スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Eric Dolphy : Vintage Dolphy (1963年)[CD]

Eric Dolphy Vintage Dolphy

オススメ度

★★★★☆

所感



下記は1995年の再販CD
のDL版。収録曲が多い

サックス奏者、エリック・ドルフィーのライブアルバム。
これはよい変態系。
わかりやすくて気持ちのいい、スイングするスタンダードなジャズではなく、前衛、難解な部類のジャズです。ほぼオリジナル曲。
テンポが速めの曲が多く勢いがあるので、よくわからんけど聴いててテンションがあがります。
最後の陽気でわかりやすいチャーリー・パーカーのDonna Leeはたくさんの面子の中でソロ回し大会。これがかえって他の曲にくらべて浮いて聴こえるくらい。何気にLalo SchifrinとかChuck Israelsなどがいたりして地味に豪華な?アルバム。
ジム・ホールは#6.Abstractionのバッキング 、#7のDonna Leeでバッキングとソロがちょっとあります。
音やフレーズは60年代のジムってかんじ。太くてまるい音で、スピード感のあるフレーズ。スイープなんかもやってて良い感じです。
査収したCDは初版のようで7曲入りですが、1995年に再発したCDでは未収録曲が収録されているようです。そのCDは入手困難と思いますが、2015年からダウンロード販売があります。
ジム度は低いですが、全体的によいので星4つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Vintage Dolphy
アルバム名義
Eric Dolphy
収録年
#1,2,3; 1963/4/18 at Carnegie Hall,#4,6;1963/3/14 at Carnegie Hall , #9; 1962/3/10 at Syracuse,NY
発売元,レーベル
Enja Records: Germany (Copy right ,GM Records, P 1987)販売元公式サイトhttp://www.gmrecordings.com/gm3005.htm
所有盤
輸入CD
CD発売日
1987
規格品番
ENJA CD 5045
UPC
063757504528
定価
N/A
備考
録音日がCD裏面ジャケットとインターネット上の情報と一部食い違いがある。ここではCDの表示を記載。

曲目

  1. Half Note Triplets
    作曲
    Eric Dolphy
  2. Ode To Charlie Parker
    作曲
    Jaki Byard
  3. Iron Man
    作曲
    Eric Dolphy
  4. Densities
    作曲
    Gunther Schuller
  5. Night Music
    作曲
    Gunther Schuller
  6. Abstraction
    作曲
    Gunther Schuller
  7. Donna Lee
    作曲
    Charlie Parker

演奏者 #1-#3

Eric Dolphy
alto sax
Ed Armour
trumpet
Richard Davis
bass
J.C.Moses
drums

演奏者 #4

Eric Dolphy
clarinet
Gloria Agostini
harp
Eddie Costa
vibes
Richard Davis
bass
Warren Chiasson
vibes

演奏者 #5

Eric Dolphy
bass-clarinet
Barry Galbraith
guitar
Chuck Israels
bass
Sticks Evans
drums

演奏者 #6

Eric Dolphy
alto sax
Matthew Raimondi,Louis Krasner
violin
Samuel Rhodes
viola
Michael Rudiakov
cello
Richard Davis,Barre Phillips
bass
Jim Hall
guitar
Sticks Evans
drums

演奏者 #7

Phil Woods,Eric Dolphy
alto sax
Nick Travis,Don Ellis
trumpet
Benny Golson
tennor sax
James Knepper
tb
Jim Hall
guitar
Lalo Schifrin
piano
Barre Phillips
bass
Charles Persip
drum
-
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Enja 共演者.EricDolphy

拍手する

Carol Sloane : Out Of The Blue (1961年)[CD]

Carol Sloane Out Of The Blue

オススメ度

★★★☆☆

所感

女性ジャズボーカルもの。1961年録音(リリースは1962年)。ミドルテンポ、スローテンポ中心のゆったりまったりした歌が中心。当時24歳のキャロル・スローンの公式デビューアルバムってことですが、なんですか24歳にしてこの貫禄の歌声。みずみずしいというよりはちょっとかすれたかんじで、そこがジャズボーカルらしい魅力でしょうか。

お目当てのギターはジム・ホールのほかにもう一人、Barry Galbraithが参加。曲によってはザクザク4つ刻みのギターがよく聞こえるのだけれど、それはほとんどBarry Galbraith。#5,#6でジムがギターになるのだけど、まぁぜんぜん聞こえないに等しいです。ジムの盟友、ボブ・ブルックメイヤーも参加。うむ。貴重な1枚ですな・・・でもジム・ホール成分は足りない、、ことで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(英題)
Out Of The Blue
アルバム名義(英語表記)
アウト・オブ・ザ・ブルー
収録年
#1,8 1961/11/27; #2,7,9 1961/12/1; #3,4,10,11 1961/12/20; #5,6 1962/1/27; at 30th Street, New York
オリジナルレコード レーベル
Columbia  CL 1766 CS 8566
所有盤
国内CD
CD発売元
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
CD発売日
2015/11/11
規格品番
SICJ 111
JAN
4547366245257
定価
1,000円+税
備考
日本初CD化は1986/12/21発売 カタログナンバー 32DP 616 CBS・ソニーレコード株式会社

曲目

  1. Prelude To A Kiss
    作曲
    I. Gordon,I. Mills,D. Ellington
  2. Aren't You Glad You're You
    作曲
    J. Burke,J. Van Heusen
  3. Little Girl Blue
    作曲
    L. Hart,R. Rodgers
  4. Who Cares
    作曲
    I. Gershwin,G. Gershwin
  5. My Ship
    作曲
    I. Gershwin,K. Weill
  6. Will You Still Be Mine
    作曲
    T. Adair,M. Dennis
  7. The More I See You
    作曲
    M. Gordon,H. Warren
  8. Deep Purple
    作曲
    M. Parish,P. De Rose
  9. Life Is Just A Bowl Of Cherries
    作曲
    L. Brown , R. Henderson
  10. My Silent Love
    作曲
    E. Heyman , D. Suesse
  11. Night And Day
    作曲
    Cole Porter

演奏者

Carol Sloane
vocals
Clark Terry
flugelhorn
Nick Travis
trumpet
Bob Brookmeyer
trombone
Al Klink
fl
Bernie Leighton
piano
Barry Galbraith
guitar #2,3,4,7,9,10,11
Jim Hall
guitar #3,4,5,6,10,11
Art Davis
bass
George Duvivie
bass
Walter Perkins
drums
Arrranger,Conductor
Bill Finegan
Producer
Mike Berniker
Photography
Henry Parker

続きを読む

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Columbia 共演者.BobBrookmeyer

拍手する

Duke Ellington : 1969 All-Star White House Tribute (1969年)[CD]

Duke Ellington 1969 All-Star White House Tribute

オススメ度

★★★☆☆

所感

ワシントンのホワイトハウスで催されたデューク・エリントンの70歳の誕生日パーティーのコンサートを記録したライブ音源。当時のアメリカのリチャード・ニクソン大統領がこのときにエリントンにPresidential Medal of Freedom(大統領自由勲章)を授与したとのこと。
さてさて演奏陣は超豪華、っていうかいつもつるんでるような面子ですかな・・・。
楽曲は当然エリントン楽団にちなんだ曲がほぼメドレー形式で演奏されています。エリントン本人の演奏はラストのピアノソロ1曲。

ジム・ホールはクレジットとしては基本構成のバンドのギターに名を連ねていますが、実際に演奏がはっきり聞こえるのは3~4曲。#10.In A Mellotoneのイントロのユニゾンと、ちょっとしたソロ、#11.In A Sentimental Moodのソロ+ベースデュオの超ショートサイズ版、#23.I Didn't Know About Youのエンドのフィル、#24.Praise God And Danceのイントロギターくらいでしょうか。
Wikipedia(English)に当時の写真がのってるんだけど(画像直リンク)、エリントンの左下の足元に横たわっているのがギターに見えるのですが、そうだとしたらジムのES-175かなーっと思います。

ジム・ホールと縁のあるミュージシャンもたくさんいて、なかなか興味深いです。(ポール・デズモンド、ジェリー・マリガン、ビリー・テイラーとか)
内容、演奏はいいけどジム度低いよー星2つかなー、あーでも大統領の前で演奏したとかやっぱジム・ホールおじ様すごすぎだわーっ しかもジムおじさまはエリントン大好きだったしこんな奇跡ないよねきっと でもでもIn A Sentimental moodフルでききたかったです・・・!安西先生!てことで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(英題)
1969 All-Star White House Tribute
アルバム名義(英語表記)
Duke Ellington
収録年
1969/4/29 in the East Room of the White House, Washington,D.C.
所有盤
海外CD
CD発売元
Blue Note (is registered trademark  of Capitol Records)
CD発売日
2002/4/27
規格品番
131595
UPC
724353524920
定価
-

曲目

  1. Take The 'A' Train
    作曲
    Billy Strayhorn
    演奏
    Band,solo:Bill Berry,Urbie Green,Clark Terry
  2. I Got It Bad (And That Ain't Good)
    作曲
    Paul Francis Webster; Duke Ellington
    演奏
    Urbie Green,Hank Jones,Jim Hall,Milt Hinton,Louie Bellson
  3. Chelsea Bridge
    作曲
    Billy Strayhorn
    演奏
    Paul Desmond,Hank Jones,Jim Hall,Milt Hinton,Louie Bellson
  4. Satin Doll
    作曲
    Johnny Mercer;Billy Strayhorn;The Blue Rays;The Pied Pipers;Martha Tilton;Duke Ellington
    演奏
    J.J.Johnson,Hank Jones,Jim Hall,Milt Hinton,Louie Bellson
  5. Sophisticated Lady
    作曲
    Duke Ellington
    演奏
    Gerry Mulligan,Hank Jones,Jim Hall,Milt Hinton,Louie Bellson
  6. Just Squeeze Me (But Don't Tease Me)
    作曲
    Lee Gaines;Duke Ellington
    演奏
    Band,Solos:Bill Berry,Clark Terry
  7. I Let A Song Go Out Of My Heart
    作曲
    Irving Mills & His Hotsy Totsy Gang;John Redmond;Duke Ellington;Henry Nemo
    演奏
    Band,Solos:Bill Berry
  8. Do Nothing Till You Hear From Me
    作曲
    Bob Russell,Duke Ellington
    演奏
    Band,Solos:Clark Terry,J.J.Johnson
  9. Don't Get Around Much Anymore
    作曲
    Duke Ellington,Bob Russell
    演奏
    Band,Solos:Hank Jones
  10. In A Mellotone
    作曲
    Milt Gabler;Duke Ellington
    演奏
    Band,Solos:J.J.Johnson(fills),Paul Desmond,Bill Berry,Urbie Green,Jim Hall,Gerry Mulligan,Clark Terry,Hank Jones
  11. In A Sentimental Mood
    作曲
    Duke Ellington;Irving Mills & His Hotsy Totsy Gang;Manny Kurtz
    演奏
    Jim Hall,Milt Hinton
  12. Prelude To A Kiss
    作曲
    Duke Ellington;Irving Mills & His Hotsy Totsy Gang;Irving Gordon
    演奏
    Band,Solos:J.J.Johnson(fills),Paul Desmond,Urbie Green,Gerry Mulligan,Clark Terry
  13. Ring Dem Bells
    作曲
    Irving Mills & His Hotsy Totsy Gang;Duke Ellington
    演奏
    Band,Solos:Paul Desmond,Gerry Mulligan,Clark Terry
  14. Drop Me Off In Harlem
    作曲
    Duke Ellington;Nick Kenny
    演奏
    Billy Taylor,Milt Hinton,Louie Bellson
  15. All Too Soon
    作曲
    Carl Sigman;Duke Ellington
    演奏
    Billy Taylor,Milt Hinton,Louie Bellson
  16. It Don't Mean A Thing (If It Ain't Got That Swing)
    作曲
    Irving Mills & His Hotsy Totsy Gang;Duke Ellington
    演奏
    Billy Taylor,Milt Hinton,Louie Bellson
  17. Things Ain't What They Used To Be
    作曲
    Johnny Mercer;Ted Persons;Duke Ellington
    演奏
    Dave Brubeck,Paul Desmond,Gerry Mulligan,Milt Hinton,Louie Bellson
  18. Perdido
    作曲
    Hans J. Lengsfelder;Juan Tizol;Ervin Drake
    演奏
    Earl Hines,Milt Hinton,Louie Bellson
  19. Warm Valley
    作曲
    Duke Ellington;Sidney Keith Russell
    演奏
    Band, Solo:Gerry Mulligan
  20. Caravan
    作曲
    Duke Ellington;Irving Mills & His Hotsy Totsy Gang;Juan Tizol
    演奏
    Band,Solos : Milt Hinton,Louie Bellson
  21. Mood Indigo
    作曲
    Irving Mills & His Hotsy Totsy Gang;Duke Ellington;Barney Bigard
    演奏
    Vocal:Mary Mayo,Band,Solo Fills : J.J.Johnson,Gerry Mulligan
  22. Prelude To A Kiss
    作曲
    Irving Mills & His Hotsy Totsy Gang;Irving Gordon;Duke Ellington
    演奏
    Vocal:Mary Mayo, Hank Jones,Jim Hall, Milt Hinton
  23. I Didn't Know About You
    作曲
    Duke Ellington;Bert Russell
    演奏
    Vocal:Mary Mayo, Hank Jones,Jim Hall, Milt Hinton
  24. Praise God And Dance
    作曲
    Duke Ellington
    演奏
    Vocal:Mary Mayo, Band
  25. Come Sunday
    作曲
    Duke Ellington
    演奏
    Vocal:Joe Williams, Band
  26. Heritage
    作曲
    Duke Ellington
    演奏
    Vocal:Joe Williams, Band
  27. Jump For Joy
    作曲
    Sid Kuller;Duke Ellington;Paul Francis Webster
    演奏
    Vocal:Joe Williams, Band
  28. Pat
    作曲
    Duke Ellington
    演奏
    Duke Ellington

演奏者 The Band

Bill Berry
trumpet
Clark Terry
trumpet
Urbie Green
flugelhorn
J.J.Johnson
trombones
Paul Desmond
alto saxophone
Gerry Mulligan
baritone saxophone
Hank Jones
piano
Jim Hall
guitar
Milt Hinton
bass
Louie Bellson
drums

歌 singer

Mary Mayo
vocal
Joe Williams
vocal

演奏者 guset

Duke Elington
piano
Dave Brubeck
piano
Earl Hines
piano
Billy Taylor
piano

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.BlueNote 共演者.PaulDesmond 共演者.GerryMulligan

拍手する

Lalo Schifrin : Piano, Strings, And Bossa Nova (1962年)[CD]

: Lalo Schifrin : Piano, Strings, And Bossa Nova

オススメ度

★★★☆☆

所感

ラロ・シフリンのボサノヴァアルバム。ビッグバンド編成。
ラロ・シフロンってぜんぜん知りませんでしたが、有名なヒトだったのですね・・・いかに自分の見識が狭いかと自覚。

引用:Wikipedia
ラロ・シフリン(Lalo Schifrin、1932年6月21日 - )は、アルゼンチン出身の作曲家、編曲家、ジャズピアニスト、指揮者。
『ブリット』、『ダーティハリー』、『燃えよドラゴン』といった映画や、『スパイ大作戦』、『スタスキー&ハッチ』といったテレビシリーズの作曲家として有名。

そんなこととは露知らず、ふつーに聴いてました。曲はすべてボサノヴァとサンバのみ。全体的にスピード感と勢いがある演奏で、聴きやすいアレンジ。ゆっくりのんびりした編曲はない。かといって曲調は明るいだけでなく、ちょっとメロウな雰囲気もございます。ラロ・シフリン自身のピアノは洗練された中にも情熱的な演奏です。それにしても1960年代前半のボサノヴァアルバムの多さには脱帽。プロデューサーはクリード・テイラー(後にCTIレコードを創設、ジム・ホールのアランフェス協奏曲を制作した人)。
さてジム・ホールおじさまのギターは、はっきりギター弾いてるなと聴いてわかるのは2~3曲。ほぼバッキング。
ほかにもあるかもしれないけど、ビッグバンドで埋もれて弾いてるかどうかよくわからんのです。ジム度は低いけど、全体的にはよいアルバムかなってことで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(英題)
Piano, Strings, And Bossa Nova
アルバム名義(英語表記)
Lalo Schifrin
収録年
#1-7,1962/10/23  ; #8-12 1962/10/24 New York City
#25(Bonus Track) 1959/12/23
オリジナルレコード レーベル
MGM Records SE 4110  ,released 1963 (Reissue ; Verve Records V6-785 ,1969)
所有盤
海外CD
CD発売元
Verve Music Group
CD発売日
2008/9/23
規格品番
B0011960-02
UPC
602517833326
定価
-

曲目

  1. The Wave
    作曲
    Lalo Schifrin
  2. Insensatez
    作曲
    Antonio Carlos Jobim
  3. You And Me (Voce E Eu)
    作曲
    Carlos Lyra, Vinicius De Moraes
  4. Lalo's Bossa Nova (Samba Para Dos)
    作曲
    Lalo Schifrin
  5. Silvia
    作曲
    Lalo Schifrin
  6. Murmurio
    作曲
    Luiz Antonio,Djalma Ferreira
  7. Maria
    作曲
    Leonard Bernstein
  8. Rapaz De Bem
    作曲
    Johnny Alf
  9. Samba No Perroquet (Parrot Samba)
    作曲
    Djalma Ferreira
  10. Rio After Dark
    作曲
    Lalo Schifrin
  11. Time For Love
    作曲
    Leonard Feather
  12. I'm Looking Over A Four Leaf Clover
    作曲
    Harry Woods, Mort Dixon

演奏者#2,4,8,10

Lalo Schifrin
piano ,arranged
Chris White
bass
Rudy Collins
drums
Jim Hall
guitar
Carmen Costa
percussion
José Paulo
percussion
unknown
strings,others
Creed Taylor
producer

演奏者

Frank Rosolino
trombone
Lester Robertson
trombone
Art Pepper
alto sax
Richie Kamuca
tenor sax
Jimmy Giuffre
baritone sax,tenor sax,arr
George Morrow
bass
Mel Lewis
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Verve 共演者.LaloSchifrin

拍手する

Lurlean Hunter : Blue & Sentimental (1960年)[CD]

Blue & Sentimental Lurlean Hunter

オススメ度

★★★☆☆

所感

女性ジャズボーカルもの。ほとんどの曲がミドルテンポかスローテンポなバラッド曲。うん、ききやすい。ちょっとブルージィな中域、アルト声です。アップテンポな曲はMy Kinda LoveとThe Song Is Youの2曲のみ。まぁ酒でも飲みながらのんびりと聴きたい感じのアルバム。
ジム・ホールは全曲弾いていると思うが、ほぼバッキングとミュートトランペットとユニゾンするオブリガートのみ。ソロはあっても簡単なフレーズをちょっと弾く程度です。アルバム全体の鍵を握るのはこのミュートトランペットで、キンキンせずにミュートなのに甘い音色でなんだか印象に残ると思い、調べてみたらカウントベイシー楽団のトランペットをしていたハリー・エディソンという人でした。私は知りませんでしたが知る人ぞ知るってところでしょうか。
アルバムはなんと当時ジム・ホールとトリオを組んでいたジミー・ジュフリー(テナー・サックス)がアレンジしてます。演奏はしてないけど。
ジム度は足りないけど全体的にはいいかな、てことで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(邦題)
ブルー&センチメンタル
アルバムタイトル(英題)
Blue & Sentimental
アルバム名義(日本語表記)
ラリーン・ハンター
アルバム名義(英語表記)
Lurlean Hunter
収録年
1960/8/12,1960/8/23:New York
オリジナルレコード レーベル
Atlantic Recording Corp.(Atlantic 1344)
所有盤
国内CD
CD発売元
ワーナーミュージックジャパン
CD発売日
2012/8/8
規格品番
WPCR-27145
JAN
4943674120475
定価
1,000円(税抜価格952円)

曲目

  1. Blue Turning Grey Over You
    作曲
    music bu Fats Waller, lyrics by Andy Razaf
  2. If You Could See Me Now
    作曲
    music by Tadd Dameron, lyrics by Carl Sigman
  3. My Kinda Love
    作曲
    music by Louis Alter ,lyrics by Jo Trent
  4. Crazy He Calls Me
    作曲
    music by Carl Sigman, lyrics by Bob Russell
  5. Just Imagine
    作曲
    B.G. DeSylva, lyrics by DeSylva and Lew Brown, and music by Ray Henderson
  6. Blue & Sentimental (LP Version)
    作曲
    by Count Basie, Jerry Livingston, and Mack David
  7. The Song Is You
    作曲
    music by Jerome Kern with lyrics by Oscar Hammerstein II
  8. Then I'll Be Tired Of You
    作曲
    music by Arthur Schwartz,lyrics by E. Y. Harburg
  9. Fool That I Am
    作曲
    written by Floyd Hunt
  10. We'll Be Together Again
    作曲
    musicby Carl T. Fischer, with lyrics by Frankie Laine
  11. As Long As I Live
    作曲
    music by Harold Arlen, with lyrics by Ted Koehler

演奏者

Lurlean Hunter
vocal
Harry "Sweets" Edison
trumpet
Rudy Rutherford
clarinet
Bud Freeman
tenor sax
Jimmy Jones
piano
Jim Hall
guitar
George Duvivier
bass (tracks 1,2,4,6,11)
Trigger Alpert
bass (tracks 3,5,7,8,9,10)
Don Lamond
drums
Arranged By, Conductor
Jimmy Giuffre

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 共演者.LurleanHunter レーベル.Atlantic

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。