スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Paul Bryant : The Blue Message / Burnin' (1960年)[CD]

Paul Bryant The Blue Message (CD)  

オススメ度

★★★☆☆

所感



  Paul Bryant The Blue Message Original Vinyl
The Blue Message
のジャケット

  Paul Bryant Burnin' Original Vinyl
Burnin'の
ジャケット

オルガン奏者、ポール・ブライアントの2枚のアルバム「The Blue Message」と「Burnin'」を1枚のCDに収めたもの。ジム・ホールは「Burnin'」に参加。ポール・ブライアントの演奏スタイルはジャズというより、ブルースとかソウル寄り。ジム・ホールとオルガンの共演ってあんまりないよなー。ぱっと思い出せるのはSubsequently (1992年)でラリー・ゴールディングスとやってたときくらいかな。
ジムが参加してるBurnin'のほうは、#6から#9までの4曲がずっと同じ調子のブルース。ちょっとこれは飽きてしまいまんがなー。まぁそれがブルースの宿命ってやつですか。展開よりも1音の響きに命をかける、みたいな。残りの#10は楽しいスイング。#11はバラードでジムの美しいイントロから入るんだけど、曲の途中でザザッとノイズが何度か出るのが気になる。古い音源だとわりとあるんだけどここまで極端に大きいノイズが乗ってるのは出くわしたことがない。元のLP音源のダメージによるのか、査収したCDの固体不良なのかは分からんけど。#12のタイトル曲Burnin'はイケイケのビバップ。ゴリゴリで暑いオルガンと、あくまでいつもの調子でクールで理知的なジムおじさまのギターソロの対比がおもしろい。アルバム全体にジム・ホールのギターソロも入っており、なかなかお得だがいかんせん曲の半分が同じようなブルースってことで、んー星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
The Blue Message featuring Curtis Amy & Jim Hall
アルバム名義
Paul Bryant
収録年
#1-5;"The Blue Message":1960/8/11 and 17(#3-5) at Rex Productions Studio,Los Angels, #6-12 "Burnin'" :1960/11/8(#8,9) and 14, at Rex Productions Studio,Los Angels
オリジナルレコードレーベル
"The Blue Message" Pacific Jazz PJ-9 ,"Burnin'" Pacific Jazz PJ-12
CD発売元,レーベル
Fresh Suund Records , Manufactured and distributed by Blue Moon Producciones Discograficas.
所有盤
輸入CD
CD発売日
2010/12/7
規格品番
FSR-CD 611
EAN
8427328606110
定価
N/A

曲目

  1. Searchin'
    作曲
    Paul Bryant
  2. Goin' Down, Catch Me a Woman
    作曲
    Curtis Amy
  3. The Blues Message
    作曲
    Curtis Amy
  4. Come Rain or Come Shine
    作曲
    Harold Arlen,Johnny Mercer
  5. This Is the Blues
    作曲
    Curtis Amy
  6. Still Searchin'
    作曲
    Paul Bryant
  7. Love Nest
    作曲
    Louis A. Hirsch,Otto Harbach
  8. Blues at the Summit
    作曲
    Paul Bryant
  9. They Can't Take That Away from Me
    作曲
    George Gershwin,Ira George Gershwin
  10. Churchin'
    作曲
    Paul Bryant
  11. The Masquerade Is Over
    作曲
    Allie Wrubel,Herbert Magidson
  12. Burnin'
    作曲
    Paul Bryant

演奏者

Track#1-5: from Album "The Blue Message "
Paul Bryant
organ
Cirtis Amy
tennor sax
Roy Brewster
trombone (#2,3,5)
Clarence S.Jones
bass
Jimmy Miller
drums
Track#6-12:from Album "Burnin'"
Paul Bryant
organ
Jim Hall
guitar
Clarence S.Jones
bass (#8,9)
Jimmy Bond
bass
Jimmy Miller
drums

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Pacific 共演者.PaulBryant

拍手する

コメント

Secret

プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。