スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Gary Burton : Something's Coming! (1963年)[LP][CD]

Gary Burton Something's Coming

オススメ度

★★★★★

所感


Gary Burton Something's Coming 裏
ジャケット裏には当時20歳
のゲイリー・バートン
の写真がある。

(2015/12/29 追記あり。2015年に単品CD版が発売されました)

素晴らしい。ビブラフォン奏者・ゲイリー・バートンの当時20歳にして3枚目のアルバム。ジャケット裏面にある当時のバートンのやせて黒ブチメガネをかけた貧弱そうな学生風の写真からは、このようなハイレベルな演奏をしていたとはなかなか想像ができない。それでいて片手に2本ずつ、合計4本のマレットでビブラフォンを演奏するという高度な技を体得していたのだから、その風貌と演奏とのギャップに当時はきっとみな彼の演奏に驚いたことだろう。
バンド編成はゲイリーバートンのビブラフォンのほか、ギターにジム・ホール、ベースにチャック・イスラエルズ、ベースにラリー・バンカーのカルテット編成。ジム・ホールは全曲に渡りギターでバッキングおよび各曲でソロを弾いており、ジム度も高い。なおかつギターの音色も中低域がでた「コレだよコレ!」てなジム独特の太い音であり、ジム・マニアなら納得の1枚。オススメ度はアルバム全体がよいので甘めで星5つー。満足満足。
ジム・ホールは当時32歳で、1962年ごろはジムがサイドマンとして売れっ子ギタリストとなり始めたころ。バートンは自身のアルバム「Six Pack(1992年)」のライナーノーツによると、このアルバム制作にジム・ホールの参加を依頼したことで彼らがはじめて出会ったとのこと。また、バートンは自分のような新人のアルバム制作の依頼を売れっ子ギタリストのジムが引き受けてくれたことに驚いたと述べている。そしてベースはチャック・イスラエル、ドラムはラリー・バンカー。ベース、ドラムは当時ビル・エバンス・トリオとしても活動した二人だ(ビル・エバンスの通称「リバーサイド四部作」以後の1963~1965年ごろのトリオのメンバー)。ジム・ホールもビル・エバンスと「Undercurrent」「Interplay」「Loose Blues」(いずれも1962年)を制作したころであり、バートンもエバンスの影響を受けたと述べていることから、ビル・エバンスに縁のあるプレイヤーがそろったカルテット編成となっている。このカルテットが息のあった演奏を実現したことは想像に難くない。
さて内容だが爽快にして緻密。A面1曲目On Green Dolphin Street のメジャーキーでアップテンポなナンバーから幕をあける。ジムの軽快なギターソロもあり愉悦。2曲目で渋いスローナンバーが続き、3曲目はジムのオリジナル曲Careful。Jim Hall And Friends,Vol.2 Live At Town Hall(1990年)でも彼らの邂逅によるCarefulが聴けるのだが、二人の原点はこのアルバムだったのですな!っと一人興奮。4曲目でちょいと実験サウンドがはいる。B面1曲目でアルバムタイトルSomethings Comingにて再びメジャー調のアップテンポ、2曲目でスロー。締めの3曲目Summer Timeはこの曲では意外な?高速テンポの演奏でこれがまたカッコイイ!テーマ後のソロまわしがビブラフォン、ギター、ベース、ドラムときてその後ビブラフォンに戻ったとき、ジム・ホールが弾いてるのがバッキングでなく裏メロで、その展開がヤバカッコよすぎるわーっ。てことでレア盤ですがマニアならぜし。

詳細 レコード版

アルバムタイトル(原題)
Something's Coming!
アルバム名義
Gary Burton
アルバムタイトル(邦題)
サムシングズ・カミング
アーティスト表記(日本語表記)
ゲイリー・バートンとジム・ホール
収録年
1963/8/14,15,16;at RCA Victor's Studio B New York
オリジナルLP発売元,レーベル
RCA Corporation LSP-2880
所有盤
国内LP (再発売) ジャズ・グランプリ1500シリーズ
国内LP発売元
RVC株式会社
国内LP再発売日
1979
規格品番
LSP-129 (Stereo)
JAN
N/A
定価
1500円(1979年当時)

(2015/12/29追記)詳細 CD版

アルバムタイトル(原題)
Something's Coming!
アルバム名義
Gary Burton
アルバムタイトル(邦題)
サムシングス・カミング
アーティスト表記(日本語表記)
ゲイリー・バートン
収録年
1963/8/14,15,16;at RCA Victor's Studio B New York
オリジナルLP発売元,レーベル
RCA Corporation LSP-2880
所有盤
国内CD jazz collection 1000シリーズ 期間限定生産盤
国内CD発売元
ソニー・ミュージックエンタテインメント株式会社
国内CD発売日
2015/11/11
規格品番
SICJ 83
JAN
4547366244984
定価
1,000円+税

曲目 Side A(*CDの収録曲はレコードと同じ曲順で全7曲収録)

  1. On Green Dolphin Street
    作曲
    Bronislau Kaper
    lyrics
    Ned Washington
  2. Melanie
    作曲
    Michael Gibbs
  3. Careful
    作曲
    Jim Hall
  4. Six Improvisatory Sketches (六つの即興的スケッチ)
    作曲
    Michael Gibbs

曲目 Side B

  1. Something's Coming
    作曲
    Leonard Bernstein
  2. Little Girl Blue
    作曲
    Richard Rodgers , Lorenz Hart
  3. Summertime
    作曲
    George Gershwin

演奏者

Gary Burton
Vibes
Jim Hall
Guitar
Chuck Israels
Bass
Larry Bunker
Drums
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.RCA 共演者.GaryBurton

拍手する

コメント

Secret

プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。