スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Jazz Casual Art Farmer & Jim Hall (1964年)[DVD]

Art FarmerJim Hall Jazz Casual DVD

オススメ度

★★★☆☆

所感

ジム・ホールが1960年代前半にアート・ファーマーとダブルヘッダー(*)の変則バンドを組んでいた頃に、ア メリカのTV番組「Ralph Gleason's Jazz Casual」に出演した時の映像をDVD化したもの。これのVHSビデオを持っていたのだが、デッキは廃棄という事情からDVDを査収。ひさびさに見たよ~。てことでVHS版と内容は同じなので感想などはそちらを。(*2人がソロイストになる「双頭」の意味)

Ralph Gleason's Jazz CasualシリーズのDVDは2組のアーティストを1本に収録する仕様となっている。このDVDではジェリー・マリガン(バリトン・サックスとピアノ)の出演回(1962年)とアート・ファーマーの出演回(1964年)を収録。

ジム・ホールとアート・ファーマーが2人してジェリー・マリガンのリーダー作でジャズの名盤であるNight Lights(1963年)に参加しており、ファンとしては興味深く見ることができる。マリガンのカルテットに参加しているボブ・ブルックマイヤー(トロンボーン)とジム・ホールは1950年代後半にジミー・ジュフリーとトリオを組んでいたことがあり、古くから交友がある。また、二人のデュオアルバムLive at the North Sea Jazz Festival(1979年)もリリースされている。

内部リンク:Jazz Casual : Art Farmer Quartet (1964年)[VHS]
外部リンク:Ralph Gleason's Jazz Casual Web Site ビデオの発売元
外部リンク:Disconforme Jazz CasualシリーズのDVD販売元
外部リンク:The Complete Jazz Casual Series Jazz CasualシリーズのDVD BOXセット紹介。DVD8枚組みだそうで・・・。こことかだと$114.95

詳細

メディア
DVD
DVD タイトル(原題)
Ralph Gleason's Jazz Casual
名義
Gerry Mulligan Quartet / Art Farmer & Jim Hall
収録年
Gerry Mulligan:1962/6/18,  Art Farmer & Jim Hall:1964/1/10
発売元,レーベル
IEFOR FILMES / http://www.disconforme.com/
販売元
IDEM HOME VIDEO
発売日
N/A
規格品番
IDVD1001
EAN
8436017760019
定価
N/A

曲目:Gerry Mulligan Quartet

  1. Four For Three
    作曲
    Gerry Mulligan
  2. Darn That Dream
    作曲
    Eddie DeLange;James Van Heusen
  3. Open Country
    作曲
    Bob Brookmeyer
  4. Utter Chaos
    作曲
    Gerry Mulligan

演奏者:

Gerry Mulligan Quartet

Gerry Mulligan
piano,baritone sax
Bob Brookmeyer
trombone
Wyatt Ruther
bass
Gus Johnso
drums

曲目:Art Farmer & Jim Hall

  1. Change Partners
    作曲
    Irving Berlin
  2. Sometime Ago
    作曲
    Sergio Mihanovich
  3. My Kinda Love(One Way To Paradise)
    作曲
    Jo'Trent,Louis Alter
  4. My Little Suade Shoes
    作曲
    Charlie Parker
  5. Bag's Groove
    作曲
    Milt Jackson

演奏者:Art Farmer & Jim Hall

Art Farmer
flugelhorn
Jim Hall
guitar
Steve Swallow
bass
Walter Perkins
drums
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.カルテット 共演者.ArtFarmer

拍手する

Kronos Quartet : Music Of Bill Evans (1985年)[CD]

Krinos Quartet : Music Of Bill Evans

オススメ度

★★★☆☆

所感

アメリカの弦楽四重奏団のクロノス・クァルテットがジャズピアニストであるビル・エヴァンスの曲をヴァイオリンなどによる室内音楽風にアレンジしたアルバム。クロノス・クァルテットってこれまでまったく知りませんでしたが、その筋では?知名度があるらしい。ジャズのストリングスアレンジというとどうにも偏見でいただけない先入観をもってしまうが、このアルバムに関してはジャズの風味をいかしつつ美しい弦の編曲がなされており、特に違和感なく聴けた。ただしジム・ホールの参加が3曲のみで、美しい演奏ながらもそれほど派手でもないため控えめの星3つ。

ゲストにビル・エヴァンスのトリオでベース奏者であったエディ・ゴメスが1~3曲目に、エヴァンスと何度か共演したギターのジム・ホールが5~7曲目に参加している。

エディ・ゴメスはビル・エヴァンス・トリオのベースとして1966年から1978年まで活動し、エヴァンスの60年代~70年代を支えた人物。ジム・ホールは当サイトでも掲載している通り、エヴァンスとの連名でピアノとギターのデュオアルバムを2枚、エヴァンスのリーダーアルバムに2枚ほど参加している。

ジム・ホールのギターの音色が楽曲の編成を考慮してか、1980年代の彼のギターの音の特徴である中低音の利いたアンプの音ではなく、生音を多めに拾ったと思われるアコースティックな音作りになっている。なんといっても興味深いのは#7.Turn Out The Starsの選曲。この美しくも切なさに満ちたバラードはビル・エヴァンスとジム・ホールの共演アルバムIntermodulation(1966年)で演奏されており、ジムは20年ぶりに録音のための演奏をしたこととなる。エヴァンスは1980年に既に他界しており、ジム・ホールがどのような心境でこの曲を演奏したのであろうか。などと詮無いことを考えたりします。

ちょっと脱線。ジム・ホールは後年になって自身のリーダー作By Arrangement(1998年)でエヴァンスの代表曲であるWaltz for Debby(ワルツ・フォー・デビイ)を選曲していることからも、ビル・エヴァンスに敬意を表していることが伺える。ちなみにそのアレンジでは旋律を歌唱隊の歌声にするという、ジャズギタリストにしては大胆なアレンジをしている。By Arrangement にあるジム・ホールの養女デブラのライナーノーツによると、この歌唱アレンジに至った経緯は、ビル・エヴァンスの曲に歌詞をつけてボーカルアルバムとしてリリースしたジャズボーカリストのトニー・ベネット(Tony Bennett )の作品に着想を得た、と解説している。

てことで、マニア向けな感じなので余力があれば査収してみるとよいかも・・・な1枚。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
Music of Bill Evans with Special Guests Eddie Gomez & Jim Hall
アルバム名義
Kronos Quartet
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1985,Fall
発売元,レーベル
Original issued : Landmark Records LCD-1510 / LLP-1510
所有盤
海外CD
制作発売元
ユニバーサル クラッシックス&ジャズ
リイシューCD発売元
Savoy Jazz / SLG,LLC.(Savoy Label Group)
CD発売日
2004
規格品番
SLV17405
UPC
795041740526
定価
N/A

曲目

  1. Waltz For Debby
    作曲
    Bill Evans
  2. Very Early
    作曲
    Bill Evans
  3. Nardis
    作曲
    Miles Davis
  4. Re: Person I Knew
    作曲
    Bill Evans
  5. Time Remembered
    作曲
    Bill Evans
  6. Walking Up
    作曲
    Bill Evans
  7. Turn Out The StarsTurn Out The Stars
    作曲
    Bill Evans
  8. Five
    作曲
    Bill Evans
  9. Peace Piece
    作曲
    Bill Evans

演奏者:Kronos Quartet

David Harrington
first violin
John Sherba
scond violin
Hank Dutt
viola
Joan Jeanrenaud
cello

演奏者:Guest

Eddie Gomez
bass (on tracks 1,2,3)
Jim Hall
bass (on tracks 5,6,7)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Savoy

拍手する

Billy Taylor : Impromptu (1962年)[CD]

Billy Taylor Impromptu

オススメ度

★★★★☆

所感

ジャズ・ピアニストであり作曲家でもあるビ リー・テイラーのカルテットによるアルバム。メンバーはジム・ホール(ギター)、ボブ・クランショウ(ベース)、ビル・パーキンス(ドラム)。全曲ビリー・テイラーの自作曲であることが特徴で、曲は古きよきスイング・ジャズの雰囲気をどこかにおわせるビバップ・ジャズでわかりやすく親しみやすい。ほとんどアップテンポな曲でバラードは無い。しかしながら曲ごとに多様な展開があり、飽きにくい構成となっている。所有CDの帯には世界初CD化と銘打っていることや、ライナーノーツの解説から、このアルバムはビリー・テイラーのアルバムの中でもわりとレアなアルバムらしい。

ジム・ホールはギターで全曲参加しており、ソロパートも多めに散りばめられている。1962年の録音ってことで、当時のジム・ホールの特徴である手数が多い演奏なので、ジム・ホールのファンとしてもなかなか楽しめる。ちなみにジムはボブ・クランショウとソニー・ロリンズのカルテットで共演(サブカテゴリ 共演者.Sonny Rollins)、ビル・パーキンスとはジョンン・ルイスとのアルバム(Grand Encounter : 2° East - 3° West,1957年)で共演している。

ところで超個人的な感想だけど・・・2曲目の表題曲Impromptuで、ピアノによる低音のイントロおよびラストのベースのリフが日本のアニメ作品「カウボーイ・ビバップ」のテーマ曲「Tank!」(作曲:菅野よう子、外部リンク:第13回日本ゴールドディスク大賞 アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー授賞アルバム)にかなり似ており茶を吹いた。当然Impromptuが先なんだけど。まぁどうでもいいけどー。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
Impromptu
アルバム名義
Billy Taylor
アルバムタイトル(邦題)
インプロンプテュ
アーティスト表記(日本語表記)
ビリー・テイラー
収録年
1962/5/8-10
発売元,レーベル
Original LP:Mercury Records SR 60722
所有盤
国内CD
制作発売元
ユニバーサル クラッシックス&ジャズ
CD発売元
ユニバーサルミュージック株式会社
CD販売元
ビクターエンタテインメント株式会社
CD発売日
2002/12/18
規格品番
UCCM 9126
JAN
4988005319517
定価
2,000円

曲目

  1. Capricious
    作曲
    Billy Taylor
  2. Impromptu
    作曲
    Billy Taylor
  3. Don't Go Down South
    作曲
    Billy Taylor
  4. Muffle Guffle
    作曲
    Billy Taylor
  5. Free And Oozy
    作曲
    Billy Taylor
  6. Paraphrase
    作曲
    Billy Taylor
  7. Empty Ballroom
    作曲
    Billy Taylor
  8. At La Carrousel
    作曲
    Billy Taylor

演奏者

Billy Taylor
piano
Jim Hall
guitar
Bob Cranshaw
bass
Bill Perkins
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Mercury 演奏編成.カルテット 共演者.BillyTaylor

拍手する

ジム・ホール来日公演にロン・カーターがゲスト出演

スペシャルゲスト決定!! Jim Hallの盟友 ロン・カーター(Bass)

てことでロン・カーター御大も出演らしい。ぐぬぬ・・・行かねばならぬのか。平日に。

公演タイトル:ジャズ・ジャイアント・シリーズⅥ アランフェス協奏曲 by ジム・ホール Quintet with ストリングス

  • 2009年5月18日(月) 東京 Bunkamuraオーチャードホール
  • 2009年5月19日(火) 東京 Bunkamuraオーチャードホール
  • 2009年5月22日(金) 大阪 ザ・シンフォニーホール

上記は2008年11月の公演を延期し調整した後の日程です。

おまけ

ジム・ホールが現在アルバムをリリースしているレーベル「ArtistShare」の日本語ブログってのがあったのでリンクに追加してみる。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する

Jim Hall A Life in Progress (2004年)[DVD]

Jim Hall A Life In Progress DVD

オススメ度

★★★☆☆

所感

ジム・ホール自身が、自己の生い立ち、音楽人生を語るドキュメント映像。同タイトルのVHSビデオをDVD化したもの。てことで詳細はVHS版も参照してください。DVD版は買ってないと思ってたが、部屋の整理したら出てきた(笑)。

ひさしぶりにみたら貴重な映像があることに気がついたので追記。次の映像が断片的に含まれている。

  • アメリカのテレビ番組The Merv Griffin Showの映像(1966年):ジム・ホールが1965年から3年半、番組のバックバンドの一員として出演していたころの映像。ジム・ホールは1965年にJane Herbert(現・Jane Hall)と結婚しており、安定した収入を得るためにテレビのショー番組に出演していたという。
  • アメリカのテレビ番組The Tonight Show Starring Johnny Carson出演時の映像(1991年):Subsequentlyをカルテットで演奏している。ドラムはテリー・クラーク。ベースとピアノは不明。
  • "Jazz Guitar Master Class" for all guitarists. Volume 1 , "Jazz Basics(1995年)":リットーミュージックが発売していたジャズギターの教則ビデオ。井上智とデュオでWhistle Stop(Dedications & Inspirations収録)を演奏している。このビデオは廃盤で、現在はオークションで高値取引されている。てゆーかオレも持ってない・・・かつては全3巻1本4000円で販売していたのを楽器店で何度も見かけたが、当時は学生だったゆえになかなか財布が厳しく買えなかったのです・・・。

詳細

DVDタイトル(原題)
A Life in Progress
名義
Jim Hall
収録年
1998
発売元,レーベル
rhapsody films
所有メディア
海外DVDビデオ
販売元
EFOR FILMS
発売日
2004/7/19
規格品番
2869011
EAN
8436028690114
定価
N/A

演奏者

Jim Hall
guitar

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 共演者.ScottColley 共演者.TerryClarke 共演者.PatMetheny

拍手する

サイト移転作業完了・・・だいたい。

サイトの移転完了。たぶん。しばらくの期間、検索サイトなどから旧サイトhttp://www5e.biglobe.ne.jp/~jimhall/へアクセスした場合、このページに自動的にジャンプするようにしています。てことでこのページのカテゴリか検索窓から目的の内容をお探しください。旧サイトはそのうち削除します。

以上、ジム・ホール Jim Hall アルバム蒐集 管理人 kawagu

テーマ : 日記
ジャンル : 音楽

拍手する

ジム・ホールとパット・メセニーのデュオ動画

Legends of Jazz :: Television :: The Great Guitars with Pat Metheny & Jim Hall:

  1. So May It Secretly Begin :Pat Metheny
  2. My Funny Valentine:Jim Hall
  3. All The Things You Are :Jim Hall & Pat Metheny

2006年のアメリカの番組。右のカラムで動画を少し見れる。 日本でもGyaoで放送した。 DVD出しておくれー。

(動画はYoutubeではないのだが便宜上登録。)

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

tag : 共演者.PatMetheny

拍手する

2000年のジム・ホールの動画 [Youtube動画]

以下は2000年8月10日に、フランスのMarciacでのジャズ・フェスティバルJazz in Marciacにジム・ホールが出演したときの映像。

  • Jim Hall :guitar
  • Chris Potter :sax
  • Scott Colley :bass
  • Terry Clarke :drums
  • The Zapolski String Quartet
外部リンク:Site officiel du festival, Jazz in Marciac, Souvenirs - jim-hall-2000:

Jim Hall - Hide and Seek

Jim Hall - Mr.Blues

Jim Hall - Down From Antigua

テーマ : YouTube動画
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.カルテット 共演者.TerryClarke 共演者.ScottColley 共演者.ChrisPotter

拍手する

ジム・ホールとアート・ファーマーの動画 [Youtube動画]

以下は1964年頃、アート・ファーマーのトリオにジム・ホールが加わってThe Art Farmer Quartet featuring Jim Hallとして活動していた頃に、いくつか出演したテレビ番組の映像です。

My Little Suede Shoes

ソースはRalph Gleason's Jazz Casual Art Farmer Quartet

Sometime Ago

ソースはJazz 625 Art Farmer Quartet 1&2

I'm Getting Sentimental Over You

オリジナルのソースはJazz 625 Art Farmer Quartet 1&2。アート・ファーマーは抜けてジム・ホールをフィーチャーしたトリオで演奏している。

テーマ : YouTube動画
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.カルテット 共演者.ArtFarmer

拍手する

Michel Petrucciani trio & Jim Hall - Waltz New [Youtube動画]

ジャズ・ピアニストであるMichel Petrucciani(ミシェル・ペトルチアーニ)のライブ映像作品Live at the Village Vanguard Volume 2の映像。収録日は1985年12月。場所はニューヨークのクラブハウスであるヴィレッジヴァンガード。ミシェル・ペトルチアーニのトリオにジム・ホールがゲストで参加した時に、ジム・ホールのオリジナル曲Waltz Newを演奏したもの。

内部リンク Live at the Village Vanguard Volume 2 [DVD]

テーマ : YouTube動画
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.カルテット 共演者.MichelPetrucciani

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。