Ron Carter and Jim Hall : Telephone (1984年)[CD]{ライブ録音}

Telephone

オススメ度

★★★★☆

所感


テンションあがるわー!ジム・ホールとロン・カーターの共演ライブアルバム第3弾。前はそれほど好きでもなかったけど、最近聴きしたら良かった。珍しく観客の歓声が多めに入っていて興奮気味な会場の様子が良く伝わる。観客の熱気に応じるように2人の演奏もどこかいつものクールさを投げ打って、ヒートアップしたご様子でございます。レーベル主催のコンコード・ジャズ・フェスティバル(場所コンコード・パビリオン)での録音。演奏の勢いに押されて星4つ。

どういうわけか、録音の音質そのものはちょっとぼやっとしており、本アルバムより2年前の第2弾Live at Village West(1982年)[サイト内リンク]のほうが音は鮮明だ。マスター音源のせいかミックスがよくないのか原因は不明だけど、音的には第1弾のAlonte Together(1972年)に逆戻りした印象。

それにしても選曲や演奏には緩急抑揚があり、なかなかよい。4.Chorale and Danceはジム・ホールのオリジナルで、スリリングで多彩な展開に富んだ曲でよい。イントロとエンディングのスローな部分はバロック音楽から曲想を得たという。#5.Alone Togetherは1972年のものよりテンポが速めで、10分に及ぶ気合の入った聴き応えのある演奏だ。#6.Stardustはジムの複雑でありながら美しいギターバッキングにのせてロン・カーターが歌心たっぷりにベースを奏でるバラードで味わい深い。#7.Two's Bluesもジム・ホールのオリジナルで、名盤Concierto/アランフェス協奏曲(1975年)[サイト内リンク]でもベースはロン・カーターで、緊張感のあるカッコいいユニゾンを展開している。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Telephone
アルバム名義
Ron Carter and Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
テレフォン
アーティスト表記(日本語表記)
ロン・カーター&ジム・ホール
収録年
1984/8
発売元,レーベル
Concord Records
所有盤
国内CD
CD発売元
ビクターエンタテインメント株式会社
CD発売日
2002/6/21
規格品番
VICJ-60931
JAN
4988002430215
定価
2,520円

曲目

  1. Telephone
    作曲:Ron Carter
  2. Indian Summer
    作曲:Victor Herbert,Al Dubin
  3. Candlelight
    作曲:Ron Carter
  4. Chorale and Dance
    作曲:Jim Hall
  5. Alone Together
    作曲:Haward Dietz,Arthur Schwarts
  6. Stardust
    作曲:Hoagy Carmichael,Mitchell Parish
  7. Two's Blues
    作曲:Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Ron Carter
bass
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Concord 共演者.RonCarter 演奏編成.デュオ・ベースとギター 録音.ライブ録音

拍手する

Ron Carter and Jim Hall : Live at Village West (1982年)[CD]{ライブ録音}

Ron Carter and Jim Hall Live at Village West

オススメ度

★★★☆☆

所感

ひそやかに熱い1枚。ジム・ホールとロン・カーターの共演ライブアルバム第2弾。ライナーノーツによると次の通り制作の経緯が紹介されている。

ニューヨークのNational Public Radioというラジオ局が、ヴィレッジ・ウエストでのライヴによる「ジャズ・アライヴ」という番組を放送していた。本アルバムでの演奏はそのために収録 されたものなのである。ジムとロンは、この音源の権利を自分たちに戻すという条件でO.K.し、そのテープがコンコードへと持ち込まれた

ジム・ホールとロン・カーターの共演第1弾は本アルバムから10年前のAlonte Together(1972年)。1970年代は2人ともそれぞれ個人の活動が忙しくなってデュオのライブができなくなっていたが、あれから10年たって1982年にデュオを再活動させたときのアルバムになる。

聴いてまず思ったのが、たった10年で録音技術ってすげー向上したんだなーと関心。同じ2人の演奏でも10年前の作品と比べて明らかに音質がクリアになってて、ギターの繊細な音使いがとてもよく聴こえる。一方、ロン・カーターのベースの音もブリブリとうねるような、ねっとりした音がはっきり聴こえてきてよいかも。

さて、肝心の曲だがそつなくハイレベルな演奏。#2.All The Things You Areはジムがよく弾く曲で、そのときによって3拍子だったり4拍子だったりするが本アルバムではミドルテンポの4拍子。#9.Laverne WalkのギターとベースのめんどくさいフレーズのユニゾンはConciertoのTwo's Bluesを思わせる、躍動感のある演奏で好き。しかし全体的にこれだー!ってな強力な1曲に欠けるような気がして惜しい。んなわけで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Live at Village West
アルバム名義
Ron Carter and Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
ライブ・アット・ザ・ヴィレッジ・ウエスト+2
アーティスト表記(日本語表記)
ロン・カーター&ジム・ホール
収録年
1982/11
発売元,レーベル
Concord Records
所有盤
国内CD
CD発売元
ビクターエンタテインメント株式会社
CD発売日
2002/6/21
規格品番
VICJ-60930
JAN
4988002430208
定価
2,520円

曲目

  1. Bag's Groove
    作曲:Milt Jackson
  2. All The Things You Are
    作曲:Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  3. Blue Monk
    作曲:Thelonious Monk
  4. New Waltz
    作曲:Ron Carter
  5. Down From Antigua [*bonus track]
    作曲:Jim Hall
  6. Summer Night [*bonus track]
    作曲:Harry Warren,Al Dubin
  7. St.Thomas
    作曲:Sonny Rollins
  8. Embraceable You
    作曲:George Gershwin,Ira Gershwin
  9. Laverne Walk
    作曲:Oscar Pettiford
  10. Baubles, Bangles And Beads
    作曲:Robert Wright,George Forrest

演奏者

Jim Hall
guitar
Ron Carter
bass

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Concord 共演者.RonCarter 演奏編成.デュオ・ベースとギター 録音.ライブ録音

拍手する

Jim Hall - Ron Carter Duo : Alone Together (1972年){ライブ録音}

Alone Together

オススメ度

★★★★☆

所感


このアルバムを
iTunesからダウンロード
Alone Together (Live) - Jim Hall & ロン・カーター

ギター弾きにはお勧めの1枚。ジム・ホールとロン・カーターが共演しているわけだが、1972年当時はほとんど前例がなかったというギターとベースによるデュオのジャズアルバム。2人の息がぴったりで、2人とも熟練の域に達しながらも生き生きした演奏が聴ける。演奏はわりと地味なのだが、聴けば聴くほど味が出るスルメのようなアルバムだ。ギターとベースのみという、一見して閑散としていそうな空間にじっくりと耳を傾けると、地味ながらもジム・ホールが卓越した複雑なコード演奏を展開し、音に常に変化を与え続けていることに気がつく。これが聴けば聴くほど味が出る要因かと思う。

さて、ジム・ホールの技量が過小評価される意見をしばしばきいたり見たりするのだが、それは前述のようにバッキングの複雑なコード演奏に注目されることはあるものの、ソロプレイに派手さが欠けるからだろう。やはり聴衆はわかりやすくてトリッキーなギターテクニックに注意が喚起されるものだ。いたしかたない。

しかし、ジム・ホールおじさまだってすごいんです。このアルバムを聴いているとそこかしこに、ハードロック、メタル御用達の中~上級テクニックであるスウィープ奏法が結構はいってます。ジム・ホールは後年の有名なアルバム「Concieto」(1975年)やよく推薦される「Llive!」(1975年)なんかにもスウィープを結構使っていて、ジムおじさんは大得意だったりすることがわかる。だがしかしあまりに綺麗に、ミスによるノイズが無く円滑に弾いているので、聴いてるだけだと逆にテクニカルな印象がしないんですお!

てことで、おそらくギターを少しでもやったことがある人ならその技量に気がつくと思うのだが、ギターをやったことない人だとジム・ホールの一体どこがすごいんだろ?てな感想をもたれやすいのだと思う。そういうわけで、ギターをたしなむ人なら(私もですが・・・)、聴いているといろいろ発見があるアルバムかもしれない。そうでない人もまったり楽しめるのでオススメかと。

楽器が云々はいいとして、スタンダードナンバー#8.Autumn Leaves(枯葉)の演奏は素晴らしい。テクニックがどうこう以前に単純に何か心が動かされる、素敵な演奏だ。ちなみにジャケットのデザインがクールですき。ジム・ホールのアルバムは変なジャケットが多いんだけどこれはかっこいいと思う。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Alone Together
アルバム名義
Jim Hall - Ron Carter Duo
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1972/8/4
発売元,レーベル
MileStone Records(FANTASY,INC.)
所有盤
海外CD
CD発売元
MileStone Records(FANTASY,INC.)
CD発売日
1990
規格品番
OJCCD-467-2(M9045)
UPC
025218646727
定価
N/A

曲目

  1. St. Thomas
    作曲
    Sonny Rollins
  2. Alone Together
    作曲
    Haward Dietz,Arthur Schwarts
  3. Receipt Please
    作曲
    Ron Carter
  4. I'll Remember April
    作曲
    Don Raye,Gene De Paul,Pat Johnston
  5. Softly, As A Morning Sunrise
    作曲
    Sigmund Romberg
  6. Whose Blues
    作曲
    Jim Hall
  7. Prelude To A Kiss
    作曲
    Irving Gordon,Irving Mills,Duke Ellington
  8. Autumn Leaves
    作曲
    Joseph Kosma,Jacques Prevert,Jonny Mercer

演奏者

Jim Hall
guitar
Ron Carter
bass

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.MileStone 共演者.RonCarter 演奏編成.デュオ・ベースとギター 録音.ライブ録音

拍手する

Jim Hall & Basses (2001年)

Jim Hall & Basses

オススメ度

★★★☆☆

所感

素人には薦められない。ジム・ホールと4人のベーシストがかわるがわる延々とデュオを繰り広げる。5人のベースはクリスチャン・マクブライド、チャーリー・ヘイデン、デイヴ・ホランド、ジョージ・ムラーツ、スコット・コリー。ジム・ホールとの相性は、このなかではスコット・コリーとの相性がが一番よさそうかな~。なんというか二人の音がなじむ。

曲の大半はAbsractと名づけられた即興曲が占める。複雑で旋律の破壊をも試みたとも思える独創的で前衛的なインプロビゼションだ。#2.Abstract 2なんてベース2本とギターという超変則トリオ。しかもベースはアルコ(弓)だ。さらに、おそらくジム・ホール自身がギターを休めた合間にマラカス(カバサ?)を振っていたりして好き放題やりたい放題でございます。年老うごとにますます新しい手法を展開するジムの貪欲さにためいき。

しかし、おなじみの#4.All the Things You Areやちょっとポップな展開の#8.Dog Walkなんかもあったりして、そこそこ親しみやすい要素も盛り込まれている。

つーことで日本の歌謡文化になじんだ人には薦められないアルバムかも。しかしベースマニアなら垂涎のアルバムだろうか。

詳細

アルバムタイトル(原題)
JimHall&Basses
アルバム名義
JimHall&Basses
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
2001/1/7~8,2/21
発売元,レーベル
Telarc International Corporation
所有盤
輸入CD
販売元
Telarc International Corporation
CD発売日
2001
規格品番
CD-83506
UPC
089408350627
定価
-

曲目

  1. End the Beguine!
     作曲: Jim Hall
  2. Bent Blue
     作曲:Jim Hall
  3. Abstract1
     作曲:Jim Hall,Charlie Haden
  4. All the Things You Are
     作曲: Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  5. Abstract 2
     作曲:Jim Hall,George Mraz,Scott Colley
  6. Sam Jones
     作曲: Jim Hall
  7. Don't Explain
     作曲:Arthur Herzog Jr.,Billie Holiday
  8. Dog Walk
     作曲:Jim Hall
  9. Abstract 3
     作曲: Jim Hall,George Mraz,Scott Colley
  10. Besame Mucho
     作曲: Consuelo Velázquez,Sunny Skylar
  11. Dream Steps
     作曲:Jim Hall
  12. Abstract 4
     作曲:Jim Hall,Scott Colley
  13. Tango Loco
     作曲: Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Charlie Haden
bass (on tracks 3,7)
Christian McBride
bass (on tracks 2,8)
Dave Holland
bass (on tracks 1,6)
George Mraz
bass (on tracks 4,5,9,13)
Scott Colley
bass (on tracks 5,9,10,11,12,13)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Telarc 演奏編成.デュオ・ベースとギター 共演者.CharlieHaden 共演者.CristianMcBride 共演者.DaveHolland 共演者.GeorgeMraz 共演者.ScottColley

拍手する

Jim Hall And Friends,Vol.1 Live At Town Hall (1990年)[CD]{ライブ録音}

Jim Hall And Friends,Vol.1 Live At Town Hall

オススメ度

★★★★☆

所感



iTunes Jim Hall
Live At Town Hall: Volumes 1 & 2 - Jim Hall

(2011/5/23 追記:再発について後述)JVC Jazz Festival内の企画のひとつであったジム・ホール活動35周年のイベントライブ"The Jim Hall Invitational"の模様を収録したアルバムの第1巻。ジム・ホールがそれまで共演してきた縁のあるプレイヤーとの演奏が楽しめる。なお、本アルバムは続きとなる第2巻「Jim Hall And Friends,Vol.2 Live At Town Hall」がある。

#1から#6までの前半はベースや管楽器とのデュオが楽しめる。曲はスタンダードばかりで聴きやすい選曲。デュオならではの対話するような、密度の高い演奏が魅力だ。#1、#2は歴戦の盟友、ロン・カーター(ベース)との安定感のあるデュオ。#3、#4はボブ・ブルックマイヤー(トロンボーン)との軽やかで溌剌としたデュオ。特に小気味よいメロディーとリズムの#4.Begin the Beguineが好き。#5、#6はジェリー・マリガン(バリトン・サックス)とのデュオ。ジェリー・マリガンの音色のなんといやらしいことか!これが背中で語る男のダンディズムってやつでしょうか。ジェリー・マリガンの名盤アルバム「Night Lights」(1963年)の艶っぽさは年老いても色あせることはなかったのであった。

#7からの後半はベースとドラム、それにストリングス(バイオリンなど)を絡めた編成でのセッション。ベースはスティーブ・ラスピナ、ドラムはテリー・ クラークといった布陣で、80~90年代のジム・ホールのバックを支えたキーパソンで安定したリズム隊。そこに70~80年代にジム・ホールのサポートとして活躍したドン・トンプソンがピアノで加わればそれはもう完璧意外の何者でもないと期待に胸をときめかせつつ聴いてみれば、ズッギャーなんじゃこれ!と驚嘆の変態ストリングスアレンジで#7.1953 "Thesis"と#8.Abstract and Dreamsが開幕。初めて聴いた当時はあまりの難解さに毛嫌いしておりましたが、ジム・ホールを聞き続けて十余年、最近はなんだかこれ、カッコイイんでないかい?と思った。初心者には敷居が高いと思いますが、イントロのとっぴさを抜ければ中盤からはなかなかよくきこえます。#9.Laura's Dreamはビブラフォンのゲイリー・バートンを迎えて、物悲しげな曲で締め。これも最初はぜんぜんすきじゃなかったけど、今聞き返すときれいなメロディだな、と思える。つーかこれアストル・ピアソラの曲ですか。いまごろ気がついた。

てことで前半は誰でもいつでも聴きやすく、後半はいつかきっと好きになれる、そんなアルバム。てことで以前は星3つだったが4つに昇格。

(2011/5/23 追記)現在、本アルバムはCD2枚組として再発されているようです。
CD販売 Complete Town Hall Concert by Amazon
mp3ダウンロード Live At Town Hall: Volumes 1 & 2 by Amazon
mp3ダウンロード Live At Town Hall: Volumes 1 & 2 - Jim Hall by iTunes
オマケ追記:
今気が付いたが、アルバム制作のプロデューサーはかつてA&MのHorizonレーベルを立ち上げたジョン・スナイダー/ John Snyder。なるほど、いい内容なわけだ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Jim Hall And Friends,Vol.1 Live At Town Hall
アルバム名義
JIM HALL AND FRIENDS
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1990/6/26
発売元,レーベル
Music Masters Inc.
所有盤
輸入CD
発売元
BMG Music
CD発売日
1991
規格品番
5050-2-C
UPC
016126505022
定価
-

曲目

  1. Alone Together
    作曲
    Haward Dietz,Arthur Schwarts
  2. St. Thomas
    作曲
    Sonny Rollins
  3. Skylark
    作曲
    Hoagy Carmichael
  4. Begin the Beguine
    作曲
    Cole Porter
  5. All the Things You Are
    作曲
    Oscar Hammerstein
  6. Prelude to a Kiss
    作曲
    Duke Ellington
  7. 1953 "Thesis"
    作曲
    Jim Hall
  8. Abstract and Dreams
    作曲
    Don Thompson
  9. Laura's Dream
    作曲
    Astor Piazzola

演奏者

Jim Hall
guitar (on all tracks)
Steve LaSpina
bass (on tracks 7,8,9)
Terry Clarke
drums (on tracks 7,8)
Ron Carter
bass (on tracks 1,2)
Bob Brookmeyer
tromborne (on tracks 3,4)
Gerry Mulligan
baritone sax (on tracks 5,6)
Don Thompson
piano (on tracks 7,8) arranger (on tracks 7,8)
Gary Burton
vibraphone (on track 9)
Kent Moore
cello (on tracks 7,8,9)
Shem Guibbory
violin (on tracks 7,8,9)
Richard Henrickson
violin (on tracks 7,8,9)
Diedra Lawrence
viola (on tracks 7,8,9)
Tommy Kamp
strings arranger (on tracks 7,8,9)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.デュオ・サックスとギター 演奏編成.デュオ・ベースとギター レーベル.MusicMasters 録音.ライブ録音 共演者.TerryClarke 共演者.SteveLaSpina 共演者.RonCarter 共演者.BobBrookmeyer 共演者.GerryMulligan 共演者.GaryBurton

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ