スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Stan Getz & Arthur Fiedler At Tanglewood Boston Pops (1966年)[CD]

Stan Getz and Arthur Fiedler At Tanglewood Boston Pops

オススメ度

★★☆☆☆

所感

スタン・ゲッツのえろえろサックスにこれでもかってな豪華ストリングスのオーケストラ編成の、ジャズってより映画サントラみたいな演奏のライブ盤。ジム・ホールのギターは最初のイパネマの娘でザカザカとバッキングのギターが聴こえる程度で、あとは絢爛なオーケストラに埋もれて弾いてるんだかなんだかわからんわー!てなことでジム度は低く星2つ。スタン・ゲッツのアルバムとしてはいいんでないでしょうか。音もいいし。
何気にジムおじさんと何度か共演しているゲイリー・バートン(ビブラフォン)もいるけどオケがほんとに豪奢であんまり聴こえなく、いないんだかってな感じ・・・ベースのスティーヴ・スワロー然り。なんだかもったいないなぁ~。ジムおじさん道をすすんでくと、こんなのよくあるからいいけどー。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Stan Getz & Arthur Fiedler At Tanglewood - A Song After Sundown
アルバムタイトル(邦題)
ライヴ・アット・タングルウッド
アーティスト表記(原題)
Stan Getz with Arthur Fiedler and The Boston Pops Orchestra
アーティスト表記(邦題)
スタン・ゲッツ with アーサー・フィドラー指揮ボストン・ポップス・オーケストラ
収録年
1966/8/2 and 3 at Tanglewood,Lenox,Massachussetts
オリジナルLPの発売元レーベル,カタログナンバー
RCA Victor,LPM 2925(参考リンク -http://www.jazzdisco.org/stan-getz/catalog/#rca-victor-lpm-2925)
所有盤
国内CD
CD発売元
株式会社BMG JAPAN
CD発売日
2006/7/26
規格品番
BVCJ-38125
JAN
4988017641392
定価
1,500円(税込)

曲目

  1. The Girl From Ipanema
    作曲
    Antonio Carlos Jobim/Norman Gimbel/Vinícius de Moraes
  2. Tanglewood Concerto
    作曲
    Eddie Sauter
  3. Love Is For The Very Young
    作曲
    David Raksin
  4. A Song After Sundown
    作曲
    John Lewis
  5. Three Ballads For Stan (Part I)
    作曲
    Alec Wilder
  6. Three Ballads For Stan (PartI II)
    作曲
    Alec Wilder
  7. Three Ballads For Stan (Part III)
    作曲
    Alec Wilder
  8. Where Do You Go?
    作曲
    Alec Wilder

演奏者

Stan Getz
tennor sax
Jim Hall
guitar
Gary Burton
vibraphone
Steve Swallow
bass
Roy Haynes
drums
Arthtur Fieldler
conductor
Boston Pops Orchestra
strings,etc
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 共演者.StanGetz 共演者.GaryBurton 共演者.SteveSwallow レーベル.RCA

拍手する

コメント

Secret

プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。