スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Bob Brookmeyer Featuring John Williams & Red Mitchell : (1957年)[CD]

Bob Brookmeyer Featuring John Williams & Red Mitchell

オススメ度

★★☆☆☆

所感

ボブ・ブルックマイヤーのセッション音源。CD帯には「バルブ・トロンボーン第一人者ボブ・ブルックマイヤーが、伝説のピアニスト、ジョン・ウィリアムズとレコーディングした1954年のセッションを中心に、ジム・ホール参加の1957年のセッションをカップリングしたウエストコースト・ジャズ作品初CD化!」と書いている。
ほほう、これはジム・ホールの未発表音源かーッと食いつき査収。けっこう前だけど。そしてこの記事を書いてる今、気がついた。
ジム・ホール参加の2曲(#2と#6)って、Bob Brookmeyer Quintet : Traditionalism Revisited (1957年)[CD]収録曲からの転用じゃないですかやだー!
Traditionalのほうは初かわからんけど2013年にCDが出たので、順番的には2012年にでたこっちが先なのかもしれないけど。
てことでカテゴリーはその他に入れておきます。まぎらわしいわーもう。
人柱じゃー。
さてジム参加の曲は、#2はまったりのんびり。若干ソロあり。#6はブルースでバッキングのみ。他の曲はスピード感があるスインギーな曲で明るく、ジャズとしては単純に楽しくきけます。ていうか作曲者のクレジットがない・・・たぶんボブ・ブルックマイヤーなんだろうけど。
演奏はよいですが、ジム的には星2つ。うーむ。

詳細

アルバムタイトル(英題)
Bob Brookmeyer Featuring John Williams & Red Mitchell
アルバム名義(英語表記)
Bob Brookmeyer
収録年
#1,3,4,5,7 1954/7 ; #2,6 1957/6
オリジナルレコード レーベル
Pacific Records,Crown Records
所有盤
国内CD
CD発売元
P-Vine Records 株式会社 Pヴァイン
CD発売日
2012/6/20
規格品番
PCD20173
JAN
4995879201732
定価
2,000円+税

曲目

  1. Last Chance
    作曲
    unknown
  2. Slow Freight
    作曲
    unknown
  3. The Blues
    作曲
    unknown
  4. Liberty Bell
    作曲
    Tony Jackson, Ed Rose, Abe Olman
  5. Red Devil
    作曲
    unknown
  6. Brook's Blues
    作曲
    Bob Brookmeyer
  7. Doe Eyes
    作曲
    unknown

演奏者#1,5,7

Bob Brookmeyer
trombone
John Williams
piano
Red Mitchell
bass
Frank Isola
drums

演奏者#2,6

Bob Brookmeyer
piano
Jimmy Giuffre
tenor sax (only track 2)
Jim Hall
guitar
Ralph Pena
bass
Dave Bailey
drums

演奏者#3,4

Bob Brookmeyer
trombone
John Williams
piano
RBill Anthony
bass
Frank Isola
drums

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 共演者.BobBrookmeyer

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。