スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Terry Clarke : It's About Time (2000年)[CD]{ライブ録音}

 Terry Clarke It's About Time

オススメ度

★★★★★

所感


Bandcamp, Incでは全9曲をmp3、FLAC形式などでダウンロード購入可能(CDは7曲、iTunesStoreはm4a形式)。しかも全曲一括で価格USD7.99。1曲買いもできUSD1。試聴も大サービスで全トラックをフルサイズでストーリーミング再生可能。http://bluemusicgroup.bandcamp.com/album/its-about-time
(情報提供:Shaolinさん)

ジャズ・ドラマーのテリー・クラーク名義の2000年1月のカナダのライブ音源。ジム・ホール、ドン・トンプソン、ジョー・ロバーノ、グレッグ・オスビー、フィル・ドワイヤーが参加。ライブ音源は3会場分からの収録。
やばいです。最高です。Juno Award 2010 "Traditional Jazz Album of the Year "Winnerって触れ込みですが、カナダ版グラミー賞と呼ばれるジュノー賞で、2010年トラディショナル・ジャズ・アルバム年間最優秀賞受賞アルバムってことみたいです。
そんな能書きはいいとして、本当に素晴らしくて涙が出ます。この2014年にまたこうしてジム・ホール御大の知らなかったライブ音源に出会えたことに感謝。
といっても2009年カナダでCDが、世界的にはiTunes Storeでダウンロード版がとっくに発売されたのですが2014年にディスク・ユニオンがCDを輸入販売するまで存在を知らなかったわー。
CDは7曲収録、iTunes Store版は2曲多く9曲収録。ジム・ホールはCDでは5曲演奏、iTunes Store版では7曲演奏。

えーと、いつもみたいにこまごまと評価・レビューというか感想を述べるのめんどくさいっ(笑)今はただ聴いていたい。
ジム・ホールのよく訓練されたファンなら涙ちょちょぎれるメンバー、まだまだ切れのある時期のジムおじさまのプレイ、いい音で文句なしです。
冒頭のFeel Freeの緊張感のあるプレイで身が引き締まったと思いきや、Say Hello to Calypsoでは途中でSt.Thomasのフレーズが入って和み、All the things you areが近年多かった3拍子のまったりプレイでなく4拍子の スインギーなノリで高揚し、またまた大大大好きなIn a Sentimental Moodで目頭が熱くなり、そのエンディングがこれまた好きな長いソロバージョンを演奏なされており嗚咽し、ラストのHide & SeekはJim Hall & Friendsばりのスリリングな展開でありながらも、日本人がいないであろうカナダの聴衆の面前で突如「鉄道唱歌」のフレーズをなさり、国内なら拍手喝さいのところ聴衆は当然ながらスルーするところに国境を越えたジムおじさまの音楽性にわたくしはもう、えうあうえおうtぅtg  文章滅裂。
あと、ワーミーのエフェクターもいい感じにキマっております。
最高。

詳細(CDおよびiTunes Storeのm4aダウンロード版)

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
It's About Time
アルバム名義
Terry Clarke
アルバムタイトル(邦題)
イッツ・アバウト・タイム
アーティスト表記(日本語表記)
テリー・クラーク
収録年
CDトラック準拠の収録年月日 2000/1/15 Ontario Science Center for Jazz.FM 91(Track 3,4,5);2000/1/6 CBC-FM at the Montreal Jazz Festival (Track1,2);2000/1/8 CBC-FM at the Montreal Jazz Festival (Track 6,7) #tracks 8,9も2000/1/8と推測
発売元,レーベル
BlueMusicGroup.com
所有盤
輸入CD
海外CD発売元
BlueMusicGroup.com
海外CD発売日
2009(iTunes Store released 2009/9/10)
海外規格品番
BMG7023
UPC
884502170238
国内輸入販売
株式会社ディスク・ユニオン
国内発売日
2014/2/26
国内規格品番
DUJ-112
JAN
4988044930476
定価
-

曲目(CD版)

  1. Feel Free
    作曲
    Joe Lovano
  2. Say Hello To Calypso
    作曲
    Jim Hall
  3. Flanders Road
    作曲
    Phil Dwyer
  4. Passion Dance
    作曲
    McCoy Tyner
  5. Days Gone By
    作曲
    Don Thompson
  6. In a Sentimental Mood
    作曲
    Duke Ellington
  7. All the Things You Are
    作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II

曲目(iTunes Store m4a版、CD版より2曲多く収録。トラックの順番が少し違う)

  1. Feel Free
    作曲
    Joe Lovano
  2. Say Hello To Calypso
    作曲
    Jim Hall
  3. Flanders Road
    作曲
    Phil Dwyer
  4. Passion Dance
    作曲
    McCoy Tyner
  5. Days Gone By
    作曲
    Don Thompson
  6. Furnished Flats [included in only iTunes Store Album Version]
    作曲
    Jim Hall
  7. All the Things You Are
    作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  8. In a Sentimental Mood
    作曲
    Duke Ellington
  9. Hide & Seek [included in only iTunes Store Album Version]
    作曲
    Jim Hall

演奏者および楽器

Joe Lovano (appears courtesy of Blue Note Records) 
tenor saxophone (tracks 1,2)
Phil Dwyer
tenor saxophone (tracks 3,4,5)
Greg Osby
alto saxophone (tracks 6,7,8,9)
Jim Hall
guitar (tracks 1,2,6,7,8,9)
Don Thompson
bass,piano
Terry Clarke
drums

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.BlueMusicGroup 演奏編成.カルテット 共演者.TerryClarke 共演者.JoeLovano 共演者.GregOsby 共演者.DonThompson

拍手する

Jim Hall : Live At Birdland (2011年)[CD]{ライブ録音}

Jim Hall Live At Birdland  

オススメ度

★★★★☆

所感


2012年発売のジム・ホールの最新作かつライブアルバム。ジム・ホールがもうじき81歳となる直前の、実に御年80歳のときのライブでございます。
もう内容がどうとか以前に、合衆国はジムおじさまを人間国宝として国家レベルで保護すべきではないでしょうかっ!などと鼻息も荒く聞き出すと、出だしの1曲目Furnished Flatsのテーマでジムおじさまが一部のフレーズをわざとなのか弾いてなかったりと、ちょっと心配な演奏で始まり不安になる。この曲は以前、Panorama: Live at Village Vanguard(1996年)でもおなじサックスのグレッグ・オズビーと演奏しており、そのとき見せたキレのよい演奏と比べると、認めたくないものだがやはり加齢を感じてしまう・・・いや、そんなことは無いッと都合よい色眼鏡を装着。2曲目は定番のAll the things you are。やはりこなれた曲のためか徐々に演奏が安定してきて安心。最近ずっと多い3拍子のパターン。もう4拍子ではやらんのじゃろか・・・。と、そこで安心安定のお決まりパターンにおさまらず、3曲目はジョーイ・バロンとの変態無調デュオをみせ、いまだ衰えないアグレッシブなジムの音楽のあくなき探究心にずっきゅんしつつ、きっと初心者様は呆然となること請け合い。4曲目はここ最近、弾く頻度が増えたと思われるBeija Flor。美しいラテンな雰囲気のミディアムテンポのバラード。スティーヴ・ラスピナのねっとりベースが主メロとなり低音の魅力をたっぷりと堪能できる。5曲目はジムおじさまオリジナルのBig Bluesで、活気あるジャズブルースで楽しさ炸裂。6曲目は70年代に演奏することが多かったChelsea Bridge。アダルトなバラードでめろめろん。ラストのSt.ThomasではUSのライブにもかかわらずいつもの鉄道唱歌が入り日本のファンならいつでも安心のジムおじさまに心潤うことでしょう。
それにしても考えてごらんよ、自分が80歳になってこんなにギターがひけるかい?無理無理! てことで、あまあまの星4つ。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
Live At Birdland
アルバム名義
Jim Hall (ジャケットのデザインではJim Hall Quartetとなっている)
収録年
2011/11/10-11,  at Birdland,NewYork City
発売元,レーベル
Artistshare http://www.artistshare.com/v4/Projects/Experience/7/431/1
所有盤
CD
CD発売日
2012/10/16
規格品番
AS0120
UPC
None
定価
$18.95

曲目

  1. Furnished Flats
    作曲
    Jim Hall
  2. All The Things You Are
    作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  3. Friendly Recollections
    作曲
    Jim Hall,Joey Baron
  4. Beija Flor
    作曲
    Nelson Cavaquinho,Noel Silvia,Augusto Tomaz,Jr
  5. Big Blues
    作曲
    Jim Hall
  6. Chelsea Bridge
    作曲
    Billy Strayhorn
  7. St.Thomas
    作曲
    Sonny Rollins

演奏者

Jim Hall
Guitar
Greg Osby
alto saxophone
Don Tompson
Bass
Terry Clarke
Drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.ArtistShare 演奏編成.カルテット 録音.ライブ録音 共演者.GregOsby 共演者.SteveLaSpina 共演者.JoeyBaron

拍手する

Jazz Casual Art Farmer & Jim Hall (1964年)[DVD]

Art FarmerJim Hall Jazz Casual DVD

オススメ度

★★★☆☆

所感

ジム・ホールが1960年代前半にアート・ファーマーとダブルヘッダー(*)の変則バンドを組んでいた頃に、ア メリカのTV番組「Ralph Gleason's Jazz Casual」に出演した時の映像をDVD化したもの。これのVHSビデオを持っていたのだが、デッキは廃棄という事情からDVDを査収。ひさびさに見たよ~。てことでVHS版と内容は同じなので感想などはそちらを。(*2人がソロイストになる「双頭」の意味)

Ralph Gleason's Jazz CasualシリーズのDVDは2組のアーティストを1本に収録する仕様となっている。このDVDではジェリー・マリガン(バリトン・サックスとピアノ)の出演回(1962年)とアート・ファーマーの出演回(1964年)を収録。

ジム・ホールとアート・ファーマーが2人してジェリー・マリガンのリーダー作でジャズの名盤であるNight Lights(1963年)に参加しており、ファンとしては興味深く見ることができる。マリガンのカルテットに参加しているボブ・ブルックマイヤー(トロンボーン)とジム・ホールは1950年代後半にジミー・ジュフリーとトリオを組んでいたことがあり、古くから交友がある。また、二人のデュオアルバムLive at the North Sea Jazz Festival(1979年)もリリースされている。

内部リンク:Jazz Casual : Art Farmer Quartet (1964年)[VHS]
外部リンク:Ralph Gleason's Jazz Casual Web Site ビデオの発売元
外部リンク:Disconforme Jazz CasualシリーズのDVD販売元
外部リンク:The Complete Jazz Casual Series Jazz CasualシリーズのDVD BOXセット紹介。DVD8枚組みだそうで・・・。こことかだと$114.95

詳細

メディア
DVD
DVD タイトル(原題)
Ralph Gleason's Jazz Casual
名義
Gerry Mulligan Quartet / Art Farmer & Jim Hall
収録年
Gerry Mulligan:1962/6/18,  Art Farmer & Jim Hall:1964/1/10
発売元,レーベル
IEFOR FILMES / http://www.disconforme.com/
販売元
IDEM HOME VIDEO
発売日
N/A
規格品番
IDVD1001
EAN
8436017760019
定価
N/A

曲目:Gerry Mulligan Quartet

  1. Four For Three
    作曲
    Gerry Mulligan
  2. Darn That Dream
    作曲
    Eddie DeLange;James Van Heusen
  3. Open Country
    作曲
    Bob Brookmeyer
  4. Utter Chaos
    作曲
    Gerry Mulligan

演奏者:

Gerry Mulligan Quartet

Gerry Mulligan
piano,baritone sax
Bob Brookmeyer
trombone
Wyatt Ruther
bass
Gus Johnso
drums

曲目:Art Farmer & Jim Hall

  1. Change Partners
    作曲
    Irving Berlin
  2. Sometime Ago
    作曲
    Sergio Mihanovich
  3. My Kinda Love(One Way To Paradise)
    作曲
    Jo'Trent,Louis Alter
  4. My Little Suade Shoes
    作曲
    Charlie Parker
  5. Bag's Groove
    作曲
    Milt Jackson

演奏者:Art Farmer & Jim Hall

Art Farmer
flugelhorn
Jim Hall
guitar
Steve Swallow
bass
Walter Perkins
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.カルテット 共演者.ArtFarmer

拍手する

Billy Taylor : Impromptu (1962年)[CD]

Billy Taylor Impromptu

オススメ度

★★★★☆

所感

ジャズ・ピアニストであり作曲家でもあるビ リー・テイラーのカルテットによるアルバム。メンバーはジム・ホール(ギター)、ボブ・クランショウ(ベース)、ビル・パーキンス(ドラム)。全曲ビリー・テイラーの自作曲であることが特徴で、曲は古きよきスイング・ジャズの雰囲気をどこかにおわせるビバップ・ジャズでわかりやすく親しみやすい。ほとんどアップテンポな曲でバラードは無い。しかしながら曲ごとに多様な展開があり、飽きにくい構成となっている。所有CDの帯には世界初CD化と銘打っていることや、ライナーノーツの解説から、このアルバムはビリー・テイラーのアルバムの中でもわりとレアなアルバムらしい。

ジム・ホールはギターで全曲参加しており、ソロパートも多めに散りばめられている。1962年の録音ってことで、当時のジム・ホールの特徴である手数が多い演奏なので、ジム・ホールのファンとしてもなかなか楽しめる。ちなみにジムはボブ・クランショウとソニー・ロリンズのカルテットで共演(サブカテゴリ 共演者.Sonny Rollins)、ビル・パーキンスとはジョンン・ルイスとのアルバム(Grand Encounter : 2° East - 3° West,1957年)で共演している。

ところで超個人的な感想だけど・・・2曲目の表題曲Impromptuで、ピアノによる低音のイントロおよびラストのベースのリフが日本のアニメ作品「カウボーイ・ビバップ」のテーマ曲「Tank!」(作曲:菅野よう子、外部リンク:第13回日本ゴールドディスク大賞 アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー授賞アルバム)にかなり似ており茶を吹いた。当然Impromptuが先なんだけど。まぁどうでもいいけどー。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
Impromptu
アルバム名義
Billy Taylor
アルバムタイトル(邦題)
インプロンプテュ
アーティスト表記(日本語表記)
ビリー・テイラー
収録年
1962/5/8-10
発売元,レーベル
Original LP:Mercury Records SR 60722
所有盤
国内CD
制作発売元
ユニバーサル クラッシックス&ジャズ
CD発売元
ユニバーサルミュージック株式会社
CD販売元
ビクターエンタテインメント株式会社
CD発売日
2002/12/18
規格品番
UCCM 9126
JAN
4988005319517
定価
2,000円

曲目

  1. Capricious
    作曲
    Billy Taylor
  2. Impromptu
    作曲
    Billy Taylor
  3. Don't Go Down South
    作曲
    Billy Taylor
  4. Muffle Guffle
    作曲
    Billy Taylor
  5. Free And Oozy
    作曲
    Billy Taylor
  6. Paraphrase
    作曲
    Billy Taylor
  7. Empty Ballroom
    作曲
    Billy Taylor
  8. At La Carrousel
    作曲
    Billy Taylor

演奏者

Billy Taylor
piano
Jim Hall
guitar
Bob Cranshaw
bass
Bill Perkins
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Mercury 演奏編成.カルテット 共演者.BillyTaylor

拍手する

2000年のジム・ホールの動画 [Youtube動画]

以下は2000年8月10日に、フランスのMarciacでのジャズ・フェスティバルJazz in Marciacにジム・ホールが出演したときの映像。

  • Jim Hall :guitar
  • Chris Potter :sax
  • Scott Colley :bass
  • Terry Clarke :drums
  • The Zapolski String Quartet
外部リンク:Site officiel du festival, Jazz in Marciac, Souvenirs - jim-hall-2000:

Jim Hall - Hide and Seek

Jim Hall - Mr.Blues

Jim Hall - Down From Antigua

テーマ : YouTube動画
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.カルテット 共演者.TerryClarke 共演者.ScottColley 共演者.ChrisPotter

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。