Jim Hall : Live At Birdland (2011年)[CD]{ライブ録音}

Jim Hall Live At Birdland  

オススメ度

★★★★☆

所感


2012年発売のジム・ホールの最新作かつライブアルバム。ジム・ホールがもうじき81歳となる直前の、実に御年80歳のときのライブでございます。
もう内容がどうとか以前に、合衆国はジムおじさまを人間国宝として国家レベルで保護すべきではないでしょうかっ!などと鼻息も荒く聞き出すと、出だしの1曲目Furnished Flatsのテーマでジムおじさまが一部のフレーズをわざとなのか弾いてなかったりと、ちょっと心配な演奏で始まり不安になる。この曲は以前、Panorama: Live at Village Vanguard(1996年)でもおなじサックスのグレッグ・オズビーと演奏しており、そのとき見せたキレのよい演奏と比べると、認めたくないものだがやはり加齢を感じてしまう・・・いや、そんなことは無いッと都合よい色眼鏡を装着。2曲目は定番のAll the things you are。やはりこなれた曲のためか徐々に演奏が安定してきて安心。最近ずっと多い3拍子のパターン。もう4拍子ではやらんのじゃろか・・・。と、そこで安心安定のお決まりパターンにおさまらず、3曲目はジョーイ・バロンとの変態無調デュオをみせ、いまだ衰えないアグレッシブなジムの音楽のあくなき探究心にずっきゅんしつつ、きっと初心者様は呆然となること請け合い。4曲目はここ最近、弾く頻度が増えたと思われるBeija Flor。美しいラテンな雰囲気のミディアムテンポのバラード。スティーヴ・ラスピナのねっとりベースが主メロとなり低音の魅力をたっぷりと堪能できる。5曲目はジムおじさまオリジナルのBig Bluesで、活気あるジャズブルースで楽しさ炸裂。6曲目は70年代に演奏することが多かったChelsea Bridge。アダルトなバラードでめろめろん。ラストのSt.ThomasではUSのライブにもかかわらずいつもの鉄道唱歌が入り日本のファンならいつでも安心のジムおじさまに心潤うことでしょう。
それにしても考えてごらんよ、自分が80歳になってこんなにギターがひけるかい?無理無理! てことで、あまあまの星4つ。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
Live At Birdland
アルバム名義
Jim Hall (ジャケットのデザインではJim Hall Quartetとなっている)
収録年
2011/11/10-11,  at Birdland,NewYork City
発売元,レーベル
Artistshare http://www.artistshare.com/v4/Projects/Experience/7/431/1
所有盤
CD
CD発売日
2012/10/16
規格品番
AS0120
UPC
None
定価
$18.95

曲目

  1. Furnished Flats
    作曲
    Jim Hall
  2. All The Things You Are
    作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  3. Friendly Recollections
    作曲
    Jim Hall,Joey Baron
  4. Beija Flor
    作曲
    Nelson Cavaquinho,Noel Silvia,Augusto Tomaz,Jr
  5. Big Blues
    作曲
    Jim Hall
  6. Chelsea Bridge
    作曲
    Billy Strayhorn
  7. St.Thomas
    作曲
    Sonny Rollins

演奏者

Jim Hall
Guitar
Greg Osby
alto saxophone
Don Tompson
Bass
Terry Clarke
Drums
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.ArtistShare 演奏編成.カルテット 録音.ライブ録音 共演者.GregOsby 共演者.SteveLaSpina 共演者.JoeyBaron

拍手する

Jim Hall : Live Vol.2-4 (1975年) [CD]{ライブ音源}

Jim Hall Live Vol.2-4 

オススメ度

★★★★★

所感

(2012/10/27:加筆修正中)
ジム・ホールのトリオ・ライブ盤「Live!」(1975年)の未発表音源集。最高すぎる。至上のジャズギター。ハードディスクが擦り切れるまで聴き続けたい。
なお、A&M Recordsの「Live!」は感嘆符の「!」がついているが、本作では感嘆符がなくなっており「Live Vol.2-4」と表示されている。

Live Vol.2-4の入手方法
USAのレーベルサイトArtistshare http://www.artistshare.com/v4/Projects/Experience/7/431/1で注文する。2012/10/27現在、日本国内の小売店・流通では取り扱いがないので直接注文するしかない。・・・が、なんてこった、現時点は在庫切れみたい。再販売を期待するしかない・・・(追記)2012/11/27から再販しています。
(さらに追記)2013/12/25現在、
ArtistshareでCDは完売しているようです。iTunes Storeでダウンロード販売しています。



ディスクについて
このアルバムの構成はCDが3枚(Live vol.2-4)、DVDが1枚となっている。DVDは24bit/48kの高音質オーディオデータで、Live vol.2-4の音源をすべて収録。高音質版はパソコンなどで再生する。しかしながら24bit/48対応の再生ソフトやオーディオインターフェースがないと本来の音質で楽しむことができない。
また、製品には収録されていないボーナストラック7曲も存在する。発売元のArtistShareのサイトにログインしてmp3でのみ入手できる。

ブックレットについて

Jim Hall Live Vol.2-4
ブックレットはこんなん
Jim Hall Live Vol.2-4
ジム・ホールとエラ・
フィツジェラルドが
共にいる写真。
これは初めて見た
  • 分厚いブックレットが付属しており、123ページある。さながら昔の重厚な書籍のようなカバーと装丁だ。ブックレットの主な内容は次の通り
  • 本アルバムの演奏者であるジム・ホール(ギター)、ドン・トンプソン(ベース)、テリー・クラーク(ドラム)のコメント
  • ジム・ホールを紹介した過去の新聞・雑誌の記事の切抜きの写真
  • 交流のある音楽家へのインタビュー。インタビューしたのはPat Metheny、Chris Potter、Scott Colley、Nels Cline
  • テクニカル・ノート。マスタリングの使用機材などをドン・トンプソンが解説。署名の日付は2012/6/28となっており、最初の発売日の5/1を余裕で越してる(笑

発売までのまとめ

  • 2011/11/19:(USでは201/11/18?)米国のレーベルArtistShareがJim Hallの新作「Live Project」を発表する。ドン・トンプソン(ジム・ホールとよく演奏したベース/ピアノ奏者)がA&M Recordsから発売されたLive!(1975年)の未発表音源を見つけたため、これを収録したCD3枚組みのボックスセットを発売することになった。同時に、2011年時のカルテット編成でのライブ音源(バードランドでのライブ音源)を発売する内容であった。この時点での発売予定は2012/5/1。(参照:内部リンク
  • 2012/5/1:ArtistShareが「Live Vol.2-4」の発売延期を案内。理由は豪華ブックレットを制作することになったため。このころLive Vol.2-4のカバーアートも公開された。明示されていなかったがバードランドでのライブ音源の発売も延期になった。再設定された発売日は2012/7/15。(参照:内部リンク
  • 2012/7/15:ArtistShareが「Live Vol.2-4」の発売再延期を案内。4枚目のディスクを追加することが案内された。4枚目には高音質版(24bit/48k)の音源を収録するとの案内だった。同日、注文者には延期の代替処置(お詫び)として、Live Vol.2-4の全曲をmp3音源でダウンロードできるようにした。(参照:内部リンク
  • 2012/8/18:ArtistShareが「Live Vol.2-4」の注文者に、ボーナストラックのmp3をダウンロードできるように案内した。ボーナストラックは製品版(CD)に収録されていなく、7曲ある。これらはCDに収録されている曲の別テイクと、完全に未収録の追加曲であった。(参照:内部リンク
  • 2012/10/16:ArtistShareが「Live Vol.2-4」と「Live At Birdland」を出荷開始した。わたくしの分は2012/10/17にUSPSのFirst-Class Internationalで発送され、2012/10/25に配達完了。

詳細

メディア
CD,DVD(DVDは24bit/48kのAudio Dataを収録)
アルバムタイトル(原題)
Live Vol.2-4
アルバム名義
Jim Hall
収録年
Volume Two;1975/6/12,Volume Three;1975/6/11,Volume Four;1975/6/13,  at Bourbon Street,Tronto,Ontario,Canada
発売元,レーベル
Artistshare http://www.artistshare.com/v4/Projects/Experience/7/431/1
所有盤
CD,DVD,ボーナストラックはmp3
CD発売日
2012/10/16
規格品番
AS0116
UPC
None
定価
$75-

曲目:Live Volume 2 (1枚目のCD)

  1. How Deep Is The Ocean
    作曲
    Irving Berlin
  2. Emily
    作曲
    Johnny Mandel, Johnny Mercer
  3. Valse Hot
    作曲
    Sonny Rollins
  4. Love Letters
    作曲
    Edward Heyman,Victor Young
  5. Chelsea Bridge
    作曲
    Billy Strayhorn
  6. Something Tells Me
    作曲
    Jane Hall
  7. Fly Me To The Moon
    作曲
    Bart Howard

曲目:Live Volume 3 (2枚目のCD)

  1. Secret Love
    作曲
    Sammy Fain,Paul Francis Webster
  2. Baubles, Bangles and Beads
    作曲
    George Forrest,Robert C. Wright
  3. In A Sentimental Mood
    作曲
    Duke Ellington
  4. Star Eyes
    作曲
    Gene de Paul,Don Raye
  5. Where Would I Be?
    作曲
    Jane Herbert
  6. Body And Soul
    作曲
    Edward Heyman,Robert Sour,Frank EytonJohnny Green
  7. Careful
    作曲
    Jim Hall

曲目:Live Volume 4 (3枚目のCD)

  1. Someday My Prince Will Come
    作曲
    Frank Churchill,Larry Morey
  2. Come Rain Or Come Shine
    作曲
    Harold Arlen ,Johnny Mercer
  3. Prelude To A Kiss
    作曲
    Duke Ellington,Irving Gordon,Irving Mills
  4. Everything I Love
    作曲
    Cole Porter
  5. Blue Dove
    作曲
    Mexican folk song
  6. Embraceable You
    作曲
    George Gershwin,Ira Gershwin
  7. The Theme
    作曲
    Kenny Dorham

曲目:Live Vol.2-4 Audio Files (DVD,High Resolution 24bit/48k Audio Files)

4枚目のディスクとしてDVDが入っている。DVDはCDで提供されたLive Volume 2-4をパソコン用の高解像オーディオファイル(wave形式、ビットレート/サンプリングレートは24bit/48k)で収録。CD3枚の合計曲数は21曲だが、オーディオファイルは20ファイルとなっている(Embraceable YouとThe Themeの2曲が1ファイルになっているため)。曲名は重複するので省略。

<ボーナストラック> Live Vol.2-4 Bonus Tracks (mp3ダウンロード提供のみ)

下記は2012/8/18にArtistShareにて注文者に無償提供されたLive vol.2-4のボーナストラック。下記はそのリスト。Live vol 2-4未収録の曲(+印)と、別テイクの音源(*印)がある。
  1. Emily (*)
    作曲
    Johnny Mandel, Johnny Mercer
  2. Prelude to a Kiss (*)
    作曲
    Duke Ellington,Irving Gordon,Irving Mills
  3. Spring Is Here (+)
    作曲
    Richard Rodgers,Lorenz Hart
  4. Fly Me To The Moon (*)
    作曲
    Bart Howard
  5. Two's Blues (+)
    作曲
    Jim Hall
  6. Moonlight In Vermont (+)
    作曲
    Karl Suessdorf,John M. Blackburn
  7. Careful (*)
    作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
Guitar
Don Tompson
Bass
Terry Clarke
Drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.ArtistShare 演奏編成.トリオ 録音.ライブ録音 共演者.TerryClarke 共演者.DonThompson

拍手する

Jim Hall & Pat Metheny (1999年)[CD]{ライブ録音}

Jim Hall & Pat Metheny

オススメ度

★★★☆☆

所感

2011/10/13追記。Nonesuchレーベルから低価格なCDが2011/11/8に再販されます。

ジム・ホールとパット・メセニーのギターデュオ。ひたすら二人っきりで演奏してます。リリースは1999年ですが、1998年でのニューヨークでのスタジオ録音([Studio Recording]と表示)と、同年のライブ録音が6曲(#2,3,7,8,9,17)混在して収録されています。スタジオ録音は1998年7月30日と31日。ライブ録音は1998年8月1日と2日、ペンシルベニア州のクラブハウスManchester Craftsmen's Guild(外部リンク)での録音。基本的にジム・ホールが左チャンネル、パットメセニーが右チャンネル。ジム・ホールはダキスト1本かとおもうが、メセニーは4種類のギターを投入し、ジム・ホールを尊敬しているというメセニーの気概が伺える。それにしてもメセニーの使用楽器の記述をみると「フレットレス・クラッシク・ギター」とある。フレットレス弾くとかもう楽器の時点でおかしいです(誉)。

演奏内容については、まったりと落ち着いた雰囲気の曲が多い。たった2本のギターで最後 までこんなにも飽きさせないことができるのかという、枯れることの無い曲想にほれぼれいたします。一方、パット・メセニーのファンがいつもの手数の多さを期待して聞いたら、ちょっと控えめな演奏にあれれー?と首を傾げてしまうかもしれない。でも演奏そのものはよい。あくまでメセニー自身のアルバムと比較してってことで。

オススメはジム・ホールの友人でもある故アッティラ・ゾラーの曲#3.The birds and beesの演奏と、ジム・ホールの往年の名曲#17.All Across The City。渋くてよい。Improvisation No.1~5はタイトル通り即興演奏。曲として組みあがっているのもあるし、実験的な変態系もあって好き邦題やってる。

わたくし自身はこのアルバムはかなり好きで、ジャズギターの大御所二人の共演ということでひいき目にみたいが、このシンプルな構成と、落ち着いた雰囲気にどちらのファンでも無い人はちょっと退屈になるのかもしれない・・・てことで辛めの星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Jim Hall & Pat Metheny
アルバム名義
Jim Hall & Pat Metheny
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1998/7/30,31 - 1998/8/1,2
発売元,レーベル
Telarc International Corporation
所有盤
輸入CD
販売元
Telarc International Corporation
CD発売日
1999
規格品番
CD-83442
UPC
089408344220
定価
N/A

曲目

  1. Lookin' Up [Studio Recording]
    作曲
    Jim Hall
  2. All The Things You Are
    作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  3. The Birds And The Bees
    作曲
    Attila Zoller
  4. Improvisation No. 1 [Studio Recording]
    作曲
    Jim Hall,Pat Metheny
  5. Falling Grace [Studio Recording]
    作曲
    Steve Swallow
  6. Ballad Z [Studio Recording]
    作曲
    Pat Metheny, arranged by Gil Goldstein
  7. Summertime
    作曲
    Du Bose Heyward,George Gershwin,Ira Gershwin
  8. Farmer's Trust
    作曲
    Pat Metheny
  9. Cold Spring
    作曲
    Jim Hall
  10. Improvisation No. 2 [Studio Recording]
    作曲
    Jim Hall,Pat Metheny
  11. Into The Dream [Studio Recording]
    作曲
    Pat Metheny
  12. Don't Forget [Studio Recording]
    作曲
    Pat Metheny
  13. Improvisation No. 3 [Studio Recording]
    作曲
    Jim Hall,Pat Metheny
  14. Waiting To Dance [Studio Recording]
    作曲
    Jim Hall
  15. Improvisation No. 4 [Studio Recording]
    作曲
    Jim Hall,Pat Metheny
  16. Improvisation No. 5 [Studio Recording]
    作曲
    Jim Hall,Pat Metheny
  17. All Across The City
    作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
electric guitar
Pat Metheny
electric guitar,accoustic guitar,fletless classical guitar,42-strings guitar

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Telarc 録音.ライブ録音 共演者.PatMetheny 演奏編成.デュオ・ギターとギター

拍手する

ジム・ホール / ライブ・イン・トーキョー~完全版~(1976年)[CD]{ライブ録音}

Jim Hall And Live In Tokyo Comolete Version

オススメ度

★★★★★

所感


Jim Hall Live In Tokyo LP
写真はCDジャケット裏面
にある JIM HALL
LIV IN TOKYO
(GP-3513)の
LPレコードジャケット。

(追記) 2015/12/9にCD再発されました。(記事はこちら。サイト内リンク) 以下は2010年の記述。

「ジム・ホール / ライブ・イン・トーキョー~完全版~」の単品CDを最近になってやっとこさ査収しました。このアルバムは1976年にジム・ホールが来日コンサートを行ったときのライブ音源です。「Jazz Impressions Of Japan & Live In Tokyo(無言歌&ライブ・イン・トーキョー)」(2001年)は持っていたのですが、この完全版は持っていなかったのです。完全版では、前述のCDには未収録だった曲「Secret Love」を収録しており大満足。これでやっと「ライブ・イン・トーキョー」の全容を補完。内容もよく星5つ。廃盤のため今となっては入手困難なCDですが、ジムファンならぜひ納めておきたい1枚。

このCDが完全版と銘打っている理由をライナーノーツより引用させていただきます。

ジム・ホール・トリオが76年来日時のライブ録音がコンプリートな形でCD化された。なにをもって完全版というのか、まずそのところを説明しておこう。当初発売のLP(GP-3513)は5曲入り、「アランフェス協奏曲」は未収録だった。この曲は前年、75年にCTIに録音したばかりで、向う5年間は別の アルバムに収録しない契約になっていたのだそうだ。そして5年後の80年に再発されたLP(GP-3217)には「アランフェス協奏曲」追加されたが、そ のかわりに「シークレット・ラブ」がカットされてしまった。したがって、これまで2枚のLPを持っていないと全6曲が揃わなかったものだが、それらをまと めたのが今回のCDというわけである。

以上、完結な説明ですな。

  • 補足1:最初のLP(GP-3513)は1977年に発売し、ジャケットはジム・ホール本人の写真を使用している(本稿にある小さい画像のもの)。
  • 補足2:再発LP(GP-3217)は1980年に発売。1980年にジム・ホール・トリオでの来日コンサートを記念して発売したもので、ジャケットは変更され、ジム・ホールを描いたイラストとなっており、CD「ライブ・イン・トーキョー~完全版~」のジャケットは再発LPのジャケットです。このジムを描いたイラストレーターはFujiyama Toshioとのことですが有名なのか無名なのかわかりませーん。
  • 「Jazz Impressions Of Japan(無言歌)」はArtistShareで全曲ダウンロード購入でき、ボーナストラックとして「ライブ・イン・トーキョー」からの未発表音源「LuLu's Back In Town」を入手できます。購入リンクはこちら(海外サイトになります。購入などは自己責任でお願いします)

このアルバムは1976年のライブ音源ってことですが、近い時期のライブアルバムに「LIVE!」(1975年)があります。メンバーが同じで同じ楽器のトリオ編成で時間もあいていないのに「LIVE!」(カナダでのライブ録音)と「ライブ・イン・トーキョー」(東京でのライブ録音)の両者はだいぶ雰囲気が違っていて聞き比べると面白いです。「LIVE! 」はどこか憂いを秘めているドジャズーな内容ですが、「ライブ・イン・トーキョー」は陽気で明るく元気な内容。以前は「LIVE!」のほうが断然好みでした。とにかくカッコいいし、ジャズギターの演奏テクニックも傑出しているアルバムなので。それに比べるとライブ・イン・トーキョーはどこか物足りない、というか明るすぎる内容であまり好きではなかったけど、今はそんなことなくこっちも結構好きになったです。ライブ・イン・トーキョーは疲れてるときに聴くと元気になります。車の中でもよく聴きますー。

詳細

アルバムタイトル(英題)
LIVE IN TOKYO-Complete Version
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
ライブ・イン・トーキョー~完全版~
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1976/10/28 東京・中野サンプラザ・ホール
発売元,レーベル
Paddle Wheel(キングレコードのレーベル)
所有盤
国内版CD
CD発売元
キングレコード株式会社
国内CD発売日
1997/7/2
規格品番
KICJ-8239
JAN
4988003200787
定価
1,800円(税込)
備考
上記は1997年の再発CDのデータ。初CD化は以下の通りタ。発売日:1991/9/21;規格品番:KICJ-62,
価格:2,825円(税込) JAN:4988003109271

曲目

  1. Billie's Bounce
    作曲
    Charlie Parker
  2. Twister
    作曲
    Jim Hall,Terry Clarke
  3. Secret Love
    作曲
    Sammy Fain,Paul Francis Webster
  4. Concierto De Aranjuez
    作曲
    Joaquin Rodorigo
  5. Chelsea Bridge
    作曲
    Billy Strayhorn
  6. St. Thomas
    作曲
    Sonny Rollins

演奏者

Jim Hall
guitar
Don Thompson
bass
Terry Clarke
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.PaddleWheel 録音.ライブ録音 共演者.TerryClarke 共演者.DonThompson

拍手する

Ron Carter and Jim Hall : Telephone (1984年)[CD]{ライブ録音}

Telephone

オススメ度

★★★★☆

所感


テンションあがるわー!ジム・ホールとロン・カーターの共演ライブアルバム第3弾。前はそれほど好きでもなかったけど、最近聴きしたら良かった。珍しく観客の歓声が多めに入っていて興奮気味な会場の様子が良く伝わる。観客の熱気に応じるように2人の演奏もどこかいつものクールさを投げ打って、ヒートアップしたご様子でございます。レーベル主催のコンコード・ジャズ・フェスティバル(場所コンコード・パビリオン)での録音。演奏の勢いに押されて星4つ。

どういうわけか、録音の音質そのものはちょっとぼやっとしており、本アルバムより2年前の第2弾Live at Village West(1982年)[サイト内リンク]のほうが音は鮮明だ。マスター音源のせいかミックスがよくないのか原因は不明だけど、音的には第1弾のAlonte Together(1972年)に逆戻りした印象。

それにしても選曲や演奏には緩急抑揚があり、なかなかよい。4.Chorale and Danceはジム・ホールのオリジナルで、スリリングで多彩な展開に富んだ曲でよい。イントロとエンディングのスローな部分はバロック音楽から曲想を得たという。#5.Alone Togetherは1972年のものよりテンポが速めで、10分に及ぶ気合の入った聴き応えのある演奏だ。#6.Stardustはジムの複雑でありながら美しいギターバッキングにのせてロン・カーターが歌心たっぷりにベースを奏でるバラードで味わい深い。#7.Two's Bluesもジム・ホールのオリジナルで、名盤Concierto/アランフェス協奏曲(1975年)[サイト内リンク]でもベースはロン・カーターで、緊張感のあるカッコいいユニゾンを展開している。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Telephone
アルバム名義
Ron Carter and Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
テレフォン
アーティスト表記(日本語表記)
ロン・カーター&ジム・ホール
収録年
1984/8
発売元,レーベル
Concord Records
所有盤
国内CD
CD発売元
ビクターエンタテインメント株式会社
CD発売日
2002/6/21
規格品番
VICJ-60931
JAN
4988002430215
定価
2,520円

曲目

  1. Telephone
    作曲:Ron Carter
  2. Indian Summer
    作曲:Victor Herbert,Al Dubin
  3. Candlelight
    作曲:Ron Carter
  4. Chorale and Dance
    作曲:Jim Hall
  5. Alone Together
    作曲:Haward Dietz,Arthur Schwarts
  6. Stardust
    作曲:Hoagy Carmichael,Mitchell Parish
  7. Two's Blues
    作曲:Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Ron Carter
bass

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Concord 共演者.RonCarter 演奏編成.デュオ・ベースとギター 録音.ライブ録音

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ