スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

井上智 Plays Jim Hall (2014年)[CD]

Satoshi Inoue Plays Jim Hall

オススメ度

★★★★★

所感

ギタリスト、井上智(いのうえ さとし)によるジム・ホールのカバーアルバム。CDの帯の説明文では「2013年12月に死去したモダン・ジャズギターの巨星、ジム・ホール。彼の愛弟子、井上智が感謝と追悼の念を込めて送るジム・ホール・トリビュート・アルバム。」とある。

拝聴。
最高です。
恐れ多くも若干の感想を。

まずこのアルバムのすばらしいところは、ほぼ全曲ジム・ホール作曲の曲であること。あたりまえのようですが、同じトリビュートアルバムであるロン・カーターの「ジム・ホールの想い出 ロン・カーター (2014年)[CD]{ライブ録音}」はジム・ホールの曲がないのです。この差は大きい。次に、ギターの音色がかなりジム・ホールを意識して模したものであること。ジム・ホールのギターの大きな特徴である音色を、とりわけ誰もがジム・ホールといえば想起する音色をこのように再現(意図していないかもしれないけど)されているのは非常にうれしいことです。演奏は、完全コピーではなく井上智の自分流に演奏しています。しかしまったくジム・ホールのイメージを損なっていないと思います。当然、ピッキングやフレーズはけっこう違いますが、これなんです、ききたかったのは!こういうギターなんですうううッと言いたくなるアルバムです。

どうでもいいですが、今のジャズCDってこんなに音圧あるのかーっとびっくり。JPOPみたいにコンプで相当音が持ち上がって、0dbあたりにピークがきてる感じで、けっこうぱっつんぱっつん。古いジャズと同じ要領で再生したら音がでかくて焦った。

さて手短に各曲のコメントを(震えながら

※曲の出典はこちら:収録曲公開 井上智 新譜「Plays Jim Hall」2014年10月8日発売

Something Special:
悦楽。なんですかこの多幸感。大好きな曲。ライナーノーツにコメントがあるようにジム・ホール本人のテイクより相当早いテンポで爽快。この曲のオリジナルはタイトルアルバムSomething Special (1993年)[CD]のほかに、Gary Burton & Friends : Six Pack (1992年)でも演奏されており、Instractional DVD For Guitar Jim Hall[DVD]では映像を見られます。

Walk Soft:
最初、フルートってどうなんだろ・・・と思ってましたが、これが合う。

Joao:
もとはジム・ホールが一人でギター2本のみで録音した曲。非常に美しい曲。それがバンドアンサンブルとなってこれまたさらに磨きのかかった美しさに。しびれます。

Careful:
ジム・ホール史上、一番演奏された曲ではないかと思われる代表曲。ジム本人もそのたびいろんなアレンジをしてましたが、このイントロのザカザカカッティングをきいてこうきたかーッと叫んだ直後バンドアレンジがやってきて気絶。演奏後、ギターのブリッジとテイルピースの間でピックをカリカリっとやる(たぶん)ところにジム的なユーモアを感じニヤニヤ。
とにかくにこのアルバムをきいている間、わたくしはそうとう気持ち悪い顔をしてると思われます。

All Across The City:
ビル・エバンス&ジム・ホールのIntermodulation (1966年)[CD]の再来かと思った。また気絶。

Seseragi:
これまた、もとはギター2本の曲。こうして聴くと、Dedications & Inspirations (1994年)[CD]て地味だけどいい曲おおいんだなーと。また聴きなおそう。Whistle Stopとかかわいい曲で好きです。

Waltz New:
これまたミシェル・ペトルチアーニとジムの再来かと(Live at the Village Vanguard Volume 2 (1985年)[DVD])。「何々みたい」というのはアーティストにとってはよい感想の言葉ではないと思いますが、このアルバムはトリビュートということで御容赦いただければと・・・。

The Answer is yes:
Careful同様、イントロでこうきたかーっと唸った曲。大好き。聴きすぎた為に、しばらく聴いてなかった曲ですが、あらためていい曲と認識。ジム・ホールのアルバムでは初出のConcierto / アランフェス協奏曲(1975年)[CD]、以降はSubsequently (1992年)[CD]Panorama: Live at Village Vanguard (1996年)[CD]{ライブ録音}と意外と収録が少ないので、こうして新たに生まれた演奏は実にうれしい限り。

Aka tombo:
かあさーん とおさーん (田舎の方向を向いて絶唱

星5つ。

詳細

アルバムタイトル(英題)
Plays Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
プレイズ・ジム・ホール
アルバム名義(英語表記)
Satoshi Inoue
アルバム名義(英語表記)
井上 智
収録年
2014/6/23,2014/6/24
所有盤
国内CD
発売元
有限会社グ・ルーヴ
販売元
株式会社スペースシャワーネットワーク
発売日
2014/10/8
規格品番
WNCJ-2259
JAN
4523177522596
定価
2,778円+税

曲目

  1. Something Special
    作曲
    Jim Hall
  2. Walk Soft
    作曲
    Jim Hall
  3. Joao
    作曲
    Jim Hall
  4. Careful
    作曲
    Jim Hall
  5. All Across The City
    作曲
    Jim Hall
  6. Seseragi
    作曲
    Jim Hall
  7. Waltz New
    作曲
    Jim Hall
  8. The Answer Is Yes
    作曲
    Jane Hall
  9. Aka Tombo
    作曲
    Kosaku Yamada

演奏者

井上 智
guitar
片倉 真由子
piano
増原 巖
bass
横山 和明
drums
太田 朱美
flute (guest)
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する

コメント

Secret

プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。