スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

日野皓正 : TRANS-BLUE (1985年)[CD]

日野皓正 : TRANS-BLUE

オススメ度

★★★☆☆

所感

日本を代表するジャズ・トランペット奏者、日野皓正のアルバム(本作品ではコルネットも演奏)。アレンジは作曲、編曲、音楽プロデュースなど多彩な音楽活動をする佐藤允彦(公式サイト / サイト内の仕事履歴にほ本作品のデータ)。全曲ジャズ・バラード。そしてすべて豪華ストリングスのバッキングつき。こうした大仰なストリングスアレンジはともするとあつかましくいつまでも聴いていると飽き飽きしてくるものだが、時には艶やかさ、時には哀愁を帯び、あくまでメインの渋い渋いトランペットをそっと支えて演出する手段として用いられており、それほど嫌味が感じられない効果的なアレンジとなっている。アドリブ演奏を楽しむようなアルバムではなく、ある程度作りこまれた完成美を楽しむような内容かもしれない。2007年マスタリングてことで、オーディオ的にはすんげー音の分離がよい。ズドンとぶれずに中央から聴こえてくるトランペット、それに寄り添う各楽器が個別に、立体的に聞こえてきて、こぎれいながらも生々しい演奏が楽しめる。#1、#6はなぜかボーカルもの。ドラムのグラディ・テイトが歌っているとのことだが、ダンディなテナーボイスを聞かせてくれる。たまにはボーカルもいいかな、などと思う。なお、オリジナルのLPに#8はなく、CDにのみ収録されている模様。

われらがジム・ホールは#1~#8の8曲、ほぼすべて演奏している。とはいってもやはり主役は日野皓正ってことで、バッキングがメイン。#3.では若干ギターソロ、#6はイントロでギターとボーカルのみの弾き語りスタイルではじまる、などちょーっぴりですがジムが目立つ箇所もあり。1984年ごろてことで、時期的にはアルバム「スタジオ・トリエステ(1982年)」に近く、ギターの音もそんな感じかな。録音環境のせいかもしれないけど70年代の音よりもちょっと今風というか抜けがよくモダンな感じ。でもやはり聴けばわかる、ジムのトーンで素敵。アルバムとしてはちょっと懐かしい80年代邦画のサントラみたいなかんじでなかなかよいですが、ジム・ホールの目立ち度を考慮して星3つ。でもほぼ全曲弾いてるのでマニアなら抑えておきたい1枚かもしれない。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
TRANS-BLUE
アルバム名義
TERUMASA HINO with Strings
アルバムタイトル(邦題)
トランス・ブルー
アーティスト表記(日本語表記)
日野皓正
収録年
1984/11,1984/12(Tokyo),1985/1(New York)
発売元,レーベル
Original LP:CBS SONY 28AH 1835
所有盤
国内CD
CD販売元
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(Sony Music Japan International Inc.)
CD発売日
2007/6/20
規格品番
SICP 10041
JAN
4547366030068
定価
2,730円

曲目

  1. My Funny Valentine
    作曲
    music:Richard Rodgers, lyrics:Lorenz Hart
  2. Alone,Alone And Alone
    作曲
    Terumasa Hino
  3. Black Orpheus
    作曲
    Luiz Bonfá
  4. My One And Only Love
    作曲
    music:Guy Wood, lyrics:Robert Mellin
  5. Green Sleeves
    作曲
    P.D.(tradditional)
  6. But Beautiful
    作曲
    music:Jimmy Van Heusen, lyrics:Johnny Burke
  7. Nature Boy
    作曲
    Eden Ahbez
  8. Hold My Hand
    作曲
    Jack Lawrence , Richard Myers
  9. Lush Life
    作曲
    Billy Strayhorn

演奏者

Termasa Hino (日野皓正)
trumpet,cornet
Masahiko Satoh (佐藤允彦)
arranger
Grady Tate
drums,vocal
Eddie Gomez
bass
Kenny Kirkland
acoustic piano
Jim Hall
guitar
Other
strings section
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 共演者.日野皓正 レーベル.SonyMusic

拍手する

Ornette Coleman : Broken Shadows (1971-1972年)[CD]

Ornettte Coleman : Broken Shadows

オススメ度

★★☆☆☆

所感

フリー・ジャズの開祖と呼ばれるオーネット・コールマン(アルトサックス)の未発表音源集。#1~#5はアルバム「サイエンス・フィクション」(1971年9月録音)の未発表音源で、#6~8は1972年9月のセッションからの美発表音源。1982年に発売されたLPをCD化したもの。オーネット・コールマンの名は聞いたことがあるなーってくらいで楽曲はこれまでしらなかった。その宣伝文句たるや「ハーモロディックという音楽的手法を取り入れ」だのなんだのと大仰で、聞く前からいささか及び腰でしたが、まぁ普通に聴ける変態系です。1曲にドラムが2人とか、ふつーに変態!素敵。1970年代の当時を考慮すると衝撃的な曲たちだったかもしれないが、今聞くとこういうのもあるよねーと、ある程度ききやすさも考慮されたちょいトンがったジャズってかんじです。まぁきくひとの音楽嗜好や経験にもよりますが。

はてさてジム・ホールは#7.Good Girl Bluesと#8.Is It Foreverの2曲のみに参加。しかも狙ったようにアルバムでこの2曲だけなぜか男性ボーカルもの。ギターは#7ではバッキングのみ、#8もほぼバッキングです。てことで残念ながら星2つ!毎度ですがアルバム全体のレベルは高くよいかと思いますがジムおじさん目当てならってことでの評価です。マニアアイテム度90%の1枚です。#7ははやめのテンポで軽快なランニングベースが印象的なナンバー。ギターがちょっとブルースロック的な演奏をしており、この時期のジムにしては珍しいスタイルかと思う。#8はバラード。イントロの数秒だけジムのギターによるイントロがきけてそれだけでもう満足・・・!するしかないです。ジム・ホールのギターの音色が1975年の代表作「アランフェス協奏曲」時のの音に近づいており、1970年代には、彼独特のギターの音作りは完成の域に達していたことが伺える。あと、24bitマスタリングてことで、CDの音はよい。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
Broken Shadows
アルバム名義
Ornette Coleman
アルバムタイトル(邦題)
ブロークン・シャドウズ
アーティスト表記(日本語表記)
オーネット・コールマン
収録年
1972/9(#1-5),1972/9(#6-9)
発売元,レーベル
Original LP:Columbia FC 38029
所有盤
国内CD
CD販売元
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(Sony Music Japan International Inc.)
CD発売日
2006/3/1
規格品番
SICP1041
JAN
4547366024265
定価
1,890円

曲目

  1. Happy House
    作曲
    Ornette Coleman
  2. Elizabeth
    作曲
    Ornette Coleman
  3. School Work
    作曲
    Ornette Coleman
  4. Country Town Blues
    作曲
    Ornette Coleman
  5. Broken Shadows
    作曲
    Ornette Coleman
  6. Rubber Gloves
    作曲
    Ornette Coleman
  7. Good Girl Blues
    作曲
    Ornette Coleman
  8. Is It Forever
    作曲
    Ornette Coleman

演奏者

Ornette Coleman
alto sax
Dewey Redman
tenor sax
Don Cherry
pocket trumpet
Bobby Bradford
trumpet
Charlie Haden
bass
Ed Blackwell
drums
Billy Higgins
drums
Cedar Walton
piano
Jim Hall
guitar (on tracks 7,8)
Webster Armstrong
vocal (on tracks 7,8)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 共演者.OrnetteColeman レーベル.SonyMusic 共演者.CharlieHaden

拍手する
プロフィール

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。