スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

雑誌 jazzLife 2014年12月号に「ジョアン」の譜面掲載(作曲ジム・ホール)



雑誌 jazzLife 2014年12月号の記事「ジャズ・ギター・ソングブック」(執筆:井上智)に、ジム・ホール作曲の「ジョアン(João)」の簡易譜面(コード、メロディ)とギターソロ用にアレンジした楽譜が掲載されている。ジョアンとはボサノヴァの音楽家ジョアン・ジルベルトのこと。井上氏が自身のアルバムPlays Jim Hall (2014年)[CD]でも演奏していますね。

収録アルバム: Dedications & Inspirations (1994年)[CD] 


スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する

雑誌 ギター・マガジン 2014年 11月号 少しだけジム・ホールの紹介



ギター・マガジン 2014年 11月号の特集「ジャズ・ギターに憧れて」にちょっとだけジム・ホールを引き合いにだした記事あり。(ジム・ホールのみに特化した記事ではない)
Jim Hall - Ron Carter Duo : Alone Together (1972年){ライブ録音}でのAutumn Leaves(枯葉)の短い簡易アレンジ譜面の掲載あり。
・ニューヨークのジャズギターの流れの大元としてジム・ホールを位置づけて、さまざまなギタリストを紹介している。メセニーとかフリゼールとかジョンスコとかミック・グッドリックとか・・・あのへんの方々です。てJim Hall And Friends,Vol.2 Live At Town Hall (1990年)[CD]{ライブ録音}の面子ですがなー。
・フルアコの解説・紹介があり、ジム・ホールが使用していたダキストについて言及あり(写真などはない)。ダキストには単板削りだしのボディと合板のボディがあり、ジム・ホールは両方所有しており、主に使っていたのは合板の方とのこと。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する

雑誌 jazzLife 2014年11月号にジム・ホール関係の記事、スコア掲載


雑誌jazzLife2014年11月号(2014年10月14日発売)にジム・ホール関係の記事がいくつか掲載されるようです。
jazzLifeの公式サイトは現在10月号のままですが、通販サイトに登録された表紙で確認できます。

記事
  • 巨匠のDUO アンサンブル研究 チャーリー・ヘイデン&ジム・ホール
  • J-JAZZ GUITARS 井上智 plays ジム・ホール
  • スコア ジム・ホール サムシング・スペシャル(※Something Special)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する

jazzJAPAN 2014年2月号に特集記事「追悼ジム・ホール」

雑誌jazz JAPAN 2014年2月号 Vol.42(2014年1月22日発売)に特集記事「追悼 ジム・ホール」(p67~73)が掲載されている。

記事の主な内容

追悼文:文 原田和典(p68~69)
音楽評論化、原田和典氏の寄稿。ジム・ホールの経歴を織り交ぜながらの文で、けっこうマニアックなエピソードも盛り込まれている。
追悼文:文 井上智(p70~71)
ギタリスト、井上智氏の寄稿。ジム・ホールの教えや人柄などを紹介。
ジム・ホール セレクテッド ディスコグラフィー(p72~73)
井上智氏がジム・ホールのアルバムを11枚選出し紹介。
てゆーかこの雑誌って「ヤングギター」誌の増刊扱いだったのか・・・
表紙になんで漫画ぽい絵つかってるんだろーと思ってたらBLUE GIANTてジャズ漫画の特集だった・・・。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する

雑誌 jazzLife 2014年2月号 特集記事「追悼 ジム・ホール」掲載

雑誌jazzLife2014年2月号(2014年1月14日発売)に特集記事「モダン・ジャズ・ギターの巨匠 追悼 ジム・ホール」が掲載されている。

記事の主な内容

3人のギタリストによる追悼コメント(p29~31)
井上智、パット・メセニー、粟澤博幸によるコメント。
ジム・ホール インタヴュー 1978(p32~33)
jazzlife誌が初めてジム・ホールにインタビューした1978年5月号の記事を再掲載。
ジム・ホール ヒストリー&ディスコグラフィー(p35~37)
ジム・ホールの生い立ち、アルバム、ギターの紹介。
スコア(楽譜)(p38~41)
アート・ファーマーとジム・ホールのアルバム「ビッグ・ブルース」(1978年)(サイト内リンク)から「Whisper Not」のギターコピー楽譜を掲載。
そのほか
  • 通常の記事「アマチュア・プレイヤーのためのモダン・ジャズ入門 連載第26回」(p42~45)でジム・ホールとバンドを組んでいたアート・ファーマーの特集紹介がある。
  • 通常の記事「Dics Review」にてジム・ホールの「アランフェス協奏曲」(1975年)(サイト内リンク)の再発CD紹介がある。
  • 「追悼 チコ・ハミルトン」(p82)も掲載。ジム・ホールがプロとして本格的に活動た最初のバンドリーダーでありドラマーのチコ・ハミルトンが2013年11月25日に逝去した。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する
プロフィール

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。