ジム・ホールの想い出 ロン・カーター (2014年)[CD]{ライブ録音}

ジム・ホールの想い出 ロン・カーター

オススメ度

★★★★★

所感


【番外編】
ロン・カーターらによるジム・ホールのトリビュート(追悼)ライブ。
そこにはジム・ホールがいない。しかしジム・ホール的な何かを感じるライブ盤。
ジム・ホールを知らなくとも、単純にただすばらしいベースとギター2人のトリオ演奏が聞ける良盤です。

【アルバムが制作された背景】
2014年1月にジム・ホールとロン・カーターのデュオによる来日ライブコンサートが公演される予定でした。ですが、2013年12月10日にジム・ホールが逝去したため、予定を変更してロン・カータらによるジム・ホールへのトリビュート(追悼)ライブが公演されました。そのライブを収録したアルバムです。
関連リンク(サイト内)

音源は2014年1月20日ブルーノート東京のライブを収録したもの。収録曲から推察すると2ndステージと思われます。ステージの配置としては中央にロン・カーター、ギターは左がラリー・コリエル、右がピーター・バーンスタイン。
ライナーノーツやJazz Life 2014年7月号のロン・カーターへのインタビューでは、ギタリスト二人を迎えることはエージェントによる提案だったそうです。また、予定通りジム・ホールとデュオでライブを行っていた場合、録音を予定していたようです。つまり、ジムとロンのアルバムの発売を予定していたと思われます。

引用:(ロン)「何ヶ月も前から、ジムにレコーディングを頼んでいたんだ。日本でのデュオのライブをやろうっていうのは、レコーディングが条件だったのに・・・」

【所感】
選曲が、ジム・ホールとロン・カーターがらみでは「おなじみでない曲」が2曲あり、ちょっと意外。知らなかっただけですが。With A Song In My Heart、There Will Never Be Another Youは手持ちの音源ではジムとロンが共演しているものがありません。過去にライブやジャムで演奏していたのかな、と思いをめぐらせます。この2曲はジム・ホール関連のアルバム全体でみてもほとんど演奏がなく、With A Song In My HeartはJim Hall Trio featuring Tom Harrell :These Rooms (1988年)のみに収録されています。There Will Never Be Another Youは手持ちの音源ではジムが演奏しているものはありません。(かろうじてZoot Sims : Choice (1959年)[CD]に収録していますが、ジムは演奏していません。)

さて内容ですが、ジム・ホールはいないのに、ジム・ホール的な何かを感じます。うまく言葉ではいえませんが・・・技術的に演奏が似てるとかどうとかでなく、3人がジム・ホールという人物をその場で描いて表現している、そんな感じです。といってもわたくしは実際の本人を知っているわけではないのですが。聴いているとなぜだかジム・ホールの顔を思い浮かべてしまいます。ってえらいスピリチュアルやわー まぁ素敵な演奏ちゅーことで。
***
ところでRon Carter and Jim Hall : Telephone (1984年)[CD]{ライブ録音}が2014/8/27に再発されるみたいです。これはけっこうおすすめ。

詳細

アルバムタイトル(英題)
In Memory Of Jim
アルバムタイトル(邦題)
 ジム・ホールの想い出
アルバム名義(英語表記)
Ron Carter
アルバム名義(日本語表記)
ロン・カーター
収録年
2014/1/20 Blue Note Tokyo
所有盤
国内CD
制作
ユニバーサル クラッシクス&ジャズ
発売・販売元
ユニバーサル ミュージック合同会社
CD発売日
2014/6/18
規格品番
UCCQ-1007
JAN
4988005827319
定価
2,800円+税

曲目

  1. With A Song In My Heart
    作曲
    Richard Rodgers,Lorenz Hart
  2. Anouncement 1 By Ron Carter
    作曲
    -
  3. All The Things You Are
    作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  4. Alone Together
    作曲
    Haward Dietz,Arthur Schwarts
  5. There Will Never Be Another You
    作曲
    Harry Warren,Mack Gordon
  6. St. Thomas
    作曲
    Sonny Rollins
  7. Anouncement 2 By Ron Carter
    作曲
    -
  8. Bags' Groove
    作曲
    Milt Jackson

演奏者

Ron Carter
bass
Karry Coryell
guitar (left)
Peter Bernstein
guitar (right)

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Universal 共演者.RonCarter

拍手する

Herbie Hancock : Blow-Up (1966年)[CD]

Blow-up  

オススメ度

★★★☆☆

所感

1966年制作の映画「欲望」(Blow-Up)のサウンドトラック。イタリア人の映画監督ミケランジェロ・アントニオーニによるロンドンを舞台にした、1960年代の若者に焦点をあてた映画。とはいうものの、その映画は見たことない。youtubeで一部を見たが、超シュール、難解で意味不明な感じの映画だね!
映画のBGMは主にジャズ・ピアニストのハービ・ハンコックによるもの。監督がジャズが好きだったそうで、ハービー・ハンコックに映画音楽の制作を依頼した模様。ハービーは映画の舞台となるロンドンに渡りで楽曲制作、録音を行ったが、イギリスのミュージシャンの演奏には満足できなかったため、ニューヨークに戻って、ニューヨークのミュージシャンとともに制作しなおしたとのこと。
そこで声がかかったのが我らがジム・ホールおじさま!ロン・カーター!フィル・ウッズ!などなど一流ジャズメン。しかしながらサントラってことで、ファンク、ブルース、果ては伝説的なブリティッシュロックバンド、ヤードバーズ(しかもジェフ・ベックとジミー・ペイジが両方いるとき)のロックもあったりしてちょいと混沌としたサントラ。
曲ごとの演奏者リストがなく、ジム・ホールがどの曲で演奏しているかは耳で判断するしかない状態。おそらく#8.Jane's Theme、#9.The Thief、#10.The Kiss、#13.The Bedで演奏。#8はギター、ベース、オルガン、ドラムによるバラード。ギターがメインのメロディで、ジムおじさまの素敵な甘い音色を堪能できる。#9.Thiefも同じ楽器構成によるファンクナンバー。ジムおじさんがあんまりやらないタイプの曲だけど、ギターの音色的にそうかなぁ?と。ギターはバッキング。#10.The Kissも同様の楽器構成に、アルトサックスが加わる。前半はギター主メロ、後半はアルトサックスに主メロ交代。交代後もジムのバッキングがしっかり入ってよい。#13.The Bedはオルガンに変わり、ピアノ、ギター、ベース、ドラムの楽器構成。ピアノが主メロで、これまたえろえろしいバラード。
アルバムとしてはジムおじさまの出番は少ないものの、楽曲とギターのトーンがいいなってことで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(邦題/原題)
「欲望」オリジナル・サウンドトラック / Blow-Up
アルバム名義(邦名/英名)
ハービー・ハンコック / Herbie Hancock
収録年
late 1966,New York City

オリジナルLP発売元,レーベル
MGM Records   E4447 ST, MGM Records – E/SE-4447 ST
CD発売元,レーベル
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
所有盤
国内CD
CD発売日
2010/6/2
規格品番
SICP 2704
JAN
4547366053920
定価
1,890円

曲目

  1. Main Title (Blow-Up)
    作曲
    Herbie Hancock
  2. Verushka (Part 1)
    作曲
    Herbie Hancock
  3. Verushka (Part 2)
    作曲
    Herbie Hancock
  4. Butchie's Tune
    作曲
    Steve Boone (performed by Unnamed studio musisians)
  5. Did you ever have to make up your mind?
    作曲
    John Sebastian (performed by Unnamed studio musisians)
  6. Bring Down The Birds (Outtake)
    作曲
    Herbie Hancock
  7. The Naked Camera
    作曲
    Herbie Hancock
  8. Jane's Theme
    作曲
    Herbie Hancock
  9. The Thief
    作曲
    Herbie Hancock
  10. The Kiss
    作曲
    Herbie Hancock
  11. Curiosity
    作曲
    Herbie Hancock
  12. Thomas studies photos
    作曲
    Herbie Hancock
  13. The Bed
    作曲
    Herbie Hancock
  14. Stroll On
    作曲
    Jim McCarty/Chris Dreja/Jeff Beck/Keith Relf/Jimmy Page(performed by The Yardbirds)
  15. End Title (Blow-Up)
    作曲
    Herbie Hancock
  16. Am I glad to see you (Outtake)
    作曲
    Keith West (performed by Tomorrow)
  17. Blow-Up (Outtake)
    作曲
    Keith West (performed by Tomorrow)

演奏者

Herbie Hancock
piano.arranger & Conductor
Freddie Hubbard
trumpet
Joe Newman
trumpet
Phil Woods
alto sax
Joe Henderson
tenor sax
Paul Griffin
organ
Jim Hall
guitar (#8,#9,#10,#13)
Ron Carter
bass
Jack DeJohnette
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.SonyMusic 共演者.HerbieHancock 共演者.RonCarter

拍手する

Ron Carter and Jim Hall : Telephone (1984年)[CD]{ライブ録音}

Telephone

オススメ度

★★★★☆

所感


テンションあがるわー!ジム・ホールとロン・カーターの共演ライブアルバム第3弾。前はそれほど好きでもなかったけど、最近聴きしたら良かった。珍しく観客の歓声が多めに入っていて興奮気味な会場の様子が良く伝わる。観客の熱気に応じるように2人の演奏もどこかいつものクールさを投げ打って、ヒートアップしたご様子でございます。レーベル主催のコンコード・ジャズ・フェスティバル(場所コンコード・パビリオン)での録音。演奏の勢いに押されて星4つ。

どういうわけか、録音の音質そのものはちょっとぼやっとしており、本アルバムより2年前の第2弾Live at Village West(1982年)[サイト内リンク]のほうが音は鮮明だ。マスター音源のせいかミックスがよくないのか原因は不明だけど、音的には第1弾のAlonte Together(1972年)に逆戻りした印象。

それにしても選曲や演奏には緩急抑揚があり、なかなかよい。4.Chorale and Danceはジム・ホールのオリジナルで、スリリングで多彩な展開に富んだ曲でよい。イントロとエンディングのスローな部分はバロック音楽から曲想を得たという。#5.Alone Togetherは1972年のものよりテンポが速めで、10分に及ぶ気合の入った聴き応えのある演奏だ。#6.Stardustはジムの複雑でありながら美しいギターバッキングにのせてロン・カーターが歌心たっぷりにベースを奏でるバラードで味わい深い。#7.Two's Bluesもジム・ホールのオリジナルで、名盤Concierto/アランフェス協奏曲(1975年)[サイト内リンク]でもベースはロン・カーターで、緊張感のあるカッコいいユニゾンを展開している。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Telephone
アルバム名義
Ron Carter and Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
テレフォン
アーティスト表記(日本語表記)
ロン・カーター&ジム・ホール
収録年
1984/8
発売元,レーベル
Concord Records
所有盤
国内CD
CD発売元
ビクターエンタテインメント株式会社
CD発売日
2002/6/21
規格品番
VICJ-60931
JAN
4988002430215
定価
2,520円

曲目

  1. Telephone
    作曲:Ron Carter
  2. Indian Summer
    作曲:Victor Herbert,Al Dubin
  3. Candlelight
    作曲:Ron Carter
  4. Chorale and Dance
    作曲:Jim Hall
  5. Alone Together
    作曲:Haward Dietz,Arthur Schwarts
  6. Stardust
    作曲:Hoagy Carmichael,Mitchell Parish
  7. Two's Blues
    作曲:Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Ron Carter
bass

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Concord 共演者.RonCarter 演奏編成.デュオ・ベースとギター 録音.ライブ録音

拍手する

Ron Carter and Jim Hall : Live at Village West (1982年)[CD]{ライブ録音}

Ron Carter and Jim Hall Live at Village West

オススメ度

★★★☆☆

所感

ひそやかに熱い1枚。ジム・ホールとロン・カーターの共演ライブアルバム第2弾。ライナーノーツによると次の通り制作の経緯が紹介されている。

ニューヨークのNational Public Radioというラジオ局が、ヴィレッジ・ウエストでのライヴによる「ジャズ・アライヴ」という番組を放送していた。本アルバムでの演奏はそのために収録 されたものなのである。ジムとロンは、この音源の権利を自分たちに戻すという条件でO.K.し、そのテープがコンコードへと持ち込まれた

ジム・ホールとロン・カーターの共演第1弾は本アルバムから10年前のAlonte Together(1972年)。1970年代は2人ともそれぞれ個人の活動が忙しくなってデュオのライブができなくなっていたが、あれから10年たって1982年にデュオを再活動させたときのアルバムになる。

聴いてまず思ったのが、たった10年で録音技術ってすげー向上したんだなーと関心。同じ2人の演奏でも10年前の作品と比べて明らかに音質がクリアになってて、ギターの繊細な音使いがとてもよく聴こえる。一方、ロン・カーターのベースの音もブリブリとうねるような、ねっとりした音がはっきり聴こえてきてよいかも。

さて、肝心の曲だがそつなくハイレベルな演奏。#2.All The Things You Areはジムがよく弾く曲で、そのときによって3拍子だったり4拍子だったりするが本アルバムではミドルテンポの4拍子。#9.Laverne WalkのギターとベースのめんどくさいフレーズのユニゾンはConciertoのTwo's Bluesを思わせる、躍動感のある演奏で好き。しかし全体的にこれだー!ってな強力な1曲に欠けるような気がして惜しい。んなわけで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Live at Village West
アルバム名義
Ron Carter and Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
ライブ・アット・ザ・ヴィレッジ・ウエスト+2
アーティスト表記(日本語表記)
ロン・カーター&ジム・ホール
収録年
1982/11
発売元,レーベル
Concord Records
所有盤
国内CD
CD発売元
ビクターエンタテインメント株式会社
CD発売日
2002/6/21
規格品番
VICJ-60930
JAN
4988002430208
定価
2,520円

曲目

  1. Bag's Groove
    作曲:Milt Jackson
  2. All The Things You Are
    作曲:Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  3. Blue Monk
    作曲:Thelonious Monk
  4. New Waltz
    作曲:Ron Carter
  5. Down From Antigua [*bonus track]
    作曲:Jim Hall
  6. Summer Night [*bonus track]
    作曲:Harry Warren,Al Dubin
  7. St.Thomas
    作曲:Sonny Rollins
  8. Embraceable You
    作曲:George Gershwin,Ira Gershwin
  9. Laverne Walk
    作曲:Oscar Pettiford
  10. Baubles, Bangles And Beads
    作曲:Robert Wright,George Forrest

演奏者

Jim Hall
guitar
Ron Carter
bass

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Concord 共演者.RonCarter 演奏編成.デュオ・ベースとギター 録音.ライブ録音

拍手する

Jim Hall - Ron Carter Duo : Alone Together (1972年){ライブ録音}

Alone Together

オススメ度

★★★★☆

所感


このアルバムを
iTunesからダウンロード
Alone Together (Live) - Jim Hall & ロン・カーター

ギター弾きにはお勧めの1枚。ジム・ホールとロン・カーターが共演しているわけだが、1972年当時はほとんど前例がなかったというギターとベースによるデュオのジャズアルバム。2人の息がぴったりで、2人とも熟練の域に達しながらも生き生きした演奏が聴ける。演奏はわりと地味なのだが、聴けば聴くほど味が出るスルメのようなアルバムだ。ギターとベースのみという、一見して閑散としていそうな空間にじっくりと耳を傾けると、地味ながらもジム・ホールが卓越した複雑なコード演奏を展開し、音に常に変化を与え続けていることに気がつく。これが聴けば聴くほど味が出る要因かと思う。

さて、ジム・ホールの技量が過小評価される意見をしばしばきいたり見たりするのだが、それは前述のようにバッキングの複雑なコード演奏に注目されることはあるものの、ソロプレイに派手さが欠けるからだろう。やはり聴衆はわかりやすくてトリッキーなギターテクニックに注意が喚起されるものだ。いたしかたない。

しかし、ジム・ホールおじさまだってすごいんです。このアルバムを聴いているとそこかしこに、ハードロック、メタル御用達の中~上級テクニックであるスウィープ奏法が結構はいってます。ジム・ホールは後年の有名なアルバム「Concieto」(1975年)やよく推薦される「Llive!」(1975年)なんかにもスウィープを結構使っていて、ジムおじさんは大得意だったりすることがわかる。だがしかしあまりに綺麗に、ミスによるノイズが無く円滑に弾いているので、聴いてるだけだと逆にテクニカルな印象がしないんですお!

てことで、おそらくギターを少しでもやったことがある人ならその技量に気がつくと思うのだが、ギターをやったことない人だとジム・ホールの一体どこがすごいんだろ?てな感想をもたれやすいのだと思う。そういうわけで、ギターをたしなむ人なら(私もですが・・・)、聴いているといろいろ発見があるアルバムかもしれない。そうでない人もまったり楽しめるのでオススメかと。

楽器が云々はいいとして、スタンダードナンバー#8.Autumn Leaves(枯葉)の演奏は素晴らしい。テクニックがどうこう以前に単純に何か心が動かされる、素敵な演奏だ。ちなみにジャケットのデザインがクールですき。ジム・ホールのアルバムは変なジャケットが多いんだけどこれはかっこいいと思う。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Alone Together
アルバム名義
Jim Hall - Ron Carter Duo
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1972/8/4
発売元,レーベル
MileStone Records(FANTASY,INC.)
所有盤
海外CD
CD発売元
MileStone Records(FANTASY,INC.)
CD発売日
1990
規格品番
OJCCD-467-2(M9045)
UPC
025218646727
定価
N/A

曲目

  1. St. Thomas
    作曲
    Sonny Rollins
  2. Alone Together
    作曲
    Haward Dietz,Arthur Schwarts
  3. Receipt Please
    作曲
    Ron Carter
  4. I'll Remember April
    作曲
    Don Raye,Gene De Paul,Pat Johnston
  5. Softly, As A Morning Sunrise
    作曲
    Sigmund Romberg
  6. Whose Blues
    作曲
    Jim Hall
  7. Prelude To A Kiss
    作曲
    Irving Gordon,Irving Mills,Duke Ellington
  8. Autumn Leaves
    作曲
    Joseph Kosma,Jacques Prevert,Jonny Mercer

演奏者

Jim Hall
guitar
Ron Carter
bass

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.MileStone 共演者.RonCarter 演奏編成.デュオ・ベースとギター 録音.ライブ録音

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ