スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

ジム・ホール待望の新譜「Hemispheres」(Jim Hall and Bill Frisell)10月15日出荷開始

Hemispheres/Jim Hall and Bill Frisell

Jim Hall and Bill Frisell / Hemispheres 概要

タイトル
Hemispheres
Personel
Jim Hall and Bill Frisell,with Scott Colley(bass),Joey Baron(drums)
発売日
2008/10/15
販売サイト
ArtistShare(USAのサイト) でCDを通販するかダウンロード購入する。

出荷について

10月15日よりJim Hallの最新アルバム「Jim Hall and Bill Frisell / Hemispheres」(CD2枚組み)の出荷が開始された、と販売サイトArtistShareから10月16日に案内メールが送信された。メールによると全注文者への出荷完了まで約3週間かかるとのこと。注文者は同サイトにログインしてCD2枚すべてのmp3音源をダウンロードできる。また、サイトにログインすると本アルバムのスタジオ録音時の動画(曲は「My Funny Valentine」と「Owed to Freddie Green」)を見られるようになっている。画面のちょっと操作がわかりにくいけど・・・。収録タイトルは次の通り。

Jim Hall and Bill Frisell / Hemispheres CD1枚目

  1. CD1 Track 01 - Throughout (192 kbps) 6.79 MB
  2. CD1 Track 02 - All Across the City (192 kbps) 10.77 MB
  3. CD1 Track 03 - Bag's Groove (192 kbps) 5.9 MB
  4. CD1 Track 04 - Migration (192 kbps) 22.31 MB
  5. CD1 Track 05 - Family (192 kbps) 6.28 MB
  6. CD1 Track 06 - Waiting to Dance (196 kbps) 8.12 MB
  7. D1 Track 07 - Bimini (192 kbps) 7.04 MB
  8. CD1 Track 08 - Masters of War (192 kbps) 6.48 MB C
  9. D1 Track 09 - Beijing Blues (192 kbps) 5.03 MB
  10. CD1 Track 10 - Monica Jane (192 kbps) 10.08 MB

Jim Hall and Bill Frisell / Hemispheres CD2枚目

  1. CD2 Track 01 - I’ll remember April (192 kbps) 9.26 MB
  2. CD2 Track 02 - Barbaro (192 kbps) 3.84 MB
  3. CD2 Track 03 - Chelsea Bridge (192 kbps) 12.14 MB
  4. CD2 Track 04 - Owed to Freddie Green (192 kbps) 5.88 MB
  5. CD2 Track 05 - Beija Flor (192 kbps) 9.84 MB
  6. CD2 Track 06 - Here and Now (192 kbps) 8.83 MB
  7. CD2 Track 07 - My Funny Valentine (192 kbps) 7.8 MB
  8. CD2 Track 08 - Card Tricks (192 kbps) 6.07 MB
  9. CD2 Track 09 - In a Sentimental Mood (192 kbps) 10.88 MB
  10. CD2 Track 10 - Sonnymoon for Two (192 kbps) 7.18 MB 

早速拝聴。感想をば。

  • 先入観で、Bill Frisellとの共演ってことで難解な演奏や曲が多いと想像してたが、実際に全体を聞いてみるとジャズ・スタンダードも多めに選曲されてたり、2枚目はリズム隊が入ってたりと、わりとなじみやすい感じのアルバムになっている。
  • ここ数年は管楽器とのからみが無いのが残念かなぁってとこですが、それはきっと 11月の来日ライブ*で払拭してくれるのでしょう。*Greg Osby(sax)が参加する。
  • アルバムタイトルのHemispheresは半球または脳の半球という意味らしい。想像だが、複数形なので、Jim HallとBill Frisellの2人の頭脳のことをさしている、とでも考えればいいのだろうか。
  • CD1枚目の曲順が9月に公開された先行ダウンロード版と順番が異なっている。CD1枚目に先行ダウンロード版公開時になかった曲「Bimini」が追加されている。Power of Three,These Roomsにも収録されている曲で、カリプソ調の明るい曲なのだが、これまただいぶ変態的なアレンジになっておりニヤニヤしつつ拝聴する。
  • 1枚目はジム・ホールとビル・フリーセルのデュオ編成だが、2枚目はScott Colley(bass),Joey Baron(drums)が加わってカルテット編成。
  •  「I’ll remember April」はRon Carterとのデュオ「Alone Together」以来の選曲でしょうか。
  •  「Beija Flor」は「All Across The City」の1曲目をかざる、名曲名演奏の曲かと思うのだが、なかなか再演しないこの曲がきたのでうれしい。1月の来日ライブのときのようにベースが頭の主旋律の編曲で、なかなか渋くかっこよくなっております。
  •  なお、うちにCDは当然のごとくまた届いてない。気長に待ちますー。
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する

コメント

Secret

プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。