スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

George Shearing,Jim Hall : First Edition (1981年)[CD]

First Edition

オススメ度

★★★★☆

所感

ジム・ホールのギターとジョージ・シアリングのピアノのデュオアルバム。アルバム全体的に明るい雰囲気だ。わりと親しみやすい演奏のアルバムなのでジャズの入門にもよさげかも。だがしかしヘビーなファンにはちょっと甘ったるくて、おもはゆい、物足りない、てな印象を受けるかも。判断が難しいが甘めの星4つにしときますわー。

このアルバムでのオススメはスタンダードの#6.I Hear a Rhapsodyだ。ちょっと速めのテンポで展開し、ソロを交互に受け渡しながら一気にかけぬける爽快なアレンジだ。まったくのアドリブというよりは、ある程度展開を練って演奏していると思われる。

また、楽器の録音の音がきれいでよく、臨場感が伝わる。ときおりジムおじさんが口ずさんでいるのがわかるけど、まぁそれはいつものことなので気にしない。ギターの音色はアンプの音をひろってるんだけど、若干、弦が鳴るアコギ的な生音もすこしミックスされているような印象。

ギターとピアノの演奏は繊細だが遊び心のあるかんじ。ジョージ・シアリングのピアノが優雅でありながら、かわいらしい部分もあるせいか、どこと無くジム・ホールのギターもいつもよりはリラックスして楽しく弾いてるようだ。ジャズバラードといえば哀愁を帯びた曲を想起することもあるが、本作品のバラード#3、#8では哀愁ではなく、みずみずしく恥らう乙女が夢見るようなロマンチックな曲が展開しており、わたくしのような汚れたおっさんは聞いててちょっとこっぱずかしくなることもあるのでこっそり一人で聴きます・・・。

詳細

アルバムタイトル(原題)
First Edition
アルバム名義
George Shearing , Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
ファースト・エディション
アーティスト表記(日本語表記)
ジョージ・シアリング&ジム・ホール
収録年
1981/9
発売元,レーベル
Concord Records
所有盤
国内CD
CD発売元
ビクターエンタテインメント株式会社
CD発売日
2000/6/7
規格品番
VICJ-60599
UPC
4988002401895
定価
1,995円

曲目

  1. Street of Dreams
    作曲:John Lewis,Victor Young
  2. To Antonio Carlos Jobim
    作曲:George Shearing
  3. Careful
    作曲:Jima Hall
  4. I See Nothing to Laugh About
    作曲:Marvin Fisher
  5. Without Words
    作曲:Jim Hall
  6. I Hear a Rhapsody
    作曲:Barker,Gaparre,Bard,Fragos
  7. To Tommy Flanagan
    作曲:George Shearing
  8. Emily
    作曲: Mercer,Mandel

演奏者

George Shearing
piano
Jim Hall
guitar
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Concord 演奏編成.デュオ・ピアノとギター 共演者.GeorgeShearing

拍手する

コメント

Secret

プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。