スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Smackwater Jack : Quincy Jones (1971年)[CD]

Smackwater Jack : Quincy Jones

オススメ度

★★★☆☆

所感

ク インシー・ジョーンズによるビッグバンド編成のアルバム。アルバムタイトルはキャロル・キングの歌「Smackwater Jack」からで、#1にもアレンジ・カバーが収録されている。全体的にはジャズというよりは、ちょいとファンク、ソウルの風味が入ってるようなインストと歌を収録したアルバム。ジム・ホールは3曲で参加している。ジムの演奏はソロが中心で、あまりバッキングとかは無い。

かの有名な#4のマーヴィン・ゲイのWhat's Goin' Onでジム・ホールのギターソロがあるのがびっくり。聴き出したところ、最初は原曲通りソウルなアレンジなのですが、後半で4ビートでマイナーキーのスイングジャズに切り替わり、そこでズバッとジム・ホールのソロギターが始まるのです。このアレンジと、ジム・ホールおじさまのギターソロが実にカッコよい。素晴らしい。やばい。1分半くらい演奏しており、けっこう長い尺で演奏しているのでジムファン的にはうれしい。

#6.はBrown Balladはその名の通りちょいとジャズっぽいバラード。ジムのギターソロは少し。トゥーツ・シールマンスのハーモニカがメイン。

#8.Guitar Blues Odyssey: From Roots To Fruitsは今でいうサンプリングのミックス曲みたいなもの。いろいろなタイプのジャズブルースのギター演奏を短い間隔で切り貼りしたような、モザイク的な曲。ジムは最初のほうでちょっとだけ4分刻みのストロークでのバッキングが素材的に利用されているだけ、という状態。

個人的には#2.Ironsideをきいてびっくり。昔のワイドショーとかのジングルでよくきいたあの曲って、これだったのかーっと知って今更知る。クインシー・ジョーンズってすげーんだなーと今頃ねぼけたことをぬかす若造でございました。
アルバムとしてはおもしろいです。でもジム・ホール度は少しってことで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(英題)
Smackwater Jack
アルバム名義(英語表記)
Quincy Jones
収録年
N/A
オリジナルレコード レーベル
A&M Records (SP-3037)
所有盤
輸入CD
CD発売元
A&M Records
CD販売元
A&M Records
CD発売日
1997/12/2
規格品番
393 037-2
UPC
082839303729
定価
N/A

曲目

  1. Smackwater Jack
    作曲
    Carole King,Gerry Goffin
    Featured solo
    Quincy Jones:Vocal solo
  2. Cast Your Fate To The Wind
    作曲
    Carel Werber,Vince Guaraldi
    Featured solo
    Eric Gayle: Guitar,Bobby Scott:Piano,Marvin Stamm:Flugelhorn
  3. Ironside
    作曲
    Quincy Jones
    Featured solo
    Freddie Hubbard:Flugelhorn,Soprano Sax:Jerome Richardson, Hubert Laws
  4. What's Goin' On?
    作曲
    Al Cleveland,Marvin Gaye,Renaldo Benson
    Featured solo
    Freddie Hubbard:Flugelhorn,Soprano Sax:Jerome Richardson, Hubert Laws:Flute,Toots Thielemans:Guitar,Harmonica&Whistler,Jim Hall:Guitar,Milt Jackson:Vibes,Harry Lookofsky:Violin, Quincy Jones, Valerie Simpson:Vocal solos
  5. Theme From "The Anderson Tapes"
    作曲
    Quincy Jones
    Featured solo
    Edd Kalehoff:Moog Synthesizer,Bobby Scott:Piano,Milt Jackson:Vibes,Freddie Hubbard:Flugelhorn,Toots Thielemans:Harmonica
  6. Brown Ballad
    作曲
    Ray Brown
    Featured solo
    Toots Thielemans:Guitar,Harmonica,Bobby Scott:Piano,Jim Hall:Guitar
  7. Hikky Burr
    作曲
    Bill Cosby,Quincy Jones
    Featured solo
    Bill Cosby:Vocal,Toots Thielemans:Guitar &Whistler,Freddie Hubbard:Flugelhorn,Eric Gayle: Guitar,Hubert Laws:Flute
  8. Guitar Blues Odyssey: From Roots To Fruits
    作曲
    Eric Gayle:Guitar (1,4,7&9),Jim Hall,Guitar(2),Toots Thielemans:Guitar,Harmonica(3,5,&6),Joe Beck(8)

上記以外の演奏者 (たくさんいすぎて省略)

Ray Brown
string bass
Bob Cranshaw
string bass
Carol Kaye
Fender bass
Chuck Rainey
Fender bass
Arthur Adams
guiutar
Grady Tate
drums
Paul Humphries
drums
Larry Bunker
percussion
George Devens
percussion
Quincy Jones
produced

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.A&M 共演者.QuincyJones

拍手する

Big Band Bossa Nova : Quincy Jones (1962年)[CD]

Quincy Jones Big Band Bossa Nova

オススメ度

★★★★☆

所感


クインシー・ジョーンズによるビッグバンド編成のボサノヴァアルバム。クインシー・ジョーンズ自身はこのこのアルバムでは演奏しておらず、編曲、指揮、プローデューサーとして制作したようです。って、わたくしがいうまでもなく、この作品は1曲目であり、国内版ではアルバムタイトルにもなっている曲「ソウル・ボサノヴァ」は誰もがきいたことがあると思われる超有名曲。恥ずかしながらわたくしなどは最近これをきいてはじめて「あの曲ってコレだったのかーッ」と椅子から落ちた次第。全体的にどこまでも陽気でカラっとしており、ボサってよりはカーニバルのサンバっぽい曲が続く。良く晴れた夏の午後にビールでも飲みながらききたい曲たちですな。音がクリアで非常にさわやかなミックスダウン。これが1962年のサウンドかと思うと当時としてはずいぶんと新進的な音作りだったかと思う。ジョーンズ、おそろしい子・・・!
ジム・ホールおじさまは4トラック(#3.Desafinado、#8.Lalo Bossa Nova 、#9.Serenata、#10.Chega de Saudade)に参加。まずまずの参加率でありながら、ギターソロがわりとあって意外。ジムファン、もとい重度のマニアにはまぁまぁ楽しめる。#9はおとなしめの曲で、アコースティックギターを弾いているが、それ以外はエレキギター。当時だとES-175でしょうか。ちなみにライナーノーツにはギターの録音マイクは 「Electro Voice 666」と、マイクまで表記している。ジムおじさんファン的には星3つくらいかなーと思うが、アルバム全体のパワーに圧倒されて星4つ。夏におすすすめ。

なお、#11はオリジナルレコードには収録されなかった未発表音源。

詳細

アルバムタイトル(英題)
Big Band Bossa Nova
アルバム名義(英語表記)
Quincy Jones
収録年
#2,4,7 1962/9/4 ; #6,8,9 1962/9/7 ; #3,10 1962/9/8 ; #1,5,11 1962/9/13, A&R Studios, New York
オリジナルレコード レーベル
Mercury Records (MG-20751 Mono,SR 60751 Stereo)
所有盤
輸入CD
CD発売元
PolyGram Rcords,Inc.
CD販売元
Verve Rcords,Inc.
CD発売日
1998
規格品番
314 557 913-2
UPC
731455791327
定価
N/A

曲目

  1. Soul Bossa Nova
    作曲
    Quincy Jones
  2. Boogie Stop Shuffle
    作曲
    Charles Mingus
  3. Desafinado
    作曲
    Newton Ferreira Mendonca/Antônio Carlos Jobim
  4. Manha De Carnaval (Morning Of The Carnival)
    作曲
    Luiz Bonfá/Antonio Maria/Francois Llenas
  5. Se E Tarde Me Perdoa (Forgive Me If I'm Late)
    作曲
    Ronaldo Bôscoli/Carlos Lyra
  6. On The Street Where You Live
    作曲
    Frederick Loewe/Alan Jay Lerner
  7. One Note Samba
    作曲
    Newton Ferreira Mendonca/Antônio Carlos Jobim
  8. Lalo Bossa Nova
    作曲
    Lalo Schifrin
  9. Serenata
    作曲
    Leroy Anderson/Mitchell Parish
  10. Chega De Saudade (No More Blues)
    作曲
    Vinícius De Moraes
  11. A Taste Of Honey (#previousely unissued)
    作曲
    Ric Marlow/Bobby Scott

演奏者:Quincy Jones with largely unknown big bands including trumpets,trombones,and woodwinds(主なビッグバンドのメンバー)

Jerome Richardson
afto flute, flute, woodwind
Lalo Schifrin
piano
Chris White
bass
Rudy Collins
drums
Jack Del Rio,Carlos Gomez,Jose Paula
percussions

Known members of the bands incluede (上記以外の参加トラックが判明しているバンドメンバー詳細)

Rahsaan Roland Kirk (#1)
flute
Paul Gonsalves (#2,4,7)
tenor sax
Clark Terry (at least #2,10)
trumpet,flugelhorn
Jim Hall (#3,probably #8,9,10)
guiutar
Phil Woods (#6,7,8,9)
alto sax
3 unknown (#6,8,9)
frenchhorn
Quincy Jones
arranged,conductor,produced

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Mercury 共演者.QuincyJones

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。