Bob Brookmeyer : On The Way To The Sky (1989年)[CD]

Bob Brookmeyer On The Way To The Sky

オススメ度

★★★☆☆

所感


変態きたー。1曲目がいきなりシンセサイザーのロングトーンで非常に不安を煽る和音(コード名としてはB♭7#9かな)ではじまり、ゆったりとシンセ2台でしばらく不穏な音階が続くよ。ジャズというよりは前衛音楽か武満徹みたいな曲。そこにまごうことなきジム・ホールの80年代後期のあのダキストなギター音が合流。ジム・ホール初心者近寄るべからずな1枚。全曲変態前衛系でございます。いやまて、2回くらいきくとカッコよく聴こえてきた。特に2曲目以降はだんだんいい塩梅になってジムが激しく弾く場面もあり、なかなかかっこよい。

演奏の基本はWDR Bigbandによるビッグバンド編成。ドイツ・ケルン市の西ドイツ放送WDR(Westdeutscher Rundfunk)による管楽器のジャズ楽団。ボブ・ブルックマイヤーが全6曲を作曲、編曲、トロンボーン演奏、指揮。ボブと旧知のジム・ホール(ギター)とメル・ルイス(ドラム)らがゲストとして参加。

ライナーノーツによると、1987年から2002年にかけてWDR Bigbandのプロデューサー兼マネージャーであったWolfgang Hirschmannが、ボブ・ブルックマイヤーが前衛音楽に興味があり研究していることを知って、作曲、演奏を依頼したようです。WDR Bigbandの知名度を向上する目的でラジオ放送用に演奏したものだそうです。
おそらくこの演奏がすべて収録されて発売されたのは今回(2016年)初リリースなのかな、と思われます。
※メル・ルイス名義のCDには1曲収録されていました。過去記事「ジム・ホール参加CD「Bob Brookmeyer On The Way To The Sky」発売予定」

ライナーノーツには演奏時の写真もある。かっこいー。
BobBrookmeyerOnTheWayToTheSky-sm003
ジム・ホールの80年代の音源は少ないので貴重だし、演奏も音もかっこよく満足。わりと好きですが変態系音楽に慣れてない人にはおすすめできないよ!星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
On The Way To The Sky
アルバム名義
Bob Brookmeyer
収録年
1989/4 WDR Studio Annostrasse,Cologne Germany
発売元,レーベル
Jazz Line, DELTA Music & Entertainment GmbH & Co. KG (Lizensiert die WDR mediagroup GmbH)
所有盤
輸入CD
CD発売日
2016/5/13
規格品番
N 77013
EAN
8055551770136
定価
N/A

曲目

  1. Awakening
    作曲
    Bob Brookmeyer
  2. Earth
    作曲
    Bob Brookmeyer
  3. Fire
    作曲
    Bob Brookmeyer
  4. Water
    作曲
    Bob Brookmeyer
  5. Ascension
    作曲
    Bob Brookmeyer
  6. The Sky
    作曲
    Bob Brookmeyer

演奏者

Bob Brookmeyer
valve trombone,composed, arranged, conducted
Jim Hall
guitar
Mel Lewis
drums
Rainer Brüninghaus
keyboards
Joachim Becker
keyboards
Tom van der Geld
percussion

演奏者 (WDR Big Band Cologne)

Andy Haderer,Ron Bruynen,Klas Qsterloh,Rick Kiefer,John Eardley
trumpet
Dave Horler,Henning Berg,Bernt laukamp,Roy Deuval
trombone
Heiner Wiberny,Harald Rosenstein,Oliver Peters,Rolf Römer,Paul Peucker
woodwinds
Milan Lulic
guitar
Jean Warland
bass
Production
Produced
Wolfgang Hirschmann
Recording Engineer
Otto Fries
Mastered
Marko Schneider , at Skywalk Mastering,Trieweiler,Germany
-
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する

Eddie Gomez : Powe Play (1988年) [CD]

Eddie Gomez Powe Play  

オススメ度

★★☆☆☆

所感

濃い~っ!何がってジャケットが濃ゆいですわー。アコースティック・ベース奏者のエディ・ゴメスのソロアルバム。かつてはビル・エバンス・トリオでもベースとして参加していた御仁ですが、本作はフュージョンな感じのアルバムでごわす。マイケル・ブレッカーやスティーヴ・ガッドが参加して何気に豪華。曲はタンゴ調や4ビートのスピーディなジャズもあったりとごった煮なアルバム。
ジム・ホールは#5.Amethystと#7.Verry Earlyの2曲で参加。2曲ともベースとギターのデュオ。2曲とも3拍子でまったりした演奏で、ジム・ホールのギターはエフェクトに少しコーラスを入れており、80年代後半のジムの音色の特徴がでている。全体的にはまーふつーってとこだがジム度で計ると星2つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Powert Play
アルバムタイトル(邦題)
パワー・プレイ
アルバム名義
Eddie Gomez
アルバム名義(邦名)
エディ・ゴメス
収録年
#1987/11Record Plant Studios,New York
CD発売元,レーベル
株式会社EPIC・ソニー A Touchシリーズ
所有盤
国内CD
CD発売日
1988/3/21
規格品番
32-8H-5004
JAN
4988010312565
定価
3,200円

曲目

  1. Power Play
    作曲
    Eddie Gomez,Lee Ann Ledgerwood
  2. Loco Motive
    作曲
    Eddie Gomez
  3. Spanish Flower
    作曲
    Eddie Gomez
  4. Mel
    作曲
    Eddie Gomez
  5. Amethyst
    作曲
    Eddie Gomez
  6. Mr. Go
    作曲
    Jeremy Steig
  7. Very Early
    作曲
    Bill  Evans
  8. W. 110th St.
    作曲
    Eddie Gomez
  9. Forever
    作曲
    Eddie Gomez

演奏者

Eddie Gomez
bass
Michael Brecker
tennor sax (1,8)
Dick Oatts
soprano sax ,tnor sax (2,3,4,9)
Jeremy Steig
fluet (6)
Jim Hall
Guitar (5,7)
Steve Gadd
drums (1,2,3,4,6,9)
Al Foster
drums (1,8)
Lee Ann Ledgerwood
Keyboads,synthesizers (1,3,4,6,9)
Michael Cochrane
Keyboads,piano (2,3,4,8,9)
Ann Bristol
Backgound vocal (9)
Kimiko Itoh
Backgound vocal (9)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.EpicSony 共演者.EddieGomez

拍手する

Concierto De Aranjuez / 新アランフェス (1981年)[CD]

Jim Hall 新アランフェス協奏曲

オススメ度

★★★☆☆

所感

ジャケット裏面
Jim Hall 新アランフェス協奏曲 裏面 
アランフェス協奏曲 LP ジム・ホール アンド デイヴィッド・マシュー・オーケストラ
写真はConcierto de
Aranjuez(新アランフェス)
の国内発売LPジャケット。
写真の帯はCTIの
「本家」Concierto
(アランフェス協奏曲)が
間違ってかけられている
ジム・ホール 新アランフェス 帯
こちらが正しい帯。
知人の所有
レコードを撮影。

(2011/6/14追記:オリジナルLPのジャケットを採用した国内版CDを査収したためジャケットと詳細データを差し替え。海外版CDについては下部に移動)
うんにょりだー。国内版LP邦題では「新アランフェス」となっている。日本のキングレコードにかつてあったジャズレーベルのPaddleWheelが制作。録音はニューヨーク。よくCTIの「Concierto(アランフェス協奏曲)」(1975年)[内部リンク]がイージーリスニングと評されるが、そういう言う意味ではこちらの新アランフェスのほうがアルバム全体としてイージーリスニングっぽいつくりになっていると思う。最初聴いたときは、なんか違うぞーと不満紛々なアルバムだったが、よく聞き返してみると、それぞれの曲単体はまぁまぁよいかもと思う。

また、アルバム全体としては録音がよく、クリアな音質だ。ジム・ホールの演奏も中低音マイルドなトーンがへんに加工されず素の状態で聴こえるのもよい。演奏そのものはプロデューサーであるデイヴィッド・マッシューのアレンジなので、曲のためにきれいに弾いてるってかんじ。

#1.Concierto De Aranjuezはその名の通りアランフェス協奏曲だが、CTI版と異なり前編スチール弦のアコースティックギターで弾いている。(CTIはギブソンのES-175、エレクトリックギターで弾いている)。#3.Red Dragon Flyは日本の童謡「赤とんぼ」をアレンジ。イントロとエンドが日本人なら皆知っている赤とんぼのテーマだが、途中を大胆にジャズにアレンジしておりなかなかかっこよい。#4.El Condor Pasaはこれまた有名な「コンドルは飛んで行く」のアレンジ。というかこれはほぼそのままんまな印象であんまりいじってない。つことでこのアルバムは今はあまり流行らないタイプのアレンジかと思うけど、どことなく懐かしい気分にさせてくれて和むアルバムだ。

詳細(国内CD)

アルバムタイトル(原題)
新アランフェス協奏曲
アルバム名義
ジム・ホール&デビッド・マシューズ・オーケストラ
収録年
1981/1/18
オリジナルレコードレーベル
Paddle Wheel*キングレコード(日本)のレーベル K28P-6066
販売元
キングレコード株式会社
CD発売日
2004/8/4
規格品番
KICJ 2083
JAN
4988003299668
定価
1,800円
過去の国内CD発売データ
初CD発売 1987/7/21, 品番 K32Y-6199, JAN 4988003025540
CD再発売 1994/8/5, 品番 KICJ-8054, JAN 4988003159740

曲目

  1. Concierto De Aranjuez
  2. 作曲
    Joaquin Rodorigo
  3. Summerwaltz
  4. 作曲
    David Matthews
  5. Red Dragon Fly
  6. 作曲
    Kosaku Yamada
  7. El Condor Pasa
  8. 作曲
    Traditional,Arr. by David Matthews
  9. Ara Cruz
  10. 作曲
    David Matthews
  11. Chorale And Dance
  12. 作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
electlic guitar,acoustic guitar
David Matthews
electric piano
Tom Harrell
trumpet
Joe Sheppley
trumpet
Sam Burtiss
trombone
Tony Price
tuba
Fred Griffen
french horn
David Toffani
flute,alto flute,soprano sax,picclo
Gerry Neiwood
tennor sax,flute
Ronnie Cuber
baritone sax,bass clarinet
Paul Metsky
electric guitar
Mark Egan
electric bass
Jimmy Madison
drums
David Charles
percussion

詳細(海外CD):ジャケットは異なるが内容は上記「新アランフェス協奏曲」と同一のもの。

Concierto De Aranjuez
アルバムタイトル(原題)
Concierto De Aranjuez
アルバム名義
Jim Hall And David Matthews Orchestra
収録年
1981/1/18
発売元,レーベル
Paddle Wheel*キングレコード(日本)のレーベル
所有盤
輸入CD
販売元
Evidence Music Inc.
CD発売日
1992
規格品番
ECD-22004-2
EAN
730182200423

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Evidence 演奏編成.ビッグバンド 共演者.TomHarrell 共演者.MarkEgan

拍手する

Itzhak Perlman & André Previn : It's A Breeze (1981年)[CD]

It's A Breeze

オススメ度

★★★☆☆

所感

It's A Breeze (zoom)
クリックすると拡大。

ク ラッシック・ヴァイオンリンのイツァ-ク・パールマンと、ピアニストのアンドレ・プレヴィンのアルバム「A Different Kind Of Blues」(1980年)が好評だったとのことで、それを受けて同じ面子で制作された第2弾。ジャケットの瞳がちょっとびっくりするデザインだが、瞳の中にメンバーが映っている。 左上がジム・ホール、中上がシェリー・マン、右上がレッド・ミッチェル、左下がイツァーク・パールマン、右下がアンドレ・プレヴィン。比較的聴けるのは#4.It's About Timeくらいかなー。軽快な曲。あとはわりとおとなしめな曲が多い。てことで星3つ。時間ねーってことで簡単に。後日追記するかも。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
It's A Breeze
アルバム名義
Itzhak Perlman,André Previn
アルバムタイトル(邦題)
イッツ・ア・ブリーズ
アーティスト表記(日本語表記)
パールマン&プレヴィン
収録年
1981/11/21-22
発売元,レーベル
東芝EMI株式会社
CD発売日
2006/7/26
規格品番
TOCE-13335
JAN
4988006844131
定価
1,300円(税込)

曲目

  1. It's A Breeze
    作曲
    André Previn
  2. Rain In My Head
    作曲
    André Previn
  3. Catgut Your Tongue
    作曲
    André Previn
  4. It's About Time
    作曲
    André Previn
  5. Quiet Diddling
    作曲
    André Previn
  6. A Tune For Heather
    作曲
    André Previn
  7. Bowing & Scraping
    作曲
    André Previn
  8. The Red Bar
    作曲
    André Previn

演奏者

Itzhak Perlman
violin
André Previn
piano
Shelly Manne
drums
Jim Hall
guitar
Red Mitchell
double bass

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.EMI 共演者.RedMitchell

拍手する

Itzhak Perlman André Previn : A Different Kind Of Blues (1980年)

Itzhak Perlman Andre Previn : A Different Kind Of Blues

オススメ度

★★★★☆

所感

左は単品CD。右はコンピレーション。

ライナーノーツの写真
Itzhak Perlman Andre Previn : A Different Kind Of Blues pic2Itzhak Perlman Andre Previn : A Different Kind Of Blues pic3

【2017/1/6追記】A Different Kind Of Bluesの単品CDを査収しました。オリジナルLPに準拠した単品CDのジャケット写真に更新。CD情報を更新。

※下記はコンピレーションアルバムの情報。
クラッシック・ヴァイオンリン奏者の大家、イツァ-ク・パールマンと、ピアニストであり作曲家のアンドレ・プレヴィンの2人が共演した2枚のアルバムを1枚にまとめたコンピレーション・アルバム。なのでジャケットはオリジナルではない。元のアルバム1枚目(1~10曲目)は「The Easy Winner & Other Rag-Time Music」(1974年)で、スコット・ジョプリン(「エンターテイナー」などの作曲家)が作曲したラグタイムの数々をデュオで演奏したもの。こちらはジム・ホールは関係ない。全曲ひたすら古きよきラグタイムであり感想は割愛。

元のアルバム2枚目(11~18曲目)「A Different Kind Of Blues」(1980年、EMI DS-37780)は前述2人に、ジム・ホール(ギター)、レッド・ミッチェル(ベース)、シェリー・マン(ドラム)の3人を加えた現代的な、いわゆるスイングやビバップといったジャ ズの演奏をしている。作曲はすべてアンドレ・プレヴィン(映画「マイ・フェア・レディ」の音楽など作曲)によるもので、ひとつひとつの曲の完成度は高い。オリジナルLPのジャケット、詳細データはこちら(外部リンク:http://www.discogs.com/Itzhak-Perlman-Andre-Previn-Shelly-Manne-Jim-Hall-Red-Mitchell-A-Different-Kind-Of-Blues/release/2471420)

さてさてA Different Kind Of Bluesはあくまで主役、主旋律はヴァイオリンですが、ジム・ホールも他人名義のアルバムにもかかわらず結構活躍しており意外。特に「Look At Him Go」は軽快なスイング曲で、ジムは1960年代のアート・ファーマーやソニー・ロリンズと共演していたころのようにスピード感ある古式ゆかしい手数多めのスケール弾きまくりプレイでびっくり。また、タイトル曲「A Different Kind Of Blues」は「どブルース」を演奏しておりこれまたびっくり。ジャズ的なブルースではなく、あのBBキングやバディ・ガイがやっちゃうような12小節の黒人ブルース的なギタースタイルでジムが演奏!ありえねぇーー!収録は1980年であるが、その頃ジムはだんだんと弾きまくり演奏やありきたりのブルースは演奏しなくなってきたころであることを考えると、これはまさしく依頼仕事だったのかなぁーと思う。

ほかの曲も奇抜な展開こそないものの、ききやすいながらもよくできた曲が多く、いい感じ。ジムのギターもソロが多めに組み込まれており、ジム・ホール・マニアなら持っておきたい1枚かもしれない。てことで甘めで星4つ。甘めで・・・。

詳細※単品CD版

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
A Different Kind Of Blues
アルバム名義
Itzhak Perlman,André Previn
収録年
#1-#10:1974/12/2&5;#11-#18:1980/5/23-24
オリジナルLP発売元,レーベル
EMI Records Ltd
所有盤
輸入CD
CD販売元
Angel Records
CD発売日
1992
規格品番
CDM 0777 7 64319 2 5
UPC
077776431925
定価
N/A

曲目

  1. Look At Him Go
    作曲
    André Previn
  2. Little Face
    作曲
    André Previn
  3. Who Reads Review
    作曲
    André Previn
  4. Nights Thoughts
    作曲
    André Previn
  5. A Different Kind Of Blues
    作曲
    André Previn
  6. Chocolat Apricot
    作曲
    André Previn
  7. The Five Of Us
    作曲
    André Previn
  8. Make Up Your Mind
    作曲
    André Previn

詳細※コンピレーション版

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
Nipper Collection "encore" series (The Easy Winner & Other Rag-Time Music;A Different Kind Of Blues)
アルバム名義
Itzhak Perlman,André Previn
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
#1-#10:1974/12/2&5;#11-#18:1980/5/23-24
発売元,レーベル
EMI Records
所有盤
輸入CD
CD販売元
Blue Note Records (Capitol Records)
CD発売日
2009/1
規格品番
2357272
EAN
5099923572720
定価
N/A

曲目

  1. The Rag-Time Dance
    作曲
    Scott Joplin
  2. The Easy Winners
    作曲
    Scott Joplin
  3. Bethena ( A Concert Waltz)
    作曲
    Scott Joplin
  4. Magnetic Rag
    作曲
    Scott Joplin
  5. The Strenuous Life (Rag-Time Two-Step)
    作曲
    Scott Joplin
  6. The Entertainer
    作曲
    Scott Joplin
  7. Elite Syncopations
    作曲
    Scott Joplin
  8. Solace
    作曲
    Scott Joplin
  9. Pine Apple Rag
    作曲
    Scott Joplin
  10. Sugar Cane
    作曲
    Scott Joplin
  11. Look At Him Go
    作曲
    André Previn
  12. Little Face
    作曲
    André Previn
  13. Who Reads Review
    作曲
    André Previn
  14. Nights Thoughts
    作曲
    André Previn
  15. A Different Kind Of Blues
    作曲
    André Previn
  16. Chocolat Apricot
    作曲
    André Previn
  17. The Five Of Us
    作曲
    André Previn
  18. Make Up Your Mind
    作曲
    André Previn

演奏者:The Easy Winner & Other Rag-Time Music

Itzhak Perlman
violin
André Previn
piano

演奏者:A Different Kind Of Blues

Itzhak Perlman
violin
André Previn
piano
Shelly Manne
drums
Jim Hall
guitar
Red Mitchell
double bass

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.EMI 共演者.RedMitchell

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ