スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Jim Hall : Subsequently (1992年)[CD]

Subsequently

オススメ度

★★★★★

所感


買いだ!でも理解されない。こいつはすごい。ジム・ホールはこのとき既に60~61歳。年は老いてもますます曲のアイディア、プレイが冴え渡る。私が10数年前に初めて買ったジム・ホールのアルバム「Concierto(アランフェス協奏曲)」(内部リンク)の次に、このCDを中古屋でふらっと買ったのが大当たりだった。Conciertoに続けてこのアルバム「サブセクエントリー」を買っていなければここまでジム・ホールにハマらなかっただろう。

私がジャズ初心者のころ、一般的な歌謡ポップスのような音楽スタイルしか知らなかったので、タイトルになっている1曲目「サブセクエントリー」を初めて聴い たときには曲のはじけ具合と独創性に驚き、さらにジャケットに写っているこんなおっさんが演奏しているとは思えないと二重に驚いたものだ。ちなみに「サブセクエントリー(それで)」とはチコ・ハミルトンの口癖で、チコのために捧げた曲だ、とビデオStarlicks Master Sessions With Jim Hall(サイト内リンク)で語っている。

演奏の基本はカルテット編成。ジム・ホールにスティーブ・ラスピナ(ベース)、テリー・クラーク(ドラム)、そして当時23歳の新鋭ラリー・ゴールディングス(ピアノ、彼の本来のメイン楽器はオルガン)。ジム・ホールと重ねてセッションしてきた最強のベース、ドラムといった土台のしっかりしたリズム隊に臆することなく、ラリー・ゴールディングスのピアノが時には繊細に、時には大胆に、そして瑞々しく広がり、熟練のおっさんどもを刺激して全員が活き活きとした演奏を実現している。

カルテットには時折ゲストが加わりクインテットとなる楽曲もある。#2、#4、#9でラスマス・リー(アルトサックス)が加わり、夜のしじまのような濃厚な演奏をみせたり、#7、#8ではやジャズ、ポップスのハーモニカ(クロマチックハープ)の大御所であるトゥーツ・シールマンスが加わり、曲に艶やかさをもたせている。特に#4.The Answer Is Yes と#7.What's It Like to Love?は心動かされる秀逸な演奏だ。

楽曲のリストはちょっと先鋭的な曲もあるが破滅的な内容でもなく、スタンダードな曲も多くあり、聴きやすい内容となっている。そしてジム・ホールのギターの音色も加工されすぎていなく、かといって生音すぎず、ちょうどいい状態だ。

私は知人にジム・ホールを薦めることがあるとき、2~3枚のアルバムの中に必ずこのアルバムをそっとしのばせるのだが、これまで良好な感想をいただいたことがほとんどない(笑)!おそらく1曲目で拒絶反応がでるかそうでないかが、聴いた人の印象を決定してしまうのだろう。ほんとにいいアルバムなんだけどなー。もういいです。ジム・ホールの楽しみを共有することはほとんど不可能ということはこの10数年で把握したのでこれからも一人でこっそり楽しみます。うぽぽー。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Subsequently
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
サブセクエントリー
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1991
発売元,レーベル
Music Masters Inc.
所有盤
国内CD
販売元
日本フォノグラム株式会社
CD発売日
1992/4/25
規格品番
PHCE-5047
UPC
4988011331381
定価
3,000円

曲目

  1. Subsequently
    作曲
    Jim Hall
  2. Mister Blues
    作曲
    Jim Hall
  3. Pancho
    作曲
    Jim Hall
  4. The Answer Is Yes
    作曲
    Jane Hall
  5. Waiting to Dance
    作曲
    Jim Hall
  6. I'm in the Mood for Love
    作曲
    Jimmy McHugh,Dorothy Fields
  7. What's It Like to Love?
    作曲
    Larry Goldings
  8. Waltz for Sonny
    作曲
    Toots Thielemans
  9. More Than You Know
    作曲
    William Roses,Edward Eliscu,Vincent Youmans

演奏者

Jim Hall
guitar
Larry Goldings
piano (on tracks 1,3,5,6,7,8,9),hamond organ (on tracks 2,4)
Steve LaSpina
bass
Terry Clarke
drums
Toots Thielemans
harmonica (on tracks 7,8)
Rasmus Lee
alto sax (on tracks 2,4,9)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.MusicMasters 演奏編成.トリオ 演奏編成.カルテット 共演者.SteveLaSpina 共演者.LarryGoldings 演奏編成.クインテット

拍手する

Live at the Village Vanguard Volume 2 (1985年)[DVD]

Live at the Village Vanguard Volume2

オススメ度

★★★☆☆

所感

1曲買い。ジム・ホールの出演はWaltz Newの1曲のみのマニアアイテムだ。アルバムPower Of Three(内部リンク)への布石となるライブでもある。商品と映像に収録年の表示がないのだが、ライブ映像は1985年12月のもの(下記1参照)で、発売は1986年と思われる(下記2参照)。ネットのいくつかの情報で本作の収録、発売年を1984年としているものを見かけるが、ミシェル・ペトルチアーニのアルバムに同じタイトルのLive at the Village Vanguard(1984)(外部リンク)があり、それと混同されていると思う。

1)Hall and Petrucciani had performed a duet concert in Paris the previous December.Later that same month the guitarist joined the Michiel's trio for a videotaping at the Village Vanguard.
-source;POWER OF THREE [CD](1986)-
ジム・ホールとペトルチアーニは昨年(1985年)の12月にパリのライブでデュオ演奏した。同月(1985年12月)の後日、ギタリスト(ジム・ホール)はビレッジバンガードでビデオ録画するミシェル・ペトルチアーニ・トリオに加わった。

2)映像最後の版権表示は1986年となっている。

詳細

DVDタイトル(原題)
Live at the Village Vanguard Volume 2
DVD名義
Michel Petrucciani Trio,Special Guest:Jim Hall
収録年
1985/12
発売元,レーベル
N/A
所有盤
海外DVD
販売元
Unicorn Video Inc.
発売日
2003
規格品番
96111
EAN
733317961114
定価
N/A

曲目

  1. Regina
     作曲: Michel Petrucciani
  2. The Player
     作曲:Michel Petrucciani
  3. Waltz New
     作曲:Jim Hall
  4. Beauliful But Why
     作曲:Michel Petrucciani
  5. Our Tune
     出演:Michel Petrucciani

演奏者

Michel Petrucciani
piano
Jim Hall
guitar
Palle Danielsson
bass
Eliot Zigmund
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 共演者.MichelPetrucciani 演奏編成.トリオ

拍手する

Jazz On A Summer's Day : 真夏の夜のジャズ (1959年)[DVD]

Jazz On A Summer's Day

オススメ度

★☆☆☆☆

所感

1958年の第5回 ニューポート・ジャズ・フェスティバルの記録映画(制作は1959年)。たくさん突っ込みどころがある映像だが、とりあえずタイトルから突っ込む。「真夏の夜のジャズ」と題名がついているが昼間の野外イベントでございますッ。特に前半は演奏の途中で意味不明な海のカットや町の様子、踊りまくる観客が映っており、ライブ 映像して鑑賞するには困難。当時のアメリカの様子を知るための、資料的な価値はあるのかもしれないが、それにしても観ていておちつかない謎の編集。セロニアス・モンクなんて演奏の半分は海の映像(涙。

肝心なジム・ホールは最初のジミー・ジュフリー・スリー(トリオ編成)で演奏してるのみ。しかも姿は、演奏が終わったあとに立ち上がったとき、一瞬頭が映って いるのみ。うあーん!トリオのもう一人はボブ・ブルックマイヤー(トロンボーン)です。貴重といえば貴重ですが、ジム・ホール目当てで本作品を購入するとがっかりすること間違いなし。ジム・ホールが1955年にバンド参加していたChicoHamiltonQuintetも出演しているがここでは他のギタリスト(誰?) が加入している。 でもまぁGerryMulliganQuartetではArt Farmerがいたりしてアツイ演奏をしてるのが見れて自分的にはよしとするか・・・。

詳細

DVDタイトル(原題)
Jazz On A Summer's Day
DVD名義
N/A
DVDタイトル(邦題)
真夏の夜のジャズ
DVDアーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1958/7/3,4,5,6
発売元,レーベル
日本ヘラルド映画株式会社
所有盤
国内DVD
販売元
株式会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日
1999/4
規格品番
SHD-19198
JAN
4988132554386
定価
4,700円(税抜)

曲目

  1. Train & The River
     出演: Jimmy Guiffre(Brookmeyer,Jim Hall)
  2. Monk Blue
     出演:Theronious Monk Trio
  3. Blue
     出演:Sonny Stitt &Sal Salvador *ジム・ホールは1960年にSonny Stittのアルバムに参加実績あり
  4. Sweet Georgia Brown
     出演:Anita O'day
  5. Tea For Two
     出演:Anita O'day
  6. Rondo
    出演:Geroge Shearing Quintet *ジム・ホールは1981年にGeroge Shearingとデュオのアルバムを制作している
  7. All Of Me
     出演:Dinah Washington
  8. As Catch Can
     出演:Gerry Mulligan Qualtet  *カルテットには1960年代にジム・ホールと活動したアート・ファーマーもいる。ジム・ホールは1963年にGerry Mulliganのアルバムに参加実績あり
  9. I Ain't Mad At You
     出演:Big Maybelle Smith
  10. Sweet Little Sixteen
     出演:Chuck Berry
  11. Blue Sands
     出演:ChicoHamiltonQuintet *ジム・ホールは1955年にChicoHamiltonのバンドにいて、アルバムにも参加実績あり
  12. Lazy River
     出演:Luis Armstrong
  13. Tigar Rag
     出演:Luis Armstrong,Jack Teagarden
  14. Rockn' Chair
     出演:Luis Armstrong
  15. When The Sainmts Go Marchin' In
     出演:Luis Armstrong
  16. Shout All Over
     出演:Mahalia Jackson
  17. Didn't It Rain
     出演:Mahalia Jackson
  18. Load's Prayer
     出演:Mahalia Jackson

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.トリオ 共演者.JimmyGiuffre 共演者.BobBrookmeyer

拍手する

Jimmy Giuffre with Jim Hall Trio & Quartet (1956年~1960年)

Jimmy Giuffre with Jim Hall Trio & Quartet

オススメ度

★★☆☆☆

所感

このシンプルさがええね。複数のアルバムから寄せ集めたコンピレーションCD。ドラムがいなく、基本はジミー・ジュフリー(クラリネット、テナーサックス)、ジム・ホール(ギター)とベースという地味ーなトリオでよくもまぁこれだけやってたもんだと。ベースはかなり頻繁に入れ替わってる。ジム・ホールがよく弾く曲の「Careful」のおそらく初出となる音源も収録されている。ジミー・ジュフリーのトリオはベースのかわりにボブ・ブルックマイヤー(Bob Brookmeyer、トロンボーン)がいた時期もあったのだが、トロンボーンがいる音源が収録されていないのが残念。実にマニア向けなので星2つ。

追記:14,Four Brothersのライブ音源はジミー・ジュフリーの正式なアルバムには未収録らしい為、この1曲だけにこのコンピレーションの価値があるかもしれません。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Jimmy Giuffre with Jim Hall Trio & Quartet
アルバム名義
Jimmy Giuffre
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1956-1960
発売元
Sarabandas srl
所有盤
輸入CD
CD発売日
1995
規格品番
CD53252
EAN
8004883532520
定価
-

曲目

  1. The Song Is You
  2. 作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  3. Gotta Dance
  4. 作曲
    Jimmy Giuffre
  5. The Train And The River
  6. 作曲
    Jimmy Giuffre
  7. Two Kinds Of Blues
  8. 作曲
    Jimmy Giuffre
  9. Voodoo
  10. 作曲
    Jimmy Giuffre
  11. Crazy She Calls Me
  12. 作曲
    Carl Sigman,Bob Russell
  13. That's the Way It Is
  14. 作曲
    Jimmy Giuffre
  15. My All
  16. 作曲
    Jimmy Giuffre
  17. Crawded Suite
  18. 作曲
    Jimmy Giuffre
  19. The Green Country (New England Mood) [bonus track]
  20. 作曲
    Jimmy Giuffre
  21. The Little Melody
  22. 作曲
    Jimmy Giuffre
  23. Careful
  24. 作曲
    Jim hall
  25. The Crab
  26. 作曲
    Jimmy Giuffre
  27. Four Brothers
  28. 作曲
    Jimmy Giuffre

演奏者#1-9 アルバム「The Jimmy Giuffre 3」1957年(録音1956年12月;1957年12月-#10)

Jimmy Giuffre
tenor saxophone(and,cl/ts/bars)
Jim Hall
guitar
Ralph Pena
bass

演奏者#10.The Green Country (New England Mood) アルバム「Trav'lin' Light」1958年,Atrantic(録音1957年12月2日)

Jimmy Giuffre
clarinet
Jim Hall
guitar
Jim Atlas
bass

演奏者#11.The Little Melody アルバム「Seven Pieces」1959年,Verve(録音1959年1月)

Jimmy Giuffre
tenor saxophone
Jim Hall
guitar
Red Mitchell
bass

演奏者#12.Careful アルバム「The Easy Way」1960年,Verve(録音1959年8月6日~7日)

Jimmy Giuffre
tenor saxophone
Jim Hall
guitar
Ray Brown
bass

演奏者#13.The Crab アルバム「Jimmy Giuffre Quartet in Person」1960年,Verve(録音1960年)

Jimmy Giuffre
tenor saxophone
Jim Hall
guitar
Beul Neidlinger
bass
Bill Osborne
drums

演奏者#14.Four Brothers (録音1959年8月)

Jimmy Giuffre
tenor saxophone
Jim Hall
guitar
Buddy Clark
bass

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.トリオ 演奏編成.カルテット 共演者.RedMitchell 共演者.JimmyGiuffre

拍手する

Jim Hall : Jazz Impressions Of Japan & Live In Tokyo (1976年)[CD]{ライブ録音}

Jazz Impressions Of Japan / Live In Tokyo : Jim Hall

オススメ度

★★★★☆

所感

意外とイケてます。日本のキングレコードが発売した2つのLPレコードアルバム「Jazz Impressions Of Japan/無言歌」と「Live In Tokyo/ライヴ・イン・トーキョー」を1枚にまとめたお徳版。LP2枚分の全曲はCD枚に入りきらず、曲がカットされて収録されている。実に残念!もし入手できるなら元の2枚のアルバムそれぞれを堪能するのが本来望ましい。それぞれ単独で楽しむなら星5つだが、この2in1CDでは曲が補完されていなく残念ッってことで星4つ。

CDジャケト上側はアルバム「Jazz Impressions Of Japan」のもので、1976年11月に東京で録音したものです。ジム・ホールのイラストを初めて見たとき、そのくどめの絵に少し退きましたが、演奏の内容は実に素晴らしいです。ジム・ホールのオリジナル作曲で代表曲のひとつ「Careful」がやや速めのテンポで演奏されたテイクがあり、スリリングで熱い展開となっています。
ジャケット下側の絵はアルバム「Live In Tokyo/ライブ・イン・トーキョー」。1976年10月28日の中野サンプラザでのライブ音源を収録。ドラムの盟友テリー・クラークとの競演 「Twister」が熱い。アコースティックギターで珍しくザカザカとカッティングメインのナンバー。
これら2つのアルバムからは全体的に元気で勢いのある内容が選曲されており、内省的で渋めと思われがちなジム・ホールの明るく快活な一面がわかります。
以下、元の2枚のアルバムの個別情報など。

「Jazz Impressions Of Japan」の初回LPと再発LP
このCDの元となっているLP「Jazz Impressions Of Japan」は初回発売版と再発売版の2種類があります。

LP「無言歌/Jazz Impressions Of Japan」(カタログ#GXU-1、1977年、このCDのジャケットの上側
収録曲 A面:Something for Now,Echo,Without Words,B面:Two Special People,Kyoto Bells
初回LPではダイレクトカッティングという録音方法が採用され、非常に高音質だったそうです。

Jm Hall : Jazz Impressions Of Japan LP
写真は1980年に再発
されたJazz Impressions
Of Japan(GP-3216)の
ジャケット。知人の所有
レコードを撮影。

再発LP「無言歌/Jazz Impressions Of Japan」(カタログ#GP-3216,1980年)
再発LPは曲の追加とジャケットの変更があります。ジャケットについては草原にたつ1本の樹木の絵になっています。1980年のジム・ホール来日コンサートを記念して再発されたそうです。
収録曲 A面:Light,Careful,Kyoto Bells,B面:Without Words,Echo,Young One,Two Special People,Something For Now

つまり、CDの収録曲は再発LPのA面1~3曲目とB面1曲目の4曲(太字)を収録したものっとなっています。しかしながらCDジャケットには初回のLPのものを採用しており、かなりややこしいことになっています。なお、CDの音源はダイレクトカッティングのLPから再編集したのではなく、テープ録音から編集しています。ライナーノーツを引用する次の通り。

「本CDはダイレクト・カッティングと平行して収録された通常のアナログ・テープ録音から編集しています」

無言歌/Jazz Impressions Of Japanの単品CDについて
一度CD化されたようですが、残念ながら廃盤で再発されていないため私もCD版は所有していません。
検索で確認したところCDはKICJ-8023 1993年9月22日発売 2,345円として発売されたようです。(2011/7/4追記、CD版を査収 CD版はこちら)

ダウンロード販売があります。
Jazz Impressions Of Japanは、現在はジム・ホールがアルバムをリリースしてい るレーベルArtistShareで、誰でもLP収録の全8曲のリマスター音源(mp3)をダウンロード購入できます。非常にオススメ。
購入リンクはこちら(海外サイトになります。購入などは自己責任でお願いします)
当初からこのアルバムをダウンロード販売する目的だったのではなく、Jim Hall/Bill Frisell Duoのアルバム「Hemispheres」(2008年)の発売延期に関し予約注文者への代替措置として2008年1月5日に注文者には無償で配信されたという経緯があります。

このCDに収録されていない「Young One」と「Two Spesial People」はジム・ホールのギターとドン・トンプソンのピアノによるデュオになっており、実に繊細で綺麗な音楽を堪能できます。まじヤバイ。これが廃盤とかないわ!「Something For Now」はジム・ホールの12弦ギター1本でのギターソロ曲。Jazz Impressions Of Japanはこの完全版ともいえる全曲がそろってこそ名盤といえます。

なお、ダウンロード購入では、ボーナストラックとして「Live in Tokyo」のLPに収録されなかった未発表音源の曲「LuLu's Back In Town」が入手できます。

「Live In Tokyon」の初回LPと再発LP
このCDの元となっているLP「Live In Tokyo」も初回発売版と再発売版の2種類があります。

LP「Jim Hall Trio/Live In Tokyo」(カタログ#GP-3513,1977年、このCDのジャケットの下側)
収録曲 A面:Billie's Bounce,Twister,Seclet Love,B面:Chelsea Bridge,St.Thomas
このCDのジャケットは初回LPのジム・ホールの写真のものだが、収録曲は下記再発LPの「Secret Love(music by Sammy Fain and lyrics by Paul Francis Webster)」が無い選曲となっています。

再発LP「Jim Hall Trio/Live In Tokyo」(カタログ#GP-3217,1980年の再発版)
収録曲 A面:Billie's Bounce,Twister,Concierto De Aranjuez,B面:Chelsea Bridge,St.Thomas
このCDではこちらの再発LPから全5曲を収録。再発LPは初回LPに収録されていた1曲Secret Loveが省略され、代わりに「Concierto De Aranjuez(アランフェス協奏曲)」が収録されています。また、ジャケットはジム・ホールのイラストに変更されています。LPレコードのLive In Tokyoに「Concierto De Aranjuez(アランフェス協奏曲)」が収録されなかった理由は、LPから転載したCDのライナーノーツで次のように記述されています。

ファンお目当ての<アランフェス協奏曲>が収録されなかったのは残念だが、向う5年間は同曲の採録不可という契約上の拘束があっては、これもいたしかたあるまい。(注)

注:CTIのアルバム「アランフェス協奏曲」(1975年)発売から5年間という意味。

Live In Tokyoの単品CDについて
「Live In Tokyo -Complete Version-(ジム・ホール ライブ・イン・トーキョー~完全版~)」(初回 KICJ-62,1991年)(再発売 KICJ-8239,1997年7月2日)があります。詳細はリンク先参照。細かい話ですがアルバム題名の日本語表記についてLPでは「ライヴ・イン・トーキョー」とウに濁点で表示していますが、CDでは「ライブヴ・イン・トーキョー」とフに濁点で表示しています。

Jazz Impressions of Japanの発売経緯や初回収録曲、再発時の追加収録曲などについてmicrogroove.jp: Jazz Impressions of Japan / Jim Hall(外部リンク)に大変詳しい記述があります。本文はこちらのサイトを参考に、CDについて独自にまとめさせていただきました。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Jazz Impressions Of Japan & Live In Tokyo
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
無言歌&ライブ・イン・トーキョー
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1976/11/1(#1-4),1976/10/28(#5-9)
発売元,レーベル
Paddle Wheel(キングレコードのレーベル)
所有盤
国内版CD
CD発売元
キングレコード株式会社
国内CD発売日
2001/4/25
規格品番
KICJ-8354
JAN
4988003258498
定価
2,200円(税込)

曲目:Jazz Impressions Of Japan & Live In Tokyo (KICJ-8354)

  1. Light
    作曲
    Jim Hall
  2. Carefull
    作曲
    Jim Hall
  3. Kyoto Bells
    作曲
    Jim Hall
  4. Without Words
    作曲
    Jim Hall
  5. Billie's Bounce
    作曲
    Charlie Parker
  6. Twister
    作曲
    Jim Hall,Terry Clarke
  7. Concierto De Aranjuez
    作曲
    Joaquin Rodorigo
  8. Chelsea Bridge
    作曲
    Billy Strayhorn
  9. St. Thomas
    作曲
    Sonny Rollins

曲目:Jazz Impressions Of Japan (+Bonus track)/ mp3 Download version From artistShare

  1. Light
    作曲
    Jim Hall
  2. Carefull
    作曲
    Jim Hall
  3. Kyoto Bells
    作曲
    Jim Hall
  4. Without Words
    作曲
    Jim Hall
  5. Echo
    作曲
    Jim Hall
  6. Young One
    作曲
    Jim Hall
  7. Two Special People
    作曲
    Don Thompson
  8. Something For Now
    作曲
    Jim Hall
  9. LuLu's Back In Town [*Unreleased bonus track form "Live In Tokyo" ]
    作曲
    Harry Warren,Al Dubin

演奏者

Jim Hall
guitar
Don Thompson
bass,piano (piano on tracks "Young One","Two Spesial People")
Terry Clarke
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.トリオ 共演者.TerryClarke 共演者.DonThompson 演奏編成.デュオ・ピアノとギター 録音.ライブ録音 レーベル.PaddleWheel 演奏編成.ギターソロ

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。