スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Jim Hall : Subsequently (1992年)[CD]

Subsequently

オススメ度

★★★★★

所感


買いだ!でも理解されない。こいつはすごい。ジム・ホールはこのとき既に60~61歳。年は老いてもますます曲のアイディア、プレイが冴え渡る。私が10数年前に初めて買ったジム・ホールのアルバム「Concierto(アランフェス協奏曲)」(内部リンク)の次に、このCDを中古屋でふらっと買ったのが大当たりだった。Conciertoに続けてこのアルバム「サブセクエントリー」を買っていなければここまでジム・ホールにハマらなかっただろう。

私がジャズ初心者のころ、一般的な歌謡ポップスのような音楽スタイルしか知らなかったので、タイトルになっている1曲目「サブセクエントリー」を初めて聴い たときには曲のはじけ具合と独創性に驚き、さらにジャケットに写っているこんなおっさんが演奏しているとは思えないと二重に驚いたものだ。ちなみに「サブセクエントリー(それで)」とはチコ・ハミルトンの口癖で、チコのために捧げた曲だ、とビデオStarlicks Master Sessions With Jim Hall(サイト内リンク)で語っている。

演奏の基本はカルテット編成。ジム・ホールにスティーブ・ラスピナ(ベース)、テリー・クラーク(ドラム)、そして当時23歳の新鋭ラリー・ゴールディングス(ピアノ、彼の本来のメイン楽器はオルガン)。ジム・ホールと重ねてセッションしてきた最強のベース、ドラムといった土台のしっかりしたリズム隊に臆することなく、ラリー・ゴールディングスのピアノが時には繊細に、時には大胆に、そして瑞々しく広がり、熟練のおっさんどもを刺激して全員が活き活きとした演奏を実現している。

カルテットには時折ゲストが加わりクインテットとなる楽曲もある。#2、#4、#9でラスマス・リー(アルトサックス)が加わり、夜のしじまのような濃厚な演奏をみせたり、#7、#8ではやジャズ、ポップスのハーモニカ(クロマチックハープ)の大御所であるトゥーツ・シールマンスが加わり、曲に艶やかさをもたせている。特に#4.The Answer Is Yes と#7.What's It Like to Love?は心動かされる秀逸な演奏だ。

楽曲のリストはちょっと先鋭的な曲もあるが破滅的な内容でもなく、スタンダードな曲も多くあり、聴きやすい内容となっている。そしてジム・ホールのギターの音色も加工されすぎていなく、かといって生音すぎず、ちょうどいい状態だ。

私は知人にジム・ホールを薦めることがあるとき、2~3枚のアルバムの中に必ずこのアルバムをそっとしのばせるのだが、これまで良好な感想をいただいたことがほとんどない(笑)!おそらく1曲目で拒絶反応がでるかそうでないかが、聴いた人の印象を決定してしまうのだろう。ほんとにいいアルバムなんだけどなー。もういいです。ジム・ホールの楽しみを共有することはほとんど不可能ということはこの10数年で把握したのでこれからも一人でこっそり楽しみます。うぽぽー。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Subsequently
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
サブセクエントリー
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1991
発売元,レーベル
Music Masters Inc.
所有盤
国内CD
販売元
日本フォノグラム株式会社
CD発売日
1992/4/25
規格品番
PHCE-5047
UPC
4988011331381
定価
3,000円

曲目

  1. Subsequently
    作曲
    Jim Hall
  2. Mister Blues
    作曲
    Jim Hall
  3. Pancho
    作曲
    Jim Hall
  4. The Answer Is Yes
    作曲
    Jane Hall
  5. Waiting to Dance
    作曲
    Jim Hall
  6. I'm in the Mood for Love
    作曲
    Jimmy McHugh,Dorothy Fields
  7. What's It Like to Love?
    作曲
    Larry Goldings
  8. Waltz for Sonny
    作曲
    Toots Thielemans
  9. More Than You Know
    作曲
    William Roses,Edward Eliscu,Vincent Youmans

演奏者

Jim Hall
guitar
Larry Goldings
piano (on tracks 1,3,5,6,7,8,9),hamond organ (on tracks 2,4)
Steve LaSpina
bass
Terry Clarke
drums
Toots Thielemans
harmonica (on tracks 7,8)
Rasmus Lee
alto sax (on tracks 2,4,9)
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.MusicMasters 演奏編成.トリオ 演奏編成.カルテット 共演者.SteveLaSpina 共演者.LarryGoldings 演奏編成.クインテット

拍手する

コメント

Secret

プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。