スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

ジム・ホール トリビュートライブ 行ってきた

JIM HALL Tribute featuring RON CARTER with LARRY CORYELL & PETER BERNSTEIN
ジム・ホール・トリビュート・フィーチャリング・ ロン・カーター・ウィズ・ラリー・コリエル & ピーター・バーンスタイン


IMG_6526-300.jpg IMG_6529-300.jpg
COTTON CLUB コットンクラブ 2014/1/26 sun start 5:00pm 1stステージみた
セットリスト
  1. Alone together (Arthur Schwartz, Howard Dietz)
  2. How Deep Is the Ocean? (Irving Berlin)
  3. I should care (Axel Stordahl; Paul Weston; Sammy Cahn) :  guitar solo by Peter Bernstein
  4. I'm Getting Sentimental Over You (George Bassman; Ned Washington)
  5. Bolero (Joseph-Maurice Ravel) :  acoustic guitar solo by Larry Coryell
  6. Receipt Please (Ron Carter)
  7. St. Thomas (Sonny Rollins)
  8. [Encore] Bag's Groove (Milt Jackson)
間違ってたらすんまそん。
なんとなくメモ。(酔い気味
  • 直前まで行くかどうか迷ったけどいってよかった。ラリー・コリエルがすごくてよかった。
  • ジム・ホールの音楽には普遍的な面と前衛的な面の二面性があったと思うが、二人のギタリストによって、ジムの二面性がうまく表現されていた。バーンスタインは普遍的な、いわゆる分かりやすいモダンジャズの演奏で、コリエルはちょっととんがった個性的なスケール(音階)や奏法を用いた演奏。そしてど真ん中にロン・カーターがいて二人の手綱をしっかりにぎっているという様相で。
  • カーターはもはや悟りの境地にたどり着いた高僧のような面持ちで粛々と弾き、バーンスタインは終始ニコニコ。コリエルは序盤は気難しい表情だったが徐々にヒートアップして笑顔ながらも3人のなかで一番興奮したようなプレイと表情であった。
  • ラリー・コリエルって名前は知ってたけど演奏はよくしらなくてどーなんかなーと不安におもってたが、ちょーうまくてやばかった。ジム・ホールがいうところのハーモナイズド・ベースラインでのジャズジャズしたバッキングはばっちり。かと思えば70歳と思えない高速かつ変態スケールもこなす。感情が高ぶって表情も体も大きく動いたりと意外と情熱家な印象。ジム・ホールとのつながりがわからんかったが、会場にあったチラシによると「ホールを深く尊敬していることでも知られる」ってことだった。
  • 曲はほとんどの曲がジムが弾いていたジャズ・スタンダード。まさしくトリビュートな選曲。
  • 不満はないのだけれど、ジム・ホールのオリジナル曲が1曲でもいいからあればよかったなー。せめてCareful。あわよくばTwo's Blues。ありえないがFurnished Flatsやってたら、わたくしはその場で涙をながしながら奇声を上げ小躍りし速やかに屈強な黒服の男たちに連れ出されていたことでしょう。
ねむい。


スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する

jazzJAPAN 2014年2月号に特集記事「追悼ジム・ホール」

雑誌jazz JAPAN 2014年2月号 Vol.42(2014年1月22日発売)に特集記事「追悼 ジム・ホール」(p67~73)が掲載されている。

記事の主な内容

追悼文:文 原田和典(p68~69)
音楽評論化、原田和典氏の寄稿。ジム・ホールの経歴を織り交ぜながらの文で、けっこうマニアックなエピソードも盛り込まれている。
追悼文:文 井上智(p70~71)
ギタリスト、井上智氏の寄稿。ジム・ホールの教えや人柄などを紹介。
ジム・ホール セレクテッド ディスコグラフィー(p72~73)
井上智氏がジム・ホールのアルバムを11枚選出し紹介。
てゆーかこの雑誌って「ヤングギター」誌の増刊扱いだったのか・・・
表紙になんで漫画ぽい絵つかってるんだろーと思ってたらBLUE GIANTてジャズ漫画の特集だった・・・。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する

1月にロン・カーターらによるジム・ホール トリビュート日本公演

ロン・カーター(ベース)が2014年1月に来日し、ジム・ホール トリビュート・ライブ(追悼公演)を行う。
ギタリストに、ラリー・コリエル、ピーター・バーンスタインらが出演。(日によって異なる)

2014.1.18.sat.モーションブルー・ヨコハマ "JIM HALL Tribute" featuring RON CARTER with LARRY CORYELL

1st open_4:00pm / showtime_5:00pm
2nd open_6:45pm / showtime_8:00pm

2014 1.19 sun. - 1.20 mon. ブルーノート東京 "JIM HALL Tribute" featuring RON CARTER with LARRY CORYELL & PETER BERNSTEIN ※こちらのページにはロン・カーター、ラリー・コリエル、ピーター・バーンスタインのジム・ホール追悼コメントがあります。

1.19 sun.
 [1st]Open3:45pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm
1.20 mon.
 [1st]Open5:30pm Start7:00pm [2nd]Open8:45pm Start9:30pm

2014. 1.26.sun & 1.27.mon コットンクラブ JIM HALL Tribute featuring RON CARTER with LARRY CORYELL & PETER BERNSTEIN

■1.26.sun
[1st.show] open 4:00pm / start 5:00pm
[2nd.show] open 6:30pm / start 8:00pm

■1.27.mon
[1st.show] open 5:00pm / start 6:30pm
[2nd.show] open 8:00pm / start 9:00pm

2014.1.24.fri 名古屋ブルーノート ジム・ホール トリビュート feat.ロン・カーター with ラリー・コリエル&ピーター・バーンスタイン

1st     開場17:30 開演18:30
2nd     開場20:30 開演21:15

あばばば どうしよう 日程的にあわないぜよー
ピーター・バーンスタインはジム・ホールに師事していたギタリストで、Jim Hall And Friends,Vol.2 Live At Town Hall (1990年)(サイト内リンク)にも出演している。ラリー・コリエルとジムの具体的な関係はわかりませんぞなー

関連:ジム・ホール & ロン・カーター 2014年1月来日ライブ(サイト内リンク ※公演中止)


テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する

雑誌 jazzLife 2014年2月号 特集記事「追悼 ジム・ホール」掲載

雑誌jazzLife2014年2月号(2014年1月14日発売)に特集記事「モダン・ジャズ・ギターの巨匠 追悼 ジム・ホール」が掲載されている。

記事の主な内容

3人のギタリストによる追悼コメント(p29~31)
井上智、パット・メセニー、粟澤博幸によるコメント。
ジム・ホール インタヴュー 1978(p32~33)
jazzlife誌が初めてジム・ホールにインタビューした1978年5月号の記事を再掲載。
ジム・ホール ヒストリー&ディスコグラフィー(p35~37)
ジム・ホールの生い立ち、アルバム、ギターの紹介。
スコア(楽譜)(p38~41)
アート・ファーマーとジム・ホールのアルバム「ビッグ・ブルース」(1978年)(サイト内リンク)から「Whisper Not」のギターコピー楽譜を掲載。
そのほか
  • 通常の記事「アマチュア・プレイヤーのためのモダン・ジャズ入門 連載第26回」(p42~45)でジム・ホールとバンドを組んでいたアート・ファーマーの特集紹介がある。
  • 通常の記事「Dics Review」にてジム・ホールの「アランフェス協奏曲」(1975年)(サイト内リンク)の再発CD紹介がある。
  • 「追悼 チコ・ハミルトン」(p82)も掲載。ジム・ホールがプロとして本格的に活動た最初のバンドリーダーでありドラマーのチコ・ハミルトンが2013年11月25日に逝去した。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する

jazz life 2014年2月号、jazz japan 2014年2月号にジム・ホール追悼特集、他


jazz life 2014年2月号およびjazz japan 2014年2月号にジム・ホール追悼記事が掲載予定。 ジム・ホールに師事したギタリスト井上 智氏が執筆、寄稿したとのこと。 そのほか下記引用の通りwebgine Jazz Tokyoに記事記載。

引用:ジム・ホール師匠の訃報に接して | Satoshi Inoue Blog

ジャズ・ライフ2月号に「追悼ジム・ホール」、JAZZJAPAN vol.42 2月号に「我が師ジム・ホールの功績と教えと素顔」と「ジム・ホール セレクテッド・ディスコグラフィー」を書きました。またwebzine JazzTokyo  #193に「追悼 ジム・ホール」というインタビュー記事がでております。


テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。