スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Jim Hall Trio : Circles (1981年)[CD]

Jim Hall Trio ; Circles

オススメ度

★★★★☆

所感


おすすめ。このあたりからアンサンブルとして楽曲全体の完成度が高くなる。特に#1の(All of a Sudden) My Heart Singsが最高。これからきっといいことが起きそうな予感をさせる、軽快でリズミックな展開に胸が躍る好演奏。#1のみ楽器編成がジム・ホール(ギター)、ドン・トンプソン(ピアノ)、テリー・クラーク(ドラム)、ルーファス・リード(ベース)のカルテット編成となっており、アルバムの中でも一段ときらびやかな演奏となっている。#2,3,4,6,8の楽器編成はジム・ホール(ギター)、ドン・トンプソン(ベース)、テリー・クラーク(ドラム)のトリオ編成。このトリオは1976年来日時のトリオ・メンバーで、アルバム「Jazz Impression Of  Japan」、「Live In Tokyo」でも彼らの演奏を聴くことができる。#7はジム・ホール(ギター)、ドン・トンプソン(ピアノ)のデュオで実に美しくせつない曲だ。なお、国内版タイトル「サークルズ+1」の+1とはオリジナルLPレコードには収録されていなかった#4Echoがボーナス・トラックとして追加収録されていることを示している。
追記(2012/12/11):
本アルバムは、Concord Recordsの「Storyteller」にも収録されている。「Storyteller」は「Circles」と「All across the city」の2つのアルバムを収録したCD2枚のアルバムとなっている。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Circles
アルバム名義
ジム・ホール
アルバムタイトル(邦題)
サークルズ+1
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1981/3
発売元,レーベル
Concord Records
所有盤
国内版CD
販売元
ビクターエンタテインメント株式会社
国内CD発売日
2000/7/5
規格品番
VICJ-60617
JAN
4988002402571
定価
1,995円

曲目

  1. (All of a Sudden) My Heart Sings
    作曲
    Harold Rome,Henri Herpin,Jean Marie Blanvillain
  2. Love Letters
    作曲
    Edward Heyman,Victor Young
  3. Down from Antigua
    作曲
    Jim Hall
  4. Echo
    作曲
    Jim Hall
  5. I Can't Get Started
    作曲
    Ira Gershwin,Vernon Duke
  6. T.C. Blues
    作曲
    Terry Clarke
  7. Circles
    作曲
    Don Thompson
  8. Aruba
    作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Don Thompson
bass,piano
Terry Clarke
drums
Rufus Red
bass (on tracks 1)
スポンサーサイト

tag : レーベル.Concord 演奏編成.カルテット 演奏編成.トリオ 演奏編成.デュオ・ピアノとギター 共演者.TerryClarke 共演者.DonThompson

拍手する

コメント

Secret

プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。