってことで、ファンク、ブルース、果ては伝説的なブリティッシュロックバンド、ヤードバーズ(しかもジェフ・ベックとジミー・ペイジが両方いるとき)のロックもあったりしてちょいと混沌としたサントラ。
曲ごとの演奏者リストがなく、ジム・ホールがどの曲で演奏しているかは耳で判断するしかない状態。おそらく#8.Jane's Theme、#9.The Thief、#10.The Kiss、#13.The Bedで演奏。#8はギター、ベース、オルガン、ドラムによるバラード。ギターがメインのメロディで、ジムおじさまの素敵な甘い音色を堪能できる。#9.Thiefも同じ楽器構成によるファンクナンバー。ジムおじさんがあんまりやらないタイプの曲だけど、ギターの音色的にそうかなぁ?と。ギターはバッキング。#10.The Kissも同様の楽器構成に、アルトサックスが加わる。前半はギター主メロ、後半はアルトサックスに主メロ交代。交代後もジムのバッキングがしっかり入ってよい。#13.The Bedはオルガンに変わり、ピアノ、ギター、ベース、ドラムの楽器構成。ピアノが主メロで、これまたえろえろしいバラード。
アルバムとしてはジムおじさまの出番は少ないものの、楽曲とギターのトーンがいいなってことで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(邦題/原題)
「欲望」オリジナル・サウンドトラック / Blow-Up
アルバム名義(邦名/英名)
ハービー・ハンコック / Herbie Hancock
収録年
late 1966,New York City

オリジナルLP発売元,レーベル
MGM Records   E4447 ST, MGM Records – E/SE-4447 ST
CD発売元,レーベル
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
所有盤
国内CD
CD発売日
2010/6/2
規格品番
SICP 2704
JAN
4547366053920
定価
1,890円

曲目

  1. Main Title (Blow-Up)
    作曲
    Herbie Hancock
  2. Verushka (Part 1)
    作曲
    Herbie Hancock
  3. Verushka (Part 2)
    作曲
    Herbie Hancock
  4. Butchie's Tune
    作曲
    Steve Boone (performed by Unnamed studio musisians)
  5. Did you ever have to make up your mind?
    作曲
    John Sebastian (performed by Unnamed studio musisians)
  6. Bring Down The Birds (Outtake)
    作曲
    Herbie Hancock
  7. The Naked Camera
    作曲
    Herbie Hancock
  8. Jane's Theme
    作曲
    Herbie Hancock
  9. The Thief
    作曲
    Herbie Hancock
  10. The Kiss
    作曲
    Herbie Hancock
  11. Curiosity
    作曲
    Herbie Hancock
  12. Thomas studies photos
    作曲
    Herbie Hancock
  13. The Bed
    作曲
    Herbie Hancock
  14. Stroll On
    作曲
    Jim McCarty/Chris Dreja/Jeff Beck/Keith Relf/Jimmy Page(performed by The Yardbirds)
  15. End Title (Blow-Up)
    作曲
    Herbie Hancock
  16. Am I glad to see you (Outtake)
    作曲
    Keith West (performed by Tomorrow)
  17. Blow-Up (Outtake)
    作曲
    Keith West (performed by Tomorrow)

演奏者

Herbie Hancock
piano.arranger & Conductor
Freddie Hubbard
trumpet
Joe Newman
trumpet
Phil Woods
alto sax
Joe Henderson
tenor sax
Paul Griffin
organ
Jim Hall
guitar (#8,#9,#10,#13)
Ron Carter
bass
Jack DeJohnette
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.SonyMusic 共演者.HerbieHancock 共演者.RonCarter

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。