Jim Hall & Pat Metheny (1999年)[CD]{ライブ録音}

Jim Hall & Pat Metheny

オススメ度

★★★☆☆

所感

2011/10/13追記。Nonesuchレーベルから低価格なCDが2011/11/8に再販されます。

ジム・ホールとパット・メセニーのギターデュオ。ひたすら二人っきりで演奏してます。リリースは1999年ですが、1998年でのニューヨークでのスタジオ録音([Studio Recording]と表示)と、同年のライブ録音が6曲(#2,3,7,8,9,17)混在して収録されています。スタジオ録音は1998年7月30日と31日。ライブ録音は1998年8月1日と2日、ペンシルベニア州のクラブハウスManchester Craftsmen's Guild(外部リンク)での録音。基本的にジム・ホールが左チャンネル、パットメセニーが右チャンネル。ジム・ホールはダキスト1本かとおもうが、メセニーは4種類のギターを投入し、ジム・ホールを尊敬しているというメセニーの気概が伺える。それにしてもメセニーの使用楽器の記述をみると「フレットレス・クラッシク・ギター」とある。フレットレス弾くとかもう楽器の時点でおかしいです(誉)。

演奏内容については、まったりと落ち着いた雰囲気の曲が多い。たった2本のギターで最後 までこんなにも飽きさせないことができるのかという、枯れることの無い曲想にほれぼれいたします。一方、パット・メセニーのファンがいつもの手数の多さを期待して聞いたら、ちょっと控えめな演奏にあれれー?と首を傾げてしまうかもしれない。でも演奏そのものはよい。あくまでメセニー自身のアルバムと比較してってことで。

オススメはジム・ホールの友人でもある故アッティラ・ゾラーの曲#3.The birds and beesの演奏と、ジム・ホールの往年の名曲#17.All Across The City。渋くてよい。Improvisation No.1~5はタイトル通り即興演奏。曲として組みあがっているのもあるし、実験的な変態系もあって好き邦題やってる。

わたくし自身はこのアルバムはかなり好きで、ジャズギターの大御所二人の共演ということでひいき目にみたいが、このシンプルな構成と、落ち着いた雰囲気にどちらのファンでも無い人はちょっと退屈になるのかもしれない・・・てことで辛めの星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Jim Hall & Pat Metheny
アルバム名義
Jim Hall & Pat Metheny
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1998/7/30,31 - 1998/8/1,2
発売元,レーベル
Telarc International Corporation
所有盤
輸入CD
販売元
Telarc International Corporation
CD発売日
1999
規格品番
CD-83442
UPC
089408344220
定価
N/A

曲目

  1. Lookin' Up [Studio Recording]
    作曲
    Jim Hall
  2. All The Things You Are
    作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  3. The Birds And The Bees
    作曲
    Attila Zoller
  4. Improvisation No. 1 [Studio Recording]
    作曲
    Jim Hall,Pat Metheny
  5. Falling Grace [Studio Recording]
    作曲
    Steve Swallow
  6. Ballad Z [Studio Recording]
    作曲
    Pat Metheny, arranged by Gil Goldstein
  7. Summertime
    作曲
    Du Bose Heyward,George Gershwin,Ira Gershwin
  8. Farmer's Trust
    作曲
    Pat Metheny
  9. Cold Spring
    作曲
    Jim Hall
  10. Improvisation No. 2 [Studio Recording]
    作曲
    Jim Hall,Pat Metheny
  11. Into The Dream [Studio Recording]
    作曲
    Pat Metheny
  12. Don't Forget [Studio Recording]
    作曲
    Pat Metheny
  13. Improvisation No. 3 [Studio Recording]
    作曲
    Jim Hall,Pat Metheny
  14. Waiting To Dance [Studio Recording]
    作曲
    Jim Hall
  15. Improvisation No. 4 [Studio Recording]
    作曲
    Jim Hall,Pat Metheny
  16. Improvisation No. 5 [Studio Recording]
    作曲
    Jim Hall,Pat Metheny
  17. All Across The City
    作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
electric guitar
Pat Metheny
electric guitar,accoustic guitar,fletless classical guitar,42-strings guitar
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Telarc 録音.ライブ録音 共演者.PatMetheny 演奏編成.デュオ・ギターとギター

拍手する

Dedications & Inspirations (1994年)[CD]

Dedications & Inspirations

オススメ度

★★★☆☆☆

所感

ジム・ホールがひたすら一人でギターを弾いているアルバム。ベースやドラム、ピアノなどといった楽器は一切ない。基本的に一人でギター2本をリードとバッキングに分けて弾いて、オーバーダビングし1トラックにしている。一部(#10と#11)はギターソロで弾いている。ギターの音色がこれまでのアルバムからガラっとかわって、アコースティックギターで弾いているような印象を受ける。実際にアコギで弾いている曲もあるが、アンプ経由の音よりは、生音を拾っている割合が大きいのも特徴。

このアルバムはタイトルの「デディケイションズ&インスピレイションズ」が示している通り「献身と触発」という主題に基づいて制作されている。主に音楽家に対して尊敬の念をこめて捧げる曲と、絵画に曲想を得て書き下ろした曲を演奏している。ギターのみなので派手さに欠けるが、ジム・ホールが得たインスピレーションの対象を想像しながら演奏を聴くと、表層上の曲だけなく、また別の側面が見えてきておもしろい・・・てのはジム・ホール中毒度80%以上のファンでないと難しいかーっ!

曲と、「デディケイションズ&インスピレイションズ」の対象となる人物は次の通り。

  • Whistle Stop:アメリカの風刺コミック作家ゲイリー・ラーソンに捧げた曲。ゲイリー・ラーソンはジム・ホールのアルバムSomething Special(1993年)のジャケット(USオリジナルCD)を描いている。絵画のようにちょっとコミカルでかわいい曲だ。
  • Hawk:サックス奏者、コールマン・ホーキンスに捧げた曲。
  • Canto Nostálgico:「アルゼンチンの友人に捧ぐ」と表記されている。
  • Why Not Dance?:1940年代のスイングジャズ全盛期の音楽家ジミー・ランスフォードに触発されて書いた曲。
  • João:ボサノヴァの大御所であるジョアン・ジルベルトに捧げた曲。アントニオ・カルロス・ジョビンなどのブラジルの音楽家たちのボサノヴァが、ジム・ホールに影響を与えたとしている。ライナーノーツによると1950年代末にジム・ホールがエラ・フィッツジェラルドのツアーに同伴し南アメリカを訪れ、その後ツアーを離れて一人で6週間リオデジャネイロで過ごし、ボサノヴァを自分のスタイルに取り込んだと説明している。
  • Seseragi:日本の友人に捧げた曲。友人とはジム・ホールに師事したギタリストの井上智(いのうえ さとし)氏のこと。
  • All The Things You Are:妻のジェーン・ホール(Jane Susan Hall)に捧げた曲。ジェーンがこの曲が大好きだから、とのこと。ジム・ホールはこの曲をしばしば演奏するが、その理由をいつも妻が好きだからと答えている。なんつー愛妻家おやじ・・・!
  • Miró:スペインの画家、ジョアン・ミロの絵画から曲想を得た曲。
  • Mone:フランスの画家、クロード・モネの絵画から曲想を得た曲。
  • Bluesography:イントロおよび4部のパートから構成される12分の長い曲。ジャズギターの創始者であるチャーリー・クリスチャンと、初期のブルースギタリストのリードベリーに捧げた曲。
  • In A Sentimental Mood:スイングジャズの大家、」デューク・エリントンに捧げた曲。ジム・ホールはデユーク・エリントンの曲を本当に好きだといっている。ライナーノーツではジム本人のコメントでWe love you madly!と記述しているほどだ。ジムの2ndソロアルバム「It's Nice To Be With You」(1969年)ではギター2本で演奏しており、似たような雰囲気を持つが、それぞれの違いを楽しんでみるのも良い。
  • Matisse:フランスの画家、アンリ・マティスの絵画から曲想を得た曲。アルバムのジャケットはマティスの作品The Sorrow Of The King(王の悲しみ)を借用している。
    外部リンク:The Sorrow Of The King : Wikipedia(US)
  • Street Dance:サックス奏者、ソニー・ロリンズに捧げた曲。周知の通り、ロリンズとジムは何度か共演しており、ライナーノーツでジム・ホール自身が「ロリンズが私にカリプソを紹介した」と記述している。カリプソ調の南国を思わせる楽しい曲。

ライナーノーツにジム・ホール自身と、妻のジェーンによるコメントがあり、養女のデブラ・ホール(Devra Hall)によるジム・ホールの詳しい音楽経歴が記述されているのも特徴。

ジム・ホールはこの1994年のアルバムからTelarc(テラーク)レーベルに移籍し、この後しばらくの間Telarcからアルバムを発表することになるのだが、どうにもTelarcでのアルバムは後発のものほど曲がヘンテコになっていく傾向があるので要注意。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Dedications & Inspirations
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1994/10/23,24
発売元,レーベル
Telarc International Corporation
所有盤
輸入CD
販売元
Telarc International Corporation
CD発売日
1994
規格品番
CD-83365
UPC
089408336522
定価
-

曲目

  1. Whistle Stop
    作曲
    Jim Hall,dedicated to Gary Larson
  2. Hawk
    作曲
    Jim Hall,dedicated to Coleman Hawks
  3. Canto Nostálgico
    作曲
    Jim Hall,dedicated to "My Friends In Argentina"
  4. Why Not Dance?
    作曲
    Jim Hall,inspired by Jimmy Lunceford(Jimmie Lunceford)
  5. João
    作曲
    Jim Hall,dedicated to João Gilberto
  6. Seseragi
    作曲
    Jim Hall,dedicated to "My Friends In Japan"
  7. All The Things You Are
    作曲
    Jerome Kern,dedicated to Jane Hall
  8. Miró
    作曲
    Jim Hall,inspired by Miró
  9. Monet
    作曲
    Jim Hall,inspired by Monet
  10. Bluesography
    作曲
    Jim Hall,dedicated to Charie Christian and Leadbelly
  11. In A Sentimental Mood
    作曲
    Duke Ellington,dedicated to Duke Ellington
  12. Matisse
    作曲
    Jim Hall,inspired by Matisse
  13. Street Dance
    作曲
    Jim Hall,dedicated to Sonny Rollins

演奏者

Jim Hall
electric guitar,acoustic guitar

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Telarc 演奏編成.デュオ・ギターとギター

拍手する

JimHall & BarneyKessel You Stepped Out Of A Dream [YouTube動画]

ジム・ホールとバーニー・ケッセルのギターデュオ。1967年11月5日のドイツ・ベルリンで開催されたBerlin Festival Guitar Work Shopの映像と思われる。映像ソースは不明だが、音源はCD化されている。音源については下記リンク先参照。

内部リンク:Berlin Festival Guitar Work Shop (1967年)[CD]{ライブ録音}

テーマ : YouTube動画
ジャンル : 音楽

tag : 共演者.BarneyKessel 演奏編成.デュオ・ギターとギター

拍手する

Berlin Festival Guitar Work Shop (1967年)[CD]{ライブ録音}

Berlin Festival Guitar Work Shop

オススメ度

★★★☆☆

所感

ドイツのイベントのライブアルバム。ジム・ホールの演奏は2曲のみ収録。このアルバムではバーニー・ケッセルのバンドでの演奏や、バーデン・パウエルのバカテクが圧巻。ジム度は低いけどふつーのギター・インストのライブ盤としては楽しめるかなということで星3つ。

エルマー・スノーデン(バンジョー)、バディ・ガイ(ブルース)、バーニー・ケッセル(ジャズ)、バーデン・パウエル(ボサノヴァ)など、あらゆるジャンルのどちらかといえば華やかなギタリストの中で、ジム・ホールはおとなしめなプレイヤーという印象だが、このころからジム・ホールの代表曲である#7.Carefulなどで個性をあらわし出してきたと思う。そのほか#8.You Stepped Out Of A Dreamではジムとバーニー・ケッセルとでギターのみのデュオで演奏。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Berlin Festival Guitar Work Shop
アルバム名義
Baden Powell,Barney Kessel,Jim Hall,Buddy Guy,Elmer Snowden
アルバムタイトル(邦題)
ベルリン・フェスティバル・ギター・ワークショップ
アーティスト表記(日本語表記)
バーデン・パウエル、バーニー・ケッセル、ジム・ホール、バディ・ガイ、エルマー・スノーデン
収録年
1967/11/5
発売元,レーベル
MPS Records
所有盤
国内版CD
国内CD発売元
ポリドール株式会社
国内CD販売元
ポリグラム株式会社
国内CD発売日
1998/3/18
規格品番
POCJ-2555
JAN
4988005212139
定価
1,835円(税込)

曲目

  1. Lazy River
    作曲
    Hoagy Carmichael
  2. Elmer's Boogie
    作曲
    Elmer Snowden
  3. Forst Time I Met The Blues
    作曲
    Buddy Guy
  4. Drinking Muddy Water
    作曲
    J.Witersoon
  5. On A Clear Day
    作曲
    A.J. Lerner,Burton,Lane
  6. Manha De Carnval, Samba From "Orfeo Negro"
    作曲
    L.Bonfa
  7. Careful
    作曲
    Jim Hall
  8. You Stepped Out Of A Dream
    作曲
    Brown,Kahn
  9. The Girl From Ipanema
    作曲
    A.C.Johbin
  10. Samba Triste
    作曲
    Baden Powell
  11. Berimbau
    作曲
    Baden Powell

演奏者

Elmer Snowden
banjo (on tracks 1,2)
Buddy Guy
guitar (on tracks 3,4)
Barney Kessel
guitar (on tracks 5,6,8)
Jack Lesberg
bass (on tracks 5,6)
Don Lemond
drums (on tracks 5,6)
Jim Hall
guitar (on tracks 7,8)
Steve Swallow
bass (on tracks 7)
Bobby Moses
drums (on tracks 7)
Baden Powell
guitar (on tracks 9,10,11)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 録音.ライブ録音 共演者.BarneyKessel レーベル.MPS 演奏編成.デュオ・ギターとギター

拍手する

Jim Hall & Bill Frisell : Hemispheres (2008年)[CD]

Jim Hall & Bill Frisell : Hemispheres

オススメ度

★★★★☆

所感

円熟と革新の同居。CD2枚組。米国のレーベルArtistShareのサイトではCDなしでmp3のダウンロード購入も可能。ジム・ホールとビル・フリゼールの連名で、CD1枚目は2人のデュオでやりたい放題。ArtistShareのCDでは初の?ブックレットも同封。ブックレットにはレコーディング時の写真、解説、なんだかわからんぐちゃぐちゃな(笑)手書きの楽譜もあり、ファンにはお得感のあるアルバム。全体的に楽曲がマニアックなかんじなので星3つかなーてとこですが、2枚組みで2枚目はまだわかりやすいかーと妥協して星4つ。

DISC1は1曲目からビル・フリゼール作曲のアンビエント系というか電波曲スタートで旧来からのジムファンは悶絶、ジム・ホールをこれではじめて聴いたという人は呆けること請け合いでいきなりハードルが高いです(笑)。2曲目ではジムの古来からのオリジナル曲であり定番かつジャズ・バラードの名曲といっても過言ではないAll Across The Cityとなりやっと安心。ちなみに左チャンネルがジム、右チャンネルがビル。

ブックレットの解説によると1枚目は2007年の7月から12月の期間、録音日が5日あり、本作に収録されなかった曲など46回の録音テイクから採用した9曲を収録。#7はDisc2の別日程時に録音している。いったい何故選曲したのかと気になっていた、ボブ・ディランの「Masters Of War」はビルが持ち寄った曲で、ジムはそれまで知らなかったとのこと。でも歌詞は気に入ったと言ったそうだ。

DISC2はベースにスコット・コリー、ドラムにジョーイ・バロンが加わりカルテット。オリジナルの新曲や、ご無沙汰曲のBeija Flor(これがかっこいい)、得意のスタンダードIn A Sentimental Moodなどがあり、2枚目は一般のみなさまがたにも受け入れやすい内容となっている・・・と思うよー。

ブックレットの解説によると、当初デュオ・アルバムだけ制作するつもりが、2008年の夏ごろ選曲作業中にドラムとベースがほしくなってしまい、カルテットをやることを決めたそうだ。急遽2枚目の制作が決定し、2008年9月9日に録音決行したそうだ。下記の通り当初1月発売が9月になり、さらに10月になったのはそういうこってすか。まったくもってシェフの気まぐれおすすめランチなノリだ。御大は気概が違う。素敵。

本作は発売が2回延期され、注文者は実際にCDが届くまで長期間待つこととなった。当初は2008年1月15日発売予定だったが、直前の1月5日(米国時間)になり9月1日に延期決定。次に10月15日に延期。全注文者にCDを発送するまで3~4週間かかるとの案内があり、わたくしの注文分が発送されたのは11月24日、配達が12月1日であった。販売元ArtistShareは延長の告知とともに注文者に代替措置で貴重な廃盤アルバム(Jazz Impressions Of Japan)のmp3音源や本作のmp3先行ダウンロード提供を行った。詳細は過去の寝言参照。

なお、ビル・フリゼールは20歳の頃(1971年ごろ)にバークリー音楽院でジム・ホールからギターのレッスンを受けたことがあり、1986年にジム・ホールとライブで共演した。1995年にはジム・ホールのアルバム「Dialogues」で共演をしている。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Hemispheres
アルバム名義
Jim Hall & Bill Frisell with Scott Colley and Joey Baron
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
Disc1:2007/7~12(except #7),DIsc2 and Disc1 #7:2008/9/9 at Sear Sound NYC
発売元,レーベル
artistShare
所有盤
輸入CD
販売元
artistShare http://www.artistshare.com/
CD発売日
2008/10/15
規格品番
AS0079
UPC
N/A
定価
レーベル直販CD:$24.95,mp3:$18.95 *国内小売店では4,500円

曲目:Disc1

  1. Throughout
    作曲
    Bill Frisell
  2. All Across the City
    作曲
    Jim Hall
  3. Bag’s Groove
    作曲
    Milto Jackson
  4. Migration
    作曲
    Jim Hall,Bill Frisell
  5. Family
    作曲
    Bill Frisell
  6. Waiting To Dance
    作曲
    Jim Hall
  7. Bimini
    作曲
    Jim Hall
  8. Masters Of War
    作曲
    Bob Dylan
  9. Beijing Blues
    作曲
    Jim Hall,Bill Frisell
  10. Monica Jane
    作曲
    Jim Hall,Bill Frisell

曲目:Disc2

  1. I’ll remember April
    作曲
    Don Raye,Gene De Paul,Pat Johnston
  2. Barbaro
    作曲
    Jim Hall,Bill Frisell,Scott Colley,Joey Baron
  3. Chelsea Bridge
    作曲
    Billy Strayhorn
  4. Owed to Freddie Green
    作曲
    Jim Hall
  5. Beija Flor
    作曲
    Nelson Cavaquinho,Noel Silvia,Augusto Tomaz,Jr
  6. Here and Now
    作曲
    Jim Hall
  7. My Funny Valentine
    作曲
    Lorenz Hart,Richard Rodgers
  8. Card Tricks
    作曲
    Jim Hall,Bill Frisell,Scott Colley,Joey Baron
  9. In a Sentimental Mood
    作曲
    Duke Ellington,Irving Mills,Manny Kurtz
  10. Sonnymoon for two
    作曲
    Sonny Rollins

演奏者

Jim Hall
guitar (on Disc1 and Disc2)
Bill Frisell
guitar (on Disc1 and Disc2)
Scott Colley
bass (on Disc2 except 7)
Joey Baron
drums (on Disc2 except track 7)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.ArtistShare 演奏編成.カルテット 演奏編成.デュオ・ギターとギター 共演者.BillFrisell 共演者.ScottColley 共演者.JoeyBaron

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ