Jim Hall And Red Mitchell : Valse Hot Sweet Basil 1978 (1978年) [CD]{ライブ録音}

Jim Hall and Red Mitchell Valse Hot (Sweet Basil 1978)  

オススメ度

★★★★★

所感

ジム・ホール(ギター)とレッド・ミッチェル(ベース)のデュオによるライブ音源。2016年現在、LPレコードでしか発売されていなかった(サイト内リンク)Jim Hall And Red Mitchell (1978年) [LP]{ライブ録音}(録音日1978/1/20,1978/1/21)の別日程、1978/1/18、1978/1/19の未発表音源。

やっとCD届いたよー。いろいろあってCD2枚とDL版を購入し、保存使用鑑賞用が揃いましたとさ!
内容は最高。発売元のArtistshareの今回の対応を考えると星4つかなぁ~と思いますが、演奏には関係ないことなので。対応については一番下にぐちっときます、、

どの時代のジム・ホールも好きですがやはり1970年代の演奏は最高でございます。レッド・ミッチェルのベースは個性的と再認識。野性的というか、音がブリブリうなっとる。レッド・ミッチェルに比べると、ジムとよく演奏した同じベースのロン・カーターはなんか、こう、紳士的な感じですね。ジムおじさまのギターは相変わらず素晴らしいですが、1975年のLive!の時の100%アンプサウンドってよりはギターのボディの自然な響きが混ざってるような感じです。CDの紙ジャケット内側の写真をみるとダキストのギターを持っています。ギターの違いなのかな~。Live!の時のギターは不明ですがだいぶサウンドが違います。
演奏はいうまでもなくド安定。Now's the Timeはチャーリー・パーカーのジャズブルース。今までのジムの音源にはないと思います。Valse Hotはソニー・ロリンズの3拍子の曲。ジムは60年代にわりと弾いていた曲。Alone Togetherはジムの鉄板曲かな。There is no Greater Loveは演奏しているの初めて聞いた。軽快で明るく好き。God Bless the Childは意外な選曲。ジムも参加したソニー・ロリンズのアルバムSonny Rollins : The Bridge (1962年)[CD]でのみ演奏が音源がある。テレビ出演したときの映像Sonny Rollins & Jim Hall The Bridge [DVD]もありますが、映像版のギターソロがまた泣ける演奏でとても好き。ジャズってよりは6/8拍子のノリがロックバラードみたいな感じでニューヨークの浪花節ですな。元歌はビリー・ホリディ。歌詞は貧困の生活を神様に嘆くけっこう辛い歌、、だったような。よい曲です。Stella By Starlight はジャズの大定番ですが、意外とジムはそんなに弾いてないかも。今までの演奏しているのはJim Hall : Jazzpar Quartet + 4 (1999年)[CD]{ライブ録音}Jim Hall : Jazz Guitar (1957年)[CD]、くらい。Jazz GuitarのほうはよくあるキーのB♭でなくてGなのが印象的。ジムはトリオやデュオではスタンダードのよくやるキーでなくて、ギター向けのキーで弾いてることがあります。むやみにギターをコピーしようとするとあら不思議、教則本とかの普遍的なキーと違っててまぁ大変!てなことがあります。

CD付属のハイレゾ音源の仕様は24bit/192KHz。Live Vol.2-4の24bit/48KHzから4倍の解像度になっております。きちんと再生して聴くには対応環境が必要です。うちのへっぽこ環境のヘッドフォンで聞くと、音の輪郭がだいぶ違います。CDだけでも十分ですがハイレゾ音源を聞いた後にCDを再度聞くと違いがわかると思います。どうでもいいですがCDパッケージ の音源表記16 bit/44.1 Hzと28 bit/96 Kは誤記と思います。
全6曲は物足りない気がしますがハイレゾ音源ディスクがつくならってことで星5つ。

詳細

メディア(CD)
Jim Hall and Red Mitchell Duo LTD Edition CD
限定版CD。CDとDVDの2枚入り。
CDは通常の音楽CD(16bit/44.1KHz)。
DVDはハイレゾ音源(24bit/192KHzのwaveファイル)を収録。
※パッケージにはDisk 1 Audio 16 bit/44.1 Hzと表示。44.1KHzの誤字と思われる。また、Disk 2 High Resolution 28 bit/96 Kと表示。24bit/192KHzの誤字と思われる。
メディア(ダウンロード販売)
Wave形式オーディオファイル(16bit/44.1KHz)。通常の音楽CDと同じ音質。
アルバムタイトル(原題)
*タイトルが媒体によって異なり、統一されていない。
Valse Hot: Sweet Basil 1978  *CD Database (CDDB)の表示
Jim Hall & Red Mitchell Valse Hot (Sweet Basil 1978)  *ArtistSareの出荷メールでの表示
Valse Hot  - Jim Hall And Red Mitchell Live At Sweet Basil  *CD紙パッケージ側面の表示
Jim Hall & Red Mitchell Valse Hot Sweet Basil 1978  *カバーアート(ジャケット)の表示
Jim Hall and Red Mitchell Duo *ArtistShareウェブサイトでの注文商品の表示。
アルバム名義
Jim Hall and Red Mitchell
収録年
Recorded live at Sweet Basil, NYC on January 18th and 19th, 1978(公式サイトおよびCDパッケージの説明)
*曲ごとの詳しい録音日は不明。ArtistShareのMy Accountにログインしてダウンロードできる、CDの元となったライブ音源テープのキューシートでは、REEL#2 2nd SET にCDの#1.Now's the Time,#6.Stella By StarlightがあるがJAN 16,1978となっている。
JAN 18,1978 REEL #1 1st SET の音源 :CDの#2. Valse Hotがあり、これはJAN 18で確定と思われる。
REEL #3 3rd SETの音源にCDの#3.Alone Togetherがあるが年月日不明。
発売元,レーベル
Artistshare http://artistshare.com/v4/Projects/Experience/7/469/1/Jim-Hall-Music-Remembering-Jim-Hall?v=2
所有盤
CD,DVD,ダウンロード版waveファイル
発売日
CD Shipping : 2016/10/16 *ウェブサイト上の表示。実際には2016/11/4頃AritistShareが出荷開始した。
Download :  2016/10/7
規格品番
AS0148
UPC
None
定価
CD : USD 18.95
Download : USD 14.95

曲目(CD,ハイレゾ音源,ダウンロード版いずれも同じ曲目)

  1. Now's the Time
    作曲
    Charlie Parker
  2. Valse Hot
    作曲
    Sonny Rollins
  3. Alone Together
    作曲
    Arthur Schwartz
  4. There is no Greater Love
    作曲
    Isham Jones
  5. God Bless the Child
    作曲
    Billie Holiday and Arthur Herzog, Jr.
  6. Stella By Starlight
    作曲
    Victor Young

演奏者

Jim Hall
Guitar
Red Mitchell
Bass
以下、ただの寝言コーナー

発売元のArtistshareの今回の対応はちょっと不満だったかなー。
対応というのは、
・発売前に16曲ほどの音源リスト(キューシート)のPDFを公開したこと。Live vol.2-4のように大量の音源大公開と期待しましたが実際は6曲収録。がっかりですわー。なんなのその思わせぶり!
・発売前にAll the things you are の音源を音声のみの動画形式で公開したこと。収録されるのかと思ったら入ってない。
・相変わらずの発売遅延。これはそんなに気になりませんが、今までのCDは遅延があるたびにボーナストラックをダウンロード提供したり、特典を追加したりと遅延を補填するようにサービスたっぷりだったのですが今回は何もなかった。これはまぁいいですが前はもっと気前がよかったのになぁと。
・11/4に出荷したCDが配達予定の11/18を大幅にすぎ11/28に配達。時間がかかるのはいいのです。
届かないと思って連絡しようとしたら、Artistshareに連絡がとれない。コンタクトフォームがありますが2~3回送信して数日待っても返信なし。そもそもホームページのフォームが正しく動作してないように見えます。HTMLのソースみたけど動いてない気がする、、、。なんとかメールアドレス探して送信するも何かのシステムで自動応答のメール。アクセスするとブラウザがこのサイトは危険ですと表示。かなぐりうってアクセスしサポート用システムらしきページに書き込んでも返信なし。やるかたなく過去のメール(基本送信のみ)に送信してもやはり返信がなく。ああもういいやー注文だけでなく寄付金も出したけどーダウンロード版買ったけどやっぱCD欲しいよーと国内のCD店に注文!すぐ届いたやっほー!あれ、なんかもう1つ荷物が、、、
ということでめでたく国内輸入CD店の注文とArtistShare直販CDが同日に届きましたとさ。やったね!(白目)
・などと一人でジタバタした翌日、なんとArtistshare様からメールが来た!
「おっす!問い合わせありがとね!海外は配達まで30営業日は見てもらえるかな?ごきげんよ~」などとありがたいお言葉を賜りました。
ふーんさすがアメリカン。もう届いたからいいよー
と鼻ほじしながらメールヘッダーを見るとFW: brian camelioの表示がある。
ぎゃーす!
ArtistShare様大好き!これからも素晴らしい音楽を期待しております!
などと手のひらクルクル日本人スタイルをばしっと決めた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は元気でs

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.ArtistShare 共演者.RedMitchell

拍手する

Smackwater Jack : Quincy Jones (1971年)[CD]

Smackwater Jack : Quincy Jones

オススメ度

★★★☆☆

所感

ク インシー・ジョーンズによるビッグバンド編成のアルバム。アルバムタイトルはキャロル・キングの歌「Smackwater Jack」からで、#1にもアレンジ・カバーが収録されている。全体的にはジャズというよりは、ちょいとファンク、ソウルの風味が入ってるようなインストと歌を収録したアルバム。ジム・ホールは3曲で参加している。ジムの演奏はソロが中心で、あまりバッキングとかは無い。

かの有名な#4のマーヴィン・ゲイのWhat's Goin' Onでジム・ホールのギターソロがあるのがびっくり。聴き出したところ、最初は原曲通りソウルなアレンジなのですが、後半で4ビートでマイナーキーのスイングジャズに切り替わり、そこでズバッとジム・ホールのソロギターが始まるのです。このアレンジと、ジム・ホールおじさまのギターソロが実にカッコよい。素晴らしい。やばい。1分半くらい演奏しており、けっこう長い尺で演奏しているのでジムファン的にはうれしい。

#6.はBrown Balladはその名の通りちょいとジャズっぽいバラード。ジムのギターソロは少し。トゥーツ・シールマンスのハーモニカがメイン。

#8.Guitar Blues Odyssey: From Roots To Fruitsは今でいうサンプリングのミックス曲みたいなもの。いろいろなタイプのジャズブルースのギター演奏を短い間隔で切り貼りしたような、モザイク的な曲。ジムは最初のほうでちょっとだけ4分刻みのストロークでのバッキングが素材的に利用されているだけ、という状態。

個人的には#2.Ironsideをきいてびっくり。昔のワイドショーとかのジングルでよくきいたあの曲って、これだったのかーっと知って今更知る。クインシー・ジョーンズってすげーんだなーと今頃ねぼけたことをぬかす若造でございました。
アルバムとしてはおもしろいです。でもジム・ホール度は少しってことで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(英題)
Smackwater Jack
アルバム名義(英語表記)
Quincy Jones
収録年
N/A
オリジナルレコード レーベル
A&M Records (SP-3037)
所有盤
輸入CD
CD発売元
A&M Records
CD販売元
A&M Records
CD発売日
1997/12/2
規格品番
393 037-2
UPC
082839303729
定価
N/A

曲目

  1. Smackwater Jack
    作曲
    Carole King,Gerry Goffin
    Featured solo
    Quincy Jones:Vocal solo
  2. Cast Your Fate To The Wind
    作曲
    Carel Werber,Vince Guaraldi
    Featured solo
    Eric Gayle: Guitar,Bobby Scott:Piano,Marvin Stamm:Flugelhorn
  3. Ironside
    作曲
    Quincy Jones
    Featured solo
    Freddie Hubbard:Flugelhorn,Soprano Sax:Jerome Richardson, Hubert Laws
  4. What's Goin' On?
    作曲
    Al Cleveland,Marvin Gaye,Renaldo Benson
    Featured solo
    Freddie Hubbard:Flugelhorn,Soprano Sax:Jerome Richardson, Hubert Laws:Flute,Toots Thielemans:Guitar,Harmonica&Whistler,Jim Hall:Guitar,Milt Jackson:Vibes,Harry Lookofsky:Violin, Quincy Jones, Valerie Simpson:Vocal solos
  5. Theme From "The Anderson Tapes"
    作曲
    Quincy Jones
    Featured solo
    Edd Kalehoff:Moog Synthesizer,Bobby Scott:Piano,Milt Jackson:Vibes,Freddie Hubbard:Flugelhorn,Toots Thielemans:Harmonica
  6. Brown Ballad
    作曲
    Ray Brown
    Featured solo
    Toots Thielemans:Guitar,Harmonica,Bobby Scott:Piano,Jim Hall:Guitar
  7. Hikky Burr
    作曲
    Bill Cosby,Quincy Jones
    Featured solo
    Bill Cosby:Vocal,Toots Thielemans:Guitar &Whistler,Freddie Hubbard:Flugelhorn,Eric Gayle: Guitar,Hubert Laws:Flute
  8. Guitar Blues Odyssey: From Roots To Fruits
    作曲
    Eric Gayle:Guitar (1,4,7&9),Jim Hall,Guitar(2),Toots Thielemans:Guitar,Harmonica(3,5,&6),Joe Beck(8)

上記以外の演奏者 (たくさんいすぎて省略)

Ray Brown
string bass
Bob Cranshaw
string bass
Carol Kaye
Fender bass
Chuck Rainey
Fender bass
Arthur Adams
guiutar
Grady Tate
drums
Paul Humphries
drums
Larry Bunker
percussion
George Devens
percussion
Quincy Jones
produced

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.A&M 共演者.QuincyJones

拍手する

Jim Hall : Live Vol.2-4 (1975年) [CD]{ライブ音源}

Jim Hall Live Vol.2-4 

オススメ度

★★★★★

所感

(2012/10/27:加筆修正中)
ジム・ホールのトリオ・ライブ盤「Live!」(1975年)の未発表音源集。最高すぎる。至上のジャズギター。ハードディスクが擦り切れるまで聴き続けたい。
なお、A&M Recordsの「Live!」は感嘆符の「!」がついているが、本作では感嘆符がなくなっており「Live Vol.2-4」と表示されている。

Live Vol.2-4の入手方法
USAのレーベルサイトArtistshare http://www.artistshare.com/v4/Projects/Experience/7/431/1で注文する。2012/10/27現在、日本国内の小売店・流通では取り扱いがないので直接注文するしかない。・・・が、なんてこった、現時点は在庫切れみたい。再販売を期待するしかない・・・(追記)2012/11/27から再販しています。
(さらに追記)2013/12/25現在、
ArtistshareでCDは完売しているようです。iTunes Storeでダウンロード販売しています。

追記:2017/6/22、ArthistShareが通常版CDを販売開始した。
注文ページ: ArtistShare Jim Hall Live! vol. 2-4 (3 cd set)
価格はUSD34.95+送料

ディスクについて
このアルバムの構成はCDが3枚(Live vol.2-4)、DVDが1枚となっている。DVDは24bit/48kの高音質オーディオデータで、Live vol.2-4の音源をすべて収録。高音質版はパソコンなどで再生する。しかしながら24bit/48対応の再生ソフトやオーディオインターフェースがないと本来の音質で楽しむことができない。
また、製品には収録されていないボーナストラック7曲も存在する。発売元のArtistShareのサイトにログインしてmp3でのみ入手できる。

ブックレットについて

Jim Hall Live Vol.2-4
ブックレットはこんなん
Jim Hall Live Vol.2-4
ジム・ホールとエラ・
フィツジェラルドが
共にいる写真。
これは初めて見た
※下記は通常版CD
  • 分厚いブックレットが付属しており、123ページある。さながら昔の重厚な書籍のようなカバーと装丁だ。ブックレットの主な内容は次の通り
  • 本アルバムの演奏者であるジム・ホール(ギター)、ドン・トンプソン(ベース)、テリー・クラーク(ドラム)のコメント
  • ジム・ホールを紹介した過去の新聞・雑誌の記事の切抜きの写真
  • 交流のある音楽家へのインタビュー。インタビューしたのはPat Metheny、Chris Potter、Scott Colley、Nels Cline
  • テクニカル・ノート。マスタリングの使用機材などをドン・トンプソンが解説。署名の日付は2012/6/28となっており、最初の発売日の5/1を余裕で越してる(笑

発売までのまとめ

  • 2011/11/19:(USでは201/11/18?)米国のレーベルArtistShareがJim Hallの新作「Live Project」を発表する。ドン・トンプソン(ジム・ホールとよく演奏したベース/ピアノ奏者)がA&M Recordsから発売されたLive!(1975年)の未発表音源を見つけたため、これを収録したCD3枚組みのボックスセットを発売することになった。同時に、2011年時のカルテット編成でのライブ音源(バードランドでのライブ音源)を発売する内容であった。この時点での発売予定は2012/5/1。(参照:内部リンク
  • 2012/5/1:ArtistShareが「Live Vol.2-4」の発売延期を案内。理由は豪華ブックレットを制作することになったため。このころLive Vol.2-4のカバーアートも公開された。明示されていなかったがバードランドでのライブ音源の発売も延期になった。再設定された発売日は2012/7/15。(参照:内部リンク
  • 2012/7/15:ArtistShareが「Live Vol.2-4」の発売再延期を案内。4枚目のディスクを追加することが案内された。4枚目には高音質版(24bit/48k)の音源を収録するとの案内だった。同日、注文者には延期の代替処置(お詫び)として、Live Vol.2-4の全曲をmp3音源でダウンロードできるようにした。(参照:内部リンク
  • 2012/8/18:ArtistShareが「Live Vol.2-4」の注文者に、ボーナストラックのmp3をダウンロードできるように案内した。ボーナストラックは製品版(CD)に収録されていなく、7曲ある。これらはCDに収録されている曲の別テイクと、完全に未収録の追加曲であった。(参照:内部リンク
  • 2012/10/16:ArtistShareが「Live Vol.2-4」と「Live At Birdland」を出荷開始した。わたくしの分は2012/10/17にUSPSのFirst-Class Internationalで発送され、2012/10/25に配達完了。

詳細

メディア
CD,DVD(DVDは24bit/48kのAudio Dataを収録)
アルバムタイトル(原題)
Live Vol.2-4
アルバム名義
Jim Hall
収録年
Volume Two;1975/6/12,Volume Three;1975/6/11,Volume Four;1975/6/13,  at Bourbon Street,Tronto,Ontario,Canada
発売元,レーベル
Artistshare http://www.artistshare.com/v4/Projects/Experience/7/431/1
所有盤
CD,DVD,ボーナストラックはmp3
CD発売日
2012/10/16
規格品番
AS0116
UPC
None
定価
$75-

曲目:Live Volume 2 (1枚目のCD)

  1. How Deep Is The Ocean
    作曲
    Irving Berlin
  2. Emily
    作曲
    Johnny Mandel, Johnny Mercer
  3. Valse Hot
    作曲
    Sonny Rollins
  4. Love Letters
    作曲
    Edward Heyman,Victor Young
  5. Chelsea Bridge
    作曲
    Billy Strayhorn
  6. Something Tells Me
    作曲
    Jane Hall
  7. Fly Me To The Moon
    作曲
    Bart Howard

曲目:Live Volume 3 (2枚目のCD)

  1. Secret Love
    作曲
    Sammy Fain,Paul Francis Webster
  2. Baubles, Bangles and Beads
    作曲
    George Forrest,Robert C. Wright
  3. In A Sentimental Mood
    作曲
    Duke Ellington
  4. Star Eyes
    作曲
    Gene de Paul,Don Raye
  5. Where Would I Be?
    作曲
    Jane Herbert
  6. Body And Soul
    作曲
    Edward Heyman,Robert Sour,Frank EytonJohnny Green
  7. Careful
    作曲
    Jim Hall

曲目:Live Volume 4 (3枚目のCD)

  1. Someday My Prince Will Come
    作曲
    Frank Churchill,Larry Morey
  2. Come Rain Or Come Shine
    作曲
    Harold Arlen ,Johnny Mercer
  3. Prelude To A Kiss
    作曲
    Duke Ellington,Irving Gordon,Irving Mills
  4. Everything I Love
    作曲
    Cole Porter
  5. Blue Dove
    作曲
    Mexican folk song
  6. Embraceable You
    作曲
    George Gershwin,Ira Gershwin
  7. The Theme
    作曲
    Kenny Dorham

曲目:Live Vol.2-4 Audio Files (DVD,High Resolution 24bit/48k Audio Files)

4枚目のディスクとしてDVDが入っている。DVDはCDで提供されたLive Volume 2-4をパソコン用の高解像オーディオファイル(wave形式、ビットレート/サンプリングレートは24bit/48k)で収録。CD3枚の合計曲数は21曲だが、オーディオファイルは20ファイルとなっている(Embraceable YouとThe Themeの2曲が1ファイルになっているため)。曲名は重複するので省略。

<ボーナストラック> Live Vol.2-4 Bonus Tracks (mp3ダウンロード提供のみ)

下記は2012/8/18にArtistShareにて注文者に無償提供されたLive vol.2-4のボーナストラック。下記はそのリスト。Live vol 2-4未収録の曲(+印)と、別テイクの音源(*印)がある。
  1. Emily (*)
    作曲
    Johnny Mandel, Johnny Mercer
  2. Prelude to a Kiss (*)
    作曲
    Duke Ellington,Irving Gordon,Irving Mills
  3. Spring Is Here (+)
    作曲
    Richard Rodgers,Lorenz Hart
  4. Fly Me To The Moon (*)
    作曲
    Bart Howard
  5. Two's Blues (+)
    作曲
    Jim Hall
  6. Moonlight In Vermont (+)
    作曲
    Karl Suessdorf,John M. Blackburn
  7. Careful (*)
    作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
Guitar
Don Tompson
Bass
Terry Clarke
Drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.ArtistShare 演奏編成.トリオ 録音.ライブ録音 共演者.TerryClarke 共演者.DonThompson

拍手する

無言歌 / Jazz Impressions Of Japan (1976年)[CD]

Jim Hall : Jazz Impressions Of Japan

オススメ度

★★★★★

所感


Jim Hall : Jazz Impressions Of Japan CD
やっとCD版査収。

(追記)2015/12/9にCD再発されました(記事はこちら。サイト内リンク) 以下は2011年に記述。

やっとCD版の「ジム・ホール 無言歌/Jazz Impressions Of Japan」を査収。これについてはさんざん書き留めたのでいまさらだが、CDは1993年に1度だけ生産されたようで、2011年の今となってはとにかくレア。オリジナルのLPレコードは1977年の初回版GXU-1と1980年の再発版GP-3216(初回に曲を追加)があり、このCDは再発版のジャケットと音源を元にした内容。演奏よし、音よしで星5つ。
なお、ライナーノーツによると#7.Two Special Peopleは1976年のジム・ホール来日コンサートに関し「日本に招へいしたプロモーターの神原音楽事務所の松山ユリ(リリー)さんと富岡清(トミー)さんの2人捧げられている」とのこと。うむ。

ダウンロード販売はこちら
Jazz Impressions Of Japanは、現在はジム・ホールがアルバムをリリースしてい るレーベルArtistShareで、誰でもLP収録の全8曲のリマスター音源(mp3)をダウンロード購入できます。
購入リンクはこちら(海外サイトになります。購入などは自己責任でお願いします)

サイト内関連リンク

詳細

アルバムタイトル(英題)
Jazz Impressions Of Japan
アルバム名義(英語表記)
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
無言歌
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1976/11/1
発売元,レーベル
Paddle Wheel(キングレコードのレーベル)
所有盤
国内版CD
CD発売元
キングレコード株式会社
国内CD発売日
1993/9/22
規格品番
KICJ-8023
JAN
4988003146139
定価
2,345円(税込)

曲目

  1. Light
    作曲
    Jim Hall
  2. Carefull
    作曲
    Jim Hall
  3. Kyoto Bells
    作曲
    Jim Hall
  4. Without Words
    作曲
    Jim Hall
  5. Echo
    作曲
    Jim Hall
  6. Young One
    作曲
    Jim Hall
  7. Two Special People
    作曲
    Don Thompson
  8. Something For Now
    作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Don Thompson
bass,piano (piano on tracks "Young One","Two Spesial People")
Terry Clarke
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.PaddleWheel 共演者.DonThompson 共演者.TerryClarke

拍手する

Jim Hall And Red Mitchell (1978年) [LP]{ライブ録音}

Jim Hall And Red Mitchell

オススメ度

★★★★★

所感

Jim Hall And Red Mitchell 2
写真はジャケット裏側。
レッド・ミッチェル。

キングレコードの国内盤
は白黒写真ですが、

USA盤(AH5)は
ジャケット表裏とも
カラー写真らしい。

【2016/5/30 追記】(外部リンク)ArtistShareがJim Hall and Red Mitchellの未公開音源アルバムを2016/9/16にCDとダウンロード版(フォーマット不明、high-quality downloadと表示)で発売予定です。このページで紹介しているレコード音源とは別の日1978/1/18のライブ音源の予定。
【2016/12/3 追記】(内部リンク)上記の未公開音源のアルバムが発売されました。こちら。Jim Hall And Red Mitchell : Valse Hot Sweet Basil 1978 (1978年) [CD]{ライブ録音}
***
ジム・ホール関連100枚目のアルバム蒐集。もう、ゴールしていいよね・・・。そのマイルストーンとなる1枚として、ようやく入手。未だにCD化されていなく、その高評価っぷりに伝説と化しているレコード・アルバムがこの「ジム・ホール & レッド・ミッチェル」じゃー!!感極まって自我崩壊悦楽至極。噂に違わない至高の内容でございます。そう、これはCDではなく、LPレコードです。レコードは手を出すまいと思ってましたが、とうとう手を出してしまったよ・・・。ジム・ホールの素の音で、これほど濃密なアルバムにまた出会えたことに感謝。私見ですがジム・ホール最高峰のアルバムと認識している「LIVE!」(1975年)に勝るとも劣らない内容でございます。

音や雰囲気としては「LIVE!」のダークでウェットなリバーブ感と「LIVE IN TOKYO」(1976年)のライトでドライなリバーブ感の中間といったところか。いや、若干ウェット寄りかな。全体的には「LIVE!」のような鬼気迫る緊迫感ではないものの、ジム・ホールとレッド・ミッチェルが演奏中にお互いに刺激しあって呼応する様子が生々しく伝わってくる、精気に満ちたアルバムだ。手数は多めだが、LIVE!と違うのは抑えるところは抑える、といった「退き」の部分がわりとあるところ。どっちかというとレッド・ミッチェルのほうが弾きまくっており、それにジムがひきずられて高揚したフレーズを走らせるといった印象。

ベストテイクはミーハーだがやはりFly Me to The Moon。有名な曲だが、この曲としては意外ともいえる速めのテンポで刺激的に展開しており秀逸の演奏だ。
中古LPを入手したわけですが、帯付き、ライナーノーツつきで完璧な状態!とおもったら先達様の記述を見ると新品ではWaltz Newの楽譜が付いてたらしい。それが抜けてます。p1にはこのオリジナルレコードを発売したレーベル「アーチストハウス」についての説明もあり。(2010/5/4:楽譜はUSA盤に付属していたようですが、国内版の付属については不明。)

ライナーノーツより引用
80年代をリードする本格的ジャズ・レーベル”アーチストハウス”
A&Mでホライズン・レーベルをスタートされたジョン・スナイダーがA&Mより独立、自ら設立したのが"アーチストハウス"です。(中略)まだ三十歳にもならないスナイダーはノース・カロライナ州シャーロットの出身で音楽と法律の学位を取得しており、トランペットもこなします。彼がレコード業界入りしたきっかけはクリード・テイラーに雇われてCTIレーベルで働くからになったからで、1973年のことです。(中略)およそ二年後に彼はCTIを離れてホライズン・レーベルを設立、そのレーベルをもってA&Mの傘下に入りました。(中略)スナイダーはかねてから構想していた自らの裁量によって運営できる新レーベル”アーチストハウス”を発足させ独立しました。

ふむふむ。クリード・テイラーっつたら「アランフェス協奏曲」(1975年)のプロデューサーじゃねーか。ちなみジョン・スナイダーはJohn Snyder - ArtistshouseMusicで経歴や現在の職について確認できます。ライナーノーツp4は「COMPLETE JIM HALL DISCOGRAPHY」と銘打った1955年から1978年までのジム・ホールが参加したレコードアルバムを網羅したリストがありもう平身低頭、資料としても一級品の価値あり。垂涎垂涎。とにかくこのレコードは内容・資料的価値ともにジムファンなら抑えるべき一品でございます。内容的には厳しくみると星4つといったところだが、希少価値と主観により星5つ。

Jim Hall And Red Mitchell 3 Jim Hall And Red Mitchell 4 Jim Hall And Red Mitchell 5 Jim Hall And Red Mitchell 6 Jim Hall And Red Mitchell 7
写真は帯付きの状態、ジャケット内側、ライナーツなど。

詳細

アルバムタイトル(英題)
Jim Hall And Red Mitchell
アルバムタイトル(邦題)
ライヴ・アット・スウィート・ベイジル
アルバム名義(英語表記)
Jim Hall And Red Mitchell
アルバム名義(日本語表記)
ジム・ホール & レッド・ミッチェル
収録年
1978/1/20,1978/1/21
オリジナルレコード レーベル
Artist House(AH 5) 外部リンク John Snyder - ArtistshouseMusic
所有盤
国内LPレコード(33 1/3 r.p.m)
発売元
キングレコード株式会社
発売日
1978/9/5
規格品番
GP-3165
JAN
N/A
定価
2,500円

曲目 Side A

  1. Big Blues (6:25)
    作曲
    Jim Hall
  2. Beautiful (7:56)
    作曲
    Red Mitchell
  3. Waltz New (5:07)
    作曲
    Jim Hall

曲目 Side B

  1. Fly Me to the Moon (7:09)
    作曲
    Bart Howard
  2. Blue Dove (9:19)
    作曲
    Mexican folk song
  3. Osaka Express (4:40)
    作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Red Mitchell
bass

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.ArtistHouse 共演者.RedMitchell

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ