スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Bill Evans & Jim Hall : Undercurrent (1962年)[CD]

Undercurrent

オススメ度

★★★★★

所感

ビル・エヴァンスのピアノとジム・ホールのギターのデュオ。説明不要の超有名、名盤ジャズアルバム。オススメ度を星5つとしましたが、好みで大きく印象が左右されるでしょう。これはわからん人にはわからん、合わない人には合わない、好きな人は好き、という聴く人を選ぶアルバムかと思い至った次第です。

たぶん、これを聴いてなんとも思わない方は「曲が静か過ぎる」「ドラムもベースもいない」「退屈」という感想を持たれるのではないでしょうか。そうです。このアルバムはほんとに静かです。速いテンポの曲はMy Funny Valentineくらいで、あとはほとんどバラード。静謐にして深淵な夜の河の底流-アンダーカレント-のようにひっそりとピアノとギターの音が流れてゆく、そんなアルバムです。ビル・エヴァンスとジム・ホールの音による静かな対話のような、途切れることない円滑なフレーズの受け渡しにを聞き続けていると、音の波間に漂うような感覚を覚えます。ぼーっと酒でものみながら聴いていればぐっすり眠れることうけあいです。そんなわけでアルファー波でも出てるんじゃないかと思うほど安眠には最適な楽曲たち。それが故、変化や展開を求める方にはちょっと退屈と思われるのでしょう。だがそれがいい。もう好みというしかないですね。

ジム・ホールのギターとしては聴き所が満載なわけですが、特筆すべきはやはりMy Funny Valentineでのバッキング。CDではテンポが異なる2テイクが収録されています。この曲では従来のギターのコード伴奏を覆した奏法が行われており、ジム本人は「ハーモナイズドベースライン」と呼んでいる奏法があります。

従来のギターの常識では指板を抑えるコードは1コードにつき1つの状態でコードを抑えて、コードが切り替わるときに当然左手を変化させていたわけです。つまり1小節が1コードならそれほど左手は変化させません。ところがジムは1小節が1コードでも、1拍ごとにフォームを変化させる弾き方で演奏しています。しかもけっこうはやいテンポで。主に低音部を変化させて、ベースでいえば四分音符で弾く「ウォーキングベース」にあたることをギターで行いつつ和音も1拍ごとに変化させています。#2.の2分11秒あたりが特徴的でよくわかります。今ではジャズギターでこうした弾き方はわりとポピュラーな弾き方かと思いますが、多くのギタリストに衝撃を与えて広く認知させたのはジム・ホールと言われています。そう、ロックギターのライトハンド(タッピング)を普及させたのがエドワード・ヴァンヘイレンだったように、ジム・ホールも地味でありながらギターの革新者だったのです。

ギターについてはバッキングのみならず、ソロでも優れた演奏を聴けます。テクニック面で何かと評価が低くなりがちなジムですが、しっかりとした技術があってこそ、技術云々を話題にさせないほど叙情的で表情豊かな演奏ができるのだと思います。

ちなみに、ギター教則ビデオStarlicks Master Sessions With Jim Hall(内部リンク)ではジムと共演者のラリー・ゴールディングスがギターとピアノのデュオの解説で、ビル・エヴァンスを引き合いに出して次の通り会話しています。

ジム「ギターでピアノの伴奏をすることについてちょっと説明しよう。では・・・君のコーラス部分をやってみよう。私は邪魔にならないようにコードを弾くから。(演奏) ラリーのバックで弾くとき、私はスティーブ(ベース)がいたら弾いていたはずのベースも自由に使える。だから完成したコードを弾くことが多い。ギターが何を弾いていたかわかってたよね。」
ラリー「邪魔しないようにしていた。あなたが言っていたように、お互いの引いている部分がダブらないようにしていた。あなたとビル・エヴァンスとの、あの有名なレコードの事が即座に心に浮かんだ。あのレコードを聴き込めば、あなたがいかに巧くバランスをとっていたかがよくわかる。ステレオのバランスを調整して聴いてみるとわかるのが、ビル・エヴァンスがソロをプレイしている時、彼は左手を全然使っていなかった。あなたがベース部分も含めてカバーできるから。弾きすぎると、曲が汚くなるばかりだ。」
ジム「そこが君を雇った理由だ(笑)。君はよく聴くからね」
ラリー「いまだに勉強中だよ」
ジム「君がいったようにビルが左手をぜんぜん使っていない長い部分があるんだ。不思議なバランスがある。マイ・ファニー・バレンタインの最初のコーラスの部分全部だっと思ったけど。」
ラリー「ええ、しばらくは気がつかなかった。音があまりにもふくらみがあるから」

この会話にもあるように、ジム・ホールは雑誌などのインタビューでもしばしば「相手の音をよく聞くことが大切だ」と答えています。ジム・ホールは自己中心的な演奏はせず、共演者との協調を重視しているがゆえ、このようなたった2つの楽器でのアルバムで、非常に密度の高い演奏を実現できたのではないでしょうか。ま、好き好きですがー。

追記 初CD化版とリマスター版(2014/7/26)
記事先頭にある、青みがかったジャケットは1988年にブルーノートレーベルから再発されたLPとCDのジャケットです(管理人所有ののCDをスキャンしたもの)。2002年に再発された24ビットリマスター版のCDではUnited ArtistsのオリジナルLPの白黒調のデザインが採用されました(白黒というよりはセピア調)。その後、何度か再発していると思いますが白黒調のデザインのままのようです。
1988年版と2002年版では収録曲の順番も違います。

詳細(1988年の初CD化版)

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
Undercurrent
アルバム名義
Bill Evans & Jim Hall
収録年
1962/4/24(#3,5,6),1962/5/14 (all others)
発売元,レーベル
Bluenote(Capitol Records,Inc.)*LP:United Artists Records UAJS 15003
所有盤
海外CD
CD発売元
Capitol Records,Inc.
CD発売日
1988
規格品番
CDP 7 90583 2
UPC
077779058327
定価
N/A

曲目(1988年の初CD化版、[*]はオリジナルLPにないボーナストラック)

  1. My Funny Valentine (Alternate Take) [*]
    作曲
    Richard Rodgers,Lorernz Hart
  2. My Funny Valentine
    作曲
    Richard Rodgers,Lorernz Hart
  3. I Hear A Rhapsody
    作曲
    Fragose,Baker,Gasparre
  4. Dream Gypsy
    作曲
    Veevers
  5. Stairway To The Stars [*]
    作曲
    Malnec,Signorelli,Parish
  6. I'm Getting Sentimental Over You [*]
    作曲
    Bassman,Washington
  7. Romain
    作曲
    Jim Hall
  8. Romain (Alternate Take) [*]
    作曲
    Jim Hall
  9. Skating In Central Park
    作曲
    John Lewis
  10. Darn That Dream
    作曲
    DeLange,Van Heusen

詳細(2002年の24ビット リマスター版CD)

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
Undercurrent
アルバム名義
Bill Evans & Jim Hall
収録年
1962/4/24(#3,5,6),1962/5/14 (all others)
発売元,レーベル
Bluenote(Capitol Records,Inc.)*LP:United Artists Records UAJS 15003
所有盤
海外CD
CD発売元
Capitol Records,Inc.
CD発売日
2002/7/16
規格品番
724353822828
UPC
724353822828
定価
N/A

曲目(2002年の24ビット リマスター版CD、[*]はオリジナルLPにないボーナストラック)

  1. My Funny Valentine
    作曲
    Richard Rodgers,Lorernz Hart
  2. I Hear A Rhapsody
    作曲
    Fragose,Baker,Gasparre
  3. Dream Gypsy
    作曲
    Veevers
  4. Romain
    作曲
    Jim Hall
  5. Skating In Central Park
    作曲
    John Lewis
  6. Darn That Dream
    作曲
    DeLange,Van Heusen
  7. Stairway To The Stars [*]
    作曲
    Malnec,Signorelli,Parish
  8. I'm Getting Sentimental Over You [*]
    作曲
    Bassman,Washington
  9. My Funny Valentine (Alternate Take) [*]
    作曲
    Richard Rodgers,Lorernz Hart
  10. Romain (Alternate Take) [*]
    作曲
    Jim Hall

演奏者、スタッフ

Bill Evans
Piano
Jim Hall
Guitar
Alan Douglas
Original sessions produced (for Oritinal LP,UAJS 15003)
Michael Cuscuna
Produced for releases (for Oritinal LP,UAJS 15003)
Bill Schwartan
Recording Engineer (for Oritinal LP,UAJS 15003)
Malcom Addey
Remixed to digital (for CD 1988,CDP 7 90583 2)
Ron McMaster
Remixed from the original three-tracks masters and mastered in 24-bit (for CD 2002,724353822828)
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.BlueNote 演奏編成.デュオ・ピアノとギター 共演者.BillEvans

拍手する

George Shearing,Jim Hall : First Edition (1981年)[CD]

First Edition

オススメ度

★★★★☆

所感

ジム・ホールのギターとジョージ・シアリングのピアノのデュオアルバム。アルバム全体的に明るい雰囲気だ。わりと親しみやすい演奏のアルバムなのでジャズの入門にもよさげかも。だがしかしヘビーなファンにはちょっと甘ったるくて、おもはゆい、物足りない、てな印象を受けるかも。判断が難しいが甘めの星4つにしときますわー。

このアルバムでのオススメはスタンダードの#6.I Hear a Rhapsodyだ。ちょっと速めのテンポで展開し、ソロを交互に受け渡しながら一気にかけぬける爽快なアレンジだ。まったくのアドリブというよりは、ある程度展開を練って演奏していると思われる。

また、楽器の録音の音がきれいでよく、臨場感が伝わる。ときおりジムおじさんが口ずさんでいるのがわかるけど、まぁそれはいつものことなので気にしない。ギターの音色はアンプの音をひろってるんだけど、若干、弦が鳴るアコギ的な生音もすこしミックスされているような印象。

ギターとピアノの演奏は繊細だが遊び心のあるかんじ。ジョージ・シアリングのピアノが優雅でありながら、かわいらしい部分もあるせいか、どこと無くジム・ホールのギターもいつもよりはリラックスして楽しく弾いてるようだ。ジャズバラードといえば哀愁を帯びた曲を想起することもあるが、本作品のバラード#3、#8では哀愁ではなく、みずみずしく恥らう乙女が夢見るようなロマンチックな曲が展開しており、わたくしのような汚れたおっさんは聞いててちょっとこっぱずかしくなることもあるのでこっそり一人で聴きます・・・。

詳細

アルバムタイトル(原題)
First Edition
アルバム名義
George Shearing , Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
ファースト・エディション
アーティスト表記(日本語表記)
ジョージ・シアリング&ジム・ホール
収録年
1981/9
発売元,レーベル
Concord Records
所有盤
国内CD
CD発売元
ビクターエンタテインメント株式会社
CD発売日
2000/6/7
規格品番
VICJ-60599
UPC
4988002401895
定価
1,995円

曲目

  1. Street of Dreams
    作曲:John Lewis,Victor Young
  2. To Antonio Carlos Jobim
    作曲:George Shearing
  3. Careful
    作曲:Jima Hall
  4. I See Nothing to Laugh About
    作曲:Marvin Fisher
  5. Without Words
    作曲:Jim Hall
  6. I Hear a Rhapsody
    作曲:Barker,Gaparre,Bard,Fragos
  7. To Tommy Flanagan
    作曲:George Shearing
  8. Emily
    作曲: Mercer,Mandel

演奏者

George Shearing
piano
Jim Hall
guitar

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Concord 演奏編成.デュオ・ピアノとギター 共演者.GeorgeShearing

拍手する

Starlicks Master Sessions With Jim Hall (1993年)[VHS]

Starlicks Sessions With Jim Hall

オススメ度

★★★★☆

所感

ジム・ホール本人によるギターの教則ビデオ。室内セッションでのライブをおこなっており、貴重なライブ映像としても楽しめる。その上、私ががもっとも好きな頃のメンバー編成の出演で、かつ、好きな曲ばかりが演奏されており、これはディープなファンにとっては必須アイテムだ。最近はDVD版が販売中(サイト内リンク)

映像中、ジム・ホール自身によるそれぞれの曲の由来も解説されているが、字幕は無い。その代わりヤマハミュージックトレーディングが輸入販売していた国内発売版のVHSビデオには対訳を掲載した冊子が同梱されていた。ジム・ホール自身による曲の由来についての解説を下記にいくつか引用する。

(サブセクエントリー/Subsequentlyは)私の最初のバンドのバンドリーダーであったチコ・ハミルトン(Chico Hamilton)に捧げた、ユーモラスで愛情のこもった作品だ。チコがプレイしていたリズムやソロがもとになっている。私たちがこのリズムをやると彼はそれを面白がって色々と冗談をやったものだ。それに「サブセクエントリー(そして・・・)」という言葉がチコの口癖だった。だから私はこの曲を「サブセクエントリー」と呼んでいる。
(トゥーズ・ブルース/Two's Bluesは)私がこの曲を書き始めたのは、ビル・エヴァンス(Bill Evans)とのレコーディングの約束があったからだ。だが間に合うように書き上げられなかった。その後、チェット・ベイカーやロン・カーターとやる時には間に合ったが・・・そしてスティーブ・ガッド。確かこの4人だったと思うけど。後はたいていスティーブ(スティーブ・ラスピナ)と私でプレイしている。マイク・モーラやレッド・ミッチェル(Red Mitchell)ともやった。

チェット・ベイカーのことはアルバム「Concierto(アランフェス協奏曲)」(内部リンク)のこと

(オール・アクロス・ザ・シティー/All Across The City)は、私が1965年頃に書いた曲だ。実は、ジミー・レイニー(Jimmy Raney)、ズート・シムズ(Zoot Sims)らとのレコーディングのために書いた。オシー・ジョンソン(Osie Johnson)もいたし、スティーブ・スワロー(Steve Swallow)がベースだった。それはニューヨーク・シティーをモチーフにした「トーンポエム(音の詩)」だった。ニューヨークは当時はまだイノセントな街だったと思う。今書いたとしたら、車のクラクションや叫び声を入れただろうね(笑)。

上記はアルバム「Two Jims And Zoot」(内部リンク)のこと。1965年ごろと語っているが、正確なレコーディング年月日は1964年5月11日および12日だ。

(サムシング・テルズ・ミー/Something Tells Meは)・・・(曲のコード解説)E♭に始まり、Dで終わる。私の妻(ジェーン・ホール/Jane Hall)が何故かこんな曲を書く。彼女は恐れ知らない。後でギターを弾かなきゃならないことなんか、お構いなしなんだから。

詳細:VHSビデオ版

VHS ビデオタイトル(原題)
Starlicks Master Sessions With Jim Hall
名義
Jim Hall
収録年
1993
発売元,レーベル
N/A
所有メディア
海外VHSビデオ
販売元
HAL LEONARD PUBLISHING corporatio
発売日
1993
規格品番
HL00699390
UPC
073999993905
輸入販売元
ヤマハミュージックトレーディング株式会社
JAN
4513744007489
定価
税抜5,800円

曲目

  1. Subsequently
     作曲: Jim Hall
     演奏:全員。カルテット編成。
  2. Two's Blues
     作曲:Jim Hall
     演奏:Jim HallとSteve Laspinaのデュオ
  3. Three
     作曲:Jim Hall
     演奏:Jim HallとSteve Laspina、Larry Goldingsのトリオ
  4. All Across The City
     作曲:Jim Hall
     演奏:Jim HallとLarry Goldingsのデュオ
  5. Something Tells Me
     出演:Jane Hall
     演奏:Jim Hallのギターソロ
  6. Something Special
     出演:Jane Hall
     演奏:全員。カルテット編成。この曲に解説はなく、フェイドアウトする。

演奏者

Jim Hall
guitar
Larry Goldings
piano
Steve LaSpina
bass
Bill Stewart
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.カルテット 演奏編成.デュオ・ピアノとギター 演奏編成.トリオ 共演者.LarryGoldings 共演者.BillStewart 共演者.SteveLaSpina

拍手する

Legends of Jazz Guitar Volume Three (1986年)[DVD]

Legends of Jazz Guitar Volume Three

オススメ度

★★★☆☆

所感

このDVDは著名なジャズギタリストの映像集です。Jim Hall(ジム・ホール)の映像は3曲収録されています。そのうち2曲(I'm Getting Sentimental Over You,Valse Hot)はのDVDJazz625(内部リンク)から転用収録したもの。残りの1曲は原典の出所不明な映像で、ジャズ・ピアノ奏者のMichel Petrucciani(ミシェル・ペトルチアーニ)とジム・ホールのデュオを収録しています。曲はMy Funny Valentine。1986年に2人がヨーロッパツアーを行ったときの、デンマークでのライブ映像です。ジャケットはジム・ホールの写真だが収録映像とは無関係。

それにしてもJazz625からの転用映像の状態が酷い。ValseHotでジム・ホールのソロが終わるあたりで映像が少し飛んでる(笑)。音質・映像ともDVD「Jazz625」のほうがよい気がする。このことから本作はおそらくマスターではないVHSかLDからDVDにエンコードしたと思われる。

DVDにブックレットは添付されていないが、販売元のサイトからPDFをダウンロードできる。ブックレットには ジム・ホールの紹介やインタビューの抜粋が記載されている。ブックレットではJazz625の収録日が1964年9月26日と表示されているが、DVD「Jazz625」のブックレットでは1964年6月6日と表示されており、両者の説明に食い違いがある。

Jazz625は所有していたのでMy Funny Valentineだけ気になって購入したらYoutubeにあるやつじゃないかよーぐはー。

ブックレットのダウンロードURL
http://www.guitarvideos.com/dvd/pdf.htm
リスト名:Vesta13043dvd "Legends of Jazz Guitar Vol. 3"
直接リンク
http://guitarvideos.com/assets/pdf/13043dvd.pdf

詳細

DVDタイトル(原題)
Legends of Jazz Guitar Volume Three
DVD名義
N/A
収録年
1964/9/26(1964//6/6?),1986,etc
発売元,レーベル
Stefan Grossman's Guitar Workshop Inc.
所有盤
海外DVD
販売元
Vestapol Productions
発売日
2001
規格品番
Vestapol 13043
UPC
01167130439
定価
N/A

曲目

  1. I'm Getting Sentimental Over You
     演奏:The Art Farmer Quartet featuring Jim Hall
     作曲: Bassman,Washington
     Jazz625(内部リンク)より
  2. Medley: Manha De Carnaval/ Samba De Orfeu
     演奏:Barney Kessel
  3. Fascinating Rhythm
     演奏:Tal Farlow
  4. Oh! Lady Be Good
     演奏:Barney Kessel & Herb Ellis
  5. My Funny Valentine
     出演:Jim Hall,Michel Petrucciani
     作曲: Richard Rodgers
     1986年のヨーロッパツアー、デンマークでのライブ映像。原典映像の出所不明。
  6. Do You Have A Name
     出演:Pat Martino
  7. Flintstones Theme
     出演:Barney Kessel & Herb Ellis
  8. Valse Hot
     出演:The Art Farmer Quartet featuring Jim Hall
     作曲:Sonny Rollons
     Jazz625(内部リンク)より
  9. Medley: Nuages/Goin' Out Of My Head/Flying Home
     出演:Barney Kessel,Herb Ellis & Charlie Byrd

演奏者

Michel Petrucciani
piano
Jim Hall
guitar
Palle Danielsson
bass
Eliot Zigmund
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.デュオ・ピアノとギター 演奏編成.カルテット 共演者.MichelPetrucciani

拍手する

Jim Hall Enrico Pieranunzi : Duologues (2004年)[CD]

Jim Hall Enrico Pieranunzi : Duologues

オススメ度

★★★☆☆

所感

ジム・ホールとイタリアのピアニスト、エンリコ・ピエラヌンツィとのデュオ。アルバムの大半を占める曲はテンポも和音もあったもんじゃないと錯覚してしまうような変態系でございます。が、#3.From E To Cのワルツや、#7.Something Tells Me、#10.Dreamlogueといった美しくわかりやすいバラードの曲も配置されている。

録音そのものの音質はかなりよいです。ピアノとギターの音が実に生々しくも、耳にうるさくない自然な残響音があり、音そのものはききやすい。ギターはいつもよりピックのアタック感がかなり強調されて聴こえるのが印象的。というか、アンプからの出音より、ジムのギター前に配置したであろう生音用マイクの音量を割りと大きめにしてミックスしてるみたい。ほとばしる情感の演奏にのせてジム・ホールの声が聞こえちゃったりとか、いろいろと生々しいアルバムだ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Duologues
アルバム名義
Jim Hall Enrico Pieranunzi
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
2004/9/16,17,18
発売元,レーベル
C.A.M. Jazz(Italy)
所有盤
輸入CD
販売元
SunnySide / Ryko distribution(USA)
CD発売日
2005
規格品番
CAM 5009
UPC
016728500920
定価
-

曲目

  1. Duologue 1
     作曲: Jim Hall,Enrico Pieranunzi
  2. Careful
     作曲:Jim Hall
  3. From E. To C.
     作曲:Enrico Pieranunzi
  4. Our Valentines
     作曲: Jim Hall,Enrico Pieranunzi
  5. Duologues 2
     作曲:Enrico Pieranunzi
  6. The Point at Issue
     作曲: E.De Lange; J.Myrow
  7. Something Tells Me
     作曲:Jane Hall
  8. Jimlogue
     作曲:Jim Hall
  9. Duologue 3
     作曲: Jim Hall,Enrico Pieranunzi
  10. Dreamlogue
     作曲: Enrico Pieranunzi

演奏者

Jim Hall
guitar
Enrico Pieranunzi
piano

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.デュオ・ピアノとギター 共演者.EnricoPieranunzi レーベル.CAM

拍手する
プロフィール

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。