スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

ジム・ホール・トリオ ライブいってきた Blue Note Tokyo 2012年6月3日

JIM HALL TRIO
with SCOTT COLLEY & JOEY BARON >ジム・ホール・トリオ
with スコット・コリー & ジョーイ・バロン 2012 6.3sun.-6.6wed.

リンク http://www.bluenote.co.jp/jp/artist/jim-hall/

6/3 2ndステージ セットリスト
  1. Bag's Groove
  2. My Funny Valentine
  3. In a sentimental mood
  4. What is This Thing Called Love?
  5. Body and Soul
  6. Free Improvisation
  7. St. Thomas

違ってたらすんまそん
Bags’ Grooveは最近はあれだね、坂道のアポロン2話でジャムってたというオタネタとか書いてみる。
ねむいー
気が向いたら感想などかくかも

追記(2012/6/9)

リクエストいただきましたので恐縮ですが6/3 2ndステージのライブレポートというか寝言的なメモを追記。

会場はほぼ満席。サイドの指定席がわりと空いてたがそれ以外は埋まっており、カウンターのほうに立ち見が少々いたような。150人くらいはいたのかね。
ほぼ定刻通り、20時45分すぎにジム・ホール、ジョーイ・バロン、スコット・コリーら出演者が会場の後方から入場。客席の合間をぬってステージにゆるりと歩み行くなか、満場の拍手喝さいで出迎えられる。今回で5回目のジム御大参拝だったわけだが、あんなに盛り上がってた会場・お客さんは初めて見たような気がする。ていうかお客さんに若い人多くね?というわたくしも先達さまからみれば若輩者ですが、あきらかに20代くらいのひとがかなり多くて意外。

演奏の音像は全体的にはJim Hall : Magic Meeting (2004年)みたいな印象。かのアルバムはリズム隊がちょっとドライな雰囲気、かつギターが生音っぽいのが特徴だが、このアルバムでギターだけをウォームにした感じ。ってなにいってんだかわかりませんな!
ギターは全般によかったと思う。1~2曲目と、最後のSt.Thomasはトーンコントロールをいぱいに振り切ってカリカリの硬質にして、3~5曲目はトーンをゆるくして、中域ファットサウンドになっておりこれぞジムおじさまってな音でほっと一安心。この音がえーんだわー。
終わってみれば22時ごろだったので公演時間は1時間ちょっとだろうか。曲数がちょっと少なくソロ回しもふんだんにあるってわけでもなかったので、わりとコンパクトなステージだった印象。加えてこの回はオリジナル曲がなく、アンコールもない。ブルーノートの時間制限とかの理由かと思うけど、あと30分はみたかったな。2008年のビルボードでのライブがボリューム万点だったので、それに比べるとちょっとだけ物足りないかも~。不満はないが若干心残りが。ってなところでございます。

さて1曲目はミルト・ジャクソン(MJQ)のBag's Groove。ジョーイ・バロンがドラムソロで鉄道唱歌(汽笛一声新橋を~)をやり観客の笑いを誘う。ドラムであのフレーズ出すとかどんだけ器用なんだよ!曲がおわったあと、ジムおじさまも負けじと「そのネタはワシがオリジナルじゃ~!ネタとんなぁっ つかセント・トーマスまで待てやっ」とギターで鉄道唱歌の1フレーズをつまびき観客に大いに受けてご満悦。
2曲目My Funny Valentineは3拍子のパターン。よくやる曲ですが3拍子でやってるのはめずらしいかも。
3曲目In a sentimental moodは主メロがベースだった。この曲のおなじみのエンディングのギターソロをやらず、ベースで締める。うーわー残念。いや、ベースもいいですけど。ううむ。
4曲目、コール・ポーターのWhat is This Thing Called Love?をジムおじさんが弾くのは珍しいかも?と思ったら手持ちでは2枚のアルバムで弾いてた。(Ben Webster : At the Renaissance (1960年), Helen Merrill together with Dick Katz : Deep In A Dream (1965年))けっこう速めのテンポでキメが多くちょーカッコエー演奏。わたくしにとってはこの日一番の聴きどころだった。 ジムは関係ないがビル・エバンスのPortrait in Jazz  (Amazon) にも結構速いテンポの演奏が入ってるけど、こんな感じだったかな。
5曲目、Body and soul はジムおじさまによる曲紹介にあったように、美しいバラード。和む。と思いきや途中でテンポアップしてドラムがリムショットとブラシでボサノバのリズムを軽やかたたき出し、軽快なボサアレンジで演奏しはじめて場内は楽しい雰囲気に。最後は元のスローなバラードにもどして終わり。このアレンジはよかったな。
6曲目は即興演奏。無調、無テンポから徐々にマイナーのリズムが出来上がっていき・・・さいごがいきなりおわって消化不足。もうちょっと時間があればもっと展開して盛り上がったのになーと。これも時間不足のためか。
7曲目、おなじみSt.Thomas。お客さんも大喜び。ジムおじさまの変態ソロがけっこうながかった。

喝采で終了したわけだが、最後にジムおじさまがステージで掲げた歩行補助のステッキがなんと電飾仕掛けでピカピカと光ってお客さんもびっくり&大ウケで、おちゃめな一面を垣間見ることができました。

どうでもいいが、実はギターのストラップが最初っから最後まで裏返って、背中につきたったまま演奏していたジムおじさまがとっても愛らしくますます大好きになりました!
以上。寝言でした。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。