スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Jane Hall and Ed Bickert : With A Song In My Heart (1985年) [CD]

Jane Hall and Ed Bickert : With A Song In My Heart  

オススメ度

★★★★★

所感

ジム・ホールの妻、ジェーン・ホールの歌とEd Bickertのギター1本の伴奏による、ジャズスタンダードのボーカルアルバム。
素敵。これはよい1枚。

ジム・ホールは演奏していないのであしからず。
ジムの娘、デブラのライナーノーツによると本作は1985年8月にジェーン・ホールがバレンタインのサプライズ(夫ジム・ホールへの贈り物)として録音したものだそうです。

曲は12曲、すべて3分ほどの尺。曲調は全曲ゆったり。ジム・ホールのアルバムCommitment (1976年)でジェーンが歌うWhen I Fall in Loveが収録されていますが、そのときと同じような歌声と雰囲気かと思います。
本来は外に出すものではなかった、プライベートな音源ということで本当に好きな歌を好きなように歌っている、愛情があり暖かみのある雰囲気。ジェーンの歌声は張り上げたり、極端にビブラートしたりするような歌い方ではなく、囁くような歌い方。当時の彼女の年齢は不明ですが、ジムとそんなに差がないとすると50歳くらいだったんでしょうか。それでこの歌声はとても瑞々しく可愛らしいと思います。
素朴で味わいがある歌声で、ギター1本の伴奏によく合っていて好きな歌声です。

ギターのEd Bickertは知らなかった人ですが、なかなかに素敵なコンピング。
ジム・ホールが1960年代にポール・デズモンドのバンドで演奏していましたが、1970年代にジムがデスモンドにEdをギタリストとして紹介した、というエピソードがあるようです。
ソフトで丸みのあるギターの音で、だいぶハイを削ってるかんじですが、これがジェーンの歌とよく合っています。
Ed Bickertの動画を拝見。ジムの盟友Don Thompsonがベース!素敵!

テレキャスってこんなジャズい音が出るのけー。後年の動画をみたらフロントピックアップはハムに交換改造してた。

どうでもいいことで2点気になること
・個体不良かもしれないけど1曲目With A Song In My Heart の最後のほうに、ブチっというノイズが入っている。波形みたらやっぱりノイズが、、、うむ。カット。
・ArtistShareの品番はAS0148ですが、Jim Hall And Red Mitchell : Valse Hot Sweet Basil 1978も同じAS0148になっている。理由不明。

  まったりゆったり星5つ。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
With A Song In My Heart
アルバム名義
Jane Hall and Ed Bickert
収録年
1985/8/10,Tronto,Canada
発売元,レーベル
Artistshare http://artistshare.com/v4/Projects/Experience/7/469/1/Jim-Hall-Music-Remembering-Jim-Hall?v=2
所有盤
CD
発売日
CD Shipping : 2017/05/25 *ウェブサイト上の表示。筆者の注文品は2017/05/05にAritistShareが出荷した。
規格品番
AS0148 *Jim Hall And Red Mitchell : Valse Hot Sweet Basil 1978も同じAS0148になっている
UPC
None
定価
CD : USD 18.95

曲目

  1. With A Song In My Heart
    作曲/作詞
    Newman #correctly, Richard Rodgers / Lorenz Hart
  2. Maybe You'll Be There
    作曲/作詞
    Rube Bloom / Sammy Gallop
  3. 'round Midnight
    作曲/作詞
    Thelonious Monk / Bernie Hanighen
  4. People Will Say We're In Love
    作曲/作詞
    Richard Rodgers / Oscar Hammerstein II
  5. My Foolish Heart
    作曲/作詞
    Victor Young / Ned Washington.
  6. My Funny Valentine
    作曲/作詞
    Richard Rodgers / Lorenz Hart
  7. It Might As Well Be Spring
    作曲/作詞
    Richard Rodgers / Oscar Hammerstein II
  8. Lover Man
    作曲/作詞
    Jimmy Davis / Roger Ramirez / James Sherman
  9. It's Magic
    作曲/作詞
    Jule Styne / Sammy Cahn
  10. Alone Together
    作曲/作詞
    Arthur Schwartz / Howard Dietz
  11. Do It Again
    作曲/作詞
    George Gershwin / Buddy DeSylva
  12. For All We Know
    作曲
    J. Fred Coots / Sam M. Lewis

演奏者

Jane Hall
voice
Ed Bickert
guitar
Prawir Siriwat
Associate Producer
Brian Camelio
Produced
-
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Atlantic

拍手する

Bob Brookmeyer Featuring John Williams & Red Mitchell : (1957年)[CD]

Bob Brookmeyer Featuring John Williams & Red Mitchell

オススメ度

★★☆☆☆

所感

ボブ・ブルックマイヤーのセッション音源。CD帯には「バルブ・トロンボーン第一人者ボブ・ブルックマイヤーが、伝説のピアニスト、ジョン・ウィリアムズとレコーディングした1954年のセッションを中心に、ジム・ホール参加の1957年のセッションをカップリングしたウエストコースト・ジャズ作品初CD化!」と書いている。
ほほう、これはジム・ホールの未発表音源かーッと食いつき査収。けっこう前だけど。そしてこの記事を書いてる今、気がついた。
ジム・ホール参加の2曲(#2と#6)って、Bob Brookmeyer Quintet : Traditionalism Revisited (1957年)[CD]収録曲からの転用じゃないですかやだー!
Traditionalのほうは初かわからんけど2013年にCDが出たので、順番的には2012年にでたこっちが先なのかもしれないけど。
てことでカテゴリーはその他に入れておきます。まぎらわしいわーもう。
人柱じゃー。
さてジム参加の曲は、#2はまったりのんびり。若干ソロあり。#6はブルースでバッキングのみ。他の曲はスピード感があるスインギーな曲で明るく、ジャズとしては単純に楽しくきけます。ていうか作曲者のクレジットがない・・・たぶんボブ・ブルックマイヤーなんだろうけど。
演奏はよいですが、ジム的には星2つ。うーむ。

詳細

アルバムタイトル(英題)
Bob Brookmeyer Featuring John Williams & Red Mitchell
アルバム名義(英語表記)
Bob Brookmeyer
収録年
#1,3,4,5,7 1954/7 ; #2,6 1957/6
オリジナルレコード レーベル
Pacific Records,Crown Records
所有盤
国内CD
CD発売元
P-Vine Records 株式会社 Pヴァイン
CD発売日
2012/6/20
規格品番
PCD20173
JAN
4995879201732
定価
2,000円+税

曲目

  1. Last Chance
    作曲
    unknown
  2. Slow Freight
    作曲
    unknown
  3. The Blues
    作曲
    unknown
  4. Liberty Bell
    作曲
    Tony Jackson, Ed Rose, Abe Olman
  5. Red Devil
    作曲
    unknown
  6. Brook's Blues
    作曲
    Bob Brookmeyer
  7. Doe Eyes
    作曲
    unknown

演奏者#1,5,7

Bob Brookmeyer
trombone
John Williams
piano
Red Mitchell
bass
Frank Isola
drums

演奏者#2,6

Bob Brookmeyer
piano
Jimmy Giuffre
tenor sax (only track 2)
Jim Hall
guitar
Ralph Pena
bass
Dave Bailey
drums

演奏者#3,4

Bob Brookmeyer
trombone
John Williams
piano
RBill Anthony
bass
Frank Isola
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 共演者.BobBrookmeyer

拍手する

井上智 Plays Jim Hall (2014年)[CD]

Satoshi Inoue Plays Jim Hall

オススメ度

★★★★★

所感

ギタリスト、井上智(いのうえ さとし)によるジム・ホールのカバーアルバム。CDの帯の説明文では「2013年12月に死去したモダン・ジャズギターの巨星、ジム・ホール。彼の愛弟子、井上智が感謝と追悼の念を込めて送るジム・ホール・トリビュート・アルバム。」とある。

拝聴。
最高です。
恐れ多くも若干の感想を。

まずこのアルバムのすばらしいところは、ほぼ全曲ジム・ホール作曲の曲であること。あたりまえのようですが、同じトリビュートアルバムであるロン・カーターの「ジム・ホールの想い出 ロン・カーター (2014年)[CD]{ライブ録音}」はジム・ホールの曲がないのです。この差は大きい。次に、ギターの音色がかなりジム・ホールを意識して模したものであること。ジム・ホールのギターの大きな特徴である音色を、とりわけ誰もがジム・ホールといえば想起する音色をこのように再現(意図していないかもしれないけど)されているのは非常にうれしいことです。演奏は、完全コピーではなく井上智の自分流に演奏しています。しかしまったくジム・ホールのイメージを損なっていないと思います。当然、ピッキングやフレーズはけっこう違いますが、これなんです、ききたかったのは!こういうギターなんですうううッと言いたくなるアルバムです。

どうでもいいですが、今のジャズCDってこんなに音圧あるのかーっとびっくり。JPOPみたいにコンプで相当音が持ち上がって、0dbあたりにピークがきてる感じで、けっこうぱっつんぱっつん。古いジャズと同じ要領で再生したら音がでかくて焦った。

さて手短に各曲のコメントを(震えながら

※曲の出典はこちら:収録曲公開 井上智 新譜「Plays Jim Hall」2014年10月8日発売

Something Special:
悦楽。なんですかこの多幸感。大好きな曲。ライナーノーツにコメントがあるようにジム・ホール本人のテイクより相当早いテンポで爽快。この曲のオリジナルはタイトルアルバムSomething Special (1993年)[CD]のほかに、Gary Burton & Friends : Six Pack (1992年)でも演奏されており、Instractional DVD For Guitar Jim Hall[DVD]では映像を見られます。

Walk Soft:
最初、フルートってどうなんだろ・・・と思ってましたが、これが合う。

Joao:
もとはジム・ホールが一人でギター2本のみで録音した曲。非常に美しい曲。それがバンドアンサンブルとなってこれまたさらに磨きのかかった美しさに。しびれます。

Careful:
ジム・ホール史上、一番演奏された曲ではないかと思われる代表曲。ジム本人もそのたびいろんなアレンジをしてましたが、このイントロのザカザカカッティングをきいてこうきたかーッと叫んだ直後バンドアレンジがやってきて気絶。演奏後、ギターのブリッジとテイルピースの間でピックをカリカリっとやる(たぶん)ところにジム的なユーモアを感じニヤニヤ。
とにかくにこのアルバムをきいている間、わたくしはそうとう気持ち悪い顔をしてると思われます。

All Across The City:
ビル・エバンス&ジム・ホールのIntermodulation (1966年)[CD]の再来かと思った。また気絶。

Seseragi:
これまた、もとはギター2本の曲。こうして聴くと、Dedications & Inspirations (1994年)[CD]て地味だけどいい曲おおいんだなーと。また聴きなおそう。Whistle Stopとかかわいい曲で好きです。

Waltz New:
これまたミシェル・ペトルチアーニとジムの再来かと(Live at the Village Vanguard Volume 2 (1985年)[DVD])。「何々みたい」というのはアーティストにとってはよい感想の言葉ではないと思いますが、このアルバムはトリビュートということで御容赦いただければと・・・。

The Answer is yes:
Careful同様、イントロでこうきたかーっと唸った曲。大好き。聴きすぎた為に、しばらく聴いてなかった曲ですが、あらためていい曲と認識。ジム・ホールのアルバムでは初出のConcierto / アランフェス協奏曲(1975年)[CD]、以降はSubsequently (1992年)[CD]Panorama: Live at Village Vanguard (1996年)[CD]{ライブ録音}と意外と収録が少ないので、こうして新たに生まれた演奏は実にうれしい限り。

Aka tombo:
かあさーん とおさーん (田舎の方向を向いて絶唱

星5つ。

詳細

アルバムタイトル(英題)
Plays Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
プレイズ・ジム・ホール
アルバム名義(英語表記)
Satoshi Inoue
アルバム名義(英語表記)
井上 智
収録年
2014/6/23,2014/6/24
所有盤
国内CD
発売元
有限会社グ・ルーヴ
販売元
株式会社スペースシャワーネットワーク
発売日
2014/10/8
規格品番
WNCJ-2259
JAN
4523177522596
定価
2,778円+税

曲目

  1. Something Special
    作曲
    Jim Hall
  2. Walk Soft
    作曲
    Jim Hall
  3. Joao
    作曲
    Jim Hall
  4. Careful
    作曲
    Jim Hall
  5. All Across The City
    作曲
    Jim Hall
  6. Seseragi
    作曲
    Jim Hall
  7. Waltz New
    作曲
    Jim Hall
  8. The Answer Is Yes
    作曲
    Jane Hall
  9. Aka Tombo
    作曲
    Kosaku Yamada

演奏者

井上 智
guitar
片倉 真由子
piano
増原 巖
bass
横山 和明
drums
太田 朱美
flute (guest)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

拍手する

ジム・ホールの想い出 ロン・カーター (2014年)[CD]{ライブ録音}

ジム・ホールの想い出 ロン・カーター

オススメ度

★★★★★

所感


【番外編】
ロン・カーターらによるジム・ホールのトリビュート(追悼)ライブ。
そこにはジム・ホールがいない。しかしジム・ホール的な何かを感じるライブ盤。
ジム・ホールを知らなくとも、単純にただすばらしいベースとギター2人のトリオ演奏が聞ける良盤です。

【アルバムが制作された背景】
2014年1月にジム・ホールとロン・カーターのデュオによる来日ライブコンサートが公演される予定でした。ですが、2013年12月10日にジム・ホールが逝去したため、予定を変更してロン・カータらによるジム・ホールへのトリビュート(追悼)ライブが公演されました。そのライブを収録したアルバムです。
関連リンク(サイト内)

音源は2014年1月20日ブルーノート東京のライブを収録したもの。収録曲から推察すると2ndステージと思われます。ステージの配置としては中央にロン・カーター、ギターは左がラリー・コリエル、右がピーター・バーンスタイン。
ライナーノーツやJazz Life 2014年7月号のロン・カーターへのインタビューでは、ギタリスト二人を迎えることはエージェントによる提案だったそうです。また、予定通りジム・ホールとデュオでライブを行っていた場合、録音を予定していたようです。つまり、ジムとロンのアルバムの発売を予定していたと思われます。

引用:(ロン)「何ヶ月も前から、ジムにレコーディングを頼んでいたんだ。日本でのデュオのライブをやろうっていうのは、レコーディングが条件だったのに・・・」

【所感】
選曲が、ジム・ホールとロン・カーターがらみでは「おなじみでない曲」が2曲あり、ちょっと意外。知らなかっただけですが。With A Song In My Heart、There Will Never Be Another Youは手持ちの音源ではジムとロンが共演しているものがありません。過去にライブやジャムで演奏していたのかな、と思いをめぐらせます。この2曲はジム・ホール関連のアルバム全体でみてもほとんど演奏がなく、With A Song In My HeartはJim Hall Trio featuring Tom Harrell :These Rooms (1988年)のみに収録されています。There Will Never Be Another Youは手持ちの音源ではジムが演奏しているものはありません。(かろうじてZoot Sims : Choice (1959年)[CD]に収録していますが、ジムは演奏していません。)

さて内容ですが、ジム・ホールはいないのに、ジム・ホール的な何かを感じます。うまく言葉ではいえませんが・・・技術的に演奏が似てるとかどうとかでなく、3人がジム・ホールという人物をその場で描いて表現している、そんな感じです。といってもわたくしは実際の本人を知っているわけではないのですが。聴いているとなぜだかジム・ホールの顔を思い浮かべてしまいます。ってえらいスピリチュアルやわー まぁ素敵な演奏ちゅーことで。
***
ところでRon Carter and Jim Hall : Telephone (1984年)[CD]{ライブ録音}が2014/8/27に再発されるみたいです。これはけっこうおすすめ。

詳細

アルバムタイトル(英題)
In Memory Of Jim
アルバムタイトル(邦題)
 ジム・ホールの想い出
アルバム名義(英語表記)
Ron Carter
アルバム名義(日本語表記)
ロン・カーター
収録年
2014/1/20 Blue Note Tokyo
所有盤
国内CD
制作
ユニバーサル クラッシクス&ジャズ
発売・販売元
ユニバーサル ミュージック合同会社
CD発売日
2014/6/18
規格品番
UCCQ-1007
JAN
4988005827319
定価
2,800円+税

曲目

  1. With A Song In My Heart
    作曲
    Richard Rodgers,Lorenz Hart
  2. Anouncement 1 By Ron Carter
    作曲
    -
  3. All The Things You Are
    作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  4. Alone Together
    作曲
    Haward Dietz,Arthur Schwarts
  5. There Will Never Be Another You
    作曲
    Harry Warren,Mack Gordon
  6. St. Thomas
    作曲
    Sonny Rollins
  7. Anouncement 2 By Ron Carter
    作曲
    -
  8. Bags' Groove
    作曲
    Milt Jackson

演奏者

Ron Carter
bass
Karry Coryell
guitar (left)
Peter Bernstein
guitar (right)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Universal 共演者.RonCarter

拍手する

Ella In Hollywood (1961年)[CD]{ライブ録音}※Jim Hallではない疑いあり

Ella In Hollywood

オススメ度

(ジム・ホール度測定不能)

所感

女性ジャズシンガー、エラ・フィッツジェラルドの歌モノのアルバムで、ロサンジェルスのナイトクラブ「ザ・クレッセンド」でのライブ録音。
エラとジム・ホールの共演音源ってMack The Knife - Ella In Berlinだけじゃなかったのかーっと垂涎入手したのだがこれがまたライナーノーツを見ると驚愕の記述があり愕然。
ジャケットにはギターがジム・ホールと記述しているが、実はハーブ・エリスの疑いがあることが判明。

(CDのライナーノーツ引用)
オリジナル・アルバムのライナー・ノーツでは、ギターは、ジム・ホールになっているが他のディスコグラフィーでは、ハーブ・エリスになっている。多分、ハーブ・エリスが正解だろう(監修者註:ミッシェル・ルプリのTHE CLEF / VERVE LABELS A Discography VOL.1ではジム・ホールとしている)

てことで疑惑の1枚。 要するにライナーノーツの筆者・解説者である高田敬三氏はハーブ・エリスだろうと推測しているのだが、CDの販売元は別の論拠を持ち出して「ジム・ホールと記述があるのだからジャケットにはジム・ホールと書いてるんだからねッ」と二分した意見が掲載されているのだ。まったく困ったアルバムじゃよとほーっ。
追記(2010/11/8)
Wikipedia(ENG)ではやっぱギターはハーブ・エリスになっている。

わたくしとしては、このライナーノーツを読む前に曲を聴きだしたのだが、ジム・ホールにしてはギターの音色が明るすぎるなと感じていた。しかし1961年ごろはまだジム独特の音が確立してなかったし・・・と感想を抱いていた。このライナーノーツを読んだあとに聴き返すと、当時のジムにしてはギターの音が太いなとか、グリッサンド(スライド)時のアクセントがジムにしてはアクが強いな、などと感じて疑念を強めてしまった。 まったくもって困ったことですよー くっそー ジャケットにちゃんと「【お断り】 これはハーブ・エリスおじちゃんかもしれません ごめんねお兄ちゃん てへッ」と書いとけ うがーッ

・・・せっかくなのでアルバム感想。内容としてはエラ好きなら満足ってとこでしょうか。エラ・イン・ベイルリンはハイテンションな曲が多くパワーで押し切っているのですが、エラ・イン・ハリウッドはミドルテンポの曲も少し増えて緩急抑揚のバランスがよいかんじです。あと、スキャットが多め。ドゥビドュバーッっと明るく陽気にドライブしたいときのBGMなんぞにいかがでしょうか。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
 Ella In Hollywood
アルバム名義
Ella Fitzgerald
アルバムタイトル(邦題)
エラ・イン・ハリウッド
アーティスト表記(日本語表記)
エラ・フィッツジェラルド
収録年
1961/5/11.1961/5/21
発売元,レーベル
Original LP:Verve Recoeds
所有盤
国内CD
CD販売元
ユニバーサルミュージック株式会社
CD発売日
2004/12/1
規格品番
UCCV-9202
JAN
4988005371454
定価
2,345円(税込)

曲目

  1. This Could Be The Start Of Something Big
    作曲
    music:Steve Allen
  2. I've Got The World On A String
    作曲
    music:Harold Arlen,lyrics:Ted Koehler
  3. You're Driving Me Crazy
    作曲
    music:Walter Donaldson
  4. Just In Time
    作曲
    music:Jule Styne,lyrics:Betty Comden,Adolph Green
  5. It Might As Well Be Spring
    作曲
    music:Richard Rodgers, lyrics:Oscar Hammerstein II
  6. Take The "A" Train
    作曲
    music:Billy Strayhorn
  7. Stairway To The Stars
    作曲
    music:Matty Malneck,Frank Signorelli, lyrics:Mitchell Parish
  8. Mr. Paganini
    作曲
    music & lyrics:Sam Coslow
  9. Satin Doll
    作曲
    music:Duke Ellington,Billy Strayhorn, lyrics:Johnny Mercer
  10. Blue Moon
    作曲
    music:Richard Rodgers, lyrics:Lorenz Hart
  11. Baby Won't You Please Come Home
    作曲
    music & lyrics:Charles Warfield,Clarence Williams
  12. Air Mail Special
    作曲
    music:Charles B. Christian,Jim Mundy,Benny Goodman

演奏者

Ella Fitzgerald
vocal
Lou Levy
piano
Jim Hall (Notice :Maybe, Guitarist is "Herb Ellis" )
guitar
Wilfred Middlebrooks
bass
Gus Johnson
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Verve 共演者.EllaFitzgerald 録音.ライブ

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。