スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Johnny Hartman : I Just Dropped By To Say Hello (1963年)[CD]

Johnny Hartman : I Just Dropped By To Say Hello

オススメ度

★★☆☆☆

所感

>

ジョニー・ハートマンによる男性ジャズボーカルのアルバム。曲はメロウな歌が多い。シナトラみたいな甘く低い歌声が魅力。もちろん歌ものとしてはよいわけです。しかし、ジム:ホールはバッキングがメインで、全部弾いてるわけではなく出番少な目。なのでジム・ホール的にオススメ度は星2つ。

ジム・ホールはたぶん3曲(#2、#6、#9)だけ演奏(追記に訂正)。合ってるかどうかわからんけどー。というのも、ギタリストが2人クレジットされているが、どの曲を弾いてるか明記がないため推測するしかない。

もう1人のギタリストはケニー・バレル。たぶん#1と#3の2曲で演奏(追記に訂正)。ジム・ホールとの共演があるかと期待したが、共演はないー。残る#4,5,7,8,10,11はギターがない。

追記:ジム・ホールとケニー・バレルの演奏についてShaolinさんに下記の情報をいただきました

1995年のUS盤CD (IMPD-176) のライナーでは、1,6 が Jim Hall (Oct. 9)、2,3,9 が Kenny Burrell (Oct. 17) と書かれています。1,6 が Oct. 9 録音、2,3,4,5,7,8,9,10,11 が Oct. 17 録音、と。再発プロデューサーは Michael Cuscuna です。

詳細

アルバムタイトル(原題)
I Just Dropped By To Say Hello
アルバム名義
Johnny Hartman
アルバムタイトル(邦題)
アイ・ジャスト・ドロップド・バイ・トゥ・セイ・ハロー
アーティスト表記(日本語表記)
ジョニー・ハートマン
収録年
1963/10/9 and 17
発売元,レーベル
Verve Music Group
所有盤
国内CD
国内CD発売
ユニバーサルミュージック株式会社
国内CD販売元
ユニバーサルミュージック株式会社
CD発売日
2007/12/5
規格品番
UCCU-9581
JAN
4988005498533
定価
1,000円(税込)

曲目

  1. Charade
     作曲: H.Mancini; JMercer
  2. In The Wee Small Hours Of The Morning
     作曲: B.Hilliard; D.Mann
  3. Sleepin' Bee
     作曲:H.Arlen; T.Capote
  4. Don't You Know I Care (Or Don't You Care To Know)
     作曲: M.David; D.Ellington
  5. Kiss & Run
     作曲:DL.R.Denoncin; B.Engvick; Ledru
  6. If I'm Lucky
     作曲: E.De Lange; J.Myrow
  7. I Just Dropped By To Say Hello
     作曲:Feller; Ward
  8. Stairway To The Stars
     作曲:M.Melneck; M.Parish; F.Signorelli
  9. Our Time
     作曲: S.Glick; J.Hartman
  10. Don't Call It Love
     作曲: R.Bright
  11. How Sweet It Is To Be In Love
     作曲: G.Cardini; D.D.Minno

演奏者

Johnny Hartman
vocal
Illinos Jacqouet
tenor sax
Kenny Burrell
guitar (on tracks 1,3)
Jim Hall
guitar (on tracks 2,6,9)
Milt Hinton
bass
Elvin Jones
drums

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Verve 演奏編成.ボーカルとバンド 共演者.JohnnyHartman

拍手する

Mack The Knife - Ella In Berlin (1960年)[CD]{ライブ録音}

Mack The Knife - Ella In Berlin

オススメ度

★★★★☆

所感

歌もの。ライブ。ジム・ホールはバックバンドの一人としての参加なのでギターはそれほどめだってない。が、普通にジャズボーカルものとして好ましいので星4つ。演奏陣を圧倒するエラのボーカルが絢爛だ。選曲は楽しくスイングするものからメロウなものまでと緩急があって飽きさせない。これ初めて聴いた頃は濃いおばちゃんだなーという印象で苦手だったのだが今聴くと・・・いいね、この歌声。年とって趣味がおっさんくさくなったってことかー?

詳細

アルバムタイトル(原題)
Mack The Knife - Ella In Berlin
アルバム名義
Ella Fitzgerald
アルバムタイトル(邦題)
”マック・ザ・ナイフ”=エラ・イン・ベルリン
アーティスト表記(日本語表記)
エラ・フィッツジェラルド
収録年
1960/2/13
発売元,レーベル
Verve Records
所有盤
国内CD
国内CD発売元
ポリドール株式会社
国内CD販売元
ポリグラム株式会社
CD発売日
1997/6/4(初回1995)
規格品番
POCJ-2491
JAN
4988005199331
定価
1,835円

曲目

  1. Gone with the Wind
     作曲:Allie Wrubel; Herbert Magidson
  2. Misty
     作曲:Erroll Garner; Johnny Burke
  3. The Lady Is a Tramp
     作曲:Lorenz Hart; Richard Rodgers
  4. The Man I Love
     作曲: George Gershwin; Ira Gershwin
  5. Summertime
     作曲:Dubose Heyward; Ira Gershwin
  6. Too Darn Hot
     作曲: Cole Porter
  7. Lorelei
     作曲:George Gershwin; Ira Gershwin
  8. Mack the Knife
     作曲:Bertolt Brecht; Kurt Weill; Marc Blitzstein
  9. How High the Moon
     作曲: Morgan Lewis; Nancy Hamilton

演奏者

Ella Fitzgerald
vocal
Paul Smith
piano
Jim Hall
guitar
Wilfred Middlebrooks
bass
Gus Johnson
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Verve 録音.ライブ録音 演奏編成.ボーカルとバンド 共演者.EllaFitzgerald

拍手する

Helen Merrill together with Dick Katz : Deep In A Dream (1965年)[CD]

Helen Merrill together with Dick Katz : Deep In A Dream (The feeling is Mutual)

オススメ度

★★★☆☆

所感

女性ボーカルもの。ジム・ホールがギターを弾いてるトラックは9曲中の7曲。ジムがわりと目立つアレンジでバッキングやソロのギターがよくきこえる。国内CDのタイトルはDeep In A DreamとなっているがオリジナルはThe feeling is Mutual(外部リンク:HELEN MERRILL公式サイト)。ジャズボーカルにしては癖があまりなく聞きやすい歌声かと思う。全体としては音源の要因によるプチノイズがわりと数多く聞こえるのが残念。

ギター的にはジムの音作りの変遷がうかがえる。これ以前の演奏に比べると、このアルバムでは後年のジムの印象を決定付ける「It's Nice To Be With You」(1969年)に近い音作りになってきているのがが興味深い。#9.Deep In A Dreamはボーカルとはジムのギターのみの慎ましやかな演奏でアルバムをそっと締めくくるのにふさわしいバラードかと思う。

詳細

アルバムタイトル(原題)
The feeling is Mutual
アルバム名義
Helen Merrill,together with Dick Katz
アルバムタイトル(邦題)
ディープ・イン・ア・ドリーム
アーティスト表記(日本語表記)
ヘレン・メリル
収録年
1965/6
発売元,レーベル
Milestone Records
所有盤
国内版CD
国内CD発売元
アブソードミュージックジャパン株式会社
国内CD販売元
キングレコード株式会社
国内CD発売日
2005/7/21
規格品番
ABCJ-359
JAN
4520879007352
定価
2,500円(税込)

曲目

  1. You're My Thrill
    作曲
    Ckare,Gorney
  2. It Don't Mean A Thing
    作曲
    Mills,Ellington
  3. Here's Is That Rainy Day
    作曲
    Joney Burke,Jimmy Van Heusen
  4. Baltimore Oriole
    作曲
    Webster,Carmichael
  5. Don't Explain
    作曲
    Hiliday,Herzong
  6. What Is This Thing Called Love
    作曲
    Cole Porter
  7. The Winter Of My Discontent
    作曲
    Edward Heyman,Robert Sour,Frank Eyton,Johnny Green
  8. Day Dream
    作曲
    Latouche,Ellington,Strayhorn
  9. Deep In A Dream
    作曲
    Eddie De Lange,Jimmy Van Heusen

演奏者

Helen Merrill
vocals
Thad Jones
cornet
Jim Hall
guitar (on tracks 2,4,5,6,7,8,9)
Ron Carter
bass
Dick Katz
piano
Pete Laroca
drums
Arnie Wise
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.MileStone 演奏編成.ボーカルとバンド 共演者.RonCarter 共演者.DickKatz 共演者.HelenMerrill

拍手する

Nancy Harrow : You Never Know (1962年)[CD]

nancy Harrow : You Never Know 

オススメ度

★★★☆☆

所感

女性ボーカルもの。ジム・ホールはちょろちょろと演奏しているがそれほど目立つアレンジではないため重度のジム・マニア向けだ。でも演奏はそこそこ聴けるのでまったくの無駄ではないと思う。ジャズ・ボーカルものとしての評価はわからないが、ジムおじさんファンとしては普通の星3つで。

本作はジャズ・ピアニストであるジョン・ルイスがプロデュースしている。自作曲の歌が多く収録されており、ジャズ・スタンダードが少ないのが特徴。ジョン・ルイスは自身のアルバム「Grand Encounter:2 Dedrees East - 3 Degrees West」(1956年)でジム・ホールと共演している。また#9:No One Knows Just What Love Holds In Storeは前述のアルバムに収録した「2 Dedrees East - 3 Degrees West」に歌詞をつけたものだという。ピアノに関してはジョン・ルイスが全曲弾いてるのではなく、#3,5,9,11はピアニストのディック・カッツ(Dick Katz)が演奏している。ジム・ホールは後に女性ジャズ・シンガーのヘレン・メリル(Helen Merrill)のアルバム「The feeling is Mutual(邦題:Deep In A Dream)」(1965年)でディック・カッツと共演しており、共演者の人物相関も興味深い。

詳細

アルバムタイトル(原題)
You Never Know
アルバム名義
Nancy Harrow
アルバムタイトル(邦題)
ユー・ネヴァー・ノウ
アーティスト表記(日本語表記)
ナンシー・ハロウ
収録年
#2,6,7,10:1962/10/8,#3,5,9,11:1962/10/29,#1,4,8,12:1962/12/14 at N.Y.
オリジナルレコードレーベル,カタログナンバー
Atlantic Recording Corp.(Atlantic 8075)
所有盤
国内CD
CD発売元
株式会社ワーナー・ミュージック・ジャパン
CD発売日
2007/2/21
規格品番
WPCR-25184
JAN
4913674070039
定価
2,310円(税込)

曲目

  1. You Never Know
    作曲
    John Lewis
    作詞
    Judy Spencer
  2. Confessin' The Blues
    作曲
    Jay McShann
    作詞
    Walter Brown
  3. Song For The Dreamer
    作曲
    John Lewis
    作詞
    Margo Guryan
  4. Autumn
    作曲
    John Lewis
    作詞
    Margo Guryan
  5. No One Knows Me
    作曲/作詞
    Bruce Phillips
  6. Just For A Thrill
    作曲
    Lil Armstrong
    作詞
    Don Raye
  7. Lover Come Back To Me
    作曲
    Sigmund Romberg
    作詞
    Oscar Hammerstein II
  8. My Last Man
    作曲/作詞
    Margo Guryan
  9. No One Knows Just What Love Holds In Store
    作曲
    John Lewis
    作詞
    Judy Spencer
  10. Tain't Nobody's Bizness If I Do
    作曲/作詞
    Porter Grainger,Everett Robbins
  11. Why Are You Blue
    作曲
    Gary McFarland
    作詞
    Nancy Harrow
  12. If I Were Eve
    作曲
    John Lewis
    作詞
    Margo Guryan

演奏者#1,4,8,12

Nancy Harrow
Vocal
John Lewis
Piano and Strings Arranger(on #1,12)
Phil Woods
Alto sax
Jim Hall
Guitar
Richard Davis
Bass
Connie Kay
Drums
Jimmy Jones
Strings Arranger(on #8)

演奏者#2,6,7,10

Nancy Harrow
Vocal
John Lewis
Piano
Jim Hall
Guitar
Richard Davis
Bass
Connie Kay
Drums

演奏者#3,5,9,11

Nancy Harrow
Vocal
Phil Woods
Clarinet
Sol Schlinger
Baritone sax
Dick Katz
Piano
Jim Hall
Guitar
Tommy Williams
Bass
Connie Kay
Drums
Gary McFarland
Arranger and Conductor

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.ボーカルとバンド レーベル.Atlantic 共演者.JohnLewis 共演者.ConnieKay 共演者.TommyWilliams 共演者.NancyHarrow 共演者.RichardDavis 共演者.DickKatz

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。