スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Jim Hall & Pat Metheny (1999年)[CD]{ライブ録音}

Jim Hall & Pat Metheny

オススメ度

★★★☆☆

所感

2011/10/13追記。Nonesuchレーベルから低価格なCDが2011/11/8に再販されます。

ジム・ホールとパット・メセニーのギターデュオ。ひたすら二人っきりで演奏してます。リリースは1999年ですが、1998年でのニューヨークでのスタジオ録音([Studio Recording]と表示)と、同年のライブ録音が6曲(#2,3,7,8,9,17)混在して収録されています。スタジオ録音は1998年7月30日と31日。ライブ録音は1998年8月1日と2日、ペンシルベニア州のクラブハウスManchester Craftsmen's Guild(外部リンク)での録音。基本的にジム・ホールが左チャンネル、パットメセニーが右チャンネル。ジム・ホールはダキスト1本かとおもうが、メセニーは4種類のギターを投入し、ジム・ホールを尊敬しているというメセニーの気概が伺える。それにしてもメセニーの使用楽器の記述をみると「フレットレス・クラッシク・ギター」とある。フレットレス弾くとかもう楽器の時点でおかしいです(誉)。

演奏内容については、まったりと落ち着いた雰囲気の曲が多い。たった2本のギターで最後 までこんなにも飽きさせないことができるのかという、枯れることの無い曲想にほれぼれいたします。一方、パット・メセニーのファンがいつもの手数の多さを期待して聞いたら、ちょっと控えめな演奏にあれれー?と首を傾げてしまうかもしれない。でも演奏そのものはよい。あくまでメセニー自身のアルバムと比較してってことで。

オススメはジム・ホールの友人でもある故アッティラ・ゾラーの曲#3.The birds and beesの演奏と、ジム・ホールの往年の名曲#17.All Across The City。渋くてよい。Improvisation No.1~5はタイトル通り即興演奏。曲として組みあがっているのもあるし、実験的な変態系もあって好き邦題やってる。

わたくし自身はこのアルバムはかなり好きで、ジャズギターの大御所二人の共演ということでひいき目にみたいが、このシンプルな構成と、落ち着いた雰囲気にどちらのファンでも無い人はちょっと退屈になるのかもしれない・・・てことで辛めの星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Jim Hall & Pat Metheny
アルバム名義
Jim Hall & Pat Metheny
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1998/7/30,31 - 1998/8/1,2
発売元,レーベル
Telarc International Corporation
所有盤
輸入CD
販売元
Telarc International Corporation
CD発売日
1999
規格品番
CD-83442
UPC
089408344220
定価
N/A

曲目

  1. Lookin' Up [Studio Recording]
    作曲
    Jim Hall
  2. All The Things You Are
    作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  3. The Birds And The Bees
    作曲
    Attila Zoller
  4. Improvisation No. 1 [Studio Recording]
    作曲
    Jim Hall,Pat Metheny
  5. Falling Grace [Studio Recording]
    作曲
    Steve Swallow
  6. Ballad Z [Studio Recording]
    作曲
    Pat Metheny, arranged by Gil Goldstein
  7. Summertime
    作曲
    Du Bose Heyward,George Gershwin,Ira Gershwin
  8. Farmer's Trust
    作曲
    Pat Metheny
  9. Cold Spring
    作曲
    Jim Hall
  10. Improvisation No. 2 [Studio Recording]
    作曲
    Jim Hall,Pat Metheny
  11. Into The Dream [Studio Recording]
    作曲
    Pat Metheny
  12. Don't Forget [Studio Recording]
    作曲
    Pat Metheny
  13. Improvisation No. 3 [Studio Recording]
    作曲
    Jim Hall,Pat Metheny
  14. Waiting To Dance [Studio Recording]
    作曲
    Jim Hall
  15. Improvisation No. 4 [Studio Recording]
    作曲
    Jim Hall,Pat Metheny
  16. Improvisation No. 5 [Studio Recording]
    作曲
    Jim Hall,Pat Metheny
  17. All Across The City
    作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
electric guitar
Pat Metheny
electric guitar,accoustic guitar,fletless classical guitar,42-strings guitar
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Telarc 録音.ライブ録音 共演者.PatMetheny 演奏編成.デュオ・ギターとギター

拍手する

Folk Jazz : Bill Smith (1959年)[CD]

Bill Smith Folk Jazz

オススメ度

★★★☆☆

所感

クラリネット奏者ビル・スミスのリーダー作、カルテット編成。タイトルのフォークジャズが示すとおり、いわゆるイギリスやアメリカのフォークソング(民謡)をジャズアレンジしたアルバム。地味と思いきや、意外と明るく楽しげでよい。ビル・スミスはよく知らないのですが調べてみると、ジュリアード音楽院に通い、カリフォルニア大学バークレー校で作曲の勉強をしたりとさまざまな学校に 行ったり学位を取得したりとかなりの勉強好きで努力家みたいです。クラッシク音楽にも精通する彼のアイドルはベニー・グッドマンてことで、楽しげなダンス パーティ向けのジャズが繰り広げられる、そんなアルバム。
ジム・ホールがギター、シェリー・マンがドラム。ベースのモンティ・バドウィッグってわからんなーと思ったら、ビル・エバンス/シェリー・マンとトリオでアルバムを残してたりするんだね。
ジム・ホールのギターはソロがかなり多くて満足。ジムファンにはまぁまぁおすすめ。しかし全体的にいまひとつパンチがたりないかなーってことで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(英題)
Folk Jazz
アルバム名義(英語表記)
Bill Smith Quartet
収録年
 #3,5,6,9,-12 1959/2/16 ; #1,2,4,7,8 1959/11/24,Contemporary's studio,Los Angels
オリジナルレコード レーベル
Contemporary M359, S7591
所有盤
輸入CD
CD発売元
Contemporary Records(Fantasy Inc)
CD発売日
2003/4/22
規格品番
OJCCD-1956-2(S-7591)
UPC
025218195621
定価
N/A

曲目

  1. A-Roving
    作曲
    A street tune  in early 17th-century England;believed to be the oldest capstan chantey
  2. Greensleeves
    作曲
    Brought to Colonial America from England
  3. Nobody Knows The Trouble I've Seen
    作曲
    A spiritual
  4. John Henry
    作曲
    American steeldriller's work song
  5. Wayfaring Stranger
    作曲
    Possibly sung as early as the Revolutionary War
  6. Three Blind Mice
    作曲
    Traditional
  7. Go Down, Moses
    作曲
    A spiritual,originally with anti-slavery words
  8. Blow The Man Down
    作曲
    A halyard chantey
  9. Black Is The Color Of My True Love's Hair
    作曲
    Early English folk song
  10. Reuben, Reuben
    作曲
    James Van Heusen/Johnny Burke
  11. Nobody Knows The Trouble I've Seen (Alt. Take 1)
    作曲
    (Bonus Track)
  12. Reuben, Reuben (Alt. Take 14)
    作曲
    (Bonus Track)

演奏者:#1-11

Bill Smith
clarinet
Jim Hall
guitar
Monty Budwig
bass
Shelly Manne
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Contemporary 共演者.BillSmith 共演者.ShellyManne

拍手する
プロフィール

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。