ビル・フリゼール、ロン・カーター & ジョーイ・バロンの来日ライブ[雑記]

ジム・ホールは関係ありませんが、ジム・ホールに縁深い3人(BILL FRISELL, RON CARTER & JOEY BARON/ビル・フリゼール、ロン・カーター & ジョーイ・バロン) がトリオ編成で来日しライブがあるのでメモ。

ジムおじさんがあと10歳、いや15歳若ければ飛び入りとかあったかもしれないのになー。無いか。以下、関連アルバムのリンク。

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する

ジム・ホール / ライブ・イン・トーキョー~完全版~(1976年)[CD]{ライブ録音}

Jim Hall And Live In Tokyo Comolete Version

オススメ度

★★★★★

所感


Jim Hall Live In Tokyo LP
写真はCDジャケット裏面
にある JIM HALL
LIV IN TOKYO
(GP-3513)の
LPレコードジャケット。

(追記) 2015/12/9にCD再発されました。(記事はこちら。サイト内リンク) 以下は2010年の記述。

「ジム・ホール / ライブ・イン・トーキョー~完全版~」の単品CDを最近になってやっとこさ査収しました。このアルバムは1976年にジム・ホールが来日コンサートを行ったときのライブ音源です。「Jazz Impressions Of Japan & Live In Tokyo(無言歌&ライブ・イン・トーキョー)」(2001年)は持っていたのですが、この完全版は持っていなかったのです。完全版では、前述のCDには未収録だった曲「Secret Love」を収録しており大満足。これでやっと「ライブ・イン・トーキョー」の全容を補完。内容もよく星5つ。廃盤のため今となっては入手困難なCDですが、ジムファンならぜひ納めておきたい1枚。

このCDが完全版と銘打っている理由をライナーノーツより引用させていただきます。

ジム・ホール・トリオが76年来日時のライブ録音がコンプリートな形でCD化された。なにをもって完全版というのか、まずそのところを説明しておこう。当初発売のLP(GP-3513)は5曲入り、「アランフェス協奏曲」は未収録だった。この曲は前年、75年にCTIに録音したばかりで、向う5年間は別の アルバムに収録しない契約になっていたのだそうだ。そして5年後の80年に再発されたLP(GP-3217)には「アランフェス協奏曲」追加されたが、そ のかわりに「シークレット・ラブ」がカットされてしまった。したがって、これまで2枚のLPを持っていないと全6曲が揃わなかったものだが、それらをまと めたのが今回のCDというわけである。

以上、完結な説明ですな。

  • 補足1:最初のLP(GP-3513)は1977年に発売し、ジャケットはジム・ホール本人の写真を使用している(本稿にある小さい画像のもの)。
  • 補足2:再発LP(GP-3217)は1980年に発売。1980年にジム・ホール・トリオでの来日コンサートを記念して発売したもので、ジャケットは変更され、ジム・ホールを描いたイラストとなっており、CD「ライブ・イン・トーキョー~完全版~」のジャケットは再発LPのジャケットです。このジムを描いたイラストレーターはFujiyama Toshioとのことですが有名なのか無名なのかわかりませーん。
  • 「Jazz Impressions Of Japan(無言歌)」はArtistShareで全曲ダウンロード購入でき、ボーナストラックとして「ライブ・イン・トーキョー」からの未発表音源「LuLu's Back In Town」を入手できます。購入リンクはこちら(海外サイトになります。購入などは自己責任でお願いします)

このアルバムは1976年のライブ音源ってことですが、近い時期のライブアルバムに「LIVE!」(1975年)があります。メンバーが同じで同じ楽器のトリオ編成で時間もあいていないのに「LIVE!」(カナダでのライブ録音)と「ライブ・イン・トーキョー」(東京でのライブ録音)の両者はだいぶ雰囲気が違っていて聞き比べると面白いです。「LIVE! 」はどこか憂いを秘めているドジャズーな内容ですが、「ライブ・イン・トーキョー」は陽気で明るく元気な内容。以前は「LIVE!」のほうが断然好みでした。とにかくカッコいいし、ジャズギターの演奏テクニックも傑出しているアルバムなので。それに比べるとライブ・イン・トーキョーはどこか物足りない、というか明るすぎる内容であまり好きではなかったけど、今はそんなことなくこっちも結構好きになったです。ライブ・イン・トーキョーは疲れてるときに聴くと元気になります。車の中でもよく聴きますー。

詳細

アルバムタイトル(英題)
LIVE IN TOKYO-Complete Version
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
ライブ・イン・トーキョー~完全版~
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1976/10/28 東京・中野サンプラザ・ホール
発売元,レーベル
Paddle Wheel(キングレコードのレーベル)
所有盤
国内版CD
CD発売元
キングレコード株式会社
国内CD発売日
1997/7/2
規格品番
KICJ-8239
JAN
4988003200787
定価
1,800円(税込)
備考
上記は1997年の再発CDのデータ。初CD化は以下の通りタ。発売日:1991/9/21;規格品番:KICJ-62,
価格:2,825円(税込) JAN:4988003109271

曲目

  1. Billie's Bounce
    作曲
    Charlie Parker
  2. Twister
    作曲
    Jim Hall,Terry Clarke
  3. Secret Love
    作曲
    Sammy Fain,Paul Francis Webster
  4. Concierto De Aranjuez
    作曲
    Joaquin Rodorigo
  5. Chelsea Bridge
    作曲
    Billy Strayhorn
  6. St. Thomas
    作曲
    Sonny Rollins

演奏者

Jim Hall
guitar
Don Thompson
bass
Terry Clarke
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.PaddleWheel 録音.ライブ録音 共演者.TerryClarke 共演者.DonThompson

拍手する

The Gary Mcfarland Orchestra (1963年)[CD]

The Gary Mcfarland Orchestra

オススメ度

★★☆☆☆

所感

ヴィブラフォン奏者、アレンジャーのゲイリー・マクファーランドによる、ストリングスを交えたコンボ編成のアルバム。ジャズというよりは完全に編曲で作りこんだイージーリスニングっぽい楽曲。彼が全曲作曲しているが、どれもボサとジャズの中間みたいな激しくもなく、バラッドでもないゆったりするような曲です。ヴィヴラフォンによるちょっとこじゃれた、落ち着いたBGMみたいな曲だけど、オシャレだけでなく全体的にどこか物悲しさを感じる曲が多いかなぁ。ゲイリー・マクファーランドって知らなかったが、調べると「ラウンジ系」などと評されており一部の界隈では有名・・・なのかな?彼は自身の楽器の演奏よりも、新しいタイプの曲作りやアレンジに関心があったらしい。

ジム・ホールがらみではこの他に「Stan Getz : Big Band Bossa Nova (1962年)」と「Nancy Harrow : You Never Know (1962年)」でアレンジャーおよび指揮者として共演している(共演というのかわからんが)。

本アルバムでは華々しくビル・エヴァンスの名を関していますが、あくまで主役はゲイリー・マクファーランドのヴィヴラフォン。ビルのピアノはわりと鳴ってますがそんなに主張の強い演奏でもなく(でも聴けばビルだな~っというスタイルだけど)、ジム・ホールともなれば#1、#3、#5の3曲でちょろちょろとソロやバッキングを弾いているのみです。アルバム全体としては可もなく不可もなくってとこですが、ジムおじさん度が足りないなーってことで星2つ。マニアアイテムでございます。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
The Gary Mcfarland Orchestra Special Guest Sploist Bill Evans
アルバム名義
The Gary Mcfarland Orchestra
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1962/12/18,1963/1/24 at webster hall ,NYC
オリジナルレーベル
Verve Records
CD発売元,レーベル
Cherry Red Rcords
CD発売日
2005/10/31
規格品番
Five Four 3
EAN
5013929310322
定価
N/A

曲目

  1. Reflections In The Park
    作曲
    Gary Mcfarland
  2. Night Images
    作曲
    Gary Mcfarland
  3. Tree Patterns
    作曲
    Gary Mcfarland
  4. Peachtree
    作曲
    Gary Mcfarland
  5. Misplaced Cowpoke
    作曲
    Gary Mcfarland
  6. A Moment Alone
    作曲
    Gary Mcfarland

演奏者

Gary Mcfarland
vibraphone,arranger,conductor
Bill Evans
piano
Jim Hall
guitar
Richard Davis
bass
Ed Shaughnessy
drums
Spencer Sinatra
alto saxophone, flute
Julian Barber
viola
Allan Goldberg
viola
Aaron Juvelier
cello
Joseph Tekula
cello

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Verve 共演者.GaryMcfarland 共演者.BillEvans

拍手する

Jim Hall And Joey Baron : Conversations (2010年)[CD]

Jim Hall And Joey Baron : Conversations

オススメ度

★★★☆☆

所感

ジム・ホールのギターとジョーイ・バロンのドラムによるデュオアルバム。ジムおじさまの2010年最新のアルバムが遂にきたーッ!と咆哮するのもつかの間、このアルバムはポップス、ロック、歌謡曲に汚染された私の耳への試練だと痛感しジム・ホールへの熱が試される1枚だと認識して激しく眩暈。初心者厳禁、近づくと火傷するぜ・・・。そんな1枚。

Jim Hall And Joey Baron : Conversations 1
写真はCD版
Conversations
Jim Hall And Joey Baron : Conversations 2
紙ジャケット仕様。
その内側。

15曲も収録されているが、よくやるジャズスタンダードがほとんどなく、わかりやすい曲は、#1.Bag's Groove、#8.Uncle Ed、#13.St. Thomasくらい。Uncle EdはDialogues(1995年)以来でめずらしい選曲かなと。残りの大半は1分~2分のインプロヴィゼーション(即興曲)で占められている。即興曲では、ドラムは通常のバスドラとスネアを使ったリズム楽器的な演奏よりも、リズムは刻まずにシンバルなどの金物系を多めにしたエフェクト(効果音)のような使い方が多い。一般的な曲というよりは、サウンドトラックうや環境音楽という印象を受ける楽曲になっている。まさしく楽器を経由した二人の会話(Conversations)を収録したということか。とにかくジムの過去のアルバムの、特に90年代以降の分かりにくくとっつきにくい部分が 8割を占めているアルバムですよー。

だがしかし!そこがいい。生き神のジムおじさまの境地はジャズがどうとかギターがどうとかいう域を越えて 深遠で神々しくすらあり、無我になってただありのままの音を鼓膜で受け止めるしかございません。てことで初心者にはまずオススメできない1枚であり、ジム ファンにもなかなか厳しい一枚ってことで星2つくらいにしてしまいそうだったが、そこは私個人のジムおじさま大好き補正で星3つ。

録音はかなり良好で、ギターの細かい音色の分け方や胴鳴りの雰囲気がかなりリアルに聴こえます。あと、ジムおじさんのアルバムで最近よく入ってた弾きながら歌ってた鼻歌がほとんど録音されていないので、どっちかというとアンプ側の収録を中心にしたと思う。鼻歌が多いとうるさいけど、無ければないで寂しいものですね(笑)。

その他雑感
USAからUPSでCD版Conversationsが着荷。11/2発送で11/5着。思ってたより速い。それにしても先行ダウンロードのmp3で聴いた内容が内容だったので、CDはきっと違うだろうと勝手に思ってたら、CD版も同じだったよとほー。ジャケットに名前が入る特典があるBronzeコースのオーダーをした日本人の方がいるみたいですね・・・インナーに名前が入っているよ。いーなー。$150なら・・・うー

  • 外部リンク:Artist Share (mp3版、CD購入が可能。どちらも収録曲は同じ)

詳細

アルバムタイトル(原題)
Conversations
アルバム名義
Jim Hall & Joey Baron
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
2010/5/2,2010/9/2 at Avatar Studios,NYC
発売元,レーベル
artistShare
所有盤
輸入CD
販売元
artistShare http://www.artistshare.com/
CD発売日
2010/10/31,(mp3 Down load ;2010/9/30)
規格品番
AS0111
UPC
N/A
定価
レーベル直販CD:$18.95,mp3:$12.95

曲目

  1. Bag's Groove
    作曲
    Milto Jackson
    Time
    2:05
  2. Reinhardt
    作曲
    Jim Hall and Joey Baron
    Time
    1:21
  3. Pollock
    作曲
    Jim Hall and Joey Baron
    Time
    1:01
  4. Conversations
    作曲
    Jim Hall and Joey Baron
    Time
    4:55
  5. Ballad Painting
    作曲
    Jim Hall and Joey Baron
    Time
    5:15
  6. What If?
    作曲
    Jim Hall and Joey Baron
    Time
    6:10
  7. In Repose
    作曲
    Jim Hall and Joey Baron
    Time
    1:19
  8. Uncle Ed
    作曲
    Jim Hall
    Time
    0:48
  9. Safari
    作曲
    Jim Hall,Bill Frisell
    Time
    4:55
  10. Monet
    作曲
    Jim Hall and Joey Baron
    Time
    1:00
  11. Travelogue
    作曲
    Jim Hall and Joey Baron
    Time
    9:09
  12. At Sea
    作曲
    Jim Hall and Joey Baron
    Time
    1:52
  13. St. Thomas
    作曲
    Sonny Rollins
    Time
    2:44
  14. Pocketful Of Change
    作曲
    Joey Baron
    Time
    1:52
  15. Time
    作曲
    Jim Hall and Joey Baron
    Time
    5:33

演奏者

Jim Hall
guitar
Joey Baron
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.ArtistShare 共演者.JoeyBaron

拍手する

Ella In Hollywood (1961年)[CD]{ライブ録音}※Jim Hallではない疑いあり

Ella In Hollywood

オススメ度

(ジム・ホール度測定不能)

所感

女性ジャズシンガー、エラ・フィッツジェラルドの歌モノのアルバムで、ロサンジェルスのナイトクラブ「ザ・クレッセンド」でのライブ録音。
エラとジム・ホールの共演音源ってMack The Knife - Ella In Berlinだけじゃなかったのかーっと垂涎入手したのだがこれがまたライナーノーツを見ると驚愕の記述があり愕然。
ジャケットにはギターがジム・ホールと記述しているが、実はハーブ・エリスの疑いがあることが判明。

(CDのライナーノーツ引用)
オリジナル・アルバムのライナー・ノーツでは、ギターは、ジム・ホールになっているが他のディスコグラフィーでは、ハーブ・エリスになっている。多分、ハーブ・エリスが正解だろう(監修者註:ミッシェル・ルプリのTHE CLEF / VERVE LABELS A Discography VOL.1ではジム・ホールとしている)

てことで疑惑の1枚。 要するにライナーノーツの筆者・解説者である高田敬三氏はハーブ・エリスだろうと推測しているのだが、CDの販売元は別の論拠を持ち出して「ジム・ホールと記述があるのだからジャケットにはジム・ホールと書いてるんだからねッ」と二分した意見が掲載されているのだ。まったく困ったアルバムじゃよとほーっ。
追記(2010/11/8)
Wikipedia(ENG)ではやっぱギターはハーブ・エリスになっている。

わたくしとしては、このライナーノーツを読む前に曲を聴きだしたのだが、ジム・ホールにしてはギターの音色が明るすぎるなと感じていた。しかし1961年ごろはまだジム独特の音が確立してなかったし・・・と感想を抱いていた。このライナーノーツを読んだあとに聴き返すと、当時のジムにしてはギターの音が太いなとか、グリッサンド(スライド)時のアクセントがジムにしてはアクが強いな、などと感じて疑念を強めてしまった。 まったくもって困ったことですよー くっそー ジャケットにちゃんと「【お断り】 これはハーブ・エリスおじちゃんかもしれません ごめんねお兄ちゃん てへッ」と書いとけ うがーッ

・・・せっかくなのでアルバム感想。内容としてはエラ好きなら満足ってとこでしょうか。エラ・イン・ベイルリンはハイテンションな曲が多くパワーで押し切っているのですが、エラ・イン・ハリウッドはミドルテンポの曲も少し増えて緩急抑揚のバランスがよいかんじです。あと、スキャットが多め。ドゥビドュバーッっと明るく陽気にドライブしたいときのBGMなんぞにいかがでしょうか。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
 Ella In Hollywood
アルバム名義
Ella Fitzgerald
アルバムタイトル(邦題)
エラ・イン・ハリウッド
アーティスト表記(日本語表記)
エラ・フィッツジェラルド
収録年
1961/5/11.1961/5/21
発売元,レーベル
Original LP:Verve Recoeds
所有盤
国内CD
CD販売元
ユニバーサルミュージック株式会社
CD発売日
2004/12/1
規格品番
UCCV-9202
JAN
4988005371454
定価
2,345円(税込)

曲目

  1. This Could Be The Start Of Something Big
    作曲
    music:Steve Allen
  2. I've Got The World On A String
    作曲
    music:Harold Arlen,lyrics:Ted Koehler
  3. You're Driving Me Crazy
    作曲
    music:Walter Donaldson
  4. Just In Time
    作曲
    music:Jule Styne,lyrics:Betty Comden,Adolph Green
  5. It Might As Well Be Spring
    作曲
    music:Richard Rodgers, lyrics:Oscar Hammerstein II
  6. Take The "A" Train
    作曲
    music:Billy Strayhorn
  7. Stairway To The Stars
    作曲
    music:Matty Malneck,Frank Signorelli, lyrics:Mitchell Parish
  8. Mr. Paganini
    作曲
    music & lyrics:Sam Coslow
  9. Satin Doll
    作曲
    music:Duke Ellington,Billy Strayhorn, lyrics:Johnny Mercer
  10. Blue Moon
    作曲
    music:Richard Rodgers, lyrics:Lorenz Hart
  11. Baby Won't You Please Come Home
    作曲
    music & lyrics:Charles Warfield,Clarence Williams
  12. Air Mail Special
    作曲
    music:Charles B. Christian,Jim Mundy,Benny Goodman

演奏者

Ella Fitzgerald
vocal
Lou Levy
piano
Jim Hall (Notice :Maybe, Guitarist is "Herb Ellis" )
guitar
Wilfred Middlebrooks
bass
Gus Johnson
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Verve 共演者.EllaFitzgerald 録音.ライブ

拍手する

ジム・ホール新譜CD版「Conversations」出荷案内キター

出荷案内メールやっときたー 以下引用
Subject:Order shipped from ArtistShare
From:ArtistShare
Shipping Your order was shipped to you directly from ArtistShare on 11/01/2010 via U.S. Postal Service First-Class International to the following address: XXXX
Thank you! The ArtistShare Team
到着は2週間後くらいかね・・・

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ