スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Jazz Abstractions :John Lewis (1961年)[CD]

JohnLewis Jazz Abstractions

オススメ度

★★☆☆☆

所感

【2016/1/20】単品CDを査収したためカバーアートと情報更新
***
ジムマニア向けアイテムっす。ジョン・ルイスのレコードアルバムThe Golden StrikersとJazz Abstractionsを1枚に収録したCD。ジム・ホールは#11~19のJazz Abstractions(John Lewis Presents Contenporary Music Jazz Abstractions Compositions Gubther Schuller & Jim Hall)に参加。#2Piece For Guitar & Stringsではなんとジムおじさんが作曲。しかし全曲変態系の楽曲で上級者向けっぽい内容。なお、ジョン・ルイスは演奏してない。プロデューサー的な立場で制作したものだろうか。ジャズとして楽しむとなると、後半のVariants On a Theme Of Thelonious ,Monk(セロアニアス・モンクの楽曲「Criss-Cross」をテーマにした演奏)で、オーネット・コールマンがアルトサックスを、エリック・ドルフィーがバスクラリネット吹きまくるのが聴きどころかな。あと地味にピアノがビル・エバンス、ベースがスコット・ラファロで何気に豪華。内容はわるかないけどジム度で星2つ。

詳細※単品CD

アルバムタイトル(英題)
Jazz Abstractions
アルバム名義
John Lewis
収録年
#1-9Jazz Abstractions:#1-2.1960/12/19 #3-9.1960/12/20
オリジナルレコード レーベル
Atlantic Recording Corp.:Atlantic 1365
所有盤
国内CD
CD発売元
ワーナーミュージック・ジャパン
CD発売日
2013/1/23
規格品番
WPCR 27208
UPC
4943674129904
定価
952円+税

曲目

  1. Abstraction
    作曲
    Gunther Schuller
  2. Piece For Guitar & Strings
    作曲
    Jim Hall
  3. Variants On A Theme Of John Lewis DJango - Variant I
    編曲
    Gunther Schuller(作曲: John Lewis)
  4. DJango - Variant II
    編曲
    Gunther Schuller
  5. DJango - Variant III
    編曲
    Gunther Schuller
  6. Variation On A Theme Of Thelonious,Monk Criss-Cross - Variant I
    編曲
    Gunther Schuller(作曲: Thelonious Monk)
  7. Criss-Cross - Variant II
    編曲
    Gunther Schuller
  8. Criss-Cross - Variant III
    編曲
    Gunther Schuller
  9. Criss-Cross - Variant IV
    編曲
    Gunther Schuller

詳細※コンピレーション版

アルバムタイトル(英題)
The Golden Striker & Jazz Abstractions(2枚のLPアルバムを1枚のCDに収録)
アルバム名義
John Lewis
収録年
#1-10.The Golden Striker:1960/2/12,19602/16  #11-19Jazz Abstractions:#16-19.1960/12/19 #11-15.1960/12/20
オリジナルレコード レーベル
Atlantic Recording Corp.(Golden Striker:Atlantic 1334,Jazz Abstractions:Atlantic 1365)
所有盤
海外CD
CD発売元
Collectables Records Inc.
CD発売日
1999/6/22
規格品番
COL-CD-6252
UPC
090431625224
定価
N/A

曲目

  1. Fanfare I
    作曲
    John Lewis
  2. Piazza Navona
    作曲
    John Lewis
  3. Odds Against Tomorrow
    作曲
    John Lewis
  4. Fanfare II
    作曲
    John Lewis
  5. Pulcinella
    作曲
    John Lewis
  6. Fanfare II
    作曲
    John Lewis
  7. The Golden Striker
    作曲
    John Lewis
  8. Piazza Di Spagna
    作曲
    John Lewis
  9. Fanfare I
    作曲
    John Lewis
  10. La Cantatrice
    作曲
    John Lewis
  11. Abstraction
    作曲
    Gunther Schuller
  12. Piece For Guitar & Strings
    作曲
    Jim Hall
  13. Variants On A Theme Of John Lewis DJango - Variant I
    編曲
    Gunther Schuller(作曲: John Lewis)
  14. DJango - Variant II
    編曲
    Gunther Schuller
  15. DJango - Variant III
    編曲
    Gunther Schuller
  16. Variation On A Theme Of Thelonious,Monk Criss-Cross - Variant I
    編曲
    Gunther Schuller(作曲: Thelonious Monk)
  17. Criss-Cross - Variant II
    編曲
    Gunther Schuller
  18. Criss-Cross - Variant III
    編曲
    Gunther Schuller
  19. Criss-Cross - Variant IV
    編曲
    Gunther Schuller

演奏者:The Golden Striker(割愛)

演奏者:Jazz Abstractions #11-12

Ornette Coleman
alto sax(#11)
Jim Hall
guitar
Scott LaFaro
bass
Alvin Brehm
bass(#11)
Sticks Evans
drums(#11)
Charles Libove
violin
Roland Vamos
violin
Harry Zaratzian
viola
Alfred Brown
viola(#12)
Joseph Tekula
cello
Gunther Schuller
arrange

演奏者:Jazz Abstractions #13-19

Robert DiDomenica
flute
Eric Dolphy
flute(#13-15),bass clarinte,alto sax(#16-19)
Ornette Coleman
alto sax(#16-19)
Jim Hall
guitar
George Duvivier
bass
Scott LaFaro
bass
Bill Evans
piano
Sticks Evans
drums
Scott LaFaro
bass
Charles Libove
violin
Roland Vamos
violin
Harry Zaratzian
violra
Joseph Tekula
cello
Eddie Costa
vibraphone
Harry Zaratzian
violra
Joseph Tekula
cello
Gunther Schuller
arr
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Atlantic 共演者.JohnLewis 共演者.BillEvans 共演者.OrnetteColeman

拍手する

Ornette Coleman : Broken Shadows (1971-1972年)[CD]

Ornettte Coleman : Broken Shadows

オススメ度

★★☆☆☆

所感

フリー・ジャズの開祖と呼ばれるオーネット・コールマン(アルトサックス)の未発表音源集。#1~#5はアルバム「サイエンス・フィクション」(1971年9月録音)の未発表音源で、#6~8は1972年9月のセッションからの美発表音源。1982年に発売されたLPをCD化したもの。オーネット・コールマンの名は聞いたことがあるなーってくらいで楽曲はこれまでしらなかった。その宣伝文句たるや「ハーモロディックという音楽的手法を取り入れ」だのなんだのと大仰で、聞く前からいささか及び腰でしたが、まぁ普通に聴ける変態系です。1曲にドラムが2人とか、ふつーに変態!素敵。1970年代の当時を考慮すると衝撃的な曲たちだったかもしれないが、今聞くとこういうのもあるよねーと、ある程度ききやすさも考慮されたちょいトンがったジャズってかんじです。まぁきくひとの音楽嗜好や経験にもよりますが。

はてさてジム・ホールは#7.Good Girl Bluesと#8.Is It Foreverの2曲のみに参加。しかも狙ったようにアルバムでこの2曲だけなぜか男性ボーカルもの。ギターは#7ではバッキングのみ、#8もほぼバッキングです。てことで残念ながら星2つ!毎度ですがアルバム全体のレベルは高くよいかと思いますがジムおじさん目当てならってことでの評価です。マニアアイテム度90%の1枚です。#7ははやめのテンポで軽快なランニングベースが印象的なナンバー。ギターがちょっとブルースロック的な演奏をしており、この時期のジムにしては珍しいスタイルかと思う。#8はバラード。イントロの数秒だけジムのギターによるイントロがきけてそれだけでもう満足・・・!するしかないです。ジム・ホールのギターの音色が1975年の代表作「アランフェス協奏曲」時のの音に近づいており、1970年代には、彼独特のギターの音作りは完成の域に達していたことが伺える。あと、24bitマスタリングてことで、CDの音はよい。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
Broken Shadows
アルバム名義
Ornette Coleman
アルバムタイトル(邦題)
ブロークン・シャドウズ
アーティスト表記(日本語表記)
オーネット・コールマン
収録年
1972/9(#1-5),1972/9(#6-9)
発売元,レーベル
Original LP:Columbia FC 38029
所有盤
国内CD
CD販売元
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(Sony Music Japan International Inc.)
CD発売日
2006/3/1
規格品番
SICP1041
JAN
4547366024265
定価
1,890円

曲目

  1. Happy House
    作曲
    Ornette Coleman
  2. Elizabeth
    作曲
    Ornette Coleman
  3. School Work
    作曲
    Ornette Coleman
  4. Country Town Blues
    作曲
    Ornette Coleman
  5. Broken Shadows
    作曲
    Ornette Coleman
  6. Rubber Gloves
    作曲
    Ornette Coleman
  7. Good Girl Blues
    作曲
    Ornette Coleman
  8. Is It Forever
    作曲
    Ornette Coleman

演奏者

Ornette Coleman
alto sax
Dewey Redman
tenor sax
Don Cherry
pocket trumpet
Bobby Bradford
trumpet
Charlie Haden
bass
Ed Blackwell
drums
Billy Higgins
drums
Cedar Walton
piano
Jim Hall
guitar (on tracks 7,8)
Webster Armstrong
vocal (on tracks 7,8)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 共演者.OrnetteColeman レーベル.SonyMusic 共演者.CharlieHaden

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。