Jim Hall : Something Special (1993年)[CD]

Jim Hall Something Special USA

オススメ度

★★★★☆

所感


Jim Hall : Something Special
写真は国内版CDジャケット

(2011年年1月30日、過去記事に追記。オリジナルのUSA版CDを入手したため再編集)
しっとり系。かなりよ い。ドラム抜きのトリオ編成(Gr、Key、Ba)なので多少おとなしい印象を受けるが、このアルバムの前作となる「Subsequently」(1992年)でもピアノを担当したラリー・ゴールディングスによって、きらびやかで広がりのある演奏を聴かせてくれる。#5はギターソロ。#9はラリー・ゴールディングスの作曲で、ラリー自身のアルバムWhatever It Takes(1995年)にも収録しており、そちらではオルガンで演奏している。なお、このアルバムと同年に制作および発売されたジム・ホール出演のギター教則ビデオStarLicks Sessions With Jim Hall(1993年,VHS)または異なる題名だがまったく同じ内容のDVD版Instractional DVD For Guitar Jim Hall(2006年,DVD)に#1と#7をカルテット編成で演奏した映像が収録されている。

記事先頭にあるジャケット(カバーアート)はオリジナルであるUSAの「MusicMaster」レーベルのCDジャケット。アメリカのコミック作家ゲイリー・ラーソン(Gary Larson)の漫画調のイラストが使用されている。絵をよくみると飲食店の中のメニュー看板のハンバーガーにギターが挟まっているユーモアのある絵で、メニューの文字はこのアルバムの曲目と収録時間となっており、このアルバム用に書き下ろした絵だと思われる。ジム・ホールはアルバムDedications & Inspirations(1994年,Telarc)でゲイリー・ラーソンのためにWhistle Stopという曲を書いて演奏している。(Dedications & Inspirationsのジャケット裏の曲リストにはWhistle Stop dedicated to Gary Larsonと副題が表示されている。

一方、国内版CDのジャケットはオリジナルのジャケットの下に小さい画像で表示しているが、ジム・ホール本人の写真となっている。この写真は(内部リンク)Jim Hall And Friends,Vol.2 Live At Town Hallのジャケット写真を加工しただけのものだ。

詳細:海外版オリジナルCD

アルバムタイトル(原題)
Something Special
アルバム名義
Jim Hall
収録年
1993/3/6 and 8
発売元,レーベル
Music Masters,Inc.
販売元(Distributor)
BMG Music
CD発売日
1993/10/12
規格品番
01612-65105-2
UPC
016126510521

詳細:国内版CD

アルバムタイトル(邦題)
サムシング・スペシャル
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1993/3/6 and 8
発売元
ヴィーナスレコード株式会社 (VenusRecords)
販売元
株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ
CD発売日
1997/10/22
規格品番
TKCZ-36029
JAN
4988008381535
定価
2,500円

曲目

  1. Something Special
    作曲
    Jim Hall
  2. Somewhere
    作曲
    Leonard Bernstein,Stephen Sondheim
  3. Down from Antigua
    作曲
    Jim Hall
  4. Steps
    作曲
    Jim Hall
  5. Deep in a Dream
    作曲
    Eddie DeLange,James Van Heusen
  6. When Little Girls Play
    作曲
    Steve LaSpina
  7. Three
    作曲
    Jim Hall
  8. Lucky Thing
    作曲
    Jim Hall
  9. Up for Air
    作曲
    Larry Goldings
  10. Consequently
    作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Larry Goldings
piano
Steve LaSpina
bass
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.MusicMasters 演奏編成.トリオ 演奏編成.ギターソロ 共演者.SteveLaSpina 共演者.LarryGoldings

拍手する

Jim Hall : Jazz Impressions Of Japan & Live In Tokyo (1976年)[CD]{ライブ録音}

Jazz Impressions Of Japan / Live In Tokyo : Jim Hall

オススメ度

★★★★☆

所感

意外とイケてます。日本のキングレコードが発売した2つのLPレコードアルバム「Jazz Impressions Of Japan/無言歌」と「Live In Tokyo/ライヴ・イン・トーキョー」を1枚にまとめたお徳版。LP2枚分の全曲はCD枚に入りきらず、曲がカットされて収録されている。実に残念!もし入手できるなら元の2枚のアルバムそれぞれを堪能するのが本来望ましい。それぞれ単独で楽しむなら星5つだが、この2in1CDでは曲が補完されていなく残念ッってことで星4つ。

CDジャケト上側はアルバム「Jazz Impressions Of Japan」のもので、1976年11月に東京で録音したものです。ジム・ホールのイラストを初めて見たとき、そのくどめの絵に少し退きましたが、演奏の内容は実に素晴らしいです。ジム・ホールのオリジナル作曲で代表曲のひとつ「Careful」がやや速めのテンポで演奏されたテイクがあり、スリリングで熱い展開となっています。
ジャケット下側の絵はアルバム「Live In Tokyo/ライブ・イン・トーキョー」。1976年10月28日の中野サンプラザでのライブ音源を収録。ドラムの盟友テリー・クラークとの競演 「Twister」が熱い。アコースティックギターで珍しくザカザカとカッティングメインのナンバー。
これら2つのアルバムからは全体的に元気で勢いのある内容が選曲されており、内省的で渋めと思われがちなジム・ホールの明るく快活な一面がわかります。
以下、元の2枚のアルバムの個別情報など。

「Jazz Impressions Of Japan」の初回LPと再発LP
このCDの元となっているLP「Jazz Impressions Of Japan」は初回発売版と再発売版の2種類があります。

LP「無言歌/Jazz Impressions Of Japan」(カタログ#GXU-1、1977年、このCDのジャケットの上側
収録曲 A面:Something for Now,Echo,Without Words,B面:Two Special People,Kyoto Bells
初回LPではダイレクトカッティングという録音方法が採用され、非常に高音質だったそうです。

Jm Hall : Jazz Impressions Of Japan LP
写真は1980年に再発
されたJazz Impressions
Of Japan(GP-3216)の
ジャケット。知人の所有
レコードを撮影。

再発LP「無言歌/Jazz Impressions Of Japan」(カタログ#GP-3216,1980年)
再発LPは曲の追加とジャケットの変更があります。ジャケットについては草原にたつ1本の樹木の絵になっています。1980年のジム・ホール来日コンサートを記念して再発されたそうです。
収録曲 A面:Light,Careful,Kyoto Bells,B面:Without Words,Echo,Young One,Two Special People,Something For Now

つまり、CDの収録曲は再発LPのA面1~3曲目とB面1曲目の4曲(太字)を収録したものっとなっています。しかしながらCDジャケットには初回のLPのものを採用しており、かなりややこしいことになっています。なお、CDの音源はダイレクトカッティングのLPから再編集したのではなく、テープ録音から編集しています。ライナーノーツを引用する次の通り。

「本CDはダイレクト・カッティングと平行して収録された通常のアナログ・テープ録音から編集しています」

無言歌/Jazz Impressions Of Japanの単品CDについて
一度CD化されたようですが、残念ながら廃盤で再発されていないため私もCD版は所有していません。
検索で確認したところCDはKICJ-8023 1993年9月22日発売 2,345円として発売されたようです。(2011/7/4追記、CD版を査収 CD版はこちら)

ダウンロード販売があります。
Jazz Impressions Of Japanは、現在はジム・ホールがアルバムをリリースしてい るレーベルArtistShareで、誰でもLP収録の全8曲のリマスター音源(mp3)をダウンロード購入できます。非常にオススメ。
購入リンクはこちら(海外サイトになります。購入などは自己責任でお願いします)
当初からこのアルバムをダウンロード販売する目的だったのではなく、Jim Hall/Bill Frisell Duoのアルバム「Hemispheres」(2008年)の発売延期に関し予約注文者への代替措置として2008年1月5日に注文者には無償で配信されたという経緯があります。

このCDに収録されていない「Young One」と「Two Spesial People」はジム・ホールのギターとドン・トンプソンのピアノによるデュオになっており、実に繊細で綺麗な音楽を堪能できます。まじヤバイ。これが廃盤とかないわ!「Something For Now」はジム・ホールの12弦ギター1本でのギターソロ曲。Jazz Impressions Of Japanはこの完全版ともいえる全曲がそろってこそ名盤といえます。

なお、ダウンロード購入では、ボーナストラックとして「Live in Tokyo」のLPに収録されなかった未発表音源の曲「LuLu's Back In Town」が入手できます。

「Live In Tokyon」の初回LPと再発LP
このCDの元となっているLP「Live In Tokyo」も初回発売版と再発売版の2種類があります。

LP「Jim Hall Trio/Live In Tokyo」(カタログ#GP-3513,1977年、このCDのジャケットの下側)
収録曲 A面:Billie's Bounce,Twister,Seclet Love,B面:Chelsea Bridge,St.Thomas
このCDのジャケットは初回LPのジム・ホールの写真のものだが、収録曲は下記再発LPの「Secret Love(music by Sammy Fain and lyrics by Paul Francis Webster)」が無い選曲となっています。

再発LP「Jim Hall Trio/Live In Tokyo」(カタログ#GP-3217,1980年の再発版)
収録曲 A面:Billie's Bounce,Twister,Concierto De Aranjuez,B面:Chelsea Bridge,St.Thomas
このCDではこちらの再発LPから全5曲を収録。再発LPは初回LPに収録されていた1曲Secret Loveが省略され、代わりに「Concierto De Aranjuez(アランフェス協奏曲)」が収録されています。また、ジャケットはジム・ホールのイラストに変更されています。LPレコードのLive In Tokyoに「Concierto De Aranjuez(アランフェス協奏曲)」が収録されなかった理由は、LPから転載したCDのライナーノーツで次のように記述されています。

ファンお目当ての<アランフェス協奏曲>が収録されなかったのは残念だが、向う5年間は同曲の採録不可という契約上の拘束があっては、これもいたしかたあるまい。(注)

注:CTIのアルバム「アランフェス協奏曲」(1975年)発売から5年間という意味。

Live In Tokyoの単品CDについて
「Live In Tokyo -Complete Version-(ジム・ホール ライブ・イン・トーキョー~完全版~)」(初回 KICJ-62,1991年)(再発売 KICJ-8239,1997年7月2日)があります。詳細はリンク先参照。細かい話ですがアルバム題名の日本語表記についてLPでは「ライヴ・イン・トーキョー」とウに濁点で表示していますが、CDでは「ライブヴ・イン・トーキョー」とフに濁点で表示しています。

Jazz Impressions of Japanの発売経緯や初回収録曲、再発時の追加収録曲などについてmicrogroove.jp: Jazz Impressions of Japan / Jim Hall(外部リンク)に大変詳しい記述があります。本文はこちらのサイトを参考に、CDについて独自にまとめさせていただきました。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Jazz Impressions Of Japan & Live In Tokyo
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
無言歌&ライブ・イン・トーキョー
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1976/11/1(#1-4),1976/10/28(#5-9)
発売元,レーベル
Paddle Wheel(キングレコードのレーベル)
所有盤
国内版CD
CD発売元
キングレコード株式会社
国内CD発売日
2001/4/25
規格品番
KICJ-8354
JAN
4988003258498
定価
2,200円(税込)

曲目:Jazz Impressions Of Japan & Live In Tokyo (KICJ-8354)

  1. Light
    作曲
    Jim Hall
  2. Carefull
    作曲
    Jim Hall
  3. Kyoto Bells
    作曲
    Jim Hall
  4. Without Words
    作曲
    Jim Hall
  5. Billie's Bounce
    作曲
    Charlie Parker
  6. Twister
    作曲
    Jim Hall,Terry Clarke
  7. Concierto De Aranjuez
    作曲
    Joaquin Rodorigo
  8. Chelsea Bridge
    作曲
    Billy Strayhorn
  9. St. Thomas
    作曲
    Sonny Rollins

曲目:Jazz Impressions Of Japan (+Bonus track)/ mp3 Download version From artistShare

  1. Light
    作曲
    Jim Hall
  2. Carefull
    作曲
    Jim Hall
  3. Kyoto Bells
    作曲
    Jim Hall
  4. Without Words
    作曲
    Jim Hall
  5. Echo
    作曲
    Jim Hall
  6. Young One
    作曲
    Jim Hall
  7. Two Special People
    作曲
    Don Thompson
  8. Something For Now
    作曲
    Jim Hall
  9. LuLu's Back In Town [*Unreleased bonus track form "Live In Tokyo" ]
    作曲
    Harry Warren,Al Dubin

演奏者

Jim Hall
guitar
Don Thompson
bass,piano (piano on tracks "Young One","Two Spesial People")
Terry Clarke
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.トリオ 共演者.TerryClarke 共演者.DonThompson 演奏編成.デュオ・ピアノとギター 録音.ライブ録音 レーベル.PaddleWheel 演奏編成.ギターソロ

拍手する

Jim Hall Trio : Jim Hall’s Three (1986年)[CD]

Jimhttp://blog-imgs-1.fc2.com/image/icon_main/wysiwyg.gif Hall's Three

オススメ度

★★★☆☆

所感


1曲買い。ってのはいいすぎだが#5.All the Things You Areの白熱のプレイが素晴らしすぎる。この1曲だけなら星5つ。All the Things You Areはジム・ホールの妻ジェーンが好きな曲だからなのか、ジムが演奏する機会が多い曲の1つで、3拍子だったり4拍子だったりたびたびアレンジが変わる。これは4拍子でちょっと早めのテンポで、激しいドラムもあいまって適度な緊張感があり、実にかっこいい演奏となっている。80年代のベスト・テイクの1つと断言してもいいだろう。

しかしアルバム収録曲が7曲のみというのがちょっとさみしいかなーってことと、ほかの曲のインパクトがちょっと少ないかなってことで星3つ。#4.And Idoなんかもドラマチックな展開でいいと思うんだけど、尺なのか曲数なのかわからんが全体を通すとちょっと物足りなさが残る1枚。ギターはダキストのギターを使用しており、多くのファンが「ジム・ホールらしい」と感じられるもっとも標準的な素の音かと思う。また、楽曲のアレンジもわりと普通目なので、初めて聴く人にも安心かもしれない。

#3.BottleNose Bluse(「イルカのブルース」と訳されている)は12弦ギター1本で弾いたギター・ソロ曲。この1曲がまたへんなリズムで、このころはまだあまり見られなかったジム・ホールの変態嗜好(笑)がちらっと垣間見られる。90年代にTelarcレーベルでリリースしだしたころからヘンテコ曲が増えたと思うのだが、その予兆がここで現れていると思う。#6.Poor Butterflyもギター・ソロだが、これはダキストのアーチトップギター1本での演奏となっている。

ジャケットにはジム・ホール自身のコメントがあり、#6.Poor Butterflyと#5.All the Things You Areについて次のように記述している

Poor Butterfly is the favorite song of my friend and personal guita-maker,Jim D'Aquisto(プア・バタフライは友人でありギター職人のダキストのお気に入りの歌だ)
All the Things You Are is dedicated to my wife Jane(オール・ザ・シングス・ユー・アーは妻のジェーンに捧ぐ)

アルバムにはこれまでジムとはあまりなじみのない新メンバーが参加しており、当時御歳55歳でありながらまだまだ新しいことに挑戦しようという心意気が感じられる。ベースにスティーブ・ラスピナが初参加。彼の独特の粘るような音質で、ジムに負けず劣らず歌うようにメロディ奏でるウッドベースのソロ部がふんだんに盛り込まれているのが特徴。スティーブ・ラスピナはこの後90年代にかけてジム・ホールのアルバムやライブをたびたびサポートし、ジム・ホールの活動に大きく貢献することになるキーマンだ。ドラムのアキラ・タナは日系三世のアメリカ人ジャズ・ドラマー。このアルバムで初めて知った人だが、アート・ファーマーのアルバムなどに参加してるベテランのようだ。ちょっとロックっぽい激しいビートと硬めの音のスネアが印象的で、今までのジム・ホールのアルバムでは無かったような新たな魅力を添えている。

外部リンク:Akira Tana(Official)
外部リンク:Steve LaSpina

詳細

アルバムタイトル(原題)
Jim Hall's Three
アルバム名義
Jim Hall Trio
アルバムタイトル(邦題)
スリー
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1986/1
発売元,レーベル
Concord Jazz,Inc.
所有盤
国内版CD
販売元
キングレコード株式会社
CD発売日
1986/8/21
規格品番
K32Y 6099(CCD-4298)
JAN
4988003007188
定価
3,200円

曲目

  1. Hide and Seek
    作曲
    Jim Hall
  2. Skylark
    作曲
    Hoagy Carmichael,Johnny Mercer
  3. Bottlenose Blues
    作曲
    Jim Hall
  4. And I Do
    作曲
    Jim Hall
  5. All the Things You Are
    作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  6. Poor Butterfly
    作曲
    John Golden,Raymond Hubbell
  7. Three
    作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Steve LaSpina
bass
Akira Tana
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Concord 演奏編成.トリオ 演奏編成.ギターソロ 共演者.SteveLaSpina

拍手する

Jim Hall : ...Where Would I Be? (1971年)[CD]

Jim Hall : ...Where Would I Be?

オススメ度

★★★★☆

所感

全体的にちょっと地味目だが聴き込めるアルバムだ。#1と#7の印象のためか若干ラテン風味がとりこまれていると思う。#1はタイトルの通り明るく軽快な長調のサンバで、晴れやかな南国の潮風を思わせる。左チャンネルのパーカッション(マラカス)の音がちょっとでかいなーと、ミックスのアンバランスさが気になるが気にしてはいけない。#2の叙情的なバラードと#7の落ち着いた曲の作曲Jane Herbertは後のジム・ホールの奥さんとなる人で、他のアルバムでもいくつか彼女の名前が見られる。特にCommitmentでは歌を歌ってたりとおしどり夫婦っぷりを発揮。#3 Carefulはジム・ホールが古くから引き続けている自作曲のジャズ・ブルース。#4はアメリカのミュージカル「Kismet(1953年~)」の劇中曲で、ジャズでも時々題材にされている。#5はジムの曲で時折みられるザカザカとカッティングのフレーズ中心の曲。#6はスタンダードナンバーをギター・ソロで演奏。(この曲以外はカルテットで演奏)#7はブラジルの音楽家ミルトン・ナシメントの曲で、ラテン系の短調で情熱的でドラマチックな曲。

詳細

アルバムタイトル(原題)
...Where Would I Be?
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1971/7
発売元,レーベル
MileStone Records(Fantasy,INC.)
所有盤
輸入CD
CD発売元
MileStone Records(Fantasy,INC.)
CD発売日
1991
規格品番
OJCCD-649-2(LP No.M9037)
UPC
025218664929
定価
-

曲目

  1. Simple Samba
    作曲
    Jim Hall
  2. Where Would I Be?
    作曲
    Jane Herbert
  3. Careful
    作曲
    Jim Hall
  4. Baubles, Bangles and Beads
    作曲
    George Forrest,Robert C. Wright
  5. Minotaur
    作曲
    Jim Hall
  6. I Should Care
    作曲
    Axel Stordahl,Paul Weston,Sammy Cahn
  7. Vera Cruz
    作曲
    Milton Nascimento
  8. Goodbye, My Love
    作曲
    Jane Herbert

演奏者

Jim Hall
guitar
Benny Arnov
piano
Malcom Cecil
bass
Airto Moreira
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.MileStone 演奏編成.カルテット 演奏編成.ギターソロ

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ