スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Duke Ellington : 1969 All-Star White House Tribute (1969年)[CD]

Duke Ellington 1969 All-Star White House Tribute

オススメ度

★★★☆☆

所感

ワシントンのホワイトハウスで催されたデューク・エリントンの70歳の誕生日パーティーのコンサートを記録したライブ音源。当時のアメリカのリチャード・ニクソン大統領がこのときにエリントンにPresidential Medal of Freedom(大統領自由勲章)を授与したとのこと。
さてさて演奏陣は超豪華、っていうかいつもつるんでるような面子ですかな・・・。
楽曲は当然エリントン楽団にちなんだ曲がほぼメドレー形式で演奏されています。エリントン本人の演奏はラストのピアノソロ1曲。

ジム・ホールはクレジットとしては基本構成のバンドのギターに名を連ねていますが、実際に演奏がはっきり聞こえるのは3~4曲。#10.In A Mellotoneのイントロのユニゾンと、ちょっとしたソロ、#11.In A Sentimental Moodのソロ+ベースデュオの超ショートサイズ版、#23.I Didn't Know About Youのエンドのフィル、#24.Praise God And Danceのイントロギターくらいでしょうか。
Wikipedia(English)に当時の写真がのってるんだけど(画像直リンク)、エリントンの左下の足元に横たわっているのがギターに見えるのですが、そうだとしたらジムのES-175かなーっと思います。

ジム・ホールと縁のあるミュージシャンもたくさんいて、なかなか興味深いです。(ポール・デズモンド、ジェリー・マリガン、ビリー・テイラーとか)
内容、演奏はいいけどジム度低いよー星2つかなー、あーでも大統領の前で演奏したとかやっぱジム・ホールおじ様すごすぎだわーっ しかもジムおじさまはエリントン大好きだったしこんな奇跡ないよねきっと でもでもIn A Sentimental moodフルでききたかったです・・・!安西先生!てことで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(英題)
1969 All-Star White House Tribute
アルバム名義(英語表記)
Duke Ellington
収録年
1969/4/29 in the East Room of the White House, Washington,D.C.
所有盤
海外CD
CD発売元
Blue Note (is registered trademark  of Capitol Records)
CD発売日
2002/4/27
規格品番
131595
UPC
724353524920
定価
-

曲目

  1. Take The 'A' Train
    作曲
    Billy Strayhorn
    演奏
    Band,solo:Bill Berry,Urbie Green,Clark Terry
  2. I Got It Bad (And That Ain't Good)
    作曲
    Paul Francis Webster; Duke Ellington
    演奏
    Urbie Green,Hank Jones,Jim Hall,Milt Hinton,Louie Bellson
  3. Chelsea Bridge
    作曲
    Billy Strayhorn
    演奏
    Paul Desmond,Hank Jones,Jim Hall,Milt Hinton,Louie Bellson
  4. Satin Doll
    作曲
    Johnny Mercer;Billy Strayhorn;The Blue Rays;The Pied Pipers;Martha Tilton;Duke Ellington
    演奏
    J.J.Johnson,Hank Jones,Jim Hall,Milt Hinton,Louie Bellson
  5. Sophisticated Lady
    作曲
    Duke Ellington
    演奏
    Gerry Mulligan,Hank Jones,Jim Hall,Milt Hinton,Louie Bellson
  6. Just Squeeze Me (But Don't Tease Me)
    作曲
    Lee Gaines;Duke Ellington
    演奏
    Band,Solos:Bill Berry,Clark Terry
  7. I Let A Song Go Out Of My Heart
    作曲
    Irving Mills & His Hotsy Totsy Gang;John Redmond;Duke Ellington;Henry Nemo
    演奏
    Band,Solos:Bill Berry
  8. Do Nothing Till You Hear From Me
    作曲
    Bob Russell,Duke Ellington
    演奏
    Band,Solos:Clark Terry,J.J.Johnson
  9. Don't Get Around Much Anymore
    作曲
    Duke Ellington,Bob Russell
    演奏
    Band,Solos:Hank Jones
  10. In A Mellotone
    作曲
    Milt Gabler;Duke Ellington
    演奏
    Band,Solos:J.J.Johnson(fills),Paul Desmond,Bill Berry,Urbie Green,Jim Hall,Gerry Mulligan,Clark Terry,Hank Jones
  11. In A Sentimental Mood
    作曲
    Duke Ellington;Irving Mills & His Hotsy Totsy Gang;Manny Kurtz
    演奏
    Jim Hall,Milt Hinton
  12. Prelude To A Kiss
    作曲
    Duke Ellington;Irving Mills & His Hotsy Totsy Gang;Irving Gordon
    演奏
    Band,Solos:J.J.Johnson(fills),Paul Desmond,Urbie Green,Gerry Mulligan,Clark Terry
  13. Ring Dem Bells
    作曲
    Irving Mills & His Hotsy Totsy Gang;Duke Ellington
    演奏
    Band,Solos:Paul Desmond,Gerry Mulligan,Clark Terry
  14. Drop Me Off In Harlem
    作曲
    Duke Ellington;Nick Kenny
    演奏
    Billy Taylor,Milt Hinton,Louie Bellson
  15. All Too Soon
    作曲
    Carl Sigman;Duke Ellington
    演奏
    Billy Taylor,Milt Hinton,Louie Bellson
  16. It Don't Mean A Thing (If It Ain't Got That Swing)
    作曲
    Irving Mills & His Hotsy Totsy Gang;Duke Ellington
    演奏
    Billy Taylor,Milt Hinton,Louie Bellson
  17. Things Ain't What They Used To Be
    作曲
    Johnny Mercer;Ted Persons;Duke Ellington
    演奏
    Dave Brubeck,Paul Desmond,Gerry Mulligan,Milt Hinton,Louie Bellson
  18. Perdido
    作曲
    Hans J. Lengsfelder;Juan Tizol;Ervin Drake
    演奏
    Earl Hines,Milt Hinton,Louie Bellson
  19. Warm Valley
    作曲
    Duke Ellington;Sidney Keith Russell
    演奏
    Band, Solo:Gerry Mulligan
  20. Caravan
    作曲
    Duke Ellington;Irving Mills & His Hotsy Totsy Gang;Juan Tizol
    演奏
    Band,Solos : Milt Hinton,Louie Bellson
  21. Mood Indigo
    作曲
    Irving Mills & His Hotsy Totsy Gang;Duke Ellington;Barney Bigard
    演奏
    Vocal:Mary Mayo,Band,Solo Fills : J.J.Johnson,Gerry Mulligan
  22. Prelude To A Kiss
    作曲
    Irving Mills & His Hotsy Totsy Gang;Irving Gordon;Duke Ellington
    演奏
    Vocal:Mary Mayo, Hank Jones,Jim Hall, Milt Hinton
  23. I Didn't Know About You
    作曲
    Duke Ellington;Bert Russell
    演奏
    Vocal:Mary Mayo, Hank Jones,Jim Hall, Milt Hinton
  24. Praise God And Dance
    作曲
    Duke Ellington
    演奏
    Vocal:Mary Mayo, Band
  25. Come Sunday
    作曲
    Duke Ellington
    演奏
    Vocal:Joe Williams, Band
  26. Heritage
    作曲
    Duke Ellington
    演奏
    Vocal:Joe Williams, Band
  27. Jump For Joy
    作曲
    Sid Kuller;Duke Ellington;Paul Francis Webster
    演奏
    Vocal:Joe Williams, Band
  28. Pat
    作曲
    Duke Ellington
    演奏
    Duke Ellington

演奏者 The Band

Bill Berry
trumpet
Clark Terry
trumpet
Urbie Green
flugelhorn
J.J.Johnson
trombones
Paul Desmond
alto saxophone
Gerry Mulligan
baritone saxophone
Hank Jones
piano
Jim Hall
guitar
Milt Hinton
bass
Louie Bellson
drums

歌 singer

Mary Mayo
vocal
Joe Williams
vocal

演奏者 guset

Duke Elington
piano
Dave Brubeck
piano
Earl Hines
piano
Billy Taylor
piano
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.BlueNote 共演者.PaulDesmond 共演者.GerryMulligan

拍手する

Paul Desmond : Glad To Be Unhappy (1964年)[CD]

Paul Desmond Glad To Be Unhappy

オススメ度

★★★★☆

所感

ポー ル・デズモンドとジム・ホールの共演の作品。Featuring Jim Hallと冠しているようにジム・ホールもかなり目立っており、ジム度としては星4つ。右チャンネルはデズモンド、左チャンネルはジムとはっきり別れてどちらもソロイストとして前に出てる。曲調は全体的にいつものコジャレた軽いジャズ。逆立ちしたところでデズモンドはデズモンド。このブレないところがファンにはいいんでしょうか。私はさすがにデズモンドばっかきいてるともうさすがにおなかいっぱいですが、このCDはなかなか音もよく、派手ではないがジムおじさんの緻密に組み立てたギターソロが実によく聞こえてよい。デズモンドが駄目でないならまぁおすすめかと。

CDではオリジナルLPには収録されていないアウトテイクが3曲収録されており、ジム・ホールのオリジナルであり代表曲の1つであるAll Across The Cityが収録されているのも魅力。他のアルバムでの演奏などと聞き比べるといいかも。このアウトテイクは結構いけてるジムおじさんの演奏が聴ける。

そういえばポール・デズモンド名義のアルバムでジム・ホールが共演しているアルバムはこの Glad To Be Unhappy を含めて6枚あり、今回でやっとこさすべてを登録しましたとさー。改めてみて気がついたがTake Ten、Bossa Antigua、Easy Livingとこのアルバムは同時期に収録してたのか。つーか60年代のジムおじさんは仕事しすぎ!

ポール・デズモンドとジム・ホールの共演アルバム

詳細

アルバムタイトル(原題)
Glad To Be Unhappy
アルバム名義
Paul Desmond Featuring Jim Hall
収録年
1963/6/6(#2),1964/7/13(#7),1964/7/14(#4),1964/8/20(#5),1964/9/4(#3,#8),1964/9/8(#1,#6),1964/9/16(#9,10),RCA Victor's "A" and Webster Hall ,NYC
発売元,レーベル
RCA Victor LPM 3407
所有盤
輸入CD
CD発売元
BMG France
CD発売日
2001/5/28
規格品番
74321851502
UPC
743218515026
定価
N/A
備考
トラック8,9,10はオリジナルLPにはないボーナストラック。

曲目

  1. Glad To Be Unhappy
    作曲
    Richard Rodgers
  2. Poor Butterfly
    作曲
    Raymond Hubbell
  3. Stranger In Town
    作曲
    Mel Torme (Mel Tormé)
  4. A Taste Of Honey
    作曲
    Bobby Scott/Ric Marlow
  5. Any Other Time
    作曲
    Paul Desmond
  6. Hi-Lili, Hi-Lo
    作曲
    Helen Deutsch/Bronislaw Kaper
  7. Angel Eyes
    作曲
    Matt L. Dennis/Earl K. Brent
  8. By the River Sainte Marie
    作曲
    Harry Warren
  9. All Across The City
    作曲
    Jim Hall
  10. All Through The Night
    作 曲
    Cole Porter

演奏者

Paul Desmond
alto sax
Jim Hall
guitar
Gebe Wright
bass (except on 2)
MiGene Cherico
bass (on 2 only)
Connie Kay
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.RCA 共演者.PaulDesmond

拍手する

Paul Desmond with strings : Desmond Blue (1961年)[CD]

Desmond Blue

オススメ度

★★★☆☆

所感

ポー ル・デズモンドとジム・ホールの共演の作品で、全曲バックにストリングスが付くアレンジをしてるのが特徴。デズモンドとジムの他のアルバムは、デズモンドの特徴である甘ったるい雰囲気が強いのだが、このアルバムはちょっと渋めな雰囲気で一番ジャズっぽいかも。有名なジャズ曲もいくつか入ってることもあり、わりと聴きやすいというか、デズモンドのなかでは好みのほうかな・・・。 ジムはオリジナルトラックの#1~9は全曲弾いてる・・・かな。ソロもちらほらとあり。ボーナストラックがたくさん入ってるけどそちらは弾いてないのでジムマニアは注意。

CDジャケのインナーにはポー ル・デズモンドとジム・ホールがスタジオ内で撮った2ショット写真が載っており、大変貴重かとおもう。ジムはギターはES-175を抱えており、機材の変遷も確認できる。

なおオリジナルLPは#1~9を収録。#10以降はボーナストラック、かつ#13~16は未発表音源とのこと(2002年の本CDリリース時)。本CDはオリジナルの3トラックのマスターテープからリマスターしているとのことだが、マスター音源の状態のせいか、残念ながら音質はあんまりよくないかも。てこととでなんとなく星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Desmond Blue
アルバム名義
Paul Desmond with strings
アルバムタイトル(邦 題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1961/6/19(#4),1961/9/14(#1),1961/9/28(#5,6,7),1961/10/2(#2,3,8,9),1962/3/15,19(#10-16)
発売元,レーベル
RCA Victor
所有盤
輸入CD
CD発売元
BMG Entertainment
CD発売日
2002
規格品番
09026-63898-2
UPC
886972462820
定価
N/A

曲目

  1. My Funny Valentine
    作曲
    Richard Rodgers
  2. Desmond Blue
    作曲
    Paul Desmond
  3. Then I'll Be Tired Of You
    作曲
    Arthur Schwartz/E.Y. Harburg
  4. I've Got You Under My Skin
    作曲:Cole Porter
  5. Late Lament
    作曲
    Paul Desmond
  6. I Should Care
    作曲
    Axel Stordahl/Paul Weston/Sammy Cahn
  7. Like Someone In Love
    作曲
    Johnny Burke/Jimmy Van Heusen
  8. Ill Wind (You're Blowin' Me No Good)
    作曲
    Harold Arlen
  9. Body and Soul
    作曲
    Robert Sour/Edward Heyman/Johnny Green/Frank Eyton
  10. Autumn Leaves
    作 曲
    Johnny Mercer/Joseph Kozma/Jacques Prévert
  11. Imagination
    作曲
    Johnny Burke/Jimmy Van Heusen
  12. Advise and Consent (From "Advise and Consent")
    作曲
    Jerry Fielding
  13. Autumn Leaves
    作曲
    Johnny Mercer/Jacques Prévert/Joseph Kozma
  14. Autumn Leaves
    作曲
    Johnny Mercer/Jacques Prévert/Joseph Kozma
  15. Imagination
    作曲
    Johnny Burke/Jimmy Van Heusen
  16. Advise and Consent (From "Advise and Consent")
    作曲
    Jerry Fielding

演奏者(ストリングスは割愛)

Paul Desmond
alto sax
Jim Hall
guitar
Gene Cherico
bass (1)
Mint Hinton
bass (2,3,5,6,7,8,9,10-16)
George  Duvivier
bass (4)
Connie Kay
drums(1,4)
Bobby Thomas
drums(1-3,5-9)
Osie Johnson
drums(10-16)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 共演者.PaulDesmond レーベル.RCA

拍手する

Paul Desmond : First Place Again (1959年)[CD]

First Place Again

オススメ度

★★★☆☆

所感

ポー ル・デズモンドのアルバムにジム・ホールが参加したアルバムは6枚あるが、これがその最初となる作品。1950年代の録音ということを考えたら、当時は相当先進的でスタイリッシュな、イケてるアルバムだったんじゃないかと思う。手持ちのポール・デズモンドの中ではこれが一番まともというか飽きにくいかなーと。

ポール・デズモンドは当時デイブ・ブルーベック・カルテット(The Dave Brubeck Quartet)に在籍しており、そのバンドで作曲したTake Five(テイク・ファイヴ、アルバム「Timeout(1959年)」に収録)で知名度が上がっていたころ。デズモンドがバンドに在籍しながらも、ソロ・プロジェクトとして制作されたのがこのアルバムということだ。リズム隊はMJQ(Modern Jazz Quartet)のメンバーであるコニー・ケイ(ドラム)とパーシー・ヒース(ベース)が参加している。

ジム・ホールに関してはそこそこ活躍の場があり、ファンとしてもなかなか楽しめ・・・といいたいところだが、なんだかギターの音が小さめな印象のミックスでちょっと不満。あくまで主役はデズモンドなので贅沢はいえないけど、明らかに右チャンネルのサックスがでかいというかきんきん響く割には左のフェーダー下げ気味じゃね?てな印象で定位があんまりよくない感じがする・・・持ってるのは最近リマスターしたCDなのでオリジナルのレコードや初期のCDではどうかわからないけど。

ジム・ホールのソロもちょこちょこあるわけだが、音色ははまだ昔ながらのやや細い音。しかし演奏スタイル、とりわけコードワークは徐々に独創性を出してきたように思える。#4.Greensleeves(グリーンスリーブス)ではガット弦のギター(クラッシクギター)を弾いており、当時のジムの音源としては珍しい。#3.2 Degrees East, 3 Degrees Westはジョン・ルイスらのアルバム「Grand Encounter : 2° East - 3° West」(1956年)[内部リンク]のタイトル曲のカバー。そのアルバムにはジム・ホールとパーシー・ヒースも参加していた縁で選曲となったようだ。ポール・デズモンドの輝くような、清々としたサックスのファンにはオススメかもしれないが、ジム・ホール的にはマニア向けかもー。てことで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
First Place Again
アルバム名義
Paul Desmond
アルバムタイトル(邦題)
ファースト・プレイス・アゲイン
アーティスト表記(日本語表記)
ポール・デズモンド
収録年
1959/9/5,6,7
発売元,レーベル
Warner Bros (WS 1356)
所有盤
国内CD
CD発売元
株式会社ワーナー・ミュージック・ジャパン
CD発売日
2008/10/22
規格品番
WPCR-13185
UPC
4943674084043
定価
2,580円

曲目

  1. I Get Kick Out Of You
    作曲:Cole Porter
  2. For All We Know
    作曲:Sam M. Lewis,J. Fred Coots
  3. 2 Degrees East, 3 Degrees West
    作曲:John Lewis
  4. Greensleeves
    作曲:*traditional
  5. You Go To My Head
    作曲:Haven Gillespie,J. Fred Coots
  6. East Of The Sun
    作曲:Brooks Bowman
  7. Time After Time
    作曲:Sammy Cahn,Jule Styne

演奏者

Paul Desmond
alto sax
Jim Hall
guitar
Percy Heath
bass
Connie Kay
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.WarnerBros 演奏編成.カルテット 共演者.PaulDesmond

拍手する

Paul Desmond : Bossa Antigua (1964年)[CD]

Paul Desmond : Bossa Antigua

オススメ度

★★★☆☆

所感

ポー ル・デズモンドのまたまたオシャレさん室内ジャズ。いつものことですが悪くないがジム・ホール度で星3つ。タイトル通りボサノヴァ曲を中心としたアルバム。しっとり系でアダルトなかんじ。ポール・デスモンドはさわやかな曲の演奏が多いように思うが、これはわりと渋めな印象。

ジム・ホールは主にバッキングのギターで曲のために弾いてる印象を受けるが、地味に全曲ギターソロがある。あんまり個性はだしてない。しかしギターの音色はそれまでのカリカリした、いわゆる普通のクリーントーンから若干変化し、彼独特のEQ(イコライザー)のハイをカットしたような丸くて太い音質になっている。本作品と同時期のヘレン・メリルのアルバム(1965年)で、同様にギターサウンドの変化が見られたのでこのころからジム・ホールのギターの音作りが変わってきたと思われる。また、作曲にJane Herbert(ジム・ホールの奥さん)が名を連ねているのが興味深い。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Bossa Antigua
アルバム名義
Paul Desmond
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1964/6/13(track 9),7/28(track 1,4,10),7/29(track 2,6),7/30(track 7,11),8/20(track 3,5,8)
発売元,レーベル
RCA Victor
所有盤
海外CD
CD発売元
BMGビクター株式会社
CD発売日
1999
規格品番
09026-68689-2
UPC
090266868926
定価
N/A

曲目

  1. Bossa Antigua
      作曲:Paul Desmond
  2. The Night Has a Thousand Eyes
      作曲:Paul Desmond
  3. O Gato
      作曲:Jane Herbert
  4. Samba Cantina
      作曲:Paul Desmond
  5. Curacao Doloroso
      作曲:Paul Desmond
  6. A Ship Without a Sail
      作曲:Lorenz Hart; Richard Rodgers
  7. Alianca
      作曲:Paul Desmond
  8. The Girl from East 9th Street
      作曲:Paul Desmond
  9. The Night Has a Thousand Eyes [Alternate Take]
      作曲:Buddy Bernier,Jerry Brainin
  10. Samba Cepeda
      作曲:Paul Desmond
  11. O Gato [Alternate Take]
      作曲:Jane Herbert

演奏者

Paul Desmond
alto sax
Jim Hall
guitar
Eugene Wright
bass (except track 9 )
Gene Wright
bass (on track 9)
Connie Kay
drums

tag : レーベル.RCA 演奏編成.カルテット 共演者.PaulDesmond

拍手する
プロフィール

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。