スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Zoot Sims : Choice (1959年)[CD]

Zoot Sims Choice

オススメ度

★★☆☆☆

所感

これまたジム・ホールの重篤なマニア向けの1枚。テナーサックス奏者、ズート・シムズのアウトテイク集のようなアルバムです。ライナーノーツによると

ズートは、このパシフィック・ジャズというレーベルとの間にきちんとした契約を交わてリーダー・レコーディングを行ったことが一度もない。ではどうして「チョイス」というアルバムが存在するかということになるわけだが、これは、彼がサイドマンとして参加したセッションなどからの演奏を集めてズート名義でリリースしたものなのだ。

てことです。

前半#1-4は、1954年12月にバリトンサックス奏者、ジェリー・マリガンのコンサートにズートが参加したときのライブ音源。こっちにはジム・ホールはいません。でもズート・シムズの演奏はとても素晴らしいです。そしてジム・ホールの盟友ボブ・ブルックマイヤーのトロンボーンも聞けてオラ得したぞ!でもジムはいません(くどい)。
後半#5-7は、女性ジャズボーカル、アニー・ロスのアルバム(サイト内リンク)「A Gasser!」(1959年3月25日録音)の楽器隊だけが、A Gasser!の録音翌日3月26日に集まってボーカル抜きでセッションした音源。ジム・ホールは#6、#7の2曲で参加。どちらもノリのよいジャズブルースをぐるぐるまわしてジャムってる曲です。#6のギターは4分のコード弾きのみ、#7は若干ギターソロがあり、めずらしくアコースティックギターでソロを弾いております。
内容はわるくないけどジム度はたりんぞーってことで星2つ。
メモ

  • 「Choice」のレコードがリリースされたのは1961年。
  • #4.Red doorはGerry Mulliganのライブ盤LPレコード「California Concerts (1954年 Pacific PJ-1201)」からの再録
  • 上記のGerry Mulliganのアルバム「California Concerts」は後年になって未収録音源を追加したCD版「California Concerts (Amazon)」と「California Concerts - Volume 2 (Amazon)」がリリースされ、#1-3はそれらにも収録されています。
  • #2.Flamingoがいいバラードなのに途中でいきなりブツっと切れて終わっていて、すごく不自然。California Concerts - Volume 2にはこの演奏の完全版と思われる音源が1トラックのメドレー「In A Sentimental Mood / Flamingo / Moon Mist」として収録されており、無理やり途中だけ抜き出したと推察。
  • 後半#5-6はズートのアウトテイク集「Zoot Sims Meets Lambert, Hendricks & Ross (Amazon)」にも収録。#7.ChoiceがそちらのアルバムではFunky Old Bluesという曲名に変更されています。

詳細(国内再発版)

アルバムタイトル(原題)
Choice
アルバムタイトル(邦題)
チョイス
アーティスト表記(英語)
Zoot Sims
アーティスト表記(日本語表記)
ズート・シムズ
収録年
#1-4:1954/12/14 "Hoover High School Auditorium",San Diego, California ;#5-7:1959/3/26 Sound Enterprises, Hollywood, CA
オリジナルレーベル,カタログナンバー
Pacific Jazz Records PJ-20
CD販売元
東芝EMI株式会社
CD発売日
2002/6/26
規格品番
TOCJ-9422
JAN
4988006799615
定価
2,500円(本体2,381円)

曲目

  1. I'll Remember April
  2. 作曲
    music by Gene de Paul, lyrics by Patricia Johnston and Don Raye
  3. Flamingo
  4. 作曲
    music by Ted Grouya, lyrics by Edmund Anderson
  5. There Will Never Be Another You
  6. 作曲
    music by Harry Warren ,lyrics by Mack Gordon
  7. Red Door
  8. 作曲
    Zoot Sims
  9. You're Driving Me Crazy
  10. 作曲
    Walter Donaldson
  11. Brushes
  12. 作曲
    Mel Lewis ,Russ Freeman
  13. Choice (alternate title "Funky Old Blues")
  14. 作曲
    Russ Freeman

演奏者#1-4 (Original LP side A)

Zoot Sims
tenor sax
Gerry Mulligan
balitone sax (tracks 2,4),piano (track 3)
Bobby Brookmeyer (Bob Brookmeyer)
piano (tracks 1,2,4),valve trombone (track 3)
Jon Eardley
trumpet (track 2)
Red Mitchell
bass (tracks 1,2,3,4)
Larry Bunker
drums

演奏者#5-7 (Original LP side B)

Zoot Sims
tenor sax
Russ Freeman
piano
Billy Bean
guitar (track 5)
Jim Hall
guitar (tracks 6,7)
Monte Budwig
bass
Mel Lewis
drums
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 共演者.ZootSims レーベル.Pacific

拍手する

コメント

Secret

プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。