スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

ジム・ホールも参加。Gary Burton Something's Coming!(1964年)のCDが発売。

ヴィブラフォン奏者、ゲイリー・バートン(Gary Burton)のアルバム「サムシングス・カミング(Something's Coming)」のCDが、2015年11月11日に発売されました。(1963年録音、1964年にリリース)
(情報提供 jiro様 ありがとうございます)
アルバム単品かつオリジナルジャケットを再現したCD化は世界初と思われます。たぶん。おそらく(小声
アルバム紹介記事のページを更新しました。
内部リンク:Gary Burton : Something's Coming! (1963年)[LP][CD]


「アルバム単品かつオリジナルジャケットを再現したCD化は世界初」という理由は、2015年4月に「Live At Newport '67 with Larry Coryell + Something's Coming! with Jim Hall」というコンピレーションCDが発売されており、そちらに収録されているからです。
また、私がSomething's Coming!のレコードを入手する前に、CDは出ていないものかと相当調べたのですが見当たらなかったので、たぶん、単品CDは世界初・・・かな・・・(ますます小声
違ったらすみません先達様方。
なんにしても好きなアルバムなのでこうしてCDがでてよかったよかったー
ジム・ホールのギターが、手持ちのレコードよりも明瞭に聞こえてすごくよいです。特にバッキングがかなり明瞭になってて、ソロ以外でもこんなに手数を多く弾いてたのかーっと新鮮な驚きがあり大変満足です。
※こちらがコンピレーションCD
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する

2015/12/9 再発売 ジム・ホール「ライブ・イン・トーキョー~完全版~ 」「無言歌」

長年再発されなかったジム・ホールのアルバム2枚が再発売されます。
  • ライブ・イン・トーキョー~完全版~ Original recording remastered EAN(JAN) 4988003478629
  • 無言歌 EAN(JAN) 4988003478636


いずれもかつてキングレコードのジャズレーベル「PadleWheel(パドル・ホイール)」がリリースしたレコード。この2枚はなかなか再発されなかったのでご紹介。分かっている範囲では、ライブ・イン・トーキョーのCDは1991年と1997年の2回、無言歌のCDは1993年に1回発売されただけと思われます。およそ20年ぶりのCD再発。※オリジナルのレコードはいずれも1976年発売

外部リンク
サイト内リンク
外部リンク
ArtistShareのmp3について:
ジム・ホールが2000年代にリリースした米国レーベル、ArtistShareでは、2008年から上記の無言歌のmp3版をダウンロード販売して います。当初はビル・フリゼールとのデュオアルバムJim Hall & Bill Frisell : Hemispheres (2008年)[CD]の発売延期のお詫びとして予約注文者に無償提供したものです。筆者も無償でいただきましたが、そのときダウンロード版には「ライブ・イン・トーキョー」の未収録ライブ音源「LuLu's Back In Town [*Unreleased bonus track form "Live In Tokyo" ] 」がボーナストラックとして入っていました。現在の販売品にも入っているかは未確認です。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。