Concierto De Aranjuez / 新アランフェス (1981年)[CD]

Jim Hall 新アランフェス協奏曲

オススメ度

★★★☆☆

所感

ジャケット裏面
Jim Hall 新アランフェス協奏曲 裏面 
アランフェス協奏曲 LP ジム・ホール アンド デイヴィッド・マシュー・オーケストラ
写真はConcierto de
Aranjuez(新アランフェス)
の国内発売LPジャケット。
写真の帯はCTIの
「本家」Concierto
(アランフェス協奏曲)が
間違ってかけられている
ジム・ホール 新アランフェス 帯
こちらが正しい帯。
知人の所有
レコードを撮影。

(2011/6/14追記:オリジナルLPのジャケットを採用した国内版CDを査収したためジャケットと詳細データを差し替え。海外版CDについては下部に移動)
うんにょりだー。国内版LP邦題では「新アランフェス」となっている。日本のキングレコードにかつてあったジャズレーベルのPaddleWheelが制作。録音はニューヨーク。よくCTIの「Concierto(アランフェス協奏曲)」(1975年)[内部リンク]がイージーリスニングと評されるが、そういう言う意味ではこちらの新アランフェスのほうがアルバム全体としてイージーリスニングっぽいつくりになっていると思う。最初聴いたときは、なんか違うぞーと不満紛々なアルバムだったが、よく聞き返してみると、それぞれの曲単体はまぁまぁよいかもと思う。

また、アルバム全体としては録音がよく、クリアな音質だ。ジム・ホールの演奏も中低音マイルドなトーンがへんに加工されず素の状態で聴こえるのもよい。演奏そのものはプロデューサーであるデイヴィッド・マッシューのアレンジなので、曲のためにきれいに弾いてるってかんじ。

#1.Concierto De Aranjuezはその名の通りアランフェス協奏曲だが、CTI版と異なり前編スチール弦のアコースティックギターで弾いている。(CTIはギブソンのES-175、エレクトリックギターで弾いている)。#3.Red Dragon Flyは日本の童謡「赤とんぼ」をアレンジ。イントロとエンドが日本人なら皆知っている赤とんぼのテーマだが、途中を大胆にジャズにアレンジしておりなかなかかっこよい。#4.El Condor Pasaはこれまた有名な「コンドルは飛んで行く」のアレンジ。というかこれはほぼそのままんまな印象であんまりいじってない。つことでこのアルバムは今はあまり流行らないタイプのアレンジかと思うけど、どことなく懐かしい気分にさせてくれて和むアルバムだ。

詳細(国内CD)

アルバムタイトル(原題)
新アランフェス協奏曲
アルバム名義
ジム・ホール&デビッド・マシューズ・オーケストラ
収録年
1981/1/18
オリジナルレコードレーベル
Paddle Wheel*キングレコード(日本)のレーベル K28P-6066
販売元
キングレコード株式会社
CD発売日
2004/8/4
規格品番
KICJ 2083
JAN
4988003299668
定価
1,800円
過去の国内CD発売データ
初CD発売 1987/7/21, 品番 K32Y-6199, JAN 4988003025540
CD再発売 1994/8/5, 品番 KICJ-8054, JAN 4988003159740

曲目

  1. Concierto De Aranjuez
  2. 作曲
    Joaquin Rodorigo
  3. Summerwaltz
  4. 作曲
    David Matthews
  5. Red Dragon Fly
  6. 作曲
    Kosaku Yamada
  7. El Condor Pasa
  8. 作曲
    Traditional,Arr. by David Matthews
  9. Ara Cruz
  10. 作曲
    David Matthews
  11. Chorale And Dance
  12. 作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
electlic guitar,acoustic guitar
David Matthews
electric piano
Tom Harrell
trumpet
Joe Sheppley
trumpet
Sam Burtiss
trombone
Tony Price
tuba
Fred Griffen
french horn
David Toffani
flute,alto flute,soprano sax,picclo
Gerry Neiwood
tennor sax,flute
Ronnie Cuber
baritone sax,bass clarinet
Paul Metsky
electric guitar
Mark Egan
electric bass
Jimmy Madison
drums
David Charles
percussion

詳細(海外CD):ジャケットは異なるが内容は上記「新アランフェス協奏曲」と同一のもの。

Concierto De Aranjuez
アルバムタイトル(原題)
Concierto De Aranjuez
アルバム名義
Jim Hall And David Matthews Orchestra
収録年
1981/1/18
発売元,レーベル
Paddle Wheel*キングレコード(日本)のレーベル
所有盤
輸入CD
販売元
Evidence Music Inc.
CD発売日
1992
規格品番
ECD-22004-2
EAN
730182200423
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Evidence 演奏編成.ビッグバンド 共演者.TomHarrell 共演者.MarkEgan

拍手する

Listen to Art Farmer and the Orchestra (1962年)[CD]

Listen to Art Farmer and the Orchestra

オススメ度

★★★☆☆

所感

アート・ファーマーによるビッグバンドジャズのにぎやかしいアルバム。1曲目最初の数秒におけるアグレッシブな変態前奏に意表をつかれるが、それを乗り越えれば、全体的には普通の曲が聴けてそこそこ楽しめる。アート・ファーマーのやわらかいフリューゲルホーンが盛大なバンドの音に埋もれることなく耳に届き堪能できる。ただしギターは主にコードのバッキングが中心のためジム・ホール度は低いですが。

CDのジャケットやライナーノーツには演奏者(パーソネル)が一部省略されているのだが、Verveレコードの公式サイト(外部リンク)(注)を見る限り、ギタリストはもう一人、Barry Galbraith(バリー・ガルブレイス)がいるようだ。どの曲に誰が参加したという割り振りまで記述されていないので、ジム・ホールが弾いた曲はどれなのかは不明。判別がつくまでは聴き込んでいないよー。てことでビッグバンド好きにはよさげですが、ジム度低いってことで星3つー。

  • (注)本アルバムを発売したMercryレコードは2009年現在、Verveレコードの傘下にある

詳細

アルバムタイトル(原題)
Listen to Art Farmer and the Orchestra
アルバム名義
Art Farmer
アルバムタイトル(邦題)
リッスン・トゥ・アート・ファーマー&ザ・オーケストラ
アーティスト表記(日本語表記)
アート・ファーマー
収録年
1962/8/10,9/5,20
発売元,レーベル
Mercury Record Corporation (MG 20766)
所有盤
国内CD
CD発売元
ユニバーサルミュージック株式会社
CD販売元
ビクターエンタテインメント株式会社
CD発売日
2002/5/29
規格品番
UCCM-9075
UPC
498805301123
定価
1,835円(税込)

曲目

  1. Street of Dreams
     作曲:Sam M. Lewis,Victor Young
  2. Raincheck
     作曲:Billy Strayhorn
  3. Rue Prevail
     作曲: Art Farmer
  4. The Sweetest Sounds (from "No Strings")
     作曲:Richard Rodgers
  5. My Romance (from "Jumbo")
     作曲:Lorenz Hart,Richard Rodgers
  6. Fly Me To The Moon
     作曲:Bart Howard
  7. Naima
     作曲:John Coltrane
  8. Ruby
     作曲:Heinz Roemheld,Mitchell Parish

演奏者

Art Farmer
flugelhorn
Snooky Young
trumpet
Ernie Royal
trumpet
Clark Terry
trumpet
Ray Copeland
trumpet
Rolf Ericson
trumpet
Bernie  Glow
trumpet
Urbie Green
trombone
Jimmy Cleveland
trombone
Tommy Mitchell
torombone
Paul Faulise
trombone
Tony Studd
torombone
Ray Alonge
french horn
Jimmy  Buffington
french horn
Bob Northern
french horn
Danny Bank
reeds
Ray Beckenstein
reeds
Phil Bodner
reeds
Romeo Penque
reeds
Stan Webb
reeds
Phil Woods
reeds
Tommy Flanagan
piano
Barry Galbraith
guitar
Jim Hall
guitar
George Duvivier
bass
Charlie Persip
drums
Ray Barretto
percussion
Tony Studd
torombone
Willie  Rodriguez
percussion
Oliver Nelson
arranger,conductor

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Mercury 共演者.ArtFarmer 演奏編成.ビッグバンド

拍手する

Jim Hall : By Arrangement (1998年)[CD]

By Arrangement

オススメ度

★★★☆☆☆

所感

ジム・ホールがジャズ・スタンダードナンバーをアレンジした曲をアルバム集。様々な楽器を駆使した楽曲全体の編曲を重視したつくりのため、このアルバムを聴くとき、ジム・ホールの情熱的なアドリブを期待してはいけない。ギターはあくまで全体の一部となっている。アレンジはもはや原型をとどめていない状態で、ジムのイマジネーションにある意味感服。聖歌隊のようなコーラス隊やストリングスの導入が、アドリブ重視のジャズといよりもしっかりと構築された楽曲という印象にいっそう拍車をかけている。

演奏の基本ははジム・ホール、スコット・コリー(ベース)、テリー・クラーク(ドラム)のトリオ。そこにソロをフューチャーしたゲスト1人にストリングス(バイオリンなどの弦楽器隊)やブラスが加わった構成となっている。ビッグバンドというほどでもない編成だが、ストリングスによってちょっと大仰な編曲になっている。共演およびゲストはパット・メセニー(ギター、本作ではガット弦のアコースティックギターを演奏)、ジョー・ロバーノ(クラリネット、ソプラノサックス)、トム・ハレル(フリューゲル・ホーン)、グレッグ・オズビー(アルト・サックス)で、ジム・ホールと親しい間柄の人物達だ。ジム・ホールの著名なアルバムに慣れ親しんでちょっと変わったアルバムも聴いてみたいな、と思った頃に手を出してみるのが吉。ジム・ホール中級者以上むけってことで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
By Arrangement
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1998/1/12-14 - 1998/3/13
発売元,レーベル
Telarc International Corporation
所有盤
輸入CD
販売元
Telarc International Corporation
CD発売日
1998
規格品番
CD-83436
UPC
089408343629
定価
-

曲目

  1. Django
     作曲: John Lewis
  2. Waltz for Debby
     作曲:Bill Evans,Gene Lees
  3. Ruby, My Dear
     作曲:Thelonious Monk
  4. Goodbye
     作曲: Gordon Jenkins
  5. Art Song
     作曲:Jim Hall
  6. October Song
     作曲: Jim Hall
  7. Wendy
     作曲:Paul Desmond
  8. The Wind
     作曲:Jerry Gladstone,Russ Freeman
  9. Whisper Not
     作曲:Benny Golson

演奏者

Jim Hall
electric guitar,acoustic guitar,fletless classical guitar,12-strings guitar
Scott Colley
bass
Terry Clarke
drums
Pat Metheny
acoustic guitar (on track 1)
The New York Voices
vocal,chorus(on track 2,8)
Tom Harrell
flugelhorn (on tracks 3,5,7,9)
Jim Pugh
trombone (on track 3)
Marcus Rojas
tuba (on track 3)
Joe Lovano
clarinet,soprano sax (on track 4)
Loise Schuman
viola (on track 6)
Greg Osby
alto sax (on track 8)
Alex Brofsky
horns (on track 9)
*Omit
strings

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Telarc 演奏編成.ビッグバンド 共演者.ScottColley 共演者.TerryClarke 共演者.TomHarrell 共演者.JoeLovano 共演者.GregOsby 共演者.PatMetheny

拍手する

Jim Hall : Textures (1997年)[CD]

Jim Hall : Textures

オススメ度

★★☆☆☆

所感

映画のサウンドトラックみたいなアルバム。もしあなたがジム・ホールを聴いたことがなく、「ジャズギターの有名な人らしいし、何かを聞いてみるか」とCDを適当に購入するときに、このアルバムだけは最初の1枚として絶対に選択してはいけない(笑)。おそらくジム・ホールのファンでも好みが大きく分かれるであろうアルバムで、ギターはまるでついでのような存在になっているからだ。

私も初めて聴いた当時はあまりの内容に口があんぐり。しばらくは封印することに。けして演奏がひどいとかではなく、それはもう映画音楽のサントラのようにしっかりとした内容でございます。だがしかしそれがリスナーの期待に反してしまうのでしょう。ここは頭をすっかり入れ替えて、ジム・ホールが作ったストリングスとホーンによる映画のサントラでも聞いているとわりきることが必要でございます。そういう意味では、ジム・ホールは自分の楽器であるギターだけでなくトータルで音楽を表現する才能をもっていることを証明している内容ともいえる・・・かも。私の場合はジム・ホールを聞き続けて10年以上たってようやく抵抗無くきけるようになったですよー。それでもやはりリピート率が低いですががが。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Textures
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1996/9/17,9/18,9/19
発売元,レーベル
Telarc International Corporation
所有盤
輸入CD
販売元
Telarc International Corporation
CD発売日
1997
規格品番
CD-83402
UPC
089408340222
定価
-

曲目

  1. Fanfare
     作曲: Jim Hall
  2. Ragman
     作曲:Jim Hall
  3. Reflections
     作曲:Jim Hall
  4. Quadrologue
     作曲: Jim Hall
  5. Passacaglia
     作曲:Jim Hall
  6. Sazanami
     作曲: Jim Hall
  7. Circus Dance
     作曲:Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Jamie Finegan
trumpet (on tracks 1,3,7)
Ryan Kisor
trumpet (on tracks 1,3,7)
Claudio Roditi
flugelhorn (on tracks 1,3)*solist
Alex Brofsky
french horn (on tracks 1,3)
Conrad Herwig
trombone (on tracks 1,3,7)
Jim Pugh
trombone (on tracks 1,3)*solist
Marcus Rojas
tuba (on tracks 1,3,7)
Marcus Rojas
tuba (on tracks 1,3,7)
Joe Lovano
soprano sax (on tracks 2)
Gordon Gottlieb
timpani, others (on tracks 2)
Kenny Wollenson
clay pot,others (on tracks 2)
Mitsuru Tsubota
violins (on tracks 2,5)
Loise Schuman
violins (on tracks 2,5)
Myron Lutzke
cello (on tracks 2,4,5)
Loise Schuman
viola (on track 4)
Anthony Falanga
bass (on tracks 2,5)
Scott Colley
bass (on tracks 2,3,4,5,6)
Terry Clarke
drums (on tracks 1,2,3,7)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Telarc 演奏編成.ビッグバンド 共演者.TerryClarke 共演者.ScottColley 共演者.JoeLovano

拍手する

Jim Hall : Youkali (1992年)[CD]

Youkali

オススメ度

★★★☆☆

所感

ジム・ホールであってジム・ホールでないアルバム。いったい何のこっちゃというところだが、聴けばすぐにわかる、ぜんぜんらしくない楽曲のアレンジにただただ呆然。冒頭#1.Youkaliからいきなりファンキーなアレンジでまるっきりジャズじゃねぇ!最後の#6.All Across The Cityで申し訳程度にジム・ホールのオリジナルであり定番曲となるが、これもまたアレンジが冗長でなんだかなー。

このアルバムが制作された経緯について公式な記述がみあたらないので推察となるが、チェット・ベイカー(トランペット)が1988年に亡くなり、その追悼としてアルバム「Studio Trieste(スタジオ・トリエステ)」(CTI,1982年)の音源を元に再収録、リミックスしたアルバムと思われる。

Youkali EAN:4011222057129
写真はドイツ版Youkaliの
ジャケット。
EAN:4011222057129。

#2.Diango、#3.All Blues、#5.Malaguena(注)はStudio Triesteの音源からジム・ホールとチェットベイカーのトラック(楽器の音)のみ利用し、他の楽器(ドラムやベースなど)はほとんどメンバーを差し替えて、1991年と 1992年に録音し、現代風にアレンジしなおしている(注:#5にはチェット・べイカーが参加してない)。おなお、#3.SkylarkはStudio Triesteに収録されていないので、未発表音源だろうか。

アレンジだけでなく、当然ながら周波数帯域のリミックスもされており、ジム・ホールのギターの音がかなり鮮明になって現代風な音作りになっている。

あと気になったのはベースかな。Mark Egan(マーク・イーガン)て人のベースのブリブリしたエレキベースの音とフレーズがなんかジャコ・パストリアスっぽい。ジム・ホールの楽曲として聴くとあわないんだけど、ただのフュージョンとして先入観をとっぱらって聴けばかっこいいベースかな~。ベースはわりと好き。

なんにせよジム・ホールが主体になって制作したというより、プロデューサーのクリード・テイラーがまた好き勝手やっていわれるままに作りましたーってな雰囲気。あんまりおすすめじゃないんだが、生産数が少なかったのか市場であまり見かけなく希少価値があるかなってのと、かわりダネってな位置づけで星3つ。わたくしも国内版CDは最近やっと見つけて入手したのでございますよ。それまでドイツ版の変わったジャケットのしかもってなかった・・・。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Youkali
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
ジャンゴ
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール~チェット・ベイカー
収録年
1982/3,1982/4,1991/12,1992/1
発売元,レーベル
CTI Records
所有盤
国内CD
発売元
ポリドール株式会社(Polydor K.K.)
CD発売日
1992/6/10
規格品番
POCJ-1109
JAN
4988005099488
定価
2,800円(税込)

曲目

  1. Youkali
     作曲: Kurt Weill
  2. Django
     作曲:John Lewis
  3. Skylark
     作曲:Hoagy Carmichael,John Merecer
  4. All Blues
     作曲: Miles Davis
  5. Malaguena
     作曲:Ernesto Lecuona
  6. All Across The City
    作曲:Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar (on all tracks)
Chuck Loeb
guitar (on tracks 1,2,4,5,6)[1991,1992]
Ira Siegel
guitar (on tracks 1)[1991,1992]
Chet Baker
trumpet (on tracks 2,3,4)[1982]
Grover Washington,Jr.
soprano sax (on tracks 1,4),tonnor sax(on track 5)[1991,1992]
Donald Harrison
soprano sax (on track 2)[1991,1992]
Carmen Cuesta
vocals (on track 1)[1991,1992]
Ted Rosenthal
synthesizer (on tracks 1,5),piano(on track 3:intro ,track 5)[1991,1992]
Kenny Barron
electric piano (on track 2),[1982]
Francisco Centeo
Bass (on track 1)[1991,1992]
Mark Egan
Bass (on tracks 2,4,5,6)[1991,1992]
Dave Weckl
drums (on tracks 1,2,4,5)[1991,1992]
Jimmy Madison
drums (on track 3)[1991,1992]
Danny Gottlieb
drums (on tracks 6)[1991,1992]
Lew Soloff
trumpet (on tracks 1,3,6)[1991,1992]
Bob Millikan
trumpet (on tracks 1,3,5,6),flugelhorn (on tracks 2,4)[1991,1992]
Byron Stripling
trumpet (on track 3)[1991,1992]
Larry Lunetta
trumpet (on tracks 5),flugelhorn (on tracks 2,4)[1991,1992]
Jim Paugh
trombone (on tracks 1,2,4),bass trombone (on tracks 5)[1991,1992],arranged for  1,6;brass arranged for 2,3,5,intro composed for 3[1991,1992]
Keith Q'Quinn
trombone (on tracks 3,6)[1991,1992]
Dave Taylor
bass trombone (on all tracks)[1991,1992]
Bashiri Johnson
percussion (on tracks 1,2,4)[1991,1992]
Creed Taylor
producer

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.CTI 演奏編成.ビッグバンド 共演者.ChetBaker 共演者.MarkEgan

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ