スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Art Farmer & Jim Hall : Big Blues (1978年)[CD]

Art Farmer & Jim Hall : Big Blues

オススメ度

★★★☆☆

所感

1964年前後に大活躍したアート・ファーマーとジム・ホールのコンビがひさびさに復活してお送りするオサレジャズ。ヴィブラフォンがいるので、よけいオサレに感じるのかも。全体的になかなかいい塩梅ですが、なんといっても収録曲が4曲と少なめでなので無念の星3つ。でも1曲あたり7~8分以上なのでまずまず満足ですかね。全体的に落ち着いた曲で、アップテンポなのは#3.Big Bluesくらい。#4はラヴェルの「なき王女のためのパヴァーヌ」。ほんと、このころはクラッシクアレンジがブームだったんですかね。

録音のことですが楽器ごとの音の分離がよく(ミックスがいいっていうのかね)、キラキラと清楚でつつましくも華がある印象。・・・などと、ジャケットのヒゲ面のおっさん二人からは、まるでかけ離れた可憐な少女を表現するような文面がぴったりのアルバム。CDのスリーブによると「スィングジャーナル誌ディスク大賞優秀録音賞 エンジニア:デビッド・パーマー」とのこと。

んで、ヲサレの最大の要因はレーベルの特色によるものかと。レーベルはCTI Recordsで、プロデューサーが名盤「Concierto(アランフェス協奏曲)」(1975年)を製作したクリード・テイラー(Creed Taylor)。アレンジャーは後に迷盤(?)「Concierto de Aranzues(新アランフェス)」(1981年)」を製作してしまったデイヴィッド・マシュー(David Matthews)。つことでプレイヤーの爆発する個性を楽しむってよりは完成された世界を楽しむアルバムでございますー。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Big Blues
アルバム名義
Art Farmer and Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
ビッグ・ブルース
アーティスト表記(日本語表記)
アート・ファーマー&ジム・ホール
収録年
1978/2
発売元,レーベル
CTI Records
所有盤
国内版CD
CD発売元
キングレコード株式会社
国内CD発売日
2000/7/26
規格品番
KICJ-8313
JAN
4988003249021
定価
1,800円(税込)

曲目

  1. Whisper Not
    作曲
    Benny Golson
  2. A Child Is Born
    作曲
    Thad Jones
  3. Big Blues
    作曲
    Jim Hall
  4. Pavane for a Dead Princess
    作曲
    Maurice Ravel

演奏者


Art Farmer
fluegelhorn
Jim Hall
guitar
Mike Moore
bass
Mike Mainien
vibes
Steve Gadd
drums
David Matthews
arrangements

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.CTI 共演者.ArtFarmer 演奏編成.クインテット 共演者.SteveGadd

拍手する

Ben Webster : At the Renaissance (1960年)[CD]{ライブ録音}

Ben Webster : At the Renaissance

オススメ度

★★★★☆

所感

テナー・サックス奏者、ベン・ウェブスターのライブ録音盤。ベン・ウェブスターはデューク・エリントン楽団に1935年から1943年まで在籍し、楽団の最盛期(1940年~1942年ごろ)の中核となった人物だ。1943年にはエリントンと喧嘩別れして楽団を去ったという。そんなわけで実力も名声も持つウェブスターでございます。

本作では濃密な熱気と味わい深い演奏を楽しめる。主メロディのサックスの演奏がわかりやすくて、親しみやすい。逆の言い方をすれば、21世紀となった今ではすげー普通な演奏なんだけど、全体的によくまとまってて緩急抑揚のある選曲で、あんまり飽きない。

ジム・ホールのソロもわりとあるし、ジムファンにもお得。バンドの中ではレッド・ミッチェルのベースが際立っているのが特徴。いくつかの曲で長めのベースソロがあったり、#2.Stardustではアルコ(弓)を使ったソロなんかもあってかっこいい。たぶんベースがしっかり低音を支えつつ時々自己主張するあたりがこの普通なアルバムをどことなくひきつける魅力の原因となってるんじゃないかなーっと。

詳細

アルバムタイトル(原題)
At the Renaissance
アルバム名義
Ben Webster
アルバムタイトル(邦題)
アット・ザ・ルネッサンス+4/ベン・ウェブスター・ウィズ・ジム・ホール
アーティスト表記(日本語表記)
ベン・ウェブスター
収録年
1960/10/14
発売元
Contenporary Records,Inc
所有盤
国内版CD
国内CD発売元
ビクターエンタテインメント株式会社
国内CD発売日
2001/5/23
規格品番
VICJ-60778
JAN
4988002415113
定価
2,500円(税込)

曲目

  1. Gone with the Wind [*]
    作曲
    Allie Wrubel,Herbert Magidson
  2. Stardust
    作曲
    Hoagy Carmichael,Mitchell Parish
  3. Caravan
    作曲
    Duke Ellington,Irving Mills,Juan Tizol
  4. Georgia on My Mind
    作曲
    Hoagy Carmichael,Stuart Gorrell
  5. Ole Miss Blues
    作曲
    W.C.Handy
  6. Mop Mop [*]
    作曲
    Teddy Wilson,J.C. Heard
  7. What Is This Thing Called Love? [*]
    作曲
    Cole Porter
  8. Renaissance Blues [*]
    作曲
    Ben Webster,Frank Butler,Jim Hall,Jimmy Rowles,Red Mitchell

演奏者

Ben Webster
tenor saxophone
Jimmy Rowles
piano
Jim Hall
guitar
Red Mitchell
bass
Frank Butler
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.クインテット 共演者.BenWebster 共演者.RedMitchell 録音.ライブ録音 レーベル.Contemporary

拍手する

John Lewis : Grand Encounter : 2° East - 3° West (1956年)[CD]

Grand Encounter:2° East - 3° West

オススメ度

★★☆☆☆

所感

まぁふつーのJAZZでしょうか。ジムはときおりソロ。MJQのジョン・ルイスとチコ・ハミルトンのメンバーがセッションしてみましたというようなアルバム。#5.Skylarkではジムのソロプレイがメインの演奏となっている。
このときジム・ホールのギターはまだギブソン社のレス・ポール・カスタムを使用していたらしい(下記リンク参照)。そういわれればそんな音かなー。全体的にこぎれいなジョン・ルイスの編曲に対し、チコ・ハミルトンがときおりはじけた変態ドラムを聞かせるあたりがちょっと笑える。無論ほめ言葉ですが。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Grand Encounter : 2° East - 3° West
アルバム名義
John Lewis,Percy Heath,Bill Perkins,Chico Hamilton,Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
グランド・エンカウンター
アーティスト表記(日本語表記)
ジョン・ルイス
収録年
1956/2/10
発売元
Pacific Jazz
所有盤
国内CD
国内CD発売元
東芝EMI株式会社
国内CD発売日
2006/9/20
規格品番
TOCJ-6831
JAN
498800845466
定価
1,500円(税込)

曲目

  1. Love Me Or Leave Me
    作曲
    Walter Donaldson, Gus Kahn
  2. I Can't Get Started
    作曲
    Vernon Duke,Ira Gershwin
  3. Easy Living
    作曲
    Leo Robin,Ralph Rainger
  4. 2 Degrees East - 3 Degrees West
    作曲
    John Lewis
  5. Skylark
    作曲
    Hoagy Carmichael,John Merecer
  6. Almost Like Being In Love
    作曲
    Frederic Loewe,Alan Jay Lerner

演奏者

John Lewis
piano
Percy Heath
bass
Bill Perkins
tenor saxophone
Chico Hamilton
drums
Jim Hall
guitar

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Pacific 演奏編成.クインテット 共演者.ChicoHamilton 共演者.JohnLewis

拍手する

Chet Baker,Jim Hall,Hubert Laws : Studio Trieste (1982年)[CD]

Jim Hall : Studio Trieste

オススメ度

★★★☆☆

所感

CTIの「Concierto(アランフェス協奏曲)」(1975年)が売れたらしく、もう一度クラッシクをオシャレチックに作ってみました、という作品。つことで1曲目がチャイコスフキーの「白鳥の湖」で始まるアルバム。3曲目はキューバの音楽家エルネスト・レクオーナによる情熱的な曲「マラゲーニャ」。2曲目はマイルス・デイビスの「オール・ブルース」、4曲目はジョン・ルイスの「ジャンゴ」とジャズのアレンジ演奏。アルバム全体はおとなしめというか、上品な印象で、ジム・ホールの演奏についてもお上品で流麗な面がつよく押し出されている。でもやっぱり、悪くはないがやはり「パート2」的なものは第一作を超えられないか・・・と感じる。渋めな内容で曲数が4曲てことで控えめに星3つ。

視点を変えて、参加プレイヤーをみると、後年ジム・ホールがともにアルバムをつくったりするメンバーがいて興味深い。収録曲は4曲だが、どれも8~10分と演奏時間が長いのも特徴。 なお、国内盤の名義はジム・ホールだが、オリジナル(海外盤)ではチェット・ベイカー(トランペット)、ジム・ホール(ギター)、ハーバート・ロウズ(フルート)の3人の連名になっている。

なお、1992年に本アルバムからジム・ホールのギターとチェット・ベイカーのトラックを利用しアレンジしたアルバム「Youkali」が発売された。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Studio Trieste
アルバム名義
Chet Baker,Jim Hall,Hubert Laws
アルバムタイトル(邦題)
スタジオ・トリエステ
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1982/3;4
発売元,レーベル
CTI Records
所有盤
国内版CD
販売元
キングレコード株式会社
CD発売日
2000/7/26
規格品番
KICJ-8302
JAN
4988003248918
定価
1,800円

曲目

  1. Swan Lake
    作曲
    Peter Iryich Tchaikovsky
  2. All Blues
    作曲
    Miles Davis
  3. Malaguena
    作曲
    Ernesto Lecuona
  4. Django
    作曲
    John Lewis

演奏者

Jim Hall
guitar
Hubert Laws
flutes
Chet Baker
trumpet,flugelhorn
Kenny Barron
Keybords(1,4)
Jorge Dalto
Keybords(2,3)
Sammy Figueroa
Percussion
Steve Gadd
drums
Gary King
Electric Bass(2,3)
George Mraz
Acoustic Bass(1,4)
Jack Wilkins
guitar(2)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.CTI 共演者.ChetBaker 共演者.KennyBarron 共演者.GeorgeMraz 共演者.SteveGadd 演奏編成.クインテット

拍手する

Bill Evans : Interplay (1962年)[CD]

jimhall_inter.jpg

オススメ度

★★★★☆

所感

典型的なモダンジャズ。初心者にもすげーわかりやすい。ビル・エヴァンスのクインテット(ピアノ、トランペット、ギター、ベース、ドラム)。ビル・エヴァンス名義のアルバムなので他のパートが目立たないと思いきや、各楽器のソロ回しが配置されており、当然ジムのソロプレイも負けじと目立ち聴きどころが多い。てことで星4つ。全体的には元気で勢いのある曲が多く、直球なかんじでずーっと聴いてるとちょっと飽きる・・・かも?バラードは#2.When You Wish upon a Star(星に願いを)くらいかなー。ビル・エヴァンスはやっぱトリオがベストなんですかね。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Interplay
アルバム名義
Bill Evans
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1962/6/16
発売元,レーベル
Riverside Records,Inc.
所有盤
輸入CD
CD発売元
Riverside Records,Inc.
CD発売日
1987
規格品番
OJCCD-308-2(RLP-9445)
UPC
025218630825
定価
-

曲目

  1. You and the Night and the Music
    作曲
    Arthur Schwartz,Howard Dietz
  2. When You Wish upon a Star
    作曲
    Ned Washington,Leigh Harline
  3. I'll Never Smile Again [Take 7]
    作曲
    Ruth Lowe
  4. I'll Never Smile Again [Take 6][*]
    作曲
    Ruth Lowe
  5. Interplay
    作曲
    Bill Evans
  6. You Go to My Head
    作曲
    Haven Gillespie,J. Fred Coots
  7. Wrap Your Troubles in Dreams (And Dream Your Troubles Away)
    作曲
    Billy Moll,Harry Barris,Ted Koehler

演奏者

Bill Evans
piano
Freddie Hubbard
trumpet
Jim Hall
guitar
Percy Heath
bass
Philly Joe Jones
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Riverside 演奏編成.クインテット 共演者.BillEvans

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。