スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Zoot Sims : Choice (1959年)[CD]

Zoot Sims Choice

オススメ度

★★☆☆☆

所感

これまたジム・ホールの重篤なマニア向けの1枚。テナーサックス奏者、ズート・シムズのアウトテイク集のようなアルバムです。ライナーノーツによると

ズートは、このパシフィック・ジャズというレーベルとの間にきちんとした契約を交わてリーダー・レコーディングを行ったことが一度もない。ではどうして「チョイス」というアルバムが存在するかということになるわけだが、これは、彼がサイドマンとして参加したセッションなどからの演奏を集めてズート名義でリリースしたものなのだ。

てことです。

前半#1-4は、1954年12月にバリトンサックス奏者、ジェリー・マリガンのコンサートにズートが参加したときのライブ音源。こっちにはジム・ホールはいません。でもズート・シムズの演奏はとても素晴らしいです。そしてジム・ホールの盟友ボブ・ブルックマイヤーのトロンボーンも聞けてオラ得したぞ!でもジムはいません(くどい)。
後半#5-7は、女性ジャズボーカル、アニー・ロスのアルバム(サイト内リンク)「A Gasser!」(1959年3月25日録音)の楽器隊だけが、A Gasser!の録音翌日3月26日に集まってボーカル抜きでセッションした音源。ジム・ホールは#6、#7の2曲で参加。どちらもノリのよいジャズブルースをぐるぐるまわしてジャムってる曲です。#6のギターは4分のコード弾きのみ、#7は若干ギターソロがあり、めずらしくアコースティックギターでソロを弾いております。
内容はわるくないけどジム度はたりんぞーってことで星2つ。
メモ

  • 「Choice」のレコードがリリースされたのは1961年。
  • #4.Red doorはGerry Mulliganのライブ盤LPレコード「California Concerts (1954年 Pacific PJ-1201)」からの再録
  • 上記のGerry Mulliganのアルバム「California Concerts」は後年になって未収録音源を追加したCD版「California Concerts (Amazon)」と「California Concerts - Volume 2 (Amazon)」がリリースされ、#1-3はそれらにも収録されています。
  • #2.Flamingoがいいバラードなのに途中でいきなりブツっと切れて終わっていて、すごく不自然。California Concerts - Volume 2にはこの演奏の完全版と思われる音源が1トラックのメドレー「In A Sentimental Mood / Flamingo / Moon Mist」として収録されており、無理やり途中だけ抜き出したと推察。
  • 後半#5-6はズートのアウトテイク集「Zoot Sims Meets Lambert, Hendricks & Ross (Amazon)」にも収録。#7.ChoiceがそちらのアルバムではFunky Old Bluesという曲名に変更されています。

詳細(国内再発版)

アルバムタイトル(原題)
Choice
アルバムタイトル(邦題)
チョイス
アーティスト表記(英語)
Zoot Sims
アーティスト表記(日本語表記)
ズート・シムズ
収録年
#1-4:1954/12/14 "Hoover High School Auditorium",San Diego, California ;#5-7:1959/3/26 Sound Enterprises, Hollywood, CA
オリジナルレーベル,カタログナンバー
Pacific Jazz Records PJ-20
CD販売元
東芝EMI株式会社
CD発売日
2002/6/26
規格品番
TOCJ-9422
JAN
4988006799615
定価
2,500円(本体2,381円)

曲目

  1. I'll Remember April
  2. 作曲
    music by Gene de Paul, lyrics by Patricia Johnston and Don Raye
  3. Flamingo
  4. 作曲
    music by Ted Grouya, lyrics by Edmund Anderson
  5. There Will Never Be Another You
  6. 作曲
    music by Harry Warren ,lyrics by Mack Gordon
  7. Red Door
  8. 作曲
    Zoot Sims
  9. You're Driving Me Crazy
  10. 作曲
    Walter Donaldson
  11. Brushes
  12. 作曲
    Mel Lewis ,Russ Freeman
  13. Choice (alternate title "Funky Old Blues")
  14. 作曲
    Russ Freeman

演奏者#1-4 (Original LP side A)

Zoot Sims
tenor sax
Gerry Mulligan
balitone sax (tracks 2,4),piano (track 3)
Bobby Brookmeyer (Bob Brookmeyer)
piano (tracks 1,2,4),valve trombone (track 3)
Jon Eardley
trumpet (track 2)
Red Mitchell
bass (tracks 1,2,3,4)
Larry Bunker
drums

演奏者#5-7 (Original LP side B)

Zoot Sims
tenor sax
Russ Freeman
piano
Billy Bean
guitar (track 5)
Jim Hall
guitar (tracks 6,7)
Monte Budwig
bass
Mel Lewis
drums
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 共演者.ZootSims レーベル.Pacific

拍手する

Cantando bossa nova : Vi Velasco (1962年)[CD]

Vi Velasco catando bossa nova means singing the bossa nova  

オススメ度

★★★★☆

所感

女性シンガー、ヴァイ・ヴェラスコの、全曲ボサノヴァのボーカルアルバム。CDの帯によると国内初CD化とのこと。その歌声やアレンジは全体的に爽快でありながら、ゆったりとした雰囲気で、昼下がりにだらだらーっとしながら聞くには最適かも。
ヴァイ・ヴェラスコはフィリピン生まれ、アメリカ育ちで当時23歳。ライナーノーツによるとヴァイは1939年1月12日フィリピンのマニラに生まれ、生後まもなく一家で渡米しカリフォルニアのサンディエゴに移住したとのこと。てなわけで歌は違和感無くふつーの英語歌詞です。ミュージカルなどにも出演していたとのことで、歌だけが本業、ってわけでもないようですが、ソフトな歌声はボーカルもののボサノバアルバムとしてなかなか心地よく聞けます。
ジム・ホールのギターソロもちらほらあるよー。ギターはエレキとガット弦のギター(クラッシクギター)によるバッキングもあるけど、たぶんこれはジムではない・・・かな。ジム・ホールはエレキ(当時だとES-175)のオブリガーととかソロ弾いているほうだと思う。ジムは目立つってほどでもないけど、さりげなくスイープなどでかっちょえー演奏してたり、ギターの音色もよかったりとジム中毒者には満足なほうに入るかなっと。てことで甘めで星4つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
catando bossa nova means singing the bossa nova
アルバム名義
Vi Velasco with Zoot Sims and his orchestra
アルバムタイトル(邦題)
カンタンド・ボサノバ
アルバム名義(邦名)
ヴァイ・ヴェラスコ~ズート・シムズ
収録年
1962/10/1 and 2
オリジナルレコードレーベル
Colpix Records CP 438
CD発売元,レーベル
株式会社EMIミュージックジャパン
所有盤
国内CD
販売元
Concord Music Group,Inc.
CD発売日
2011/9/21
規格品番
TOCJ 50165
JAN
4988006888357
定価
999円(本体951円)

曲目

  1. I Got Rhythm (Tenho Ritmo)
    作詞 作曲
    Ira & George Gershwin
  2. Recado Bossa Nova (The Message)
    作曲
    D. Ferrira/P.F.Webster/l. antonio
  3. I Got Plenty O' Nuttin' (Eu Tenho Bastante De Nada)
    作詞 作曲
    Ira & George Gershwin/DuBose Heyward
  4. Zing Went The Strings Of My Heart (As Cordas Do Meu Cosacao Slaram Zing)
    作詞 作曲
    James F. Hanley
  5. Cheek To Cheek (Face Com Face)
    作詞 作曲
    Irving Berlin
  6. And The Angels Sing (E Os Anjos Cantam)
    作詞 作曲
    Z. Elman/Johnny Mercer
  7. Don't Fool With Love (Nao Branques Com O Amor)
    作詞 作曲
    H. Lebowsky/J. Lehmann
  8. You And I (Tu E Eu)
    作詞 作曲
    Meredith Willson
  9. Don't Call Joe (Sem Saudades De Voce)
    作曲
    H. L. Barbosa/J. Lehmann
  10. Exactly Like You (Exactamente Como Tu)
    作曲
    D. Fields/J. McHugh

演奏者

Vi Vekasco
Vocal
Markie Markowitz
Trumpet
Zoot Sims
Tennoer sax
Jim Hall
Guitar
Chuck Israels
Bass
Manny Albam,Al Cohn
Arrange
unknown
rest  instruments

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Colpix 共演者.ViVelasco 共演者.ZootSims

拍手する

Annie Ross : A Gasser! (1959年)[CD]

Annie Ross : A Gasser!

オススメ度

★★★★☆

所感

女性ジャズシンガー、アニー・ロスの歌モノのアルバムです。ジャケットが「私はスターよ!」てな絵でちょっと退きぎみになりますが聴けば普通に聴けてなかなかいい具合のアルバムです。アップテンポな曲からバラードまで、若干渋めな歌声で飽きることなくジャズボーカルを聴かせてくれます。楽器陣の演奏も前に出すぎず単調すぎずってところで歌にあっており素敵。古い音源なので最初からサーっとノイズが乗り気味ですがそれもまた味わいとしてよし。オリジナルの収録曲は#1~#10で#11~15はCDでのボーナストラック。ボーナストラックがなんとまぁお得なインストゥルメンタル!解説がなく正確な事実は不明ですが録音時のセッションを収録したものかと思われます。

さてさてジム・ホールは#1,3,4,6,7の5曲でギターを弾いており、#2,5,10のギターはビリー・ビーンが弾いている。ジムはほぼアコースティックギターを弾いているようだ。ジムはこの時期にはメインはギブソンのレスポールかES-175をメインで使ってたころなので、この時期の音源としては珍しい楽器の選択だ。特にバラード#3.I Didn't Know About Youのジムのアコギソロはせつなさ炸裂であり秀逸な演奏であるとともに、マニア的にも他であまり聴かないスタイルってとこで満足。さらにジムおじさまのいつもの「ソロ弾きながら鼻歌」がかすかに聴こえますのでファンはニヤニヤすること請け合い。一方、バッキングはまだ「ハーモナイズドベースライン」が確立されていないようで、わりと普通の四分きざみのコード弾きをしているようだ。

ジム度はあまり高くないが、歌よし、ズート・シムズのテナーサックス演奏も充実し、ボーナストラックでたくさんインストが聴けて楽しるので甘めの星4つ。ジャズボーカルものとしてふつーにおすすめかも。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
A Gasser!
アルバム名義
Annie Ross Featuring Zoot Sims & Russ Freeman
アルバムタイトル(邦題)
ア・ギャザー+5
アーティスト表記(日本語表記)
アニー・ロス&ズート・シムズ
収録年
1959/3/25
発売元,レーベル
Original LP:Pacific Enterprise, Inc. 1285
所有盤
国内CD
CD販売元
東芝EMI株式会社
CD発売日
2002/12/26
規格品番
TOCJ-9463
JAN
4988006806078
定価
2,500円(税込)

曲目

  1. Everything I've Got (Belongs To You)
    作曲
    music:Richard Rodgers, lyrics:Lorenz Hart
  2. Invitation To The Blues
    作曲
    music & lyrics:Doris Fisher,Auther:Gershwin & Allan Roberts
  3. I Didn't Know About You
    作曲
    music:Duke Ellington, lyrics:Bob Russell
  4. I Don't Want To Cry Anymore
    作曲
    music&lyrics:Victor Schertzinger
  5. Lucky Day
    作曲
    music:Ray Henderson, lyrics:Buddy DeSylva & Lew Brown
  6. I Was Doin' Alright
    作曲
    music:Geroge Gershwin, lyrics:Ira Gershwin
  7. You Took Advantage Of Me
    作曲
    music:Richard Rodgers, lyrics:Lorenz Hart
  8. You're Nearer
    作曲
    music:Richard Rodgers, lyrics:Lorenz Hart
  9. (I'm Just A) Lucky So And So
    作曲
    music:Duke Ellington, lyrics:Mack David
  10. Nobody's Baby
    作曲
    music & lyrics:Benny Davis,Milton Ager, Lester Santly
  11. You're Driving Me Crazy
    作曲
    Walter Donaldson
  12. Invitation To The Blues (Instrumental)
    作曲
    music:Guy Wood, lyrics:Robert Mellin
  13. Bones For Zoot
    作曲
    Russ Freeman
  14. Funky Old Blues
    作曲
    Russ Freeman
  15. Brushes
    作曲
    Mel Lewis,Russ Freeman

演奏者

Annie Ross
vocal (on tracks from 1 to10)
Bill Perkins
tennor sax (on tracks 8,9)
Zoot Sims
tennor sax (on tracks 1,3,4,6,7)
Russ Freeman
piano (on tracks 1,3,4,6,7)
Billy Bean
guitar (on tracks 2,5,10)
Jim Hall
guitar (on tracks 1,3,4,6,7)
Monte Budwig
bass
Frank Capp
drums (on track10)
Mel Lewis
drums (on tracks 1,3,4,6,7)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 共演者.ZootSims 共演者.AnnieRoss レーベル.Pacific

拍手する

Bill Evans : Loose Blues (1962年)[CD]

Bill Evans : Loose Blues

オススメ度

★★★★☆

所感

まどろみのよな耽美。ビル・エヴァンスの派手ではないがじわじわとくるアルバム。ビル・エヴァンスによる同時期のアルバム「Interplay」(riverside,1962年)[内部リンク]があっけらかんと能天気な内容だったのに対し、本作品ではビル・エヴァンスの持ち味である内省的でストイックな楽曲LooseBluesやTime Rememberedがあり、曲ごとにさまざまな変化を楽しめるようになっている。また、ズート・シムズ(テナーサックス)のダンディでエロい演奏によってちょっと落ち着いた大人な雰囲気をさらに出している。ジム・ホールについてはソロやテーマの演奏がわりとあり、熱意あるジム・ホールのファンならとりあえず手にしてもよいかと。ちなみに、ジム・ホールが後にたびたびデュオ演奏を行うこととなるロン・カーター(ベース)とセッションした音源は、手持ちのアルバムではこれが最古になる。これがジム史上、初の組み合わせかわ定かではないけど・・・。アルバムとしてはまぁまぁ楽しめるので星4つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Loose Blues
アルバム名義
Bill Evans
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1962/8/21,22
発売元,レーベル
Mile Stone Records,Inc.
所有盤
輸入CD
販売元
Mile Stone Records,Inc.
CD発売日
1992
規格品番
MCD-9200-2
UPC
025218920025
定価
-

曲目

  1. Loose Blues
     作曲:Bill Evans
  2. Loose Bloose [Alternate Take]
     作曲:Bill Evans
  3. Time Remembered
     作曲:Bill Evans
  4. Funkallero
     作曲: Bill Evans
  5. My Bells
     作曲:Bill Evans
  6. There Came You
     作曲: Bill Evans
  7. Fudgesickle Built for Four
     作曲:Bill Evans
  8. Fun Ride
     作曲:Bill Evans

演奏者

Bill Evans
piano
Zoot Sims
tenor sax
Jim Hall
guitar
Ron Carter
bass
Philly Joe Jones
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.MileStone 演奏編成.クインテット 共演者.RonCarter 共演者.BillEvans 共演者.ZootSims

拍手する

Jimmy Raney : Two Jims And Zoot (1964年)[CD]

Two Jims And Zoot

オススメ度

★★★★☆

所感

ジャズギタリストJimmy Raney(ジミー・レイニー)名義でのアルバム。2人のギタリストの共演が楽しめる。Jimmy RaneyがメロディでJim Hallは主にリズムという割り振りだが、Jimのソロパートも多め。スピーカーでいうと右がJimmy Raneyで左がJim Hallかと思う。

2007年製作のリマスターを施したCDだが、めちゃくちゃ音がいいのでびっくり。つい最近の録音でないのかと思うくらいに明瞭な音像ですばらしい。Jimmy Raneyについてはこれまで知らなかったが、カラっとしたJAZZギターのお手本のような音づくりとリードの演奏がよいと思う。彼に対してJim Hallの音はギターのEQでおもいきりハイを下げまくった、若干こもりぎみの太い音で違いがはっきりわかる。JimHallも50年代は標準的なギターの音色で演奏していたが、この頃にはすでに独自の音色で演奏していたことがよくわかる。演奏も今ではめったに聴けない?60~70年代のアルバムで散見される「オレがんばちゃったよー」な速いフレーズも飛び出したりして素敵。

#8.All Across The Cityはジム・ホールのオリジナル曲で現在までしばしば演奏されているが、本アルバム収録のために書き下ろした曲だ、とジム・ホール自身がビデオStarlicks Master Sessions With Jim Hall(1993年)(サイト内リンク)で語っている。渋くメロウなバラードのこのは曲はいつ聴いても胸がどきばくします。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
Two Jims And Zoot
アルバム名義
Jimmy Raney
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1964/5/11,12 NewYork
発売元,レーベル
LP Time Records.
所有盤
輸入CD(スペイン製)
CD発売元
Blue Moon Producciones Discográficas
CD発売日
2007/9/14
規格品番
LPT 1003
EAN
8427328210034
定価
N/A

曲目

  1. Hold Me
    作曲
    Gerry Mulligan
  2. A Primera Vez
    作曲
    Marcal-Barcellos
  3. Presente De Natal
    作曲
    Nelcy Noronha
  4. Morning Of The Carnival
    作曲
    Luiz Bonfá
  5. Este Seu Olhar
    作曲
    Tom Jobim
  6. Betaminus
    作曲
    Jimmy Raney
  7. Move It
    作曲
    Jimmy Raney
  8. All Across The City
    作曲
    Jim Hall
  9. Coisa Mais Linda
    作曲
    Lyra-De Moraes
  10. How About You
    作曲
    Freed-Lane

演奏者

Zoot Sims
Tenor sax
Jimmy Raney
Guitar
Jim Hall
Guitar
Steve Swallow
Bass
Osie Johnson
Drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.LPTime 演奏編成.クインテット 共演者.JimmyRaney 共演者.ZootSims

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。