スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Jim Hall : Something Special (1993年)[CD]

Jim Hall Something Special USA

オススメ度

★★★★☆

所感


Jim Hall : Something Special
写真は国内版CDジャケット

(2011年年1月30日、過去記事に追記。オリジナルのUSA版CDを入手したため再編集)
しっとり系。かなりよ い。ドラム抜きのトリオ編成(Gr、Key、Ba)なので多少おとなしい印象を受けるが、このアルバムの前作となる「Subsequently」(1992年)でもピアノを担当したラリー・ゴールディングスによって、きらびやかで広がりのある演奏を聴かせてくれる。#5はギターソロ。#9はラリー・ゴールディングスの作曲で、ラリー自身のアルバムWhatever It Takes(1995年)にも収録しており、そちらではオルガンで演奏している。なお、このアルバムと同年に制作および発売されたジム・ホール出演のギター教則ビデオStarLicks Sessions With Jim Hall(1993年,VHS)または異なる題名だがまったく同じ内容のDVD版Instractional DVD For Guitar Jim Hall(2006年,DVD)に#1と#7をカルテット編成で演奏した映像が収録されている。

記事先頭にあるジャケット(カバーアート)はオリジナルであるUSAの「MusicMaster」レーベルのCDジャケット。アメリカのコミック作家ゲイリー・ラーソン(Gary Larson)の漫画調のイラストが使用されている。絵をよくみると飲食店の中のメニュー看板のハンバーガーにギターが挟まっているユーモアのある絵で、メニューの文字はこのアルバムの曲目と収録時間となっており、このアルバム用に書き下ろした絵だと思われる。ジム・ホールはアルバムDedications & Inspirations(1994年,Telarc)でゲイリー・ラーソンのためにWhistle Stopという曲を書いて演奏している。(Dedications & Inspirationsのジャケット裏の曲リストにはWhistle Stop dedicated to Gary Larsonと副題が表示されている。

一方、国内版CDのジャケットはオリジナルのジャケットの下に小さい画像で表示しているが、ジム・ホール本人の写真となっている。この写真は(内部リンク)Jim Hall And Friends,Vol.2 Live At Town Hallのジャケット写真を加工しただけのものだ。

詳細:海外版オリジナルCD

アルバムタイトル(原題)
Something Special
アルバム名義
Jim Hall
収録年
1993/3/6 and 8
発売元,レーベル
Music Masters,Inc.
販売元(Distributor)
BMG Music
CD発売日
1993/10/12
規格品番
01612-65105-2
UPC
016126510521

詳細:国内版CD

アルバムタイトル(邦題)
サムシング・スペシャル
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1993/3/6 and 8
発売元
ヴィーナスレコード株式会社 (VenusRecords)
販売元
株式会社徳間ジャパンコミュニケーションズ
CD発売日
1997/10/22
規格品番
TKCZ-36029
JAN
4988008381535
定価
2,500円

曲目

  1. Something Special
    作曲
    Jim Hall
  2. Somewhere
    作曲
    Leonard Bernstein,Stephen Sondheim
  3. Down from Antigua
    作曲
    Jim Hall
  4. Steps
    作曲
    Jim Hall
  5. Deep in a Dream
    作曲
    Eddie DeLange,James Van Heusen
  6. When Little Girls Play
    作曲
    Steve LaSpina
  7. Three
    作曲
    Jim Hall
  8. Lucky Thing
    作曲
    Jim Hall
  9. Up for Air
    作曲
    Larry Goldings
  10. Consequently
    作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Larry Goldings
piano
Steve LaSpina
bass
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.MusicMasters 演奏編成.トリオ 演奏編成.ギターソロ 共演者.SteveLaSpina 共演者.LarryGoldings

拍手する

Instractional DVD For Guitar Jim Hall[DVD]

Instractional DVD For Guitar Jim Hall[DVD]

オススメ度

★★★★☆

所感

ジ ム・ホール本人によるギターの教則DVD。VHSビデオのStarlicks Master Sessions With Jim Hall(1993年)[内部リンク]のDVD版でございます。てことで詳細はリンク参照のこと。VHSビデオと違うのは、DVDは日本の会社が再販していないため、日本語の対訳資料が無いこと。その代わり、VHSには無かったタブ譜と楽譜を掲載した冊子が同梱されている。しかしその楽譜らしきものは、ちょー簡単で略しすぎなので意味不明に近い。あまり役に立たないレベルの冊子です。とにかく、本製品のVHSカセット版は持っていたものの、ビデオデッキを廃棄してしまったわたくしにはDVD版が出て大助かりでございました。

おまけ。ジム・ホールが1964年にジミー・レイニーとのレコーディング(内部リンク)のために作った曲で、彼の代表作のひとつであるAll Across The Cityのコードを冊子から引用してみる。単にタブが羅列してるだけの状態なのでよくわからないのだが、大体こんな感じかなーと。縦棒の区切りが1小節分。スケールはD Melodic minor Scaleを使うのが肝らしい。*2/8ちょっと訂正

All Across The City : Chord

Dm7(9)|Dm7(9)|Cm7(9)|F7(13) E7|
Am7(9)|Am7(9)|Gm7(9) |C7(9,13) C7(9)|

FM7(9)                     |F#m7(9,11)B7(13) |
B♭7(13,-9) Em7-5| Em7(9,11) A7(13)|

A♭7(13,-9) Dm7-5 |Dm7(9,11)   C#m7-5 F#7(13)|
BM7 B♭m7(11)      |A7(-5)                                          |

詳細:DVDビデオ版

DVD ビデオタイトル(原題)
Instractional DVD For Guitar Jim Hall
名義
Jim Hall
収録年
1993
所有メディア
海外DVD
販売元
HAL LEONARD Corporation / Official Site
発売日
2006
規格品番
HL0032514
UPC
073999205145
EAN(ISBN)
9781423403302
定価
$19.95

曲目

  1. Subsequently
     作曲: Jim Hall
     演奏:全員。カルテット編成。
  2. Two's Blues
     作曲:Jim Hall
     演奏:Jim HallとSteve Laspinaのデュオ
  3. Three
     作曲:Jim Hall
     演奏:Jim HallとSteve Laspina、Larry Goldingsのトリオ
  4. All Across The City
     作曲:Jim Hall
     演奏:Jim HallとLarry Goldingsのデュオ
  5. Something Tells Me
     出演:Jane Hall
     演奏:Jim Hallのギターソロ
  6. Something Special
     出演:Jane Hall
     演奏:全員。カルテット編成。この曲に解説はなく、フェイドアウトする。

演奏者

Jim Hall
guitar
Larry Goldings
piano
Steve LaSpina
bass
Bill Stewart
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.カルテット 共演者.SteveLaSpina 共演者.LarryGoldings 共演者.BillStewart

拍手する

Starlicks Master Sessions With Jim Hall (1993年)[VHS]

Starlicks Sessions With Jim Hall

オススメ度

★★★★☆

所感

ジム・ホール本人によるギターの教則ビデオ。室内セッションでのライブをおこなっており、貴重なライブ映像としても楽しめる。その上、私ががもっとも好きな頃のメンバー編成の出演で、かつ、好きな曲ばかりが演奏されており、これはディープなファンにとっては必須アイテムだ。最近はDVD版が販売中(サイト内リンク)

映像中、ジム・ホール自身によるそれぞれの曲の由来も解説されているが、字幕は無い。その代わりヤマハミュージックトレーディングが輸入販売していた国内発売版のVHSビデオには対訳を掲載した冊子が同梱されていた。ジム・ホール自身による曲の由来についての解説を下記にいくつか引用する。

(サブセクエントリー/Subsequentlyは)私の最初のバンドのバンドリーダーであったチコ・ハミルトン(Chico Hamilton)に捧げた、ユーモラスで愛情のこもった作品だ。チコがプレイしていたリズムやソロがもとになっている。私たちがこのリズムをやると彼はそれを面白がって色々と冗談をやったものだ。それに「サブセクエントリー(そして・・・)」という言葉がチコの口癖だった。だから私はこの曲を「サブセクエントリー」と呼んでいる。
(トゥーズ・ブルース/Two's Bluesは)私がこの曲を書き始めたのは、ビル・エヴァンス(Bill Evans)とのレコーディングの約束があったからだ。だが間に合うように書き上げられなかった。その後、チェット・ベイカーやロン・カーターとやる時には間に合ったが・・・そしてスティーブ・ガッド。確かこの4人だったと思うけど。後はたいていスティーブ(スティーブ・ラスピナ)と私でプレイしている。マイク・モーラやレッド・ミッチェル(Red Mitchell)ともやった。

チェット・ベイカーのことはアルバム「Concierto(アランフェス協奏曲)」(内部リンク)のこと

(オール・アクロス・ザ・シティー/All Across The City)は、私が1965年頃に書いた曲だ。実は、ジミー・レイニー(Jimmy Raney)、ズート・シムズ(Zoot Sims)らとのレコーディングのために書いた。オシー・ジョンソン(Osie Johnson)もいたし、スティーブ・スワロー(Steve Swallow)がベースだった。それはニューヨーク・シティーをモチーフにした「トーンポエム(音の詩)」だった。ニューヨークは当時はまだイノセントな街だったと思う。今書いたとしたら、車のクラクションや叫び声を入れただろうね(笑)。

上記はアルバム「Two Jims And Zoot」(内部リンク)のこと。1965年ごろと語っているが、正確なレコーディング年月日は1964年5月11日および12日だ。

(サムシング・テルズ・ミー/Something Tells Meは)・・・(曲のコード解説)E♭に始まり、Dで終わる。私の妻(ジェーン・ホール/Jane Hall)が何故かこんな曲を書く。彼女は恐れ知らない。後でギターを弾かなきゃならないことなんか、お構いなしなんだから。

詳細:VHSビデオ版

VHS ビデオタイトル(原題)
Starlicks Master Sessions With Jim Hall
名義
Jim Hall
収録年
1993
発売元,レーベル
N/A
所有メディア
海外VHSビデオ
販売元
HAL LEONARD PUBLISHING corporatio
発売日
1993
規格品番
HL00699390
UPC
073999993905
輸入販売元
ヤマハミュージックトレーディング株式会社
JAN
4513744007489
定価
税抜5,800円

曲目

  1. Subsequently
     作曲: Jim Hall
     演奏:全員。カルテット編成。
  2. Two's Blues
     作曲:Jim Hall
     演奏:Jim HallとSteve Laspinaのデュオ
  3. Three
     作曲:Jim Hall
     演奏:Jim HallとSteve Laspina、Larry Goldingsのトリオ
  4. All Across The City
     作曲:Jim Hall
     演奏:Jim HallとLarry Goldingsのデュオ
  5. Something Tells Me
     出演:Jane Hall
     演奏:Jim Hallのギターソロ
  6. Something Special
     出演:Jane Hall
     演奏:全員。カルテット編成。この曲に解説はなく、フェイドアウトする。

演奏者

Jim Hall
guitar
Larry Goldings
piano
Steve LaSpina
bass
Bill Stewart
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.カルテット 演奏編成.デュオ・ピアノとギター 演奏編成.トリオ 共演者.LarryGoldings 共演者.BillStewart 共演者.SteveLaSpina

拍手する

Jim Hall : Subsequently (1992年)[CD]

Subsequently

オススメ度

★★★★★

所感


買いだ!でも理解されない。こいつはすごい。ジム・ホールはこのとき既に60~61歳。年は老いてもますます曲のアイディア、プレイが冴え渡る。私が10数年前に初めて買ったジム・ホールのアルバム「Concierto(アランフェス協奏曲)」(内部リンク)の次に、このCDを中古屋でふらっと買ったのが大当たりだった。Conciertoに続けてこのアルバム「サブセクエントリー」を買っていなければここまでジム・ホールにハマらなかっただろう。

私がジャズ初心者のころ、一般的な歌謡ポップスのような音楽スタイルしか知らなかったので、タイトルになっている1曲目「サブセクエントリー」を初めて聴い たときには曲のはじけ具合と独創性に驚き、さらにジャケットに写っているこんなおっさんが演奏しているとは思えないと二重に驚いたものだ。ちなみに「サブセクエントリー(それで)」とはチコ・ハミルトンの口癖で、チコのために捧げた曲だ、とビデオStarlicks Master Sessions With Jim Hall(サイト内リンク)で語っている。

演奏の基本はカルテット編成。ジム・ホールにスティーブ・ラスピナ(ベース)、テリー・クラーク(ドラム)、そして当時23歳の新鋭ラリー・ゴールディングス(ピアノ、彼の本来のメイン楽器はオルガン)。ジム・ホールと重ねてセッションしてきた最強のベース、ドラムといった土台のしっかりしたリズム隊に臆することなく、ラリー・ゴールディングスのピアノが時には繊細に、時には大胆に、そして瑞々しく広がり、熟練のおっさんどもを刺激して全員が活き活きとした演奏を実現している。

カルテットには時折ゲストが加わりクインテットとなる楽曲もある。#2、#4、#9でラスマス・リー(アルトサックス)が加わり、夜のしじまのような濃厚な演奏をみせたり、#7、#8ではやジャズ、ポップスのハーモニカ(クロマチックハープ)の大御所であるトゥーツ・シールマンスが加わり、曲に艶やかさをもたせている。特に#4.The Answer Is Yes と#7.What's It Like to Love?は心動かされる秀逸な演奏だ。

楽曲のリストはちょっと先鋭的な曲もあるが破滅的な内容でもなく、スタンダードな曲も多くあり、聴きやすい内容となっている。そしてジム・ホールのギターの音色も加工されすぎていなく、かといって生音すぎず、ちょうどいい状態だ。

私は知人にジム・ホールを薦めることがあるとき、2~3枚のアルバムの中に必ずこのアルバムをそっとしのばせるのだが、これまで良好な感想をいただいたことがほとんどない(笑)!おそらく1曲目で拒絶反応がでるかそうでないかが、聴いた人の印象を決定してしまうのだろう。ほんとにいいアルバムなんだけどなー。もういいです。ジム・ホールの楽しみを共有することはほとんど不可能ということはこの10数年で把握したのでこれからも一人でこっそり楽しみます。うぽぽー。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Subsequently
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
サブセクエントリー
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1991
発売元,レーベル
Music Masters Inc.
所有盤
国内CD
販売元
日本フォノグラム株式会社
CD発売日
1992/4/25
規格品番
PHCE-5047
UPC
4988011331381
定価
3,000円

曲目

  1. Subsequently
    作曲
    Jim Hall
  2. Mister Blues
    作曲
    Jim Hall
  3. Pancho
    作曲
    Jim Hall
  4. The Answer Is Yes
    作曲
    Jane Hall
  5. Waiting to Dance
    作曲
    Jim Hall
  6. I'm in the Mood for Love
    作曲
    Jimmy McHugh,Dorothy Fields
  7. What's It Like to Love?
    作曲
    Larry Goldings
  8. Waltz for Sonny
    作曲
    Toots Thielemans
  9. More Than You Know
    作曲
    William Roses,Edward Eliscu,Vincent Youmans

演奏者

Jim Hall
guitar
Larry Goldings
piano (on tracks 1,3,5,6,7,8,9),hamond organ (on tracks 2,4)
Steve LaSpina
bass
Terry Clarke
drums
Toots Thielemans
harmonica (on tracks 7,8)
Rasmus Lee
alto sax (on tracks 2,4,9)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.MusicMasters 演奏編成.トリオ 演奏編成.カルテット 共演者.SteveLaSpina 共演者.LarryGoldings 演奏編成.クインテット

拍手する

Gary Burton & Friends : Six Pack (1992年)

Gary Burton & Friends : Six Pack

オススメ度

★★★★☆

所感

ヴィブラフォン奏者のゲイリー・バートンと複数のギタリストが共演する企画アルバム。ジャズ、ブルース、フュージョンとさまざまなジャンルの実に優れた楽曲と演奏を楽しめる。アルバム単体としては間違いなく星五つの評価だが、12曲中ジムの参加は3曲てことでちょっと控えめ目な評価で星4つ。ライナーノーツによると、ゲイリー・バートンがまだかけだしのころ、彼が19歳のときに制作したリーダー・アルバムSomething's Coming(1963年)にジムの参加を要請したことがはじめての出会いらしい。このときジムは32歳。既に名を上げはじめていたジムが要請を受けたことに驚いたという。 そんな由縁の二人の共演はJIM HALL AND FRIENDS,VOL.1 LIVE AT TOWN HALL,JIM HALL AND FRIENDS,VOL.2 LIVE AT TOWN HALLでも聴くことが出来る。

本作はJim作曲であるSometingSpecialのドラム入りバンド編成版を聴けるところが特徴(同名アルバムSometingSpecialにドラムレスのトリオ版を収録)。テンポはトリオ版よりちょっと遅くしてある。定番のMy Funny Valentineも安定した演奏といい意味で若干変化したころの実に90年代前半のジムらしいここちよい音色を楽しめる。Asphodelは、他のアルバムではあまり聴いたことが無いグリッサンドを多用したソロのアプローチが珍しい。なんとなくパット・メセニーぽい演奏だ。他にはジムのSubsequentlyやSometingSpetialに参加しているLarry Goldingsがキーボードで参加してたり、アート・ファーマーのバンドでジムと共演したベースのSteve Swallowがいるのも興味深い(参照:JAZZ CASUAL,JAZZ625)。てなわけでマニアな方にはおすすめの一枚。

外部リンク
(1)ゲイリー・バートン-Wikipedia
(2)Gary Burton公式サイトのディスコグラフィー
Something's Coming w/ Jim Hall, Chuck Israels, Larry Bunker (reissued 1993 - RCA France)

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
SIX PACK
アルバム名義
Gary Burton & Friends
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1991/1/4,2/24,4/25,10/10,12/28,12/29
発売元,レーベル
GRP Records Inc.
所有盤
輸入CD
発売元
Uni Distribution Corporation
CD発売日
1992
規格品番
GRD-9685
UPC
011105968522
定価
-

曲目

  1. Anthem
    作曲
    Mitch Forman
    演奏
    Gary Burton:vibes,Kurt Rosenwinkel:guitar,Bob Berg:tenor sax,Larry Goldings:keyboards,Mulgrew Miller:piano,Steve Swallow:bass,Jack DeJohnette:drums
  2. Six Pack
    作曲
    Gary Burton
    演奏
    Gary Burton:vibes,B.B.King:guitar,John Scofield:guitar,Bob Berg:tenor sax,Paul Shaffer:piano and organ,Will Lee:bass and percussion,Jack DeJohnette:drums
  3. Summertime
    作曲
    George Garshwin
    演奏
    Gary Burton:vibes,John Scofield:guitar,Bob Berg:tenor sax,Larry Goldings:keyboards,Mulgrew Miller:piano,Steve Swallow:bass:Jack DeJohnette:drums
  4. Jack's Theme
    作曲
    Dave Grusin
    演奏
    Gary Burton:vibes,John Scofield :guitar,Bob Berg:tenor sax,Larry Goldings:keyboards,Mulgrew Miller:piano,Steve Swallow:bass,Jack DeJohnette:drums
  5. Lost Numbers
    作曲
    Mitch Forman
    演奏
    Gary Burton:vibes,Kevin Eubanks:guitar,Larry Goldings:organ,Mulgrew Miller:piano,Steve Swallow:bass,Jack DeJohnette:drums
  6. Double Guatemala
    作曲
    Pat Metheny
    演奏
    Gary Burton:vibes,B.B.King:guitar,John Scofield:guitar,Bob Berg:tenor sax,Paul Shaffer:piano and organ,Will Lee:bass and percussion,Jack DeJohnette:drums
  7. Asphodel
    作曲
    Dave Clark
    演奏
    Gary Burton:vibes and percussion,Jim Hall:guitar,Larry Goldings:keyboards,Mulgrew Miller:piano,Steve Swallow:bass,Jack DeJohnette:drums
  8. Redial
    作曲
    Ralph Towner
    演奏
    Gary Burton:vibes,Ralph Towner:classical guitar
  9. Invitation
    作曲
    Bronislaw Kaper
    演奏
    Gary Burton:vibes,Kurt Rosenwinkel:guitar,Bob Berg:tenor sax,Larry Goldings:keyboards,Mulgrew Miller:piano,Steve Swallow:bass,Jack DeJohnette :drums
  10. My Funny Valentine
    作曲
    Richard Rodgers
    演奏
    Gary Burton:vibes and percussion,Jim Hall:guitar,Mulgrew Miller:piano,Steve Swallow:bass,Jack DeJohnette:drums
  11. Something Special
    作曲
    Jim Hall
    演奏
    Gary Burton:vibes and percussion,Jim Hall:guitar,Mulgrew Miller:piano,Steve Swallow:bass,Jack DeJohnette:drums
  12. Guitarre Picante
    作曲
    Ralph Towner
    演奏
    Gary Burton:vibes,Ralph Towner:classical guitar

演奏者

Gary Burton (on All Tracks)
Vibes
その他
上記参照

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.GRP 演奏編成.クインテット 演奏編成.セスクテット 共演者.GaryBurton 共演者.LarryGoldings

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。