Jim Hall Quartet Jazz Baltica 2005

久々動画ネタ。以下はドイツのジャズフェスティバルであるJazz Baltica 2005にジム・ホールが出演したときの映像。フェスティバルは6月末ごろから7月3日にかけて催されたようだが、動画にあるジム・ホール・カルテットでの出演はパンフレットによると2005年7月3日の20時の出演時の映像のようだ。
動画のカルテットの面子は以下の通り。

  • Jim Hall :guitar
  • Geoffrey Keezer :piano
  • Steve LaSpina :bass
  • Terry Clarke :drums

なお、パンフレットによると、同日14時のプログラムではDon Friedman(ドン・フリードマン、ジャズピアノ)の70歳の誕生祝いのコンサートにもジム・ホールは出演しているようだ。Jim Hall, Joe Lovano, George Mraz & Lewis Nash と記載があり、この4人はジム・ホールの別プロジェクトであるGrand Slamのメンバーなので、Grand Slamとして出演したと思われる。この日はジムファンには至福の一日だっただろう。
(2016/7/16 追記)
Don Friedmanとジム・ホール競演の動画はこっち

外部リンク:http://www.jazzbaltica.de/de
外部リンク(PDF):http://www.x-at-once.de/xatoncemanager/675370ProgrammJazzBaltica2005.pdf

Jim Hall Quartet - "Furnished Flats"


スポンサーサイト

テーマ : YouTube動画
ジャンル : 音楽

tag : 共演者.SteveLaSpina 共演者.GeoffreyKeezer 共演者.TerryClarke

拍手する

ジム・ホール新譜CD版「Conversations」は10月31日出荷に延期

2010年10月22日(日本時間)に配信されたArtistShareからのダイレクトメールを確認したところ、ジム・ホール(Jim Hall)とジョーイ・バロン(Joey Baron)による新譜CDの出荷が再度延期して10月31日出荷に変更されていた。アルバムタイトルは「Conversations」の模様。ジャケットらしき画像も公開されている。

実はCD注文者は9月30日から同アルバムの320kbpsのmp3版ダウンロードができるようになっている。 てことで10月頭頃にダウンロードして聞いてみた。 曲は15トラックもあるのだが、そのうち10トラックは1分くらいのインプロヴァイゼーション(即興曲)なので、これはデモサンプルなのか作品としての最終テイクなのかが判断がつかない状況。 うおーこれと同じ状態のがCDだったらどうしようあばばばば。 そういやベースとかも加わって録音するとかいってたのにダウンロード音源はジム(ギター)とジョーイ(ドラム)しかいないし・・・ビル・フルゼールのときみたいに2CDになるのかしらん。 まー気長に待つよう。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ