スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Bob Brookmeyer : On The Way To The Sky (1989年)[CD]

Bob Brookmeyer On The Way To The Sky

オススメ度

★★★☆☆

所感


変態きたー。1曲目がいきなりシンセサイザーのロングトーンで非常に不安を煽る和音(コード名としてはB♭7#9かな)ではじまり、ゆったりとシンセ2台でしばらく不穏な音階が続くよ。ジャズというよりは前衛音楽か武満徹みたいな曲。そこにまごうことなきジム・ホールの80年代後期のあのダキストなギター音が合流。ジム・ホール初心者近寄るべからずな1枚。全曲変態前衛系でございます。いやまて、2回くらいきくとカッコよく聴こえてきた。特に2曲目以降はだんだんいい塩梅になってジムが激しく弾く場面もあり、なかなかかっこよい。

演奏の基本はWDR Bigbandによるビッグバンド編成。ドイツ・ケルン市の西ドイツ放送WDR(Westdeutscher Rundfunk)による管楽器のジャズ楽団。ボブ・ブルックマイヤーが全6曲を作曲、編曲、トロンボーン演奏、指揮。ボブと旧知のジム・ホール(ギター)とメル・ルイス(ドラム)らがゲストとして参加。

ライナーノーツによると、1987年から2002年にかけてWDR Bigbandのプロデューサー兼マネージャーであったWolfgang Hirschmannが、ボブ・ブルックマイヤーが前衛音楽に興味があり研究していることを知って、作曲、演奏を依頼したようです。WDR Bigbandの知名度を向上する目的でラジオ放送用に演奏したものだそうです。
おそらくこの演奏がすべて収録されて発売されたのは今回(2016年)初リリースなのかな、と思われます。
※メル・ルイス名義のCDには1曲収録されていました。過去記事「ジム・ホール参加CD「Bob Brookmeyer On The Way To The Sky」発売予定」

ライナーノーツには演奏時の写真もある。かっこいー。
BobBrookmeyerOnTheWayToTheSky-sm003
ジム・ホールの80年代の音源は少ないので貴重だし、演奏も音もかっこよく満足。わりと好きですが変態系音楽に慣れてない人にはおすすめできないよ!星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
On The Way To The Sky
アルバム名義
Bob Brookmeyer
収録年
1989/4 WDR Studio Annostrasse,Cologne Germany
発売元,レーベル
Jazz Line, DELTA Music & Entertainment GmbH & Co. KG (Lizensiert die WDR mediagroup GmbH)
所有盤
輸入CD
CD発売日
2016/5/13
規格品番
N 77013
EAN
8055551770136
定価
N/A

曲目

  1. Awakening
    作曲
    Bob Brookmeyer
  2. Earth
    作曲
    Bob Brookmeyer
  3. Fire
    作曲
    Bob Brookmeyer
  4. Water
    作曲
    Bob Brookmeyer
  5. Ascension
    作曲
    Bob Brookmeyer
  6. The Sky
    作曲
    Bob Brookmeyer

演奏者

Bob Brookmeyer
valve trombone,composed, arranged, conducted
Jim Hall
guitar
Mel Lewis
drums
Rainer Brüninghaus
keyboards
Joachim Becker
keyboards
Tom van der Geld
percussion

演奏者 (WDR Big Band Cologne)

Andy Haderer,Ron Bruynen,Klas Qsterloh,Rick Kiefer,John Eardley
trumpet
Dave Horler,Henning Berg,Bernt laukamp,Roy Deuval
trombone
Heiner Wiberny,Harald Rosenstein,Oliver Peters,Rolf Römer,Paul Peucker
woodwinds
Milan Lulic
guitar
Jean Warland
bass
Production
Produced
Wolfgang Hirschmann
Recording Engineer
Otto Fries
Mastered
Marko Schneider , at Skywalk Mastering,Trieweiler,Germany
-
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する

Buddy Bregman : Swingin' Standards (1959年)[CD]

Buddy Bregman Swingin Standards

オススメ度

★★★☆☆

所感



下記はBuddy Bregmanが
編曲参加のアニー・ロス、
Gypsyとのコンピ。
ジム・ホールも参加

アメリカの音楽プロデューサー、Buddy Bregmanによるスタンダード、ポップのジャズアレンジ。清く明るく正しいアメリカンなジャズオーケストラ。快活で聴きやすい演奏。楽しげ。ちょっと旅にでも行きたくなるようなビッグバンドなジャズ。聴いているとアメリカ横断ウルトラクイズとか連想しちゃう私はもういい加減よい歳と自覚するこのごろであります。ニューヨークへ行きたいかーッ

#1~10がタイトルアルバムで、#11~22は別アルバムDig Buddy In Hi-Fiをボーナストラックとして収録。
Buddy Bregmanはジャズ関係では有名なのかな。ジム・ホールと同じ1930年生まれ。エラ・フィッツジェラルド、フレッド・アステア、ルイ・アームストロングなどのレコードに携わったみたい。

さてジム・ホールは左チャンネルで徹頭徹尾、ザクザクと四分刻みのバッキングのみ。派手な金管楽器隊に埋もれずにわりときちんとギターは聞こえます。ちなみにBuddy Bregmanアレンジによる Annie Ross : Gypsy (1959年)[CD] があり、こちらにもジム・ホールが参加しています。
ジム度はかなり低いけど、内容はわるくないのでので星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Swingin' Standards
アルバム名義
Buddy Bregman
収録年
"Swingin' Standards"  #1-10 : 1959 , Los Angels, "Dig Buddy In Hi-Fi" #11-22 : 1957/2/22 (#17-20) ,1957/8/5 (#11,13-15),1957/8/6 (#12,16,21-22) Los Angels
発売元,レーベル
Lone Hill Jazz, Licensed by Long Horn Inc. (Original ,World Pacific,WP-1263)
所有盤
輸入CD
CD発売日
2006
規格品番
LHJ10243
EAN
8436019582435
定価
N/A
備考
録音日がCD裏面ジャケットとインターネット上の情報と一部食い違いがある。ここではCDの表示を記載。

曲目

  1. My Buddy
    作曲
    Gus Kahn,Walter Donaldson
  2. All Of You
    作曲
    Cole Porter
  3. In A Mellow Tone
    作曲
    Duke Ellington
  4. I Love Paris
    作曲
    Cole Porter
  5. It's All Right With Me
    作曲
    Cole Porter
  6. Too Chose For Comfort
    作曲
    Jerry Bock, George David Weiss, Larry Holofcener
  7. Baubles, Bangles And Beads
    作曲
    Robert Wright, George Forrest
  8. Imagination
    作曲
    Jimmy Van Heusen
  9. My Heart Stood Still
    作曲
    Richard Rodgers,Lorenz Hart
  10. Just In Time
    作曲
    Jule Styne , Betty Comden , Adolph Green
  11. This Is Beauty
    作曲
    Herrick,Grouya
  12. Monique
    作曲
    Jerry Livingston
  13. Holiday In The Highlands
    作曲
    Trippe, Gerry
  14. Left Bank
    作曲
    Jacobs
  15. Lullaby Of Birdland
    作曲
    George Shearing,B. Y. Forster (George David Weiss)
  16. Golden Guitars
    作曲
    Jerry Livingston
  17. A New Girl In Town
    作曲
    Bob Merrill
  18. Where Is Cinderella
    作曲
    Richard Rodgers ,Oscar Hammerstein II
  19. The Sin Of Pat Muldoon
    作曲
    Richard Adler
  20. Nickelodeon Holiday
    作曲
    Gene Bone and Howard Fenton
  21. Carousel On A Side Street
    作曲
    Leonard Marker , Charles Friedman
  22. Holiday
    作曲
    Sake,Zerubia, Taylor

演奏者

Conte Candoli(#1-5),Al Porcino,Ray Triscari,Stu Williamson / John Audino (#6-10,replace Conte Candoli)
trumpet
Frank Rosolino, George Roberts,Lloyd Ulyate(#1-5),Joe Howard / Marshall Cram (#6-10,replace Lloyd Ulyate)
trombone
George Roberts
bass trombone
Bob Cooper, Bill Holman, Richie Kamuca
tenor sax
Bill Perkins
baritone sax
Russ Freeman
piano
Jim Hall
guitar
Monte Budwig
bass
Mel Lewis
drums
Buddy Bregman
arrange,conductor

演奏者 :Dig Buddy  in Hi-Fi  (#11-#22)

Personel
unknown
-

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 共演者.BuddyBregman レーベル.LoneHill

拍手する

Jim Hall and Red Mitchell 新譜(未公開音源)のマスタリングが完了

ソースは2016/8/6(US 2016/8/5)のArttistShareのダイレクトメール。

Dear XXXX,

We are excited to continue celebrating Jim Hall's music and life through the Remembering Jim Hall Project. The previously unreleased recording of Jim Hall and Red Mitchell has been mastered by the Grammy Award Winning engineer, Greg Calbi, at Sterling Sound. For the mastering session we were joined by the Remembering Jim Hall Project Executive Producer, Dave Marchant. Participants, log in to see photos from the session. An interview with Dave about his experience as an ArtistShare Premium participant will also be posted soon.

Participants can log in now for access to an interview with bassist, Steve LaSpina. He shares some beautiful stories about his experience, listening, working, and learning from Jim Hall.

マスタリングエンジニアはGreg Calbi。手がけた作品がグラミー賞の年間アルバム賞を受賞したこともある著名な方だそうです。ジョン・レノンやらブルース・スプリングスティーンなどの作品も手がけたそうです。リンク:Greg Calbi - Wikipedia, the free encyclopedia:

ArttistShareのサイト更新。スマートフォンでも見やすいレスポンシブデザインになった。
ログインすると下記の内容を見られる。
・マスタリング作業と、テープから取り込んでいる作業の写真を公開。
・Steve LaSpina※のインタビュー動画を公開。Steve LaSpinaはジム・ホールのライブやアルバムによく参加したベーシスト。マスタリングが完了したJim Hall and Red Mitchell未公開音源を聴いた感想を述べている。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。