中牟礼貞則(g) 井上智(g) ライブ見た Body & Soul 2015/5/20

ジム・ホールとは直接関係ないけど。備忘録。
《ギターレジェンド スペシャル デュオ》
中牟礼貞則(g) 井上智(g)
ゲスト 中山拓海 (alto sax)
南青山 Body & Soul
1st 20:00
2nd 21:20
http://www.bodyandsoul.co.jp/event/150520
セットリスト
1st
  1. In Walked Bud : Thelonious Monk
  2. I'm Getting Sentimental Over You : George Bassman *
  3. Some time ago :Sergio Mihanovich *
  4. Oblivion : Astor Piazzolla
  5. Skylark (with alto sax) : Hoagy Carmichael *
  6. I hear a rhapsody (with alto sax) : George Fragos, Jack Baker, Dick Gasparre *
2nd
  1. Nuages : Django Reinhardt
  2. Manhã de Carnaval : Luiz Bonfá *
  3. Waltz New : Jim Hall *
  4. Two for the Road : Henry Mancini
  5. Stella by Starlight (with alto sax) (たぶん): Victor Young *
  6. Careful (with alto sax) : Jima Hall *
Encore
  1. Body and soul (with alto sax) : Edward Heyman, Robert Sour, Frank Eyton *
*印はジム・ホールも弾いてた曲、、、知ってる限りで。

***
中牟礼貞則氏は現在御歳82才の、井上智氏曰く「人間国宝」であらせられるジャズギタリストでございます。動画とかでは拝見しておりましたがわたくしが実際に拝見したのはこれが初。
なにせ伝説的な方ですから気難しいのかな、と思ってましたがぜんぜん溌剌と明るくむしろやんちゃ、といった印象。終始わくわくしたような笑顔と輝く目はギターが楽しくてしょうがない少年のよう。嗚呼失礼なことにそんな印象。あんなに背筋がピンとしてギターを弾く80代はみたことない。腕前をわたくしなどが評するのは身の程しらずですが、年齢を感じさせない素晴らしい演奏でございました。
井上智氏のライブは二回目の観覧。こうして2つのギターがあると、やはり井上氏のギターの音色はかなり独特と認識。ジム・ホールへの憧憬が現れているのかなぁと。
前回は初めて見たのでわたくしは圧倒されっぱなしでしたが、今回はやや落ち着いて聞き込むことができました。
演奏しているときはかなり体をゆらしたり情熱的で豪胆な見た目ですが、それに対してピッキング、カッティングはかなり繊細と感じました。
弦にあてる位置をいろいろ変えて音をやわらかくしたり硬くしたり、音色とか強弱にはかなり変化を付けて演奏されているのが分かりました。

なんにしても、二人ともギターを鳴らしている、というよりギターで歌っている、そんな歌心あふれるライブでございました。

ゲストのアルトサックス、中山拓海氏は今年音大を卒業したばかり(なんと主席)という若い方でしたが、いやはや素晴らしいプレイ。
本田雅人の再来かと。

Skylarkが良かったです。
ねるねるねるー ねむい
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ