スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Ella In Hollywood (1961年)[CD]{ライブ録音}※Jim Hallではない疑いあり

Ella In Hollywood

オススメ度

(ジム・ホール度測定不能)

所感

女性ジャズシンガー、エラ・フィッツジェラルドの歌モノのアルバムで、ロサンジェルスのナイトクラブ「ザ・クレッセンド」でのライブ録音。
エラとジム・ホールの共演音源ってMack The Knife - Ella In Berlinだけじゃなかったのかーっと垂涎入手したのだがこれがまたライナーノーツを見ると驚愕の記述があり愕然。
ジャケットにはギターがジム・ホールと記述しているが、実はハーブ・エリスの疑いがあることが判明。

(CDのライナーノーツ引用)
オリジナル・アルバムのライナー・ノーツでは、ギターは、ジム・ホールになっているが他のディスコグラフィーでは、ハーブ・エリスになっている。多分、ハーブ・エリスが正解だろう(監修者註:ミッシェル・ルプリのTHE CLEF / VERVE LABELS A Discography VOL.1ではジム・ホールとしている)

てことで疑惑の1枚。 要するにライナーノーツの筆者・解説者である高田敬三氏はハーブ・エリスだろうと推測しているのだが、CDの販売元は別の論拠を持ち出して「ジム・ホールと記述があるのだからジャケットにはジム・ホールと書いてるんだからねッ」と二分した意見が掲載されているのだ。まったく困ったアルバムじゃよとほーっ。
追記(2010/11/8)
Wikipedia(ENG)ではやっぱギターはハーブ・エリスになっている。

わたくしとしては、このライナーノーツを読む前に曲を聴きだしたのだが、ジム・ホールにしてはギターの音色が明るすぎるなと感じていた。しかし1961年ごろはまだジム独特の音が確立してなかったし・・・と感想を抱いていた。このライナーノーツを読んだあとに聴き返すと、当時のジムにしてはギターの音が太いなとか、グリッサンド(スライド)時のアクセントがジムにしてはアクが強いな、などと感じて疑念を強めてしまった。 まったくもって困ったことですよー くっそー ジャケットにちゃんと「【お断り】 これはハーブ・エリスおじちゃんかもしれません ごめんねお兄ちゃん てへッ」と書いとけ うがーッ

・・・せっかくなのでアルバム感想。内容としてはエラ好きなら満足ってとこでしょうか。エラ・イン・ベイルリンはハイテンションな曲が多くパワーで押し切っているのですが、エラ・イン・ハリウッドはミドルテンポの曲も少し増えて緩急抑揚のバランスがよいかんじです。あと、スキャットが多め。ドゥビドュバーッっと明るく陽気にドライブしたいときのBGMなんぞにいかがでしょうか。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
 Ella In Hollywood
アルバム名義
Ella Fitzgerald
アルバムタイトル(邦題)
エラ・イン・ハリウッド
アーティスト表記(日本語表記)
エラ・フィッツジェラルド
収録年
1961/5/11.1961/5/21
発売元,レーベル
Original LP:Verve Recoeds
所有盤
国内CD
CD販売元
ユニバーサルミュージック株式会社
CD発売日
2004/12/1
規格品番
UCCV-9202
JAN
4988005371454
定価
2,345円(税込)

曲目

  1. This Could Be The Start Of Something Big
    作曲
    music:Steve Allen
  2. I've Got The World On A String
    作曲
    music:Harold Arlen,lyrics:Ted Koehler
  3. You're Driving Me Crazy
    作曲
    music:Walter Donaldson
  4. Just In Time
    作曲
    music:Jule Styne,lyrics:Betty Comden,Adolph Green
  5. It Might As Well Be Spring
    作曲
    music:Richard Rodgers, lyrics:Oscar Hammerstein II
  6. Take The "A" Train
    作曲
    music:Billy Strayhorn
  7. Stairway To The Stars
    作曲
    music:Matty Malneck,Frank Signorelli, lyrics:Mitchell Parish
  8. Mr. Paganini
    作曲
    music & lyrics:Sam Coslow
  9. Satin Doll
    作曲
    music:Duke Ellington,Billy Strayhorn, lyrics:Johnny Mercer
  10. Blue Moon
    作曲
    music:Richard Rodgers, lyrics:Lorenz Hart
  11. Baby Won't You Please Come Home
    作曲
    music & lyrics:Charles Warfield,Clarence Williams
  12. Air Mail Special
    作曲
    music:Charles B. Christian,Jim Mundy,Benny Goodman

演奏者

Ella Fitzgerald
vocal
Lou Levy
piano
Jim Hall (Notice :Maybe, Guitarist is "Herb Ellis" )
guitar
Wilfred Middlebrooks
bass
Gus Johnson
drums
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Verve 共演者.EllaFitzgerald 録音.ライブ

拍手する

コメント

Secret

プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。