That's How I Love The Blues! : Mark Murphy (1962年)[CD]

That's How I Love The Blues! : Mark Murphy  

オススメ度

★☆☆☆☆

所感

男性ボーカルのマーク・マーフィによるブルースアルバム。ジャズブルースってより、ほんとにブルース寄りの内容。でも歌はそつなく、あんまりアクが無くてこぎれいな感じ。B.B.キングやバディ・ガイみたいなパンチのあるブルースを想像すると期待はずれかも。白人男性の歌謡ってかんじですな。ジム・ホールのギターはひたすらバッキングに徹していて、しかもそんなにはっきりと聴こえてくるわけでもない、ほんとマニア収集むけアルバムですわ。全体の内容的は可もなく不可もなくってとこ。でさらにジム度も低いことが追い討ちをかけて残念ながら星1つ!悪くはないですよ。まぁ特徴があんまりないアルバムかなぁ・・・っと。

詳細

アルバムタイトル(原題)
That's How I Love The Blues!
アルバム名義
  Mark Murphy
収録年
1962/10/1,1962/12/26 and 28 at the New York City
オリジナルレコードレーベル
Riverside  Records RLP 441
CD発売元,レーベル
Riverside  Records
所有盤
海外CD
CD発売日
1989
規格品番
OJCCD-367-1 (RLP-9441)
UPC
025218036726
定価
N/A

曲目

  1. Going To Chicago Blues
    作曲
    Count Basie/Jimmy Rushing
  2. Senor Blues
    作曲
    Horace Silver
  3. That's How I Love The Blues
    作曲
    Hugh Martin/Ralph Blane
  4. Jelly Jelly Blues
    作曲
    Billy Eckstine/Earl Hines
  5. (I'm Left With The) Blues In My Heart
    作曲
    Benny Carter/Irving Mills
  6. Fiesta In Blue
    作曲
    Benny Goodman/Dave Lambert/Jimmy Mundy/Jon Hendricks
  7. Rusty Dusty Blues
    作曲
    J. Mayo Williams
  8. Blues In The Night
    作曲
    Harold Arlen/Johnny Mercer
  9. The Meaning Of Blues
    作曲
    Bobby Troup/Leah Worth
  10. Everybody's Crazy 'bout The Doggone Blues
    作曲
    Henry Creamer/Turner Layton
  11. Blues, Yor're The Mother Of Sin
    作曲
    Billy Eckstine/Sid Kuller
  12. Wee Baby Blues
    作曲
    Big Joe Turner/Pete Johnson

演奏者

Mark Murphy
vocals
Nick Travis,Clark Terry or Snooky Young
trumpets
Bernie Leighton or Dick Hyman
organ
Roger Kellaway
piano
Jim Hall
Guitar
Ben Tucker
Bass
Dave Bailey
drums
Willie Rodriguez
Conga or tambourine
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Riverside 共演者.MarkMurphy 共演者.RogerKellaway

拍手する

A Jazz Portrait Of Roger Kellaway (1963年)[CD]

A Jazz Portrait Of Roger Lellaway

オススメ度

★★★★☆

所感

こいつはイイ!ロジャー・ケラウェイのピアノのトリオ、カルテット、ソロ演奏を収録。スコーンと突き抜けるような、一気に最後まで聞かせる快活なアルバムで好印象。ジム・ホールは3曲しか参加してないけど、内容がいいので甘めの星4つ。

といってもこのアルバムを聴くまでロジャー・ケラウェイって知らなかった。ジャズに収まりきらないような様相の演奏スタイルが端々に感じられる。#1、#2で速いテンポでストレートでわかりやすいながらも、技巧を織り交ぜたジャズで一気にひきつけられる。・・・と思っていたら#5のブルース、#6のホンキートンク調のソロ、#7のスワンプ、などブルース色が強い展開もある。はたまた#3、#8でしっとり聴かせる場面もあり、実に芸達者な、音楽のスタイルにとらわれない柔軟な志向性をもったピアニストだと思う。悪くいえばあっちこっちとっちらかり気味なんだけど、1曲ごとのレベルが高いのでたいして気にならない。

肝心のジム・ホールおじさまについては3曲参加ながらもリード弾くのは#2,#8のみで、それも弾きまくるってほどでもない。#7はバッキングのみだが、ジム・ホールがスワンプを弾いてるってのが実に珍しい。他にないよな~。てことでレア度は高い。入手して損はしないと思いますですよ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
A Portrait Of Roger Kellaway
アルバム名義
Roger Kellaway featuring Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1963
発売元,レーベル
Fresh Sound Record(Original:Regina R-298)
所有盤
輸入CD
CD発売元
Camarillo Music Ltd.- Relissue CD
CD発売日
1990
規格品番
FSR-CD 147
EAN
N/A
定価
N/A

曲目

  1. Double Fault
      作曲:Roger Kellaway
  2. Step Right Up
      作曲:Roger Kellaway
  3. Here Today, Gone Tomorrow
      作曲:P.Halo , Roger Kellaway
  4. Black Wall Tunnel Blues
      作曲:Charlie Sonnanstine
  5. Crazy She Calls Me
      作曲:Carl Sigman , Bob Russell
  6. Broken Windmill
      作曲:Sidney Bechet
  7. Same Old, Same Old
      作曲:Roger Kellaway
  8. And Elsewhere
      作曲:Roger Kellaway
  9. Cinderella
      作曲:Roger Kellaway

演奏者#1,3,5,9

Roger Kellaway
piano
Ben Tucker
bass
Dave Bailey
drums

演奏者#2,7,8

Roger Kellaway
piano
Jim Hall
guitar
Steve Swallow
bass
Tony Inzalaco
drums

演奏者#3,5,8

Roger Kellaway
piano solo

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.FreshSound 共演者.RogerKellaway 演奏編成.カルテット

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ