スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Rolf Kuhn And His Sound Of Jazz (1960年)[CD]

Rolf Kuhn And His Sound Of Jazz  

オススメ度

★★★★☆

所感

ドイツ生まれのクラリネット奏者、ロルフ・キューンのアルバム。オリジナルジャケットはこちら (外部リンク:Paris Jazz Corner)
ギターいっぱい弾いてるー!とおもったらジム・ホールが弾いている曲は#3,#7,#10の3曲。もう一人のギターはチャック・ウェイン(#1,5,6,9)。すんません、はじめて知った。アルバム全体は、ほとんどの曲が快活でスピード感のある演奏で、爽快な内容。ジム・ホールは参加曲が少ないながらも、ソロ弾きまくり、クラリネットとのユニゾンも多くて聴きごたえあり。特に#7、#10は高速テンポでニヤニヤ。これは60年代のよいジム・ホールのひとつですな。全体としてよいかんじなので甘めの星4つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Rolf Kuhn And His Sound Of Jazz
アルバム名義
Rolf Kuhn
収録年
1960 at New York City
オリジナルレコードレーベル
Urania US 41220
CD発売元,レーベル
Fresh Suund Records , Manufactured and distributed by Blue Moon Producciones Discograficas.
所有盤
輸入CD
CD発売日
2009/3/22
規格品番
FSR-CD 326
EAN
842732860326
定価
N/A

曲目

  1. Istambul
    作曲
    Jimmy Kennedy,Nat Simon
  2. Waltzing Matilda
    作曲
    Banjo Paterson, Marie Cowan
  3. Lady of Spain
    作曲
    Tolchard Evans,Erell Reaves
  4. Canadian Sunset
    作曲
    Eddie Heywood,Norman Gimbel
  5. South of the Border
    作曲
    Jimmy Kennedy,Michael Carr
  6. Atlanta, GA
    作曲
    Sunny Skykar,Artie Shaftel
  7. A Touch of Berlin
    作曲
    Leux,Hannes,Balz
  8. Manhattan
    作曲
    Richard Rodgers,Lorenz Hart
  9. Chicago
    作曲
    Fred Fisher
  10. Caravan
    作曲
    Juan Tizol,Duke Ellington,Irving Mills

演奏者

Track#1-5: from Album "The Blue Message "
Rolf Kuhn
clarinet (#all)
Jack Sheldon
trumpet (#1,5,9)
John Bunch
piano ,organ(#all)
Chuck Wayne
guitar (#1,5,6,9)
Jim Hall
guitar (#3,7,10)
Henry Grimes
bass (#1,3,5,6,7,9)
George Duvivier
bass (#2,4,8,10)
Ray Mosca
drums (#1,3,5,6,7,9)
Don Lamond
drums (#2,4,8,10)
-
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Urania 共演者.RolfKuhn

拍手する

コメント

Secret

プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。