スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Herbie Hancock : Blow-Up (1966年)[CD]

Blow-up  

オススメ度

★★★☆☆

所感

1966年制作の映画「欲望」(Blow-Up)のサウンドトラック。イタリア人の映画監督ミケランジェロ・アントニオーニによるロンドンを舞台にした、1960年代の若者に焦点をあてた映画。とはいうものの、その映画は見たことない。youtubeで一部を見たが、超シュール、難解で意味不明な感じの映画だね!
映画のBGMは主にジャズ・ピアニストのハービ・ハンコックによるもの。監督がジャズが好きだったそうで、ハービー・ハンコックに映画音楽の制作を依頼した模様。ハービーは映画の舞台となるロンドンに渡りで楽曲制作、録音を行ったが、イギリスのミュージシャンの演奏には満足できなかったため、ニューヨークに戻って、ニューヨークのミュージシャンとともに制作しなおしたとのこと。
そこで声がかかったのが我らがジム・ホールおじさま!ロン・カーター!フィル・ウッズ!などなど一流ジャズメン。しかしながらサントラってことで、ファンク、ブルース、果ては伝説的なブリティッシュロックバンド、ヤードバーズ(しかもジェフ・ベックとジミー・ペイジが両方いるとき)のロックもあったりしてちょいと混沌としたサントラ。
曲ごとの演奏者リストがなく、ジム・ホールがどの曲で演奏しているかは耳で判断するしかない状態。おそらく#8.Jane's Theme、#9.The Thief、#10.The Kiss、#13.The Bedで演奏。#8はギター、ベース、オルガン、ドラムによるバラード。ギターがメインのメロディで、ジムおじさまの素敵な甘い音色を堪能できる。#9.Thiefも同じ楽器構成によるファンクナンバー。ジムおじさんがあんまりやらないタイプの曲だけど、ギターの音色的にそうかなぁ?と。ギターはバッキング。#10.The Kissも同様の楽器構成に、アルトサックスが加わる。前半はギター主メロ、後半はアルトサックスに主メロ交代。交代後もジムのバッキングがしっかり入ってよい。#13.The Bedはオルガンに変わり、ピアノ、ギター、ベース、ドラムの楽器構成。ピアノが主メロで、これまたえろえろしいバラード。
アルバムとしてはジムおじさまの出番は少ないものの、楽曲とギターのトーンがいいなってことで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(邦題/原題)
「欲望」オリジナル・サウンドトラック / Blow-Up
アルバム名義(邦名/英名)
ハービー・ハンコック / Herbie Hancock
収録年
late 1966,New York City

オリジナルLP発売元,レーベル
MGM Records   E4447 ST, MGM Records – E/SE-4447 ST
CD発売元,レーベル
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
所有盤
国内CD
CD発売日
2010/6/2
規格品番
SICP 2704
JAN
4547366053920
定価
1,890円

曲目

  1. Main Title (Blow-Up)
    作曲
    Herbie Hancock
  2. Verushka (Part 1)
    作曲
    Herbie Hancock
  3. Verushka (Part 2)
    作曲
    Herbie Hancock
  4. Butchie's Tune
    作曲
    Steve Boone (performed by Unnamed studio musisians)
  5. Did you ever have to make up your mind?
    作曲
    John Sebastian (performed by Unnamed studio musisians)
  6. Bring Down The Birds (Outtake)
    作曲
    Herbie Hancock
  7. The Naked Camera
    作曲
    Herbie Hancock
  8. Jane's Theme
    作曲
    Herbie Hancock
  9. The Thief
    作曲
    Herbie Hancock
  10. The Kiss
    作曲
    Herbie Hancock
  11. Curiosity
    作曲
    Herbie Hancock
  12. Thomas studies photos
    作曲
    Herbie Hancock
  13. The Bed
    作曲
    Herbie Hancock
  14. Stroll On
    作曲
    Jim McCarty/Chris Dreja/Jeff Beck/Keith Relf/Jimmy Page(performed by The Yardbirds)
  15. End Title (Blow-Up)
    作曲
    Herbie Hancock
  16. Am I glad to see you (Outtake)
    作曲
    Keith West (performed by Tomorrow)
  17. Blow-Up (Outtake)
    作曲
    Keith West (performed by Tomorrow)

演奏者

Herbie Hancock
piano.arranger & Conductor
Freddie Hubbard
trumpet
Joe Newman
trumpet
Phil Woods
alto sax
Joe Henderson
tenor sax
Paul Griffin
organ
Jim Hall
guitar (#8,#9,#10,#13)
Ron Carter
bass
Jack DeJohnette
drums

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.SonyMusic 共演者.HerbieHancock 共演者.RonCarter

拍手する

Sonny Rollins : Road Shows Vol.2 [CD](2010年)

Sonny Rollins Road Show Vol.2  

オススメ度

★★☆☆☆

所感

2010年9月10日にニューヨークのビーコン・シアターで催されたテナー・サックス奏者、ソニー・ロリンズ(1930年9月7日生)の80歳の誕生祝コンサートをメインに収録したライブアルバム。
ビーコン・シアターの音源は2~5曲目。1曲目は札幌、6曲目は東京での来日コンサートの音源。
いやー、御歳80でこの吹きっぷりはすばらしいですわー。つーかアルバムThe Bridge(1962年)でベースだったボブ・クランショウまでがまだ元気に弾いてるので驚き!
さて誕生祝いのゲストに我らがジム・ホールのほか、オーネット・コールマン、クリスチャン・マクブライドなどジャズの大家が出演。トランペットのロイ・ハーグローブって人と、ギターのラッセル・マローンて人はしらんかったけど名サポート、名ソロプレイで、けっこう好み。
 ジム・ホールはソニー・ロリンズのMCで「もっとも好きなギタリスト、ジム・ホール!」と紹介され観客の大歓声で迎えられ登場、お得意の「In a sentimental mood」をギター、ベース、ドラムとのトリオで演奏。わーい。ジムとボブの数十年ぶりの共演だよ!ジムおじさまのギターはすばらしい音色です。2000年代後半の音源はどうも生音っぽいギター音源が多いので、わたくしが好きなギターアンプ主体の音色の録音があることは大変うれしく思います。そして十八番のエンディングパターンのソロで締め。割れんばかりの観客大喝采!
・・・ちょ、ロリンズは?ソニー・ロリンズはジムおじさんのときだけサックス吹かないてどういうこと?!しかもジムおじさんはの演奏は1曲だけ!あばばば。
内容はとってもよいライブ盤。しかしソニーとの邂逅共演を期待しただけにちょっと残念。単にジャズアルバムとしては素敵だがジム度で星2つ。マニア向けじゃ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Road Shows, Vol.2
アルバム名義
Sonny Rollins
収録年
#1:2010/10/1 at Sapporo,Japan,  #6:010/10/7 at Tokyo,Japan ,#2,3,4,5:2010/9/10 at Sonny Rollins's @80 Concert ; Beacon Theatre,New York City

制作
Emarcy Records http://www.emarcy.com/
制作
Doxy Records,under exclusive licence to Universal International Music B.V.
製造,販売
Decca Label Group, a Division og UMG Recordings,Inc.
所有盤
輸入CD
CD発売日
2011/9/5
規格品番
B0015949-02
UPC
602527749723
定価
N/A

曲目

  1. They Say It's Wonderful
    作曲
    Irving Berlin
  2. In a Sentimental Mood
    作曲
    Duke Ellington,Irving Mills,Manny Kurtz
  3. Sonnymoon For Two
    作曲
    Sonny Rollins
  4. I Can't Get Started
    作曲
    Vernon Duke  / Lyrics : Ira Gershwin
  5. Raincheck
    作曲
    Billy Strayhorn
  6. St. Thomas
    作曲
    Sonny Rollins

演奏者

Sonny Rollins
tenor sax
Russell Malone (#1,4,5,6)
guitar
Bob Cranshaw(#1,2,3,4,5,6)
electric bass
Kobie Watkins (#1,2,4,5,6,)
drums
Sammy Figueroa (#1,2,4,5,6)
percussion
Jim Hall
guitar (#2)
Ornet Coleman (#3)
alto sax
Christian McBride (#3)
acoustic bass
Roy Haynes (#3)
drums
Roy Hargrove
trumpet (#4,5)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Emarcy 共演者.SonnyRollins

拍手する
プロフィール

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。